Handshake / 握手

September 25, 2016

1979Netherlands006

23 January 1979, Netherlands
Union of Utrecht
Design: Gerrit Noordzij

Handshake – yes the most symbolic expression of union and friendship.  But here in this stamp, seven arrows are shaken together ( or behind of hands? ).  Is it friendly or not..?  Although multi coloured stamps were the main stream in Netherlands in late 1970s, this is simple and rare intaglio print, and I like it.

握手、、友情と団結、または日本では仲直りのシンボルでしょうか。でもこの握手は、7本の矢を一緒に握っている(または後ろで束ねられている)図柄です。これって仲良しなのか、どうなのか?マルチカラーが多かった1970年代後半のオランダ切手としては稀な、シンプルな凹版印刷。地味だけど好きです。


hand in hand / 手と手をつなぐ

August 19, 2016

1980Canada001

29 May 1980, Canada
Rehabilitation
design: Rolf P. Harder

It took me two and a half months to post new – but still I am interested in stamp with hands.  I am impressed by this endurance of attraction.

This strong design is about hand in hand – yes simple, and deliver message for help and coexistence.  This stamp is featured on the cover of a wonderful book called Graphic Stamps, published this June in London.  Hands are in two different metallic colours.

一つ前のポストから一月半が経っているのですが、未だに「手」の切手への興味が続いています。なんという持久力、と自分で感心しているところ。

この切手は、リハビリテーションというテーマを手のモチーフで力強く表現している秀作です。この6月にロンドンの出版社から発表された『Graphic Stamps』という素敵な本の表紙に使われています。手は2色のメタリック。


ant on hand / 手のひらの蟻

June 7, 2016

1961Monaco001

3 June 1961, Monaco
Nature Preservation
designer:  J. E. Lorenzi
engraver: Gandon

Hand – yes hand is depicted as an icon often.  Here is another stamp from Monaco, which does not really express the concept of nature preservation, but nicely drawn lines on beautiful colours.

手の切手。そう、手はかなりの頻度で切手に登場し、気持ちや行動を象徴するモチーフです。この場合は、小さな命を守ろう、と伝えたいのはわかるけれど、意図する大きなコンセプトの「環境保護」はあまりうまく表せていないような、、、それでも、綺麗な色の美しい切手です。

 


blood donor & hand / 献血と手

June 5, 2016

1971Monaco001

6 September 1971, Monaco
7th International Blood Donors Federation Congress
designer: B. Minneengraver: P. Gandon

A hand holds wish of help and support – appealing design with emblem of the congress and Monaco’s ‘Fusilly’ heraldry pattern on the sleeve.

手がどーんと中心にあるこの切手は、献血をひろめる大会のエンブレムを持っています。人の手で伝えることの重要性をうったえ、袖の模様でモナコ公国が国を挙げて支援することを宣言しているのでした。


Heart and hand / ハートと腕

March 26, 2016

1973Uruguay001-2

Uruguay 1973
Pan-American Federation of blood donation

Another example for encouraging blood donation – this time, a hand is used as symbol to give a gift, which is the heart as extended life, and the arm shows the position for blood donation.  It has strong composition and looks good, despite using only two colours.

この一枚はウルグアイから、献血を呼びかける切手です。ハートは贈り物となる生命を象徴し、手はをれを必要な人に渡す意思、腕と血管で輸血をする様子をそれぞれ描いているわけですが、2色しか使っていないのにクールな構成です。


representational / 具象表現

March 8, 2016

1972Pakistan001

1972 Pakistan

I featured a stamp on the heart in the previous post and now this one is encouraging blood donation, from the same year.

This stamp is not particularly cool or well designed, but strong.  This aspect of appealing is one of the desired characters of stamp design, I assume.

一つ前のポストでは心臓の切手を紹介し、これは同じ年の献血を呼びかける切手です。

ずばり具象で、デザイン構成として特にかっこ良いわけではないけれど、強い。こういう存在の強さも切手に求められていることだろうと思います。単純明快な表現と、色のチョイスでしょうか?


heart and health / 心臓と健康

February 22, 2016

1972Japan002
*exch. 069  ( one mint only )

15 April 1972, Japan
Heart Ailment Prevention Campaign
design: Katsutoshi Hioki

From the same international campaign as the Irish stamp in my last post, this is delivering the message of awareness of heart disease.

