spreading arrows / 多方向矢印

October 4, 2017

1954, Turkey
The Peace force of liberty / NATO

Single rooted arrows are progressing into multi directions.  These arrows made me a search on Turkey’s entry to NATO in relation to the Greek-Turkish relations over the years.  By the design of this stamp, we can read that they were willing to grow this relationships with the Europe and North American countries.

多方向に広がっていく矢印と、その根本の苗木というデザインから、トルコがNATOへの加入を祝って欧州諸国と北アメリカとの関係を育てようと願っていたことが読み取れます。その立地から、アジアとヨーロッパのはざまで何度も支配者が移り変わったトルコと隣国ギリシャとの関係も、この切手をきっかけにじっくり読みました。地味なのに惹かれるのは、矢印の効果でしょうか?

 


two-way arrows 2 / 双方向矢印 2

October 1, 2017

21 October 1966, USA
Great River Road
design: Herbert Bayer of Aspen

The river looks modest in this stamp size, but in fact it is 2,069.0 miles ( 3,327.9 kilometers ) long – and they are road for cars, sign posted through ten states of the US.  This simple design is printed with intaglio and lithography methods, in 3 colours.

3色刷りのぱっきりしたデザインですが、切手の小ささのゆえ描かれた「川沿いの自動車道」が3,300キロ以上ある(だいたい那覇から旭川ぐらいの距離のようです)ことをうまく想像できません。印刷には凹版とリトグラフが使われているようですが、他にもこの組み合わせ、ありますか?


two-way arrows / 双方向矢印

September 20, 2017

1969 + 1971, USA
Special Delivery Arrows
design: Norman Ives

Swift and reliable – a very clean and strong design for a special delivery stamp.  The normal postal stamp was 6 cents in 1969 and this is more than 7 times expensive.

1969年当時普通の郵便は6セントだったのに、この速達用切手は45セント。確実で速い!!というのを図柄にしたらこうなった、という強さがあります。


TV and arrows / テレビと矢印

July 30, 2017

1974 Brazil
tribute to Assis Chateaubriand
design: Aluisio Carvao

A stamp dedicated to the founder of the first television network in Brazil, called Rede Tupi.  Dual directional arrows emerge in characteristic TV lines – well, we don’t have these lines on the digital TV anymore…

ブラジルに最初のTVネットワークを作ったアーシス・シャトブリオンを記念する切手。ブラジルのメディア王で、美術のパトロンであり、政治家にもなった人物です。双方向に走る矢印が、ひと昔前までのテレビ独特の平行線(懐かしいのは、なぜ?)に浮き出ている、クールなデザイン。


concentric and arrows / 同心円と矢印

July 8, 2017

1974 Brazil
tribute to Edgar Roquette-Pinto
design: Aluisio Carvao

A stamp dedicated to the founder of the first radio station in Brazil, called Radio Society of Rio de Janeiro.  Cool design of radio waves from a tower – a bit psychedelic yet well controlled.

ブラジルに最初のラジオ放送局を作ったロケッテ-ピントを記念する切手。ラジオ局長は、もともと医者で、のちに民俗学者になった人のようです。70年代のちょっとサイケな色使いが、電波の飛ぶ様子をクールに抽象化しています。


concentric circles 3 / 電波・同心円その3

July 1, 2017

1 August 1967, USA
Voice of America – 25 years of VOA

Hand drawn circles on natural colour of paper – light weight impression, but strong stamp.  Maybe because the centre of the circles is the centre of the stamp?

It was 50 years ago when this stamp was issued.  In that year, the anti-Vietnam War movement was started and spread throughout the US, and biologists started to warn about damage to the environment.  The current president is now in action to waste those 50 years of great effort and wisdom…

紙の色のバックグラウンドに手描きの同心円。シンプルで軽い印象を与えるけれど、なぜか強い。同心円の中心が、切手の中心にあるからでしょうか?

