Posts Tagged ‘kawaii stamp’

pink kawaii? / ピンクかわいい?

August 13, 2015

2006Finland001
*exch. 067  ( limited number )

11 January 2006, Finland
St. Valentine’s Day

I am still thinking about kawaii/cute in stamps – how about colours?  OK, this is not only colour, but with a motif, of course.  Yet, is it still cute if not in pink?

I did not like the colour of pink for long time, since my low-teen until recently, because I though pink is representing girly flatter to gain anything better, which I was not equipped with.  I was reconciled with pink when I recognised that I am not called ‘girl’ any more.

Anyway, this stamp is simple and cute, and it delivers very strong message, anytime.

ずっと長い間、わたしはピンクが嫌いでした。中学の時に母が買ってくれたブラが体操服から透けてバスケット部の後輩から「ピンク先輩」と呼ばれたのがたぶんトラウマの始まりで、その後はピンクが似合うかわいい女性にはなれないとあきらめ、自分らしさを表現できる別の色を模索したのでした。

友人のFBで知ったジェーン・スーの『ピンクと和解せよ』という記事を読んだとき、あぁ、自分だけではなかったのだ!と知り、その分析の明快さに「そう!そうなのよ!!」と何度つぶやいたか。「媚びて発情している色」と思っていたから避けたのです。そして、わたしも40歳あたりで和解した。

この切手はもちろんハートの形もあるけれど、色がピンクでなかったら可愛さよりもシンプルさをまず感じるのではないかな、と思います。何より、強く正しくメッセージを運ぶデザイン。明日は「裏バレンタインデー」ですが、好きな人にはいつでもピンクの♡を届けたいものです。

sincere kawaii / 誠実かわいい

July 16, 2015

1968Argentina001

1968, Argentina

Some stamps are made for public campaign with serious theme – and they need to reach their correct audience.  As a result, some of the road safety stamps are often cute.  This one from Argentina has children in rigid manner, but helped by bright colours and hand sticks out from the background frame, it is lifted to kawaii field.

国によるキャンペーン切手は想定するオーディエンスにきっちり届く必要があり、結果として子供たちにアピールしたい交通安全の切手はかわいくなる傾向があります。アルゼンチンのこの切手も、背筋を延ばしてロボットみたいに歩いてる子供たちの絵柄なのに、明るい色づかいと背景の水色からちょっと飛び出た右手あたりに、しみじみとかわいさが漂う。わたしには、貼られて届いたら嬉しい切手ですが、みなさんには?

kawaii〜 / かわいい〜

May 30, 2015

2005Netherland012
2005Netherland011

2005 Netherland
illustration: Dick Bruna

‘Kawaii’ is a Japanese word – maybe one of the first 5 vocabularies an oversea visitor leans from natives in Japan.  Together with animated film culture, among with young Anime fans all over the world, this word is becoming a common keyword of Japanese culture.

I used to have ‘kawaii’ category in this blog, but it covers so many diversities and gave up to nominate.  I want to look at this word again, as it might be more universal than I thought.

So, the first examples are not even stamps, but so kawaiiiiiiii (to emphasise your feeling, you stretch the last vowel) !  It is very easy to analyse why we feel so – our hidden infancy is recalled by these illustration.

「かわいい」切手。日本人には説明する必要もなく、もちろん個人によって「かわいい〜」と感じる範囲も違い、ブスかわいい、キモかわいいなど派生も多いこの領域。かつてこのブログにkawaiiというカテゴリーを作っていたのだけど、あまりにたくさんの切手が該当するので消したのでした。

その「かわいい」が国際語になろうとしている今、切手をとおして分析してみてどんな要素に「くねくね」させられているのか、考えてみようかなと思います。「kawaii」を取り巻く細やかな感覚は、国境を越えてシェアされると楽しそうなので。

まず、第一弾は切手ではありませんが、再掲するミッフィー、、、かわいい〜〜。分析するまでもなく、わたしたちの中に残る幼児性が、ちょこちょとくすぐられているのです。

covered with snow / 雪景色

January 20, 2013

15 January 1998, Finland
from Moomin
‘Too-ticky playing barrel organ and Littly My dancing’
illustration: Tove Jansson
design: Pirkko Vahtero

In the last post I featured self-adhesive stamps from 2011, because Nyoro Nyoro was on one of them – but I like conventional gum with perforated edges far better and this is my best favourite set from the Moomin stories.  They live in severe Northern weather and the Moomin Troll family is hibernating during the winter.