Printed in only three colours – grey, orange-red and black – still appealing graphically, but it would be better without the small body builder!  I would imagine that there was a version without the human silhouette in the designer’s sketch, but in a meeting this version was chosen as the artistic ability of their audience was evaluated low.  The designer, who also designed my favourite stamp from the same year, knew about the graphic trend of the world and thought he must have done something as polished as the Irish example.

昭和47年4月15日発行
心臓病予防運動
デザイン:日置勝駿

前回アップした「心臓病を予防する国際キャンペーン」の日本からの発行です。

グレーと朱色と黒の三色で刷られ、廉価ながらも印刷色の重なりが効果的な印象の強い切手ですが、左下の白抜きのヒトがないほうが、より良かったのに、、とかなり残念。デザイナーのスケッチには人体のないバージョンもあって、けれども図柄が決定される時に、メッセージを受け取る対象としての購買者のデザイン的成熟が低く評価された結果なのでは?と想像をたくましくするのでした。同年に出ている「ナンバー君」が封筒から出ているのをデザインしたこのデザイナーは、おそらく世界的な切手デザインの傾向などにも精通していたはずです。

ちなみに日本ではこの「キャンペーンの内容を図柄でわかりやすく(グラフィック・アートとしては稚拙に)表現する」手法は1990年代中ごろまで続き、時代遅れな印象の切手がたくさん見つかります。そんな中では、シンプルな70年代の切手は好ましく思えます。


Your heart is your health / ハートビート・バレンタイン

February 14, 2016

1972Ireland001

7 April 1972, Ireland
World Health Day – ‘Your heart is your health’
art work: Louis Le Brocquy

I looked up a stamp for St Valentine’s day – and found this set, and they were issued to draw attention to the importance of listening your heart beat.  The text is in Gaelic Language, and Slàinte! is used for a toast… like Cheers!  This is my first featured stamp from Ireland – I did not pay attention to their stamps until recently, but found some nice ones issued.

Then I found this article ‘A Visual Catalogue of Irish Commemorative Stamps 1929 – 2013‘ and the writer says these heart stamps are a ‘true graphic art nasty’ and she mentions this Malta heart stamp and wrote ‘almost bearable’.  Ummmm, I don’t agree with her at all!

1972Ireland002

今年も、バレンタインの♡切手を探しました。好きなこの2枚、でもいまいちロマンチックでない、、と思ったら「心臓の鼓動に耳をすまそう」という、心臓病予防の切手でした。下の文は古語ゲール語で「あなたのハートがあなたの健康」。なぜかあまり関心を払っていなかったアイルランドの切手ですが、友人がFBで紹介しているのを機に見たら、けっこう好みのものが見つかります。

ところで、原画アーティストなどの詳細はこの記事で見つけたのですが、筆者はこの切手を「品がなく、まったくもって不快なグラフィック」とこきおろし、同年に出た他の心臓切手の中では「これは見るに耐える」とマルタからの切手を紹介している、、、えぇぇ、ご冗談!?世の中には、いろいろな意見があるものです。


toys / 玩具

January 26, 2016

2003UK058

18 September 2003, United Kingdom
Classic Transport Toys
designed by Trickett & Webb

I wrote that I don’t like stamps of photographed toys….. and then I found these British stamps!  They are good – delivering an evocative feeling of vintage toys.  What makes them different then? Maybe the simplicity of a white background and the braveness of adding nothing behind the object.  For example, these Swiss stamps or these Bosnia and Herzegovina – are not bad, but not cool.  This Liechtenstein set is funny and my favourite.

Once I saw a collection of Meccano used in the design development process in a design studio.  It’s a wonderful system, good enough to examine how a real product works!

写真に撮られた古いおもちゃの切手はどうも、、、と一つ前のポストで書いたのち、このイギリスの玩具を発見。雰囲気とても良いです。なぜ?たぶん、背景にまったく加工をしないこの潔いシンプルさだと思われます。例えば、このスイスのボスニア・ヘルツェゴビナの切手は、それなりにかわいいけれどクールではない、、。惜しいところです。あ、でもリヒテンシュタインのは好きかも。

最後の一枚に撮影されているMeccanoの部品を使って、あるデザインスタジオで製品のしくみを工夫しているのを見た事があります。高度に機能的で、洗練されたおもちゃです。

2003UK055
2003UK054


elephant & monkey / 象と猿

January 20, 2016

2015Germany001

7 May 2015, Germany

I wrote in the last post that I had already run out of monkey stamps – but I found one more.  This was issued last year, during the ‘Old Toys‘ theme by Europa stamps.

