great stellated dodecahedron or? / 大星型十二面体それとも?

May 28, 2018

9 November 1973, Germany
‘Christmas’

One more stamp from the same Christmas season, which I had already posted in 2011.  At that time I just thought it is a beautiful stamp – now I notice that this looks very much alike to a Great stellated dodecahedron.  But it is another 2D illusion and still I love it – crisp intaglio print with 70’s colours.

ドイツのクリスマス切手をもう一枚。実は約7年前に一度アップしています。あの時はただ綺麗!と思った。今は、大星型十二面体?、、ん〜、でもよく見ると、これも多面に似せた実在しない立体のイラストです。それでも、カッリッカリの凹版と70年代な色の組み合わせ、大好きです。


stellated dodecahedron or? / 小星型十二面体それとも?

May 14, 2018

9 November 1973, Germany-Berlin
‘Christmas’

My head is traveling in the world of polyhedra these days – this is one of the reasons why I did not update this blog.  Now, as I found several polyhedral postal stamps I am very keen to introduce them to my audience.

When I saw this stamp, I thought “Wow! is this a stellated dodecahedron? – so cool!!”  Then I realised that the stamp designer did not make proper research.  Well, there was no google search in 1973, and not many geometry or maths books carried a correct image of it.  This could be a Small stellated Dodecahedron – but, they are made with pentagonal pyramids and not hexagonal.  If you look at this stamp closely, you will notice that this is a 2D illusion and not an existing polyhedron.  How did the German authorities let this incorrect depiction get past?  Well – this was for Christmas, and I love it still.

ここ数ヶ月、多面体の世界に没頭しています。それで切手のブログも更新していなかったのですが、、、やっぱり持っていました多面体の切手。という訳で、紹介していきます。

この切手を見た時は「お〜!やっぱりあるよね、多面体切手。これは、、、小星型十二面体?」とわくわくしたのですが、よーく見てみると、何かヘン。グーグル画像検索のなかった1973年ですから、ケプラーの末裔ドイツ人デザイナーでも正しい画像の載った本を探すのに苦労したのか。よく見ると、六角錐で構成されたこの星型多面体は、確認されている多面体のどれとも違う、平面上での「まぼろし」に属するのです。ドイツの国営郵便が、どーしてこのなんちゃって多面体でOKとしたのか?まぁ、クリスマスの飾りだったのだし、間違っていてもわたしは大好きですが、、。


reflection of time / 時代を写す写真

February 28, 2018

9 September 2011, United Kingdom
Centenary of Aerial Post
Designed by Robert Maude and Sarah Davies

The history of photography started earlier than I thought – although it took some time for the technology of how to fix a captured image to arrive.

This photo was taken on 26 September 1911, when the first airmail was delivered.  People celebrated the big day and lots of photos were taken throughout the event.

この写真は英国で初めてのエアメールが配達された日に、記念してたくさん撮られた写真の一枚です。

写真が発明されてまもなく2世紀経つのですね。レンズを通して画像が結ばれることはもっと早くに発見されたけれど、それを定着させる技術に時間がかかった。21_21 design siteでは、時代を写してきた写真の展示「写真都市展」が始まっているようです。


cat’s shoulder / 猫の背中

January 30, 2018

13 February 2001, United Kingdom
Cats & Dogs
photographer: Henri Cartier-Bresson ( 1908-2004 )
design: Johnson Banks

With photography it is possible to capture a moment – yes that is why we cannot stop taking snaps.  Somehow Black & White shows a frozen moment clearer, I think.

写真はある瞬間を切り取るメディアです。記憶に残したくて、次から次に撮ってしまう。なぜか、白黒写真のほうが「その瞬間」をくっきりと見せてくれる気がします。


Watch out for the dog / 犬に注意

January 21, 2018

13 February 2001, United Kingdom
Cats & Dogs
photographer: Richard Kalvar ( born 1944 )
design: Johnson Banks

My second stamp in the year of the dog is – a cat, sitting on a gate door.  Black & White photographs are not often used for stamps, but this series works nicely on colourful envelopes.

戌年の2枚目の切手は、「犬に注意」と書かれた門扉の上の猫です。切手の図柄に白黒写真が使われることはあまり多くないですが、このシリーズの切手たちはカラフルな封筒に貼られたら素敵に映えます。


Happy New Year 2018 / 新年おめでとうございます

January 7, 2018

13 February 2001, United Kingdom
Cats & Dogs
photographer: Elliott Erwitt ( born 1928 )
design: Johnson Banks

I wish you all a happy new year in 2018!
The world is still in chaos – but let’s carry on our own creative year.

The Dog is the animal of the year in the Eastern zodiac – then I found that I have very few dog stamps.  Well, this one suits to the new year greetings the best…

新年おめでとうございます。
世界は今年も混沌としていますが、横目で見ながらも創造的な2018年を過ごしたいと思います。

さて、戌年。どれくらいあったかなぁ、、とストックを見返して、犬の切手はほんとうに数が少ないことを発見。これがいちばん、その中ではお正月らしいかも、と。


upward arrows 3 / 上むき矢印 その3

December 27, 2017

14 November 1962, United Kingdom
National Productivity Year / Unified productivity
design: David Gentleman

Another Christmas coloured stamp on rising productivity – well, after 55 years it reminds us that whole world has to re-think about the pace of productivity and what is damaged since the industrial revolution.