この切手から、ちょうど50年。その頃まだアメリカでも細菌兵器を作っていて、ヴェトナム戦争に反対する社会ムーブメントが始まった年。生物学者や海洋学者が環境問題への警告を発し始めた時期でもあります。そして今、50年分の努力と英知を無きものにしようとする、がっくりな45代大統領。。


concentric circles 2 / 電波・同心円その2

June 29, 2017

1965 Turkey
100 years of telecommunication

Although it is not really sophisticated, I am attracted by this stamp with lattice tower and concentric circles plus zig-zag arrows…

洗練されたデザインではないのに惹かれてしまうのは、、、ビビビと飛び交う電波と簡略化された鉄塔、そして同心円というおなじみのモティーフなのでした。。


radio antenna system / 国境の山の鉄塔

June 28, 2017

1959 Austria
Radio Antenna System
designer: R. Fuchs / engraver: Rudolf Toth

Radio antenna system standing ( oh, is it still there? ) on the Zugspitze, a mountain on the border between Austria and Germany.  Beautifully engraved stamp, nice to look at to be chilled on a hot evening.

オーストリアとドイツの国境の山にそびえる、ラジオ塔です。1947年から凹版の彫刻を手がけた彫刻師による丁寧な仕事。暑い夜にながめると、涼しい風が吹くのをきっと感じます。


huge radio tower / 巨大ラジオ塔

May 3, 2017

22 December 1951, Monaco
Monte Carlo Radio Station
designer: M. Camia / engraver: P. Gandon

This stamp is full of elements that I like – multi coloured intaglio print, lattice tower, concentric circles and zig-zag electrical arrows.  In addition, the size of the tower in comparison to the port town makes me smile.

All three colour combinations are delightful.

この切手には、わたしの大好きな要素がいっぱい詰まっています。切れ味のよい凹版印刷の多色刷り、鉄塔、同心円とそれをビビッと横切る電撃矢印。山の後ろから港町を見下ろす鉄塔の巨大さも、微笑ましく。

3種類の色彩、どれも綺麗です。



radio tower / ラジオ塔

April 24, 2017

23 September 2005, Sweden
Varberg Radio Station, Grimeton
designer: Hannu Jarvio / engraver: Piotr Naszarkowski

I really like the lattice towers.  They are designed purely for function – built as high as possible with  a minimum of materials, the wind passes through otherwise it would topple down in a storm.

This stamp is looking up at one of 6 transmitters at the radio station at Varberg in Sweden, built in 1922 to 1924.  Now it is classified as a World Heritage Site and opened to public on Alexanderson Day.

鉄塔がとても好きです。少ない素材で出来るだけ高く、風に倒れないようスカスカに組んである、機能に徹した構造体。

この切手は世界遺産にも指定されている、スェーデンにあるヴァールベリのグリメトン無線局(1922年から24年に建設)の鉄塔のひとつを見上げた図です。鉄塔も、切手も美しい♡


concentric circles / 電波・同心円

April 23, 2017

1976, Ireland
50 years of Irish Radio
design: Graham Shepherd & Al O’Donnell

Another way of showing the invisible phenomenon of radio waves – a set of concentric circles.  Often the waves are dispatched from a radio tower ( yes, in this case of an Italian, 1947 ) and in this Irish stamp, there is an earth in the centre to tell us that their broadcast is connected to the world.

電波が飛んでいく、見えない現象を描く手法でよく使われるのが、ラジオ塔から飛び立つ同心円の線(1947年のイタリア切手も)。このアイルランドの切手では、同心円の中心に地球が描かれ「発信元は世界とつながっている」表現ですね。

この切手からRCサクセションの『トランジスタ・ラジオ』を思い出し、びっくりするくらい歌詞を覚えていて、今も耳から離れません。『ベイエリアから / リバプールから / このアンテナがキャッチするナンバー』と清志郎(あぁ、すてきなしゃがれ声だったなぁ。追悼)が歌ったのが1980年、この切手の4年後でした。


radio waves / 電波

April 12, 2017

1976, Ireland
50 years of Irish Radio

When you depict something which you normally don’t see, you have to analyse the phenomenon and embody it.  In this case, arcs from one place to another show that some voice or information has gone through the air and is being received.

This simple and clean design tells us that remote communications are flying in the blue sky over the green earth.

