Posts Tagged ‘telecommunication stamp’

huge radio tower / 巨大ラジオ塔

May 3, 2017

22 December 1951, Monaco
Monte Carlo Radio Station
designer: M. Camia / engraver: P. Gandon

This stamp has full of elements I like – multi coloured intaglio print, lattice tower, concentric circles and zig-zag electrical allows.  In addition, the size of the tower in comparison to the port town makes me smile.

All three colour combinations are delightful.

この切手には、わたしの大好きな要素がいっぱい詰まっています。切れ味のよい凹版印刷の多色刷り、鉄塔、同心円とそれをビビッと横切る電撃矢印。山の後ろから港町を見下ろす鉄塔の巨大さも、微笑ましく。

3種類の色彩、どれも綺麗です。


radio tower / ラジオ塔

April 24, 2017

23 September 2005, Sweden
Varberg Radio Station, Grimeton
designer: Hannu Jarvio / engraver: P. Naszarkowski

I really like the lattice towers.  They are designed purely for function – built as high as possible with  a minimum of materials, the wind passes through otherwise it would topple down in a storm.

This stamp is looking up at one of 6 transmitters at the radio station, built in 1922 to 1924.  Now it is classified as a World Heritage Site and opened to public on Alexanderson Day.

鉄塔がとても好きです。少ない素材で出来るだけ高く、風に倒れないようスカスカに組んである、機能に徹した構造体。

この切手は世界遺産にも指定されている、スェーデンにあるヴァールベリのグリメトン無線局(1922年から24年に建設)の鉄塔のひとつを見上げた図です。鉄塔も、切手も美しい♡

Concentric circles / 電波・同心円

April 23, 2017

1976, Ireland
50 years of Irish Radio
design: Graham Shepherd & Al O’Donnell

Another way of showing the invisible phenomenon of radio waves – a set of concentric circles.  Often the waves are dispatched from a radio tower ( yes, in this case of an Italian, 1947 ) and in this Irish stamp, there is an earth in the centre to tell us that their broadcast is connected to the world.

電波が飛んでいく、見えない現象を描く手法でよく使われるのが、ラジオ塔から飛び立つ同心円の線(1947年のイタリア切手も)。このアイルランドの切手では、同心円の中心に地球が描かれ「発信元は世界とつながっている」表現ですね。

この切手からRCサクセションの『トランジスタ・ラジオ』を思い出し、びっくりするくらい歌詞を覚えていて、今も耳から離れません。『ベイエリアから / リバプールから / このアンテナがキャッチするナンバー』と清志郎(あぁ、すてきなしゃがれ声だったなぁ。追悼)が歌ったのが1980年、この切手の4年後でした。

Radio waves / 電波

April 12, 2017

1976, Ireland
50 years of Irish Radio

When you depict something which you normally don’t see, you have to analyse the phenomenon and embody it.  In this case, arcs from one place to another show that some voice or information have gone through the air and are being received.

This simple and clean design tells us that remote communications are flying in the blue sky over the green earth.

目に見えないことがらを描く時、まずその事象を分析してそこに何らかの形を与える必要があります。この切手の場合は、1本の直線と3本の弧で、ある場所から発信された電波が別の地点で受け取られたことを明快に図象化しています。

濃緑の大地を離れて青空を進み受信される電波。シンプルながら、どこかお国がらが見えるデザインです。

lattice tower 3 / 鉄塔 その3

June 19, 2013


1 September 1947, Italy
50th Anniversary of Radio
design: R. Garrasi

I did not post anything for a month… and am still looking at stamps with lattice tower…

But a book which I have just finished has revised my view on these Italian stamps.  “Clouds above the Hill” by Shiba Ryotaro told me how important telecommunication facilities were already during the Russo-Japanese War in 1904 – 1905, both at the War front, as well as international newspapers which put great pressure on the Russian emperor to accept America’s mediation offer.

Similar to aviation and other heavy industries, telecommunication was developed with national needs and energy – yes, it was looked up at with awe and could be possessed by higher existence.

この前にポストしたのは一月前なのに、まだ鉄塔の切手を眺めているわたし。

ただ、この一月に司馬遼太郎の著作『坂の上の雲』1〜8巻を読み、その舞台であった日露戦争の1905年ごろすでに、長距離通信が国の命運を変えるほどに重要であったことを知ったので、以前はくすっと笑っていたこの神がかった切手への見方が変わりました。日本海海戦の作戦をたてた参謀が、なくてはならない存在だった通信器具を開発した技師を戦後に訪ね、仕事ぶりに礼を言った、という逸話が、この切手の持つ雰囲気と重なります。

飛行技術や重工業などと同じく、通信技術も当時は国の運命を賭した事業だったのですね。それにしてもイタリア、仰ぎ見るアングルと、上空に君臨する厳しい目の天使が劇的です。

lattice tower 2 / 鉄塔 その2

May 12, 2013

1 February 1952, Switzerland
Swiss Telecommunications Centenary
design:  P Gauchat
‘Radio’

Another abstract lattice tower which is dispersing wavy lines.  This is a set of four stamps and each design commemorates a different method of communication.

We get used to imagining our sky covered by communication networks, but 100 years before this stamp, it must have been a new concept to have invisible waves flying above us.



‘Television’
‘Telephone’
‘Telegraph’

スイスの通信事業100年を記念した切手です。100年前の1852年というと日本ではペリーの黒船が来航して開国を迫られる前年。そんな頃に、すでにヨーロッパではモールス信号が飛び交っていたのか、、。切手は額面の低いほうから、通信の発展を時代ごとに象徴するモールス符号、電話線、ラジオ電波、テレビ送信が描かれています。

今ではネットワークの中にいないと不安になるほどですが、61年前の1952年ですら、眼に見えない電波が手元でカンタンに受信できるようになるとは、ほとんどの人は想像しなかったことでしょう。星空がロマンチックなかわいい切手たち。

lattice tower / 鉄塔

May 9, 2013

17 May 1965, Netherlands Antilles
Centenary of International Telecommunication Union
design: E. N. Ayubi

This is the 8th and the last stamp on the same theme of ITU – from a former constituent country of the Kingdom of the Netherlands, in the Caribbean.

