hard worker / 500年前の働き者

February 28, 2015

1954Germany002

5 May 1954, Germany
500 years of Gutenberg Bible

Gutenberg invented ‘mobile’ letters which can be placed in a frame and set to make a page.  He also developed alloys for the letter press, the formula of ink for the method, and adapted the farmer’s press device for printing… I imagine he might have worked hard.

Mono and modest coloured stamp but strong – the atmosphere of a work place of 500 years ago is well presented within a small stamp.

グーテンベルグは文字を小さな活字にして組み合わせる方法を発明し、何度も使える活版のための合金の割合も考え、農家で使われていた圧搾プレスを組み合わせたり、、、よく働いた人だったのは間違いないです。

地味な一色刷りなのに、クール。小さな切手の中に500年前の仕事場の雰囲気がとても良く再現されています。


Printing revolution / 印刷革命

February 26, 2015

2000Germany001

17 February 2000, Germany
600th birthday of Johannes Gutenberg

The hand carved woodblock print was born in China, and in the 15th century in Europe, metal letter press was invented and that made the printing culture wide spread.

This stamp is celebrating the inventor’s birthday of 600 years ago – well, he is responsible for many areas of later development, such as publication, education and yes of course, typography.

The letters from 600 years ago were quite a bit different in written manner, by the way.

印刷の歴史は中国で興った手彫りの木版印刷にさかのぼりますが、15世紀のヨーロッパで活版印刷が発明されたことが、印刷物の量をぐんと増やし、情報の伝わるスピードを一気に速めたのは間違いないようです。

この切手はその活版印刷の発明者と言われるヨハネス・グーテンベルクの600年前の誕生を記念したものです。たしかに、量産が可能な印刷物が出来たことで書物が庶民に届くようになり、さらにタイポグラフィーというものも生まれたのですね。

それにしても600年前の文字は、今とはずいぶん違った表記だったことが、拡大するとわかります。

2000Germany001-2


rainbow Love / ♡な日が近い

February 12, 2015

1984USA005
*exch. 064  ( limited number )

31 January 1984, USA

St. Valentine’s Day is soon.  I know the chocolate shops in Japan are in the busiest time of the year.  Here in East London, where Christians could be a minority group, you can see modest red hearts only in the supermarket check-out area.

I like the font on this stamp and I discovered that it is called ‘Bodoni‘ designed in 1798 by Giambattista Bodoni – a 226 year old font!   It is interesting to learn that the typographer is already a recognised profession in Europe at that time, alongside the rapid development of Letterpress printing since the 15th century.

バレンタインデーが近づいていますね。きっと日本ではチョコレート商戦がピークを迎えていることでしょう。キリスト教徒がたぶん少数派のスタジオ近辺では、coopスーパーのレジ周りだけ、控えめに♡が飛んでいます。

この切手のフォントが好きで由来を調べたところ、「Bodoni」という名前で今から226年前の1798年にジャンバッティスタ・ボドニによってデザインされていました。タイポグラファーという職種はヨーロッパでは活版印刷が広まるとともに育ち、国際的に使われる文字も生まれはじめたのですね。


matured / 歳を重ねる

February 1, 2015

1962Romania004
1962Romania005

20 November 1962, Romania
Prime Farm Stock, Lamb and Ram
design:  I. Untch

How fast January has passed and this feeling is growing stronger every year!  Events over Christmas and the New Year made me think about the fact that we all are getting older year by year.  OK, we have to accept it naturally and let’s call it becoming mature, rather than getting old – we might be ‘fermenting’ in other words..

A vulnerable and cute Lamb is grown into a tough Ram in a few years –  well, these stamps give us a completely different impression.  Some character has gone, but another is developing.

一月があっと言う間に過ぎました。歳を追うごとに月日が短く感じられ、特に年末年始は自分を含めた誰もが少しずつ老いていくことに気付かされる季節です。それはあっさり諦め、老けつつあるのではなく成熟しているのだ、と考えることにしましょう。すでに「発酵」かも、という感じもありますが、、。

この2枚の切手が描いているように、ふらふらした脚で立ってメエエと鳴いた可憐な子羊は、数年経つと頑丈でタフな牡羊になる。失なったものは明らかだけれど、月日がくれた新たな価値について考えたいと思います。


irreplaceable / かけがえのない

January 15, 2015

1971Uruguay001

1971 Uruguay
Natural Woolen – Irreplaceable

The rear half of a sheep is a roll of woolen fabric… I tried to find out about sheep in Uruguay, but could not find if they were the original species or if Europeans brought them to South America.  In either case, the farming of sheep was an important industry in 1971.