目に見えないことがらを描く時、まずその事象を分析してそこに何らかの形を与える必要があります。この切手の場合は、1本の直線と3本の弧で、ある場所から発信された電波が別の地点で受け取られたことを明快に図象化しています。

濃緑の大地を離れて青空を進み受信される電波。シンプルながら、どこかお国がらが見えるデザインです。


bionic hand / 生体工学の手

March 30, 2017

19 February 2015, United Kingdom
Inventive Britaini-LIMB
inventor:  David Gow, stamp design: GBH

I noticed that I have been featuring hands on stamps over a year – well, long enough.  So, it is the last one for this time and an artificial hand.  This hand with lots of tiny motors is invented to help people without their own hand and operated by electrical pulses in the muscles of remaining part of the arm.

The stamp designer used its blueprint, and added its electrical movement of ‘wish’ – signals released from the user’s brain – which triggers the motors to move fingers.  It is not easy to explain such a complicated idea in the space of a stamp, but this is delivering its sense of motion and complexity.

手の切手ばかりを一年以上も掲載していることに気づき、これを最後の1枚に選びました。人工の手です。生まれつき手がなかったり事故で手を失った人のために考えられた、たくさんの小さなモーターで関節を動かして細やかな動作をする手。脳から発せられる電気的な波動が腕に伝わるのをコンピューターがとらえ、モーターを動かすのだと説明しています。すごい。

切手のデザイナーは、あまり美しくない実物ではなく、設計図をイメージに使っています。装置やしくみを小さな切手に表現するのは難しそうですが、、、メカニズムの複雑さと、電気的な信号が行き交う雰囲気は、伝わってきます。

 


hand and tool 3 / 手と道具 3

March 13, 2017

5 September 2000, United Kingdom
Mind and Matter / Millennium projects
design:  The Post Office

Only 31 years since the last featured stamp “hand and tool 2” – one of many Millennium stamps was showing the latest tool at that time, and an operating hand in X-ray photo.

Well, it is a bit old-fashioned shape of mouse with wire ( ooops, already 17 years ago! ), but it was less than a decade since the mouse became a common tool for many industries.

ひとつ前のポストで紹介した『手と道具 2』から31年経った2000年に、ミレニアム記念としてたくさん発行された切手のひとつがこの手とマウスのレントゲン写真でした。

17年前(え〜、もうそんなに前?)の、すでに古く感じるマウスの形とワイヤー。当時はまだ、いろいろな職業でマウスが使われ始めてから10年ぐらいしか経っていなかった頃です。


hand and tool 2 / 手と道具 2

March 5, 2017

1969UK001

2 April 1969, United Kingdom
I.L.O. Emblem
design: Philip Sharland & Howard Dyke

Hand holds spanner – the symbol of massive numbers of mechanics or labours who supported the industrial revolution and following flourish of the Secondary sector of the economy.  Then this combination became the symbol of labour’s union against the managements who did not hold industrial tools.

This stamp is celebrating 50 years of the International Labour Organization, the agency to protects rights of labours.

スパナを持つ手 – 産業革命に始まり、その後の第二次産業の繁栄を支えた工場労働者をあらわすシンボル。この図象はまた、手を使って働く人たちの団結のシンボルとして、手を汚さない経営者に対峙する時にも使われました。

この切手は、そんな労働者の団体を支援し、労働者の権利を守るために1919年に国連に作られた国際労働機関の50年を記念するものです。


hand and tool / 手と道具

February 26, 2017

2007San Marino001

20 April 2007, San Marino
Birth Centenary of Bruno Munari
design: Ilaria Montanari

One more design by Bruno Munari – description on stamp ‘attrezzo per vetrinista’ is translated to ‘window dresser’s tool’.  Window dresser?  Wikipedia told me that is window display professionals, includes young age of Giorgio Armani and Salvador Dali!

I wonder if Munari has invented this tool for them or refined existing tool for production… Anyone knows?

