Beehive

ミツバチの巣箱と羽が4枚ある蜂

17 February 1964, Norway
Centenary of Oslo Workers’ Society
design: O. Ranheimsaeter

This beehive and Oak leaves are the emblem of Oslo Workers’ Society. The bee has been regarded as a symbol of union and humble hard workers for centuries. This type of straw beehive has been used for a long time in human history – hanging from a tree, or placed on a table as depicted here.

And in this tiny picture, bees DO have four wings.

底のない籠を伏せたような形のミツバチの巣箱は、人類の歴史の中で長く使われた形のようです。これを木から吊るしたり、この絵のように台の上に置いたりして、はちみつを採集しました。この切手はオスロの労働者団体のエンブレムを描いたもので、蜂の巣は勤勉につつましく働く多くの人の象徴とされてきた歴史があります。

そしてこの小さな切手に描かれた小さなハチには、羽がしっかり4枚あります。