It has snowed all day today here and we are surrounded by a White world.  We went for a walk, enjoyed to leave foot steps in powdery 4 inches of snow, but at the same time I am bored by this dull colour of sky and badly dreaming that the warm sunshine arrives soon, and Moomins are coming out from their house.



‘Moomintroll dancing with the Snork Maiden’
‘Moominmamma making jam’
‘Moominpappa writing Play’

今日は一日雪が降って、ロンドン郊外のこの辺りは銀世界です。雪が小降りになった午後に長靴をはいて散歩に出かけ、10センチ以上積もっている雪に足跡をつけて楽しかったけど、正直、暗い朝を迎えることにいいかげん嫌気がさしているのでした。早く春が来ないかな〜〜。

ひとつ前のポストではニョロニョロの載っているセットを紹介しましたが、ムーミン切手ではこの1998年のものが一番好きです。目打ち糊付きの切手のほうが、紙の質感が良くて印刷も繊細だと思う。一枚目はムーミン一家が冬眠していて寂しいトゥーティッキーとミーが雪に囲まれている図。あとの3枚は春以降に太陽を浴びて嬉しそうなムーミン達、ジャムを作るムーミンママと執筆にはげむムーミンパパ。

deliver your wish / 気持ちを届ける

March 14, 2012

2011Japan005
2011Japan003
2011Japan001
2011Japan002
2011Japan004

21 June 2011, Japan
Charity for East Japan Earthquake Disaster
design: Akira Tamaki

It has been a year since the Tohoku Earthquake happened on 11 March 2011.  There are still a lot of people living in temporary housing, and the debris of towns and cities washed away by the Tsunami are still piled beside the roads in many areas. The nuclear power station is still in the cooling down stage before sealing it off.

This set of stamps were issued to raise emergency support for the struck area, prepared within three months after the earthquake – I guess that was very quick compared to the normal process of issuing stamps.  The design is the reflection of the wish of many Japanese at that time – willing to deliver a message that we are thinking of people who lost their loved ones and their homes.

There was a charity concert in London last Sunday 11 March, to raise continuous support for Tsunami orphans.  Music has a strong power to share, and unites this supportive wish.  I was moved by slides which showed people around the world giving their encouragement to Japan after the tragedy.

平成23年6月23日発行
東日本大震災寄附金付
デザイン:玉木明

震災からはやくも一年。あの頃は「デザイナーはこんな時に、どんな役に立てるのか??」と毎日考え込んだけれど、そんな思いも日々の忙しさにかき消されていた、そのことを考えたここ数日でした。まだまだ復興の道のりは長く、福島の逼迫した事態に触れた天皇陛下のお言葉がニュースでは編集され、原発反対の人間の輪は警察に阻まれる現実。遠くから見て、やるせない気持ちになった週末でした。

この切手は震災から3か月で発行され、被害者の救援への寄付金を募りました。デザインが抽象的すぎるのでは?震災と津波で失われた美しい風景や被災各県に伝わる伝統文化などを題材にしては?という意見も読みました。たしかに、そういうリサーチに時間をかけてじっくり作られた切手は今後、被災地へのサポートが忘れられそうな頃に必要になってくると思いますが、今回はスピードが肝心だったので、まずは暖かい気持ちにさせてくれる切手に拍手を送りたいと思います。

追記:切手の博物館で開催された『愛の切手展』でこの切手が紹介されたようです。東京の友人が、デザイナーのコメントが載っているリンクを送ってくれました。「一枚でも多く売れてほしい」という願い。なるほど。

spaceship interior / 宇宙船内部

November 1, 2011

2004Belgium004

4 November 2004, Belgium
Explorers on the Moon‘ by Hergé, 1954

I like this interior colour – Hergé must have been influenced by his contemporary designers, such as Jean Prouvé.  Design details for light weight structures and round corners of drawers, dots on the floor… they all are reflecting the atmosphere of that time.

