Posts Tagged ‘olympic games’

Sir Paul’s Olympic Games / ポール・スミスのオリンピック切手

September 1, 2012

1 January 2012, Isle of Man
London 2012 Olympic Games
design: Sir Paul Smith

There is another set on the Olympic Games, designed by Sir Paul Smith.

I like the top one the best.  As the designer stated in the presentation pack, they are positive and colourful – but I suspect that he did not take a long time to research and design them, unfortunately…  The in-house design team was perhaps shocked by the colour restriction and smallness of what they had to design – even so, for example, the stamp on Archery issued in 2009 has a similar and better composition.

Anyway, they are cheerful and pleasant if you use them on an envelope and a post card, as their colours are sophisticated.






オリンピックにちなんだ切手が、マン島の発行で1セット出ていました。ポール・スミスのデザイン。

一番上のプールのは、色合いと構図が好きです。「はつらつとカラフルな切手にしたかった」と本人も言っているように、こうやって並べるとさすがに色使いはこなれていると思う。

けれど、時間をかけて真面目にデザインしてないよね、サー・ポール。普段はふんだんに色数を使ってDMとかパッケージ、広告などを手がけているインハウスデザイナーが、リサーチもほどほどに、ボスのスケッチを整えてセンス良く色を乗せました、、、という印象。たとえば、最後の一枚アーチェリーは、2009年のパラリンピック・シリーズの一枚のほうが緊張感があってかっこ良いと思う。自転車だって、背景に描かれたベロドロームでの競技用自転車ではないし、サドルをクロップして外すか?という感じ。

でもまあ、封筒に貼って出すにはすっきり綺麗だし、元気よく楽しい雰囲気にはなりそうですが。

London 1948 / 1度前のロンドンオリンピック

August 24, 2012

29 July 1948, United Kingdom
Olympic Games
‘Speed’ – designed by Abram Games

The first set of stamps from 2012 was the London 2012 Olympic and Paralympic Games Definitives, then Welcome to the London 2012 Olympic Games was issued in July.  The latest set is Team GB Gold Medal Winners – none of them are my cup of tea… so, I am featuring a set of Olympic stamps from 1948.

My most favourite is above by Games, showing a kind of sports scene – others are more abstract, telling that the Olympics is a global and peaceful event, hosted by King George VI.  Designers of that time had a tough task – mono colour and the portrait.



‘Globe and Laurel Wreath’ – designed by Percy Metcalfe
‘Winged Victory’ – designed by Edmund Dulac
‘Olympic Speed’ – designed by Stanley D. Scott

p.s. I found this article on above stamps and more, through Going Postal.  Design decision was made by the King himself…

2012年の始めに発行されたオリンピックのロゴの普通切手も、開幕式の前日に発行された記念切手も、そろそろ出来てくる金メダル受賞者の切手も、残念ながらここで取り上げたくなるようなデザインではないのでした。なので、一度前のロンドンオリンピック、1948年に発行された切手から。

一番のお気に入りは、戦前からすでに有名だったAbram Gamesが手がけた一番上の切手です。スポーツの躍動感がミニマルに描かれ、「地球規模の祭典」という概念も抽象的に表現されています。これで、国王ジョージ6世の横顔を入れないですんだら、どんなにモダンな切手が生まれていただろう、、、と、当時の切手デザイナーの対面していたジレンマについて想像してみたり。

p.s. コレクター仲間のブログ Going Postal に、上の4枚が選ばれた1948年のいきさつについての記事が転載されているのを発見。なるほど、最終決定は国王が下していたのですね。Abram Gamesのを選んでくれて良かったー。

Diving / 飛び込み

August 11, 2012

22 October 2009, United Kingdom
Olympic and Paralympic Games 2012
designed by Julian Opie ( born 1958 )

During this Olympic games I watched several sports which I was not familiar with.  One of them was Diving – throw oneself from a high board, perform acrobatic rotations or twists within a second or two and enter the water with minimum splash… the TV cameras showed great details of control of muscles in the air.

My first feature of a stamp on London 2o12 Olympic Games is designed by an artist, Julian Opie, who is good at capturing flexible movement of the human body.

大企業の過剰コマーシャルにはうんざり、と思いつつも、これだけ盛り上がるとやっぱり観てしまうオリンピック。普段あまり目にしない競技で思いのほか楽しんだのは「飛び込み」です。特に、細やかな筋肉の動きがあちこちから狙う望遠カメラで仔細に映し出され、飛び込み台の高さを実感できるのもおもしろかった。選手たちが揃って男前だった、というのもありますが、、、。

という訳で、今年のオリンピックを取り上げた切手として、最初にジュリアン・オピーのこの一枚を紹介します。たくさんの選手を観たのちに、この線描は良くしなやかな動きをとらえているなぁ、と感心したので。