一つ前のポストで紹介したムナーリの記念切手の最後の一枚。印刷されている「attrezzo per vetrinista」を訳すと「ウィンドー・ドレッサーのための道具」。窓職人?と思ったら、店のウィンドーディスプレイを手がける人たちで、アルマーニやサルバドール・ダリが若い頃に「ヴェトリニスタ(良い響き)」だったと、ウィキぺディアが教えてくれました。

この道具がムナーリの発明品なのか、すでに存在した道具のプロダクト化だったのか、、ご存知の方、教えてください。


holding hand / 持つ手

February 22, 2017

2007San Marino004
2007San Marino002
2007San Marino003

20 April 2007, San Marino
Birth Centenary of Bruno Munari
design: Ilaria Montanari

Memorial stamps for the Italian designer Bruno Munari showing hands holding products he designed, and receiving the Compasso d’oro award.  Until I saw this stamp, I didn’t know the stylish and common hook-or-hold garage lamp which was designed by him.  He is known more for his beautiful illustrated books.  Using hands for these stamps pays a compliment to Munari’s book from 1963, named Supplement to the Italian dictionarya lot of photos to tell us how Italians use their hands in conversation.

1998年に他界したブルーノ・ムナーリの生誕100年を記念したサンマリノの切手には、彼がデザインしたプロダクトとそれを持つ手が描かれました。これまで、フックで引っ掛けたり手に持って使うガレージ用のランプが彼のデザインだと知りませんでした。手を使っているのは、ムナーリの有名な本『イタリア語辞書の付属として』に敬意を払ってのことと思われます。この本では、イタリア人が手でいろいろな形をつくりながら会話する、独特なジェスチャーについて写真で解説しています。


saving hand / 貯める手

February 18, 2017

1981Israel002

1981 Israel
Energy Conservation

The light bulb is a symbol of energy and pink hand stocks saving.  Strong colours and bold lines to express – but without words, not telling me the intention of design straight away.  Does it tell to you?

電球はエネルギー資源の象徴で、ピンクの手がそこにエネルギーを貯めている、、、インパクトのある色と図柄で、ぱっと目に留まるデザインではありますが、「エネルギーの保護」と書き足されているコンセプトに沿ったデザインか?と問うと、、謎です。


hand squeezes sun / 太陽をしぼる手

February 8, 2017

1981Israel001

1981 Israel
Solar Energy

A hand is squeezing solar energy from the sun.  With my Eastern origin, this concept is rather difficult to understand.  But this stamp shows me an active attitude towards the energy problem – we need a big hand to squeeze the sun to use its benefits to the last drop.  But how big should this hand be?  Well, the size of the hand of God!

太陽からエネルギーを搾り取る手。自然に対する、発想というか考え方の違いをまざまざと見るこの切手。たしかに、昨今の資源問題を考えると、受け身になっている場合ではない切迫感はありますが。でも、熱くない?その前に、この手どのくらい大きいの?これも、神の手ですね。


hand of God / 神の手

February 6, 2017

1958USA002

31 May 1958, USA
International Geophysical Year

The hand of God is giving Adam a human intelligence – a part of Michelangelo‘s huge fresco ceiling in the Sistine Chapel of the Vatican.  The background for this stamp is the burning surface of the sun, which could be the mother of the earth.

When I read about Michelangelo’s life, I discovered that he was always angry because his life was affected by the change of rulers, and also what those rulers forced him to create.  Well, 500 years later in our global era, we still have to be aware about what a ruler wants and how our life is influenced by that.  I am imagining Michelangelo’s feeling when he painted this hand of God.

神の手。1958年、国際地球観測年の記念切手として、ミケランジェロがバチカン市国のシスティーナ礼拝堂の天井画に描いた、『アダムの創造』のアダムと神の指先が選ばれています。背景には地球の存在の根源として、燃えさかっている太陽の表面が描かれています。

ミケランジェロの生涯を読むと、彼のキャリアがその時の教皇の意思や交代によって左右され、やりたかった仕事になかなか取りかかれないことを生涯怒っていたらしいことが伺えます。そして、今。500年後のグローバル社会で、権力を手にしたある人物の言動がまわりまわって日々の暮らしに影響を与えることを、思い知らされるわたしたち。ミケランジェロがどんな気持ちでこの神の手を描いたのかに思いを馳せます。