Why do I categorise this in ‘kawaii/cute’? – the back view of Snowy… his skinny neck is so cute!

月世界探検』に出てくる宇宙船のインテリアの色合いが好きです。作者のエルジェは、間違いなくジャン・プルーヴェなどの同世代を生きたデザイナー達の仕事に影響を受けていたと思います。軽量化のための穴、角の丸い引き出し、床の丸い模様など、どれも時代の空気を感じさせてくれます。

そして、スノーウィーのほっそりした首の後ろ姿がかわいいので「kawaii」カテゴリーに。

Tintin 3D / 立体タンタン

October 30, 2011

2004Belgium002
2004Belgium003

4 November 2004, Belgium
clay figure, sketch and illustration by Hergé (1907-1983)

In fact Hergé worked on 3D films and made clay figures for ‘Destination Moon‘ in 1953 and ‘Explorers on the Moon‘ in 1954.  The sketch shows his detailed design for that evocative Red & White checkered spaceship.

Then the Belgium post released a set of stamps which shows his Black & White stop motion animated film of 1947, based on his illustrated book of ‘The Crab with the Golden Claws‘ of 1941.

So – it’s not hard to think that he imagined quite a detailed ’real’ version when Spielberg told him his ideas about filming Tintin.  Was the concept of digital 3D indicated at that time already?

2004Belgium006
2004Belgium005

タンタンの原作者エルジェはかなり初期から、絵本のフォーマットを越えて先に進むことを考えていたのですね。この2004年の切手には、1953年の『めざすは月』と1954年の『月世界探検』のために作られたフィギュアが作者とともに載っています。宇宙船の詳細なスケッチにも、立体的な世界を構想していた跡がみられます。

そして今年、たぶん3D映画化にあわせてベルギー郵便から発売された切手シリーズには、1941年にすでに作られていたストップ・モーション撮影によるアニメ映画『金のはさみのカニ』の一コマが。白黒でしっかり影が出ていて、雰囲気があります。

彼が亡くなる前にスピルバーグが訪れて「実写タンタン」の構想を伝えた時、エルジェとスピルバーグはデジタルによる3D化の可能性も話したのでしょうか?

run to a cinema? / タンタン3D?

October 25, 2011

2000France001

11 March 2000, France
Tintin and Snowy
illustration by Georges Rémi ‘Hergé’

Yesterday and today are the world premiere of ‘The Adventure of Tintin – 3D‘ – the movie is shown in the cinema from tomorrow.  I watched YouTube clip of the trailer, also the channel 4 feature… well, rushing to a cinema?  Ummm… I realised that I am a fan of those distinctive black line drawings and well-chosen colour compositions.  I am not sure if I am keen to watch the 3D.  Is it a too conservative opinion?  Should it be good because it is directed by Steven Spielberg?

昨日と今日がワールド・プレミアで、明日から公開される『The Adventure of Tintin – 3D』。さて、映画館に走るべきなのか?トレイラーとチャンネル4のニュースまで観たけれど、スティーブン・スピルバーグがタンタンを「ティンティン」と発音するのにいちいちひっかかって困りました。タンタンだもん!そして気付いたのです。わたしはあの黒い線描とマットな着色が大好き!ということに。3Dなぁ、、、こんな困惑は保守的すぎますか?

butterfly, radish and sun / 大陽はどこに

August 18, 2011

1971Netherland002
1971Netherland001
*exch. 051 ( bottom one only )

9 November 1971, Netherlands
design: Babs van Wely

When I was in the countryside for cycling last weekend, I saw a couple of yellow butterflies.  I had an idea that butterflies are found from spring to early summer and not after the peak of a hot summer.  It seems we haven’t had the peak of summer yet – and I am seeing some trees getting coloured already…

Where is our sun!?

