Posts Tagged ‘Monaco stamp’

huge radio tower / 巨大ラジオ塔

May 3, 2017

22 December 1951, Monaco
Monte Carlo Radio Station
designer: M. Camia / engraver: P. Gandon

This stamp has full of elements I like – multi coloured intaglio print, lattice tower, concentric circles and zig-zag electrical allows.  In addition, the size of the tower in comparison to the port town makes me smile.

All three colour combinations are delightful.

この切手には、わたしの大好きな要素がいっぱい詰まっています。切れ味のよい凹版印刷の多色刷り、鉄塔、同心円とそれをビビッと横切る電撃矢印。山の後ろから港町を見下ろす鉄塔の巨大さも、微笑ましく。

3種類の色彩、どれも綺麗です。


ant on hand / 手のひらの蟻

June 7, 2016

1961Monaco001

3 June 1961, Monaco
Nature Preservation
designer:  J. E. Lorenzi
engraver: P. Gandon

Hands are often depicted as icons.  Here is another stamp from Monaco, which does not really express the stated concept of nature preservation, but is nicely drawn with beautiful colours.

手の切手。そう、手はかなりの頻度で切手に登場し、気持ちや行動を象徴するモチーフです。この場合は、小さな命を守ろう、と伝えたいのはわかるけれど、意図する大きなコンセプトの「環境保護」はあまりうまく表せていないような、、、それでも、綺麗な色の美しい切手です。

 

blood donor & hand / 献血と手

June 5, 2016

1971Monaco001

6 September 1971, Monaco
7th International Blood Donors Federation Congress
designer: B. Minneengraver: P. Gandon

A hand holds wishes of help and support – from the blood donor. An appealing design with the emblem of the congress and Monaco’s ‘Fusilly’ heraldry pattern on the sleeve.

手がどーんと中心にあるこの切手は、献血をひろめる大会のエンブレムを持っています。人の手で伝えることの重要性をうったえ、袖の模様でモナコ公国が国を挙げて支援することを宣言しているのでした。

flying pigeons / 飛び立つハト

August 11, 2011

1954Monaco001

12 April 1954, Monaco
‘Pigeons released from mobile loft’
design and engraving: Raoul Serres

Following a Dove stamp from Switzerland, I pick up this from Monaco.  I did not know that people had this mobile Homing pigeon hut until seeing this stamp.  Pigeon keeping was popular from ancient times until the 1960’s, as they delivered communication materials. A Pigeon-Gram service even existed at the end of 18th century to the early 19th century.  Domestic pigeons also provided valuable manure for farmers – thus many beautiful Dovecotes still exist.

ハトの切手つづきで、モナコの1950年代の「移動小屋から飛びたつハト」です。となりに飼い主のテントもあります。ロフトの語源が屋根裏のハト小屋だったこと、移動するロフトもあったことなど、この切手を見るまで知りませんでした。糞が畑の肥料になったこともあり、伝書鳩の飼育は古代から1960年代ごろまで続き、今も多くの鳩舎が残っています。インド警察は「インターネットの普及」を理由に2002年で伝書鳩の飼育をやめたようです。ということは、ファックスよりは鳩が信頼されていたのかな。

50th Tour de France / ツールドフランス50回

July 15, 2010

1963Monaco001
1963Monaco002

12 Decemer 1963, Monaco
50th ‘Tour de France Cycle Race’
design & engrave: C. Durrens (25c), J. Pheulpin (50c)

This year’s Tour de France is the 97th of its event.  It started in 1903, suspended for 11 years at the World War Ⅰ and Ⅱ, then back on 1947.  This set of stamps are celebrating its 50th event, issued from Monaco. Top one depicts scene in 1903, when every racer had moustache and carried spare tires in case of puncture, the second one is a cyclist in 1963, when helmet was not worn.  I found an article in holga blog, collecting old photography of Tour de France, .

Both stamps are beautifully engraved Intaglio, especially the first one is showing details of tool bag on handle bar, great effort on racer’s face and excited spectators with moustache!

1963Monaco003

ツール・ド・フランスは1903年に始まり、第一次と第二次の世界大戦の間に計11年ほど中止され、1947年に再開されてからは毎年続いて今年が97回目だそうです。この2枚の切手は50回目の大会を記念してモナコで発行されたもの。1枚目は初期のレーサーがヒゲをたくわえていた頃、2枚目は1963年ごろのようですが、当時はヘルメットをかぶっていなかったのですね。ある写真家のブログで古いツール・ド・フランスの写真を集めた記事を見つけました。

2枚とも精緻な彫りの凹版多色印刷で、特に1枚目は苦しそうなレーサーの眉間のシワやハンドルバーに付けられた革製のツール・バッグ、背景で応援している観客のヒゲまで描き込まれています。拡大して、にこにこしながら見入ってしまう一枚。

今日のステージ11の最後のスプリントでは新城選手が先頭集団に残り、6位に入っていましたね。すごい!