羊のうしろ半分がウールの反物になっているウルグアイの切手です。「天然の羊毛ーかけがえのない」と印刷されているように、1971年の時点では大切な産業だったのですね。もともと南アメリカに羊がいたのか、スペイン人が持ち込んだのか?と思って読んでみたけれど、ウィキペディアでは見つかりませんでした。


travelled sheep / 旅した羊

January 5, 2015

1933Falkland Islands001

1933 Falkland Islands
Romney Marsh Ram

An ancestor of this hairy Ram has travelled a long distance from Scotland, about 70 years before this stamp was issued.  The Falkland Islands, one of the British Overseas Territories, has a sheep in their flag and about 670,000 sheep live in those islands, where less than 3,000 people populate.

I forgot how I got this handsome stamp – and when I looked up Stanley Gibbons website I found that it is one of a set of 12 and the set is sold for £4,000!  Big surprise, but this is not the valuable one…

平和な牧草地にたたずむこの羊の先祖は、1860年代にスコットランドから移住した人たちと長い旅をして南半球のイギリス領、フォークランド諸島まで来たのでした。国旗にも描かれる羊はこの切手が発行された頃にはずいぶん増え、今でも人口3,000人以下の諸島に67万頭の羊が飼われているそうです。

この端正な切手をどこで入手したのか忘れてしまったのですが、スタンリー・ギボンズのHPで12枚のセットが4,000ポンド、約73万円で売られていてびっくり!でもこれは高価でない一枚なのでした、、。


year of the sheep / 未年おめでとうございます

January 1, 2015

1979Faroe Islands001

19 March 1979, Faröe Islands
Ram
engraver: Czesław Słania / printed in Helsinki

Are you having a relaxed holiday?  I wish you have a fresh and prosperous new year in 2015.  In the Eastern calender, 2015 is the year of the Sheep.  In some country the sheep year starts from the lunar new year, but in Japan it starts today.

This stamp is a treasure – one of the great masterpieces by a master craftsman.  Please do enjoy the magnified view below, different textures of fleece and transparency of the eyes.

1979Faroe Islands001-2

新年あけましておめでとうございます。

のんびりしたお正月を過ごされていますか?羊のことを、年の名前の時だけなぜ「未」と書く?英語では生きてたらsheep、肉ならramと呼ぶけれど(注:大まちがいでした!正しくはlamb、しかも子羊の肉です。なんて日本人的な間違い、、)、図録にある「Ram」はどうして?(注:去勢されていない雄羊のことでした)などと思いながら、新年です。

この迫力の切手は巨匠スラニアの技術の結晶のような、わたしの宝ものです。毛質の違いや瞳の透明感など、奥行きのある彫刻作品を拡大で楽しんでください。


circus horse / サーカスの馬

December 31, 2014

1987Sweden002

10 October 1987, Sweden
Bicentenary of Circus in Sweden
designer: Eva Jern / engraver: Czesław Słania

The final stamp of the year of the Horse is the work of a master craftsman – a rather unusually colourful Slania.

A brave design – the country name is written around the low circuit handrail, and well, missing the last E – but that seems nothing for them in comparison to a cool design.  It is obvious that Slania is more interested in depicting the horse than the girl on top of it, and also took time on the facial expressions of the audience in the dark.

This is the 28th stamp of horses since this January and I have 70 more…  Let’s wait for 12 years to feature them all!

午年最後の切手は、スラニアの作品では珍しくカラフルなサーカスの馬です。

国の名前が手すりの下に途切れとぎれで、しかも最後のEがないのだけれど、かっこいい切手のためなら国の名前なんて正確でなくてもOK、という鷹揚さが好きです。スラニアの軽妙な線の馬は歯切れよく、背後の暗がりの観客には表情がある。洒脱ながらも根気の仕事ですね。

さて、この1月から始めてこれで28枚目の馬の切手でしたが、数えるとまだ70枚残っていた。12年後を待ちましょう。

 


jump over a hurdle / ハードルを越えた

December 29, 2014

1960Poland003

15 June 1960, Poland
Olympic Games, Rome
design: S. Malecki

This year has passed very fast – OK, this is a fact that each year passes faster than the previous one!  And at least I feel that I have jumped over a hurdle and am getting back to normal.