1971Netherland003
*exch. 052 ( limited number )

Has summer gone already?

But in our garden, the branches of our pear tree are heavily laden with the biggest pears of the last few years.  How about the vegetable harvest?

I like the composition of these stamp designs – wide sky for the butterfly and deep ground for the radish, as well as the sun with big hands.

先週末、郊外をサイクリング中に蝶がひらひら飛んでいるのを何度か見かけました。あれ、蝶は春先から初夏にかけて飛んで、お盆を過ぎたらぱったり見ないもののはずでは?というか、ここイギリスではこの夏、ほとんど暑くならないままに木々が色づき始めているのでした。

大陽はどこに?
夏は終わったの?

そんな天候なのに、庭の梨の木が今まで見た事のない大きさでたわわに実って、枝が重みで垂れ下がっています。土の中の野菜類は順調に育っているのかな?

地面の位置の違いで蝶に広い空、カブには深い大地を作っている、この女性イラストレーターのおおらかな構図が大好きです。手を振っているような大陽も甘すぎず、クール。

musical children / 奏でる子供たち

May 12, 2010

1969Netherland011
1969Netherland012
1969Netherland014
*exch. 041 & 042 ( top / blue  & middle / white )

11 November 1969, Netherland
illustration: Dick Bruna

The first set of stamps illustrated by Dick Bruna, one of seasonal ‘Kinderzegels’ series.  He was 42 years old and his favorite colours were the same as fourty years later!

ディック・ブルーナが初めて手がけた1969年の切手です。毎年数回発行された『子供切手』のシリーズに彼がこのイラストを寄せたのは42歳の時。41年経った今も作風や好みの色がほとんど変わっていないのは新鮮な驚きですね。

1969Netherland009
1969Netherland010
*exch. 043 ( top / yellow )

Miffy is touring / ミッフィー展、巡回

May 11, 2010

2005Netherland005




2005 Netherland
illustration: Dick Bruna

The exhibition of Go Go Miffy is touring several venues in Japan.  So, I will have a chance to see it in the future!

It is odd not to show stamps inside the ‘sorroundings’ – here you are.  The hiding Miffies come out to dance, write and sit.  The whole sheet was below ( not anymore in the condition… ).

前回のポストで紹介した『ゴーゴーミッフィー展』は全国を巡回します。これなら、どこかでちゃんと見れそうです。

そして「フチ」を紹介して切手じたいを載せないのは変よね、やっぱり、と思い、中の切手も紹介します。きっと、上記展示会に原画がありますね。楽しみ。シートから切り取る前はこんなひと続きでした(下)。

Go Go Miffy / ゴーゴーミッフィー展

May 9, 2010


2005 Netherland
illustration: Dick Bruna

They are not stamps, but illustrated sorrundings of Miffy stamps of Netherland.  Miffy is a rabbit character of children’s books from 1950’s, which are still continued.  There is an exhibition in Tokyo named ‘Go Go Miffy‘, showing original drawings and artworks for printing – and tomorrow is the last day of this exhibition.  I am big fan of stamps designed by Dick Bruna and so pity not to see this exhibition…

松屋銀座で開催中の『ゴーゴーミッフィー展』が明日5月10日まで、というのを今日になって知りました。これを見れるように帰国の予定を立てるんだった、、、残念。そこで、この展示会HPで使われているイラストが、切手ではないのだけれど「フチ」に印刷された絵だったので、それをここでアップします。ミッフィーのファンのクリエーターから55歳の誕生日