生産性の向上を呼びかけるクリスマス色の切手をもう一枚。時代の雰囲気をものすごく反映していま。55年後の今となっては産業革命以来の人類の生産活動が、地球環境にどんなダメージを与えたかを考えされる切手でもあります。


upward arrows 2 / 上むき矢印 その2

December 12, 2017

14 November 1962, United Kingdom
National Productivity Year / Units of productivity
design: David Gentleman

N (national) and P (productivity) share an arrow and all stacked up units have upward arrows!  The year when The Beatles played their first session in the Abbey Road Studios, also the Rolling Stones made their debut in London.  The futuristic design of Concord was shown, British and French governments agreed to develop it together ( yes, it took off in 1973! ).

This stamp has an atmosphere of Christmas – of course, its colours.

N(national:国の)とP(productivity:生産性)が上むき矢印を一緒にしょっているデザインが、国を挙げた産業の活性化を謳っている、1962年の切手。ビートルズがアビーロードスタジオでレコーディングを始め、ローリングストーンズがロンドンデビューをした年。コンコルドの最初の模型が発表され、イギリスとフランスが共同開発を始めた年でもありました(11年後には営業をはじめたし!)。

この切手がとてもクリスマスな雰囲気なのは、3色の色合いですね。


upward arrows / 上むき矢印

November 29, 2017

1974, Turkey
3rd year of 5 years Kalkinma Plani

I could not find what the Kalkinma Plani was – just guessing it is about industrial or agricultural productivity, having a high target to achieve.  Very 1970s – the mood, composition and the colour.

ネットの辞書ではトルコ語の「Kalkinma Plani」が何なのか分からなかったのですが、デザインから読み解くと、これは生産性を上げよう!という国家のスローガンではないかと思われます。デザインや雰囲気、使われている色まで、とても70年代な切手です。


spreading arrows / 多方向矢印

October 4, 2017

1954, Turkey
The Peace force of liberty / NATO

Single rooted arrows are progressing into multi directions.  These arrows made me a search on Turkey’s entry to NATO in relation to Greek-Turkish relations over the years.  By the design of this stamp, we can read that they were willing to grow this relationships with European and North American countries.

多方向に広がっていく矢印と、その根本の苗木というデザインから、トルコがNATOへの加入を祝って欧州諸国と北アメリカとの関係を育てようと願っていたことが読み取れます。その立地から、アジアとヨーロッパのはざまで何度も支配者が移り変わったトルコと隣国ギリシャとの関係も、この切手をきっかけにじっくり読みました。地味なのに惹かれるのは、矢印の効果でしょうか?

 


two-way arrows 2 / 双方向矢印 2

October 1, 2017

21 October 1966, USA
Great River Road
design: Herbert Bayer of Aspen

The river looks modest in this stamp, but in fact it is 2,069.0 miles ( 3,327.9 kilometers ) long – and it is a road for cars, sign posted through ten states of the US.  This simple design is printed with intaglio and lithography methods, in 3 colours.

3色刷りのぱっきりしたデザインですが、切手の小ささのゆえ描かれた「川沿いの自動車道」が3,300キロ以上ある(だいたい那覇から旭川ぐらいの距離のようです)ことをうまく想像できません。印刷には凹版とリトグラフが使われているようですが、他にもこの組み合わせ、ありますか?


two-way arrows / 双方向矢印

September 20, 2017

1969 + 1971, USA
Special Delivery Arrows
design: Norman Ives

Swift and reliable – a very clean and strong design for a special delivery stamp.  The normal postal stamp was 6 cents in 1969 and this is more than 7 times expensive.

1969年当時普通の郵便は6セントだったのに、この速達用切手は45セント。確実で速い!!というのを図柄にしたらこうなった、という強さがあります。


TV and arrows / テレビと矢印

July 30, 2017

1974 Brazil
tribute to Assis Chateaubriand
design: Aluisio Carvao

A stamp dedicated to the founder of the first television network in Brazil, called Rede Tupi.  Dual directional arrows emerge in characteristic TV lines – well, we don’t have these lines on the digital TV anymore…

ブラジルに最初のTVネットワークを作ったアーシス・シャトブリオンを記念する切手。ブラジルのメディア王で、美術のパトロンであり、政治家にもなった人物です。双方向に走る矢印が、ひと昔前までのテレビ独特の平行線(懐かしいのは、なぜ?)に浮き出ている、クールなデザイン。


concentric and arrows / 同心円と矢印

July 8, 2017

1974 Brazil
tribute to Edgar Roquette-Pinto
design: Aluisio Carvao

A stamp dedicated to the founder of the first radio station in Brazil, called Radio Society of Rio de Janeiro.  Cool design of radio waves from a tower – a bit psychedelic yet well controlled.