The zig-zag arrow, in between two lattice towers, is expressing wireless communication over distance.  Cute!

「国際電気通信連合の百年」を記念する切手の8枚目はカリブ海にある旧オランダ領アンティルからの発行で、これが同じテーマでの最後の一枚です。

電撃マークが連合のロゴを抜け出して、すっくと立つ2本の鉄塔の間をビビッと飛んでいます。見えない通信が行き来していることを想像させてくれる、微笑ましいデザイン。

orbit of satellite / 衛星の軌跡

April 29, 2013

6 October 1965, USA
Centenary of International Telecommunication Union

Crisp intaglio stamp from the USA on the same theme as the 1965 ITU – expressing its 100 years progress with Morse code and the tracks of communication satellites.  The Morse code can be read… itu itu itu and itu.  A simple yet well designed stamp, I would say.

同じく国際電気通信連合の百年を祝う、かりっとした凹版印刷のアメリカの切手です。100年間の通信の進歩が、地球を横断するモールス符号と通信衛星の軌道で表現されています。モールス符号でITUが4度くりかえされ、意図と構成のはっきりした明快な切手。あ、でもITUの存在はモールス信号が分かる(または読もうと努力する)人にしか、伝わらないのだった、、。

same design, different colour / 色違い

April 1, 2013

1965Ceylon001

1965 Ceylon
Centenary of International Telecommunication Union

It seems that the ITU ( or UIT ) had issued some design guidance to all the countries for these centenary stamps.  Then each post office made their own version – some countries paid respect to the motif and layout, and other interpreted it more freely.

This Ceylon ( became Sri Lanka in 1972 ) stamp is an obedience one, with their three official languages – Sinhala, Tamil and English.  The most radical design on the same centenary is from Ceylon’s ex-suzerain country, the United Kingdom.

結成100年を祝う切手のために、国際電気通信連合は各国に「こんな図案で切手をつくろう」と呼びかけたのだと思われます。ひとつ前のブラジルと、このセイロン(現スリランカ)の切手は、色だけ変えてほぼその通り出ている。シンハラ語とタミル語がくるくる踊っていて、可愛いですね。

電気通信連合のガイドラインはほとんど気にせず、独自のデザインをほどこした国もたくさんあって、2つ前のフランスよりもっと自由奔放なのがセイロンの宗主国だったイギリスからのこのセットでした。

UIT 100 years / 国際電気通信連合100年

March 30, 2013

1965 Brazil
Centenary of International Telecommunication Union

Seeing the top left hand corner of the previous stamp, I remembered this one – a Brazilian stamp which has the same UIT logo with the globe.  Yes, they were issued for the same centenary and this colour combination of bright yellow and green reminds me of cheerful Brazilian music.

ひとつ前に紹介したフランスの切手の左上に見える国際電気通信連合のロゴが中心に置かれているこれも、同じ100年記念の切手でした。明るい色合いがなんともブラジルらしく、この切手が色付きの封筒に貼られて来たら嬉しいだろうな、と思う。印刷の中心が少し外れているのも愛嬌でしょう。

and satellite transmission / 衛星通信の登場

March 25, 2013

1965France002

17 May 1965, France
Centenary of International Telecommunication Union
design & engraving: Albert Decaris

The last stamp which is showing a Telegraph key – this one shows the history of telecommunications, all-in-one.  The aerial in front of the dome is called a Helical antenna, which was built for High frequency radio communications before the usage of satellites.

I like this way to apply the traditional printing method of intaglio, for picturing the historical and the latest technology, together with lots of stars ( and satellites ) in the sky.  Designed by the same engraver as this stamp, one of my top favourites.

電鍵の描かれた切手をさらに一枚。これは国際電気通信連合の百年を記念したもので、モールス機器から当時最新のサテライトまでを網羅しています。右下のドームの前で斜めに立っているのはヘリカルアンテナと呼ばれるもので、衛星が回遊する以前の地球表面上での短波通信に活躍しました。

通信機器の歴史が夜空の星と(はるか彼方のサテライトも)一緒に丁寧に彫られている、こんな凹版切手が大好きです。彫刻師の名前をチェックして、一番お気に入りのこの切手と同じ作者だと分かってにっこり。まぁ、完璧なオタクですか。

Telegraph key / 電鍵

March 22, 2013

1 June 1962, New Zealand
Telegraph Centenary
design: A G Mitchell

This stamp is celebrating 100 years of the telegraph in New Zealand.  The picture shows an early Telegraph key for sending Morse code, with operating hand, and telegraph poles and wire.  The hand looks somehow strained – it must be sending an urgent and important message.

It is interesting to see these modern alternatives to postal services, which are often depicted on stamps.  They did not imagine about the new world with ‘internet file transfer services’ yet, did they?

The host of Going Postal gave this stamp to me, among with many others from New Zealand.  Thank you!

なんだか力んだ手が電鍵を使ってモールス符号を打っているこの切手は、ニュージーランドの電信開始から100年を祝って発行された切手です。

郵便が担っていた役割をどんどん代替していくことになる技術を、こうやって切手の絵柄としてとどめてある、というのが興味深いです。この頃、まだネット上でのファイル送付サービスのことなど誰も想像していなくて、短い電信は送れるけれど、束になった書類は郵便しか無理だよねー、という余裕があったということか、、。