I like the graceful design of this Polish stamp – do you notice the embossed figure other the horse and rider?  But I was puzzled by the mention of Berlin 1936 here… then I found out that the rider was one of the Polish successes in the previous notorious Olympic Games of that year.

今年もあっという間に過ぎ去り、1年が徐々に短くなることを実感する年の瀬です。でも、今年はひとつハードルを越えて健康を取り戻しつつある、という充実感もあります。

さて、年始のごあいさつに使ったポーランドの端正な切手、エンボスで描かれた陰影が見えますか?きりっとした色と構成が好きですが、なぜ1936年のベルリンオリンピックのことが書いてある?とギモンに思っていました。調べると「以前のオリンピックで優勝したポーランド人」を描いていたようです。


Merry Christmas! / メリークリスマス

December 24, 2014

1978Uruguay001

1978 Uruguay
Christmas
design: F. Alvarez Cozzi

After all greetings ( received only ) and tidy up of the year, finally I am in a mood of holidays/resting.  I have just got a new music book of baroque for Ukulele  – now I am thinking of design for the new year’s greeting message.

This Christmas stamp from Uruguay has refined style and peaceful atmosphere – but this stamp was released when the current president José Mujica, known for his criticism against rich politicians, was imprisoned by the Right wing police state.

クリスマスの挨拶を横目に見ながらいろいろ片付け、ようやく冬の休暇の気分の今日、ウクレレで弾くバロック音楽の楽譜が届きました。新しい曲を練習しながら、新年のあいさつに付ける図案を考え中。すてきなクリスマスを!

このウルグアイの切手は流麗なイラストとほんわかした雰囲気が好きですが、実はこの切手が発行された頃は「異常な警察国家」体制が敷かれていて、「金持ちは政治家になってはいけない」という実に的を得た消費社会への批評で知られる現大統領のホセ・ムヒカ氏は獄中でした。


mono colour and strong 3 / 単色で強い切手 その3

December 11, 2014

1955Germany003

1 December 1955, Germany
Supplementary value, 1

Not just bright colours, but quiet tint can be strong, if the stamp design is good.  This elegant swirl adorns the number 1 – because the background is grey, white lines stand out beautifully.

明るい色彩だからモノトーンでも強いのか?と思ったらそうでもないのです。こんな地味なグレーの中だからこそ、エレガントなぐるぐる渦巻きで飾られた数字がきれいに浮き上がる。受け取ったら嬉しくなる切手です。

 


mono colour and strong 2 / 単色で強い切手 その2

December 5, 2014

1963Czechoslovakia001

25 May 1963, Czechoslovakia
60th Anniversary of Moravian Teachers Singing Club
designer: K. Šolínský / engraver: L. Jilka

This stamp will make an envelope cheerful and its strength is based on the spontaneous lines, together with hand written letters, I guess.  And its vigorous lines are all engraved with great patience!

これを貼ると封書がぱっと明るくなりそうな切手です。のびのびした手描き文字と強弱のある線描がこの単色の切手を強くしているようですが、よく見るとその線は、忍耐強い凹版の彫刻作業の結果なのでした。


mono colour and strong / 単色で強い切手

November 27, 2014

1971Germany006

19 September 1971, Germany
‘Accident prevention’

There are strong stamps – even they are printed in only one colour.  So, after the mono printed Mexican stamps, I started look at those and thought why they are strong.

In this case, the graphic almost pictogram tells us the warning immediately – and visually strong.  Be careful loose wiring of plugs!!

By the way, there are two stamps with plug from Japan, energy recycling and saving, both are strong design, too.

一色で印刷されているのに「強い」存在感のある切手というのがけっこう存在します。メキシコのジーンズ切手のあと、そんな切手を眺めて思ったのは、、、どんな要素がその切手を目立つ存在にしている?ということです。

この切手の場合は、ピクトグラムのような簡略化された図柄が、注意!という警告を強く表現していることでしょう。ソケットの配線が抜けそうだったら、、、感電するかも!!

ちなみに、ソケットの描かれた日本の切手には1981年の省エネルギーエネルギーリサイクリングの2種があり、どちらもはっきりと強い切手です。


Jeans / ジーンズ

November 20, 2014

1975Mexico007
1975Mexico008
1975Mexico006

1975 Mexico
Mexican exports
design: Rafael Davidson

Jeans – I had a kind of complex about my legs and didn’t wear jeans until 10 years ago.  But now, I realise jeans are for functionality not fashion, then I enjoy their adjustability on many occasions – I love them.