ブラジルに最初のラジオ放送局を作ったロケッテ-ピントを記念する切手。ラジオ局長は、もともと医者で、のちに民俗学者になった人のようです。70年代のちょっとサイケな色使いが、電波の飛ぶ様子をクールに抽象化しています。


concentric circles 3 / 電波・同心円その3

July 1, 2017

1 August 1967, USA
Voice of America – 25 years of VOA

Hand drawn circles on natural colour of paper – light weight impression, but strong stamp.  Maybe because the centre of the circles is the centre of the stamp?

It was 50 years ago when this stamp was issued.  In that year, the anti-Vietnam War movement was started and spread throughout the US, and biologists started to warn about damage to the environment.  The current president is now in action to waste those 50 years of great effort and wisdom…

紙の色のバックグラウンドに手描きの同心円。シンプルで軽い印象を与えるけれど、なぜか強い。同心円の中心が、切手の中心にあるからでしょうか?

この切手から、ちょうど50年。その頃まだアメリカでも細菌兵器を作っていて、ヴェトナム戦争に反対する社会ムーブメントが始まった年。生物学者や海洋学者が環境問題への警告を発し始めた時期でもあります。そして今、50年分の努力と英知を無きものにしようとする、がっくりな45代大統領。。


concentric circles 2 / 電波・同心円その2

June 29, 2017

1965 Turkey
100 years of telecommunication

Although it is not really sophisticated, I am attracted by this stamp with lattice tower and concentric circles plus zig-zag arrows…

洗練されたデザインではないのに惹かれてしまうのは、、、ビビビと飛び交う電波と簡略化された鉄塔、そして同心円というおなじみのモティーフなのでした。。


radio antenna system / 国境の山の鉄塔

June 28, 2017

1959 Austria
Radio Antenna System
designer: R. Fuchs / engraver: Rudolf Toth

Radio antenna system standing ( oh, is it still there? ) on the Zugspitze, a mountain on the border between Austria and Germany.  Beautifully engraved stamp, nice to look at to be chilled on a hot evening.

オーストリアとドイツの国境の山にそびえる、ラジオ塔です。1947年から凹版の彫刻を手がけた彫刻師による丁寧な仕事。暑い夜にながめると、涼しい風が吹くのをきっと感じます。


huge radio tower / 巨大ラジオ塔

May 3, 2017

22 December 1951, Monaco
Monte Carlo Radio Station
designer: M. Camia / engraver: P. Gandon

This stamp is full of elements that I like – multi coloured intaglio print, lattice tower, concentric circles and zig-zag electrical arrows.  In addition, the size of the tower in comparison to the port town makes me smile.

All three colour combinations are delightful.

この切手には、わたしの大好きな要素がいっぱい詰まっています。切れ味のよい凹版印刷の多色刷り、鉄塔、同心円とそれをビビッと横切る電撃矢印。山の後ろから港町を見下ろす鉄塔の巨大さも、微笑ましく。

3種類の色彩、どれも綺麗です。



radio tower / ラジオ塔

April 24, 2017

23 September 2005, Sweden
Varberg Radio Station, Grimeton
designer: Hannu Jarvio / engraver: Piotr Naszarkowski

I really like the lattice towers.  They are designed purely for function – built as high as possible with  a minimum of materials, the wind passes through otherwise it would topple down in a storm.

This stamp is looking up at one of 6 transmitters at the radio station at Varberg in Sweden, built in 1922 to 1924.  Now it is classified as a World Heritage Site and opened to public on Alexanderson Day.

鉄塔がとても好きです。少ない素材で出来るだけ高く、風に倒れないようスカスカに組んである、機能に徹した構造体。

この切手は世界遺産にも指定されている、スェーデンにあるヴァールベリのグリメトン無線局(1922年から24年に建設)の鉄塔のひとつを見上げた図です。鉄塔も、切手も美しい♡


concentric circles / 電波・同心円

April 23, 2017

1976, Ireland
50 years of Irish Radio
design: Graham Shepherd & Al O’Donnell

Another way of showing the invisible phenomenon of radio waves – a set of concentric circles.  Often the waves are dispatched from a radio tower ( yes, in this case of an Italian, 1947 ) and in this Irish stamp, there is an earth in the centre to tell us that their broadcast is connected to the world.

電波が飛んでいく、見えない現象を描く手法でよく使われるのが、ラジオ塔から飛び立つ同心円の線(1947年のイタリア切手も)。このアイルランドの切手では、同心円の中心に地球が描かれ「発信元は世界とつながっている」表現ですね。

この切手からRCサクセションの『トランジスタ・ラジオ』を思い出し、びっくりするくらい歌詞を覚えていて、今も耳から離れません。『ベイエリアから / リバプールから / このアンテナがキャッチするナンバー』と清志郎(あぁ、すてきなしゃがれ声だったなぁ。追悼)が歌ったのが1980年、この切手の4年後でした。