I have some numbers of past Europa stamps – but last year I bought only one, and I like a few more which I want to get, such as French issue and Czech Republic stamp.  Now I notice that photographed old toys are not very attractive for me…

ひとつ前のポストで「猿の切手はこれで終わり」と書きましたが、まだ持っていました。昨年の「ユーロパ」シリーズ「古いおもちゃ」テーマで発行されたドイツの切手に猿が載っていました。

ユーロパ切手(日本ではどう発音しますか、これ?)には、たくさんの素敵な切手が過去にありますが、昨年のテーマで買ったのはこれだけ。あとはフランスチェコのものが欲しいぐらいかな、、、写真に撮られた古いおもちゃよりも、手描きのものが好みです。


happy monkey year / 謹賀新年

January 1, 2016

1968Japan001
*exch. 068  ( limited number )

11 December 1967, Japan
New Year of 1968, ‘Rising Monkey’ – toy from Miyazaki
のぼりざる(宮崎の玩具)

I wish you a happy new year of 2016!

As you may notice by now, this is the year of the monkey in Eastern zodiac astrology.  This stamp is depicting a monkey toy, which slides up a pole somehow.  The round thing on it back is a drum for traditional Japanese music.

I notice that the last post I made was in August last year…  I hope to have more time and space in my mind to view and feature stamps here this year.

新年あけましておめでとうございます。
みなさんにとって、楽しい一年になりますよう!

申年の切手を探したら、、、たった一枚持っているだけでした。「のぼりざる」って、、どうやって昇っていくのか、実物を見てみたいです。黄色の背景が、お正月らしい突き抜けた明るさです。

さてこれで、猿の切手のご紹介は早くも終了。前回のポストがなんと昨年8月だったのです。今年こそは、少し余裕をもって暮らして、切手をながめたりここで紹介する時間を持てたら、と思います。今年もどうぞ、よろしくお願いいたします。


single-minded kawaii / ひたむきかわいい

August 20, 2015

1940Estonia001

30 July 1940, Estonia
Century of First Postage Stamps
design: K. Doll

The pigeon post was important method for distant communication before the airplanes were introduced.  And this stamp from Estonia is celebrating the history of postal stamps, with a pigeon with a letter in its bill, as if competing to an airplane.

I think the figure of ‘pigeon with letter’ is always kawaii, as its earnest and single-minded attitude to complete their mission.  One question I still have – how did they deliver letters to the correct address?

Ah, I have just read the wiki and learned – they were flying back home!

航空便が広く使われる前は、伝書鳩が遠隔地を結ぶ通信に使われた – 切手の100年を祝うエストニアからの1枚は、そんなミッションを帯びて飛ぶハトが飛行機と競争しているかのような図案で、、とてもかわいいと思うのです。

くちばしに手紙をはさんだハト(本当は、脚に巻いた筒や胸にくくり付けた小さな箱だったようです)は、それだけでひたむきなものを感じさせる。けれど、当時の伝書鳩はどうやって到着地の住所を見分けたのか、、、?

あ、ウィキペディア読んで分かりました – 家まで戻る能力を使ったのですね〜。

 


pink kawaii? / ピンクかわいい?

August 13, 2015

2006Finland001
*exch. 067  ( limited number )

11 January 2006, Finland
St. Valentine’s Day

I am still thinking about kawaii/cute in stamps – how about colours?  OK, this is not only colour, but with a motif, of course.  Yet, is it still cute if not in pink?

I did not like the colour of pink for long time, since my low-teen until recently, because I though pink is representing girly flatter to gain anything better, which I was not equipped with.  I was reconciled with pink when I recognised that I am not called ‘girl’ any more.

Anyway, this stamp is simple and cute, and it delivers very strong message, anytime.