These stamps are from the ‘Export from Mexico’ issue – the simplicity of design suits to the subject very well.

永年、脚の長さへのコンプレックスからジーンズを履かなかったのですが、ジーンズはファッションではなく機能なのだとと気付いて着るようになり、今ではジーンズがない暮らしはちょっと想像できないぐらいです。

この「メキシコの輸出品」シリーズの切手は、シンプルなデザインがジーンズ的に気持ちよいです。


autumn appetite / 食欲の秋

October 23, 2014

1975Mexico003

1975 Mexico
Mexican exports
design: Rafael Davidson

After red wine, my appetite goes to beef – but I think my consumption of beef in recent years has been reduced.  This is because of my age, amount of exercises goes down and a little concern to the environmental issue, I guess.

In 1975, beef was one of the main export from Mexico and this is one of my favourite example of definitive stamps in the same format.  The following one of shoes – the byproducts of beef, I guess, is modest yet cool.

I met a numbers of young designers from Mexico through the Vitra Design Museum Workshops at Boisbuche and they are almost all female, somehow.  All of them are hard-working ladies with bright smile and they form my impression of the country.

1975Mexico004

食欲の秋です。秋になると赤ワインと一緒にビーフを食べたくなる、、、けれど、加齢と運動不足ゆえか、肉の消費量が近年ぐっと減りました。豆類を多く食べるようになったことと、牛の飼育がどれくらい環境に負荷が多いかを知った、その衝撃も理由のひとつです。

この切手が出た1975年、牛肉はメキシコの主要な輸出物のひとつだったのですね。この「輸出品」シリーズは、シンプルで力強いデザインで大好きなシリーズです。

フランスのBoisubuchetで主催されるVitra Design Museum Workshopsで、ここ数年たくさんのメキシコ人デザイナーと出会いました。なぜかほぼ全員女性で、働き者の陽気な人たち。わたしのメキシコの印象は、この女性たちのあたたかい笑顔で満たされているのでした。


season of red wine / 赤ワインの季節

September 22, 2014

2000Argentina001
2000Argentina002
2000Argentina003
2000Argentina004

26 February 2000, Argentina

In autumn, somehow I want to drink Red wine rather than summery White wine.  So, I feel that I am in autumn season, today.

I met a very nice designer/artist couple from Argentina this summer in France – OK in their country the season is now spring, but here in Europe I think about harvest of grapes.

Well designed chic stamps to tell us their passion on wine there – I wish to visit in the near future.

秋になると、赤ワインが飲みたくなります。さっぱりと冷やした白ワインばかり飲んでいた夏から、あ、今日この日にわたしの食欲が秋に突入した!とようやく実感したので、アルゼンチンからぶどうとワインの切手を。

この夏にフランスで、アルゼンチン出身の素敵なカップルに出会いました。そういえば彼らの故郷では春が始まるところなのだけど、、、ともかく収穫の秋の切手です。

シックながら、4枚つづりで彼の地でのワインへの情熱が伝わる切手たち。いつか訪れてみたい国です。


State Crest / 州の紋章

August 27, 2014

1963Madagascar003
1963Madagascar002
1963Madagascar001

3 December 1963, Madagascar
State crest of Antsirabe, Tulear and Majunga
design of coat of arms: Robert Louis & Suzanne Gauthier

Not only the nation or the head of state have their coat of arms – almost all states, cities and towns in Europe and their colonies have their heraldry.  Here some modern design of states in Madagascar.

For example of the last one of Majunga – shows Baobab tree from the region and three boats, indicating that Majunga ( Mahajanga ) is a harbour town.  Yes, they must have crocodiles in their region, too.

This summer I met a young French designer who has her family origin from Madagascar.  It was a lovely encounter with her, to know her poetic approach in her creations.

国や国家元首だけでなく、ヨーロッパやその植民地だった都市や地方には紋章があります。これは1960年にフランスの植民地から独立したマダガスカルの州の紋章です。

たとえば最後の一枚はマハジャンガ州のもので、地方にたくさん生えるバオバブの木が中心にあり、三艘の帆船はハジャンガが港湾都市であることを伝えてくれます。この州にはまちがいなく、ワニも住んでいたはず。

この夏、マダガスカルにルーツを持つ若いフランス人デザイナーと出会いました。ヨーロッパに起源を持つデザインとはひと味ちがう、詩的な創造に楽しい刺激を受けたのでした。

 


350 years apart? / 350年のちがい?

