Posts Tagged ‘telecommunication’

concentric circles 2 / 電波・同心円その2

June 29, 2017

1965 Turkey
100 years of telecommunication

Although it is not really sophisticated, I am attracted by this stamp with lattice tower and concentric circles plus zig-zag allows…

洗練されたデザインではないのに惹かれてしまうのは、、、ビビビと飛び交う電波と簡略化された鉄塔、そして同心円というおなじみのモティーフなのでした。。

electrical arrow / 電撃

April 23, 2013

1965Bermuda001
1965Bermuda002

1965 Bermuda
Centenary of International Telecommunication Union

I found more stamps issued for the same theme, the 1965 Telecommunication Union.  This set is from Bermuda, a British overseas territory, thus it has the silhouette of the Queen.  Apart from the Queen, the designer made his/her own interpretation on the ITU’s design guidance – the zig-zag arrow is extended, making a nice and simple composition.

なぜだかたくさん持っている、1965年の世界共通テーマ切手。これはイギリス領バミューダ諸島から発行されたもので、女王のシルエットは欠かせません。けれど、その女王のほかは、デザイナーはリベラルにITUのガイドラインを解釈したようで、ロゴに出てくる電撃がばーんと地球をつらぬいて、シンプルだけれど色がきれいで、勢いのある切手です。

slight variation / バリエーション

April 19, 2013

1965Japan002
*exch. 060

17 May 1965, Japan
Centenary of International Telecommunication Union
design: Yoshiomi Higashikadoi

Issued for the same theme of telecommunication as the previous two stamps from Ceylon, Brazil, France and British.  A Japanese stamp designer had taken guidance from the ITU a little straight, and made minor changes – somehow this modest stamp appeals to me, it’s charming.

If you look at the little detail of the electrical Insulators, and find slight differences in shape between each country – you might share an odd passion on ‘Insulator watchers’ – I am one of those proud Otaku.

昭和40年5月17日発行
国際電気通信連合( ITU )
デザイン:東角井良臣

続けて掲載しているセイロンブラジルフランス、そしてイギリスからの切手と同じく「国際電気通信連合の百年」を祝う切手です。連合が発行したデザインのガイドラインに沿っているけれど、少しだけ変えた中央の地球と背景の空に浮かぶ星が、この切手を愛らしくしているみたいです。

電信柱からひょろっと飛び出ている絶縁体の形が国ごとに少し違うことに気付いたあなたは、、、ガラスのでも陶器のでもがいしを見るとつい欲しくなってしまう、わたしと趣味を同じくするがいしファンですね。

UIT 100 years / 国際電気通信連合100年

March 30, 2013

1965 Brazil
Centenary of International Telecommunication Union

Seeing the top left hand corner of the previous stamp, I remembered this one – a Brazilian stamp which has the same UIT logo with the globe.  Yes, they were issued for the same centenary and this colour combination of bright yellow and green reminds me of cheerful Brazilian music.

ひとつ前に紹介したフランスの切手の左上に見える国際電気通信連合のロゴが中心に置かれているこれも、同じ100年記念の切手でした。明るい色合いがなんともブラジルらしく、この切手が色付きの封筒に貼られて来たら嬉しいだろうな、と思う。印刷の中心が少し外れているのも愛嬌でしょう。

and satellite transmission / 衛星通信の登場

March 25, 2013

1965France002

17 May 1965, France
Centenary of International Telecommunication Union
design & engraving: Albert Decaris

The last stamp which is showing a Telegraph key – this one shows the history of telecommunications, all-in-one.  The aerial in front of the dome is called a Helical antenna, which was built for High frequency radio communications before the usage of satellites.

I like this way to apply the traditional printing method of intaglio, for picturing the historical and the latest technology, together with lots of stars ( and satellites ) in the sky.  Designed by the same engraver as this stamp, one of my top favourites.

電鍵の描かれた切手をさらに一枚。これは国際電気通信連合の百年を記念したもので、モールス機器から当時最新のサテライトまでを網羅しています。右下のドームの前で斜めに立っているのはヘリカルアンテナと呼ばれるもので、衛星が回遊する以前の地球表面上での短波通信に活躍しました。

通信機器の歴史が夜空の星と(はるか彼方のサテライトも)一緒に丁寧に彫られている、こんな凹版切手が大好きです。彫刻師の名前をチェックして、一番お気に入りのこの切手と同じ作者だと分かってにっこり。まぁ、完璧なオタクですか。