ずっと長い間、わたしはピンクが嫌いでした。中学の時に母が買ってくれたブラが体操服から透けてバスケット部の後輩から「ピンク先輩」と呼ばれたのがたぶんトラウマの始まりで、その後はピンクが似合うかわいい女性にはなれないとあきらめ、自分らしさを表現できる別の色を模索したのでした。

友人のFBで知ったジェーン・スーの『ピンクと和解せよ』という記事を読んだとき、あぁ、自分だけではなかったのだ!と知り、その分析の明快さに「そう!そうなのよ!!」と何度つぶやいたか。「媚びて発情している色」と思っていたから避けたのです。そして、わたしも40歳あたりで和解した。

この切手はもちろんハートの形もあるけれど、色がピンクでなかったら可愛さよりもシンプルさをまず感じるのではないかな、と思います。何より、強く正しくメッセージを運ぶデザイン。明日は「裏バレンタインデー」ですが、好きな人にはいつでもピンクの♡を届けたいものです。


sincere kawaii / 誠実かわいい

July 16, 2015

1968Argentina001

1968, Argentina

Some stamps are made for public campaign with serious theme – and they need to reach their correct audience.  As a result, some of the road safety stamps are often cute.  This one from Argentina has children in rigid manner, but helped by bright colours and hand sticks out from the background frame, it is lifted to kawaii field.

国によるキャンペーン切手は想定するオーディエンスにきっちり届く必要があり、結果として子供たちにアピールしたい交通安全の切手はかわいくなる傾向があります。アルゼンチンのこの切手も、背筋を延ばしてロボットみたいに歩いてる子供たちの絵柄なのに、明るい色づかいと背景の水色からちょっと飛び出た右手あたりに、しみじみとかわいさが漂う。わたしには、貼られて届いたら嬉しい切手ですが、みなさんには?


retro kawaii / レトロかわいい

June 25, 2015

2001UK021
2001UK022
2001UK023
2001UK024

15 May 2001, United Kingdom
150th Anniversary of First Double-Decker Bus
design: Consignia plc

Somehow British stamps like to show objects or faces from the straight front.  I think this is brave to illustrate buses from the front – they are normally depicted their character of the long side views.  As a result of these stamps, you notice that some buses have kawaii faces…

But not all of them are kawaii, in fact – it is very personal opinion, maybe, but the ones in a stamp below are not cute.  To compare to those industrialised faces, very recent bus designed by Thomas Heatherwick is, in a way, kawaii.  What is the decisive point?  Round, low and distanced eyes??

Oh, and as you might notice, that this series are printed in one long band of 16 front faces.  Click the bottom image to enlarge.

真っ正面からの写真やイラストは、なぜかイギリス切手によく登場するのですが、バスという前後に長い存在を正面から眺めるその度胸というか、いさぎよさが好きです。そこで、ロンドン名物ダブルデッカーの顔って実はこんなにかわいかったんだ〜、と初めて気付くわけです。

けれど、正面から見たからかわいい訳ではなく、つい最近までバスはかわいい顔をしていたのだ、と5枚の切手をながめると気付く。下の1枚に描かれた近年のバスは、なぜかかわいくないのです。このあたりと比べると、2011年に走り始めた、トーマス・ヘザウィックのデザインしたバスはまだかわいいかも。何?丸くて離れた眼??

そして、お気づきの方もあると思いますが、このシリーズは切り取る前は、ずらっと並んだ16台のバスの正面です。クリック拡大してお楽しみください。

2001UK025

2001UK021_025


kawaii〜 / かわいい〜

May 30, 2015

2005Netherland012
2005Netherland011

2005 Netherland
illustration: Dick Bruna

‘Kawaii’ is a Japanese word – maybe one of the first 5 vocabularies an oversea visitor leans from natives in Japan.  Together with animated film culture, among with young Anime fans all over the world, this word is becoming a common keyword of Japanese culture.

I used to have ‘kawaii’ category in this blog, but it covers so many diversities and gave up to nominate.  I want to look at this word again, as it might be more universal than I thought.

So, the first examples are not even stamps, but so kawaiiiiiiii (to emphasise your feeling, you stretch the last vowel) !  It is very easy to analyse why we feel so – our hidden infancy is recalled by these illustration.