July 31, 2014

1959Bermuda001

1959 Bermuda

In 1609 an English ship was drifted to an island which was already named Bermuda after a Spanish navigator Juan de Bermudez, who reported about this uninhabited island in early 16th century.

This stamp is celebrating this arrival of English people with two Royal heraldry in 1609 (King James I) and 1959 (Queen Elizabeth II).  In spite of 300 years apart between then, there are not much difference.

Well, the primitive patterns on battle shields in 1066 were quickly stylised to heraldry by 1189, when Richard I made the College of Arms, then has been staying similar until today.  The ‘walking lions’ against red background was designed more than 900 years ago.

1959Bermuda001-2

無人島だったバミューダに嵐に遭ったイギリスの船が漂流したのが1609年で、この切手はその350年前の出来事を記念して発行されました。

2つのイギリスの国章は350年の隔たりがあるのに、ほとんど変わっていない。ただ、フランスもイギリス王家の持ち物だ、と主張していたアイリスの紋章が消えただけです。

1066年のタペストリーに描かれた盾の模様は、1189年ごろまでには様式化され、リチャード一世の作った紋章院で管理されるようになり、そこからあまり変わらず今日に至る。今でも国章の半分を占める赤い背景に歩きポーズのライオンは、なんと900年以上の歴史があるのでした。


pre heraldry / 紋章のルーツ

June 28, 2014

1966UK010
1966UK009

14 October 1966, United Kingdom
900th Anniversary of Battle of Hastings
design: David Gentleman

The heraldry was born from the marks on the battle shields used by the medieval knights.  The shields in these stamps show one of the most early primitive signs of families or individuals, used to classify the foe and ally.

These stamps are based on Bayeux Tapestry, depicted the Battle of Hastings in 1066.  They give us some idea of how brutal those battles were.  Even a thief is taking cloth off a dead body and the silhouette of the Queen is looking at that scene rather calmly.

1966UK014

中世の騎士が持って戦った盾に描いた模様が、紋章のはじまりだったそうです。この切手に描かれている戦場の様子を描いたタペストリーが、紋章を説明する時にかならず出てきます。戦いの敵と味方を見分けるために、視界の悪い兜ごしにもはっきり見えるような単純な模様が選ばれて使われ、だんだんと親から子に継承される家紋のようになっていったのですね。

900年前にフランスのノルマンディーからイングランドに攻め入ったヘイスティングズの戦いを記念している切手ですが、死体から服をはぎ取っている場面をじっと見ているかのような、女王のシルエットがクールな構図です。

17ポストめの馬の切手でもありました。


suit of armour 3 / 甲冑 3

May 26, 2014

1974UK005

10 July 1974, United Kingdom
Great Britons, The Black Prince (1330 – 1376)

I did not post a new stamp for one and half months… and I am still on the theme of horses and knights in armour!  A little too slow to move on, but now I am thinking to step into a new area of ‘heraldry‘ stamps – a recent favourite theme of my collection.

Edward, The Black Prince was the first English Prince of Wales in the 14th century and he was very popular as a strong military leader.

My reference book “Heraldry Stamps” (published in 1987) tells me about the patterns and significance of his decoration in this picture.  The following two are the Welsh leader Owain Glyndŵr (c. 1349 – c. 1415) and the Scottish king Robert the Bruce (1274 – 1329).

1974UK003
1974UK002

またもや、一月半ほど更新しませんでしたが、、、まだ切手は馬と甲冑の騎士!『偉大なブリテン島の人』のシリーズから。さすがに、ここを起点に馬から離れて「紋章の切手」に進むことにします。紋章も、大好きなモチーフなのです。

一枚目は「エドワード黒太子」と呼ばれ、イギリス系で最初にプリンス・オブ・ウェールズの称号がついた皇太子で、百年戦争で活躍した人気の高い軍人でした。二枚目はウェールズ人「オウイン・グレンダワー」、三枚目はスコットランド国王「ロバート・ドゥ・ブルース」のそれぞれが、紋章の入った飾りと一緒に馬にまたがっています。

ここに描かれている紋章がどんな意味を持つのか、『紋章の切手(1987年発刊)』という本に詳細があり、この切手の図案がどの原典から起こされたのかの推測もあって興味が尽きないのでした。


Follow

Get every new post delivered to your Inbox.

Join 3,696 other followers