「かわいい」切手。日本人には説明する必要もなく、もちろん個人によって「かわいい〜」と感じる範囲も違い、ブスかわいい、キモかわいいなど派生も多いこの領域。かつてこのブログにkawaiiというカテゴリーを作っていたのだけど、あまりにたくさんの切手が該当するので消したのでした。

その「かわいい」が国際語になろうとしている今、切手をとおして分析してみてどんな要素に「くねくね」させられているのか、考えてみようかなと思います。「kawaii」を取り巻く細やかな感覚は、国境を越えてシェアされると楽しそうなので。

まず、第一弾は切手ではありませんが、再掲するミッフィー、、、かわいい〜〜。分析するまでもなく、わたしたちの中に残る幼児性が、ちょこちょとくすぐられているのです。


175 years ago, the very first one / 世界発の切手

May 26, 2015

2015UK001
*exch. 065

6 May 2015, United Kingdom
The 175th Anniversary of the Penny Black
designed by Sedley Place

The original stamp was designed by Henry Corbould, based on ‘City’ medal by William Wyon

175 years ago this month, the world’s first stamps were printed and used.  Yes, the Penny Black.  Postal services were already used all over Europe, but for the first time the cost for the delivery of a message is made uniform within a nation by the innovation of stamps – the brainchild of Sir Rowland Hill, who founded the Post Office.

The stamp design is very simple, just added perforation line, the current Queen’s silhouette and denomination on one corner – no other way to celebrate this stamp, I agree.  Then the two are matched with the Twopenny Blue, in a sheet.

2015UK003
*exch. 066

175年前の今月、世界で始めての切手が生まれたのでした。有名な「ペニー・ブラック」です。手紙を配達するサービスはすでに各地で始まっていてそれが郵便として整えられ、多くの人に使われるようになったのはこの切手からです。近代郵便制度の父と呼ばれるローランド・ヒルが考え出し、その功績で彼はナイトに叙されたのでした。

記念切手はいたってシンプル。目打ちをつけ、女王のシルエットと金額を足しただけです。これ以外に、やりようがないですよね。すぐ後に発行された「2ペンス・ブルー」と4枚でシートになっています。

 


not the guillotine / ギロチンではなく

April 29, 2015

1988Belgium001

17 December 1988, Belgium
Art of Book Printing
Wooden Press, Metal Typo Stanhope Press and Litho Krause Press
designers: C. Wicht, P. Vouez, J. de Vos and C. Leclercqz

If you don’t know about old print techniques and received this stamp – perhaps you don’t have a clue about what is depicted.

But for people who are making stamps with a team, the development of printing machines is very important.  I like this type of specialised love caused by one’s profession.  Maybe seeing the three together, you can guess what they feature…

この切手がベルギーからある日届いて、描かれているものが何なのか分かる人は少ないと思うのです。

けれど、印刷機の歴史は、その時の技術を動員して切手を作っているチームからするととても重要なことで、それを愛情こめて切手にしているこういうシリーズは、わたしは好きです。3枚並べたら、何なのかわかる、、、かな?

1988Belgium002
1988Belgium003


discovered Lithography / リトグラフィーが発見される

March 12, 2015

1972Germany001

14 April 1972, Germany
175 years of flat-surface printing

About 220 years after Letterpress printing, an actor and playwright Alois Senefelder found the method of Lithography by chance (!) – and developed it into a commercial printing technique. This stamp is celebrating that history with a detailed picture of his printing machine printed using the amazing quality of the Lithographic process.

I am always learning something new through stamps…

時代は活版印刷の始まりから220年ほど下り、ドイツの俳優で脚本家でもあったアロイス・ゼネフェルダーという人が、リトグラフ(石版画)の原理を偶然(!?)発見し、楽譜の出版を手がけていた会社と共同で、その技法を実用できる印刷技術にしたのだそうです。この切手はその発見と応用を記念した切手で、当時の印刷機の様子が精緻なリトグラフ印刷で描かれています。

切手がいろいろ教えてくれます、、、。


propagation of print / 技術は伝播する

March 5, 2015

1976UK008

29 September 1976, UK
500th Anniversary of British Printing
designer: Richard Gay ( winner of the stamp design competition )

Only 20 years after the Gutenberg Bible, already in England the new technology of letterpress printing had been developed and large numbers of publications were produced.

These stamps with letters from that time and a picture of a printing workshop are showing British printer William Caxton’s works.  He was the first English publisher that produced commercial books.  His printer’s device is quite beautiful.

1976UK010

グーテンベルグが考案した活版印刷を使って『グーテンベルク聖書』と呼ばれる聖書を印刷してから20年のちに、すでにイギリスで印刷と出版を手がける人が手できていました。情報のつまった「本」という存在が、多くの人を魅了したのですね。

この2枚の切手はイギリスで出版業の先駆けとなったウィリアム・カクストンの仕事と、印刷所の様子を伝えています。この切手の発行当日の記念消印にも使われた彼の印刷物の紋章は、古風で美しい文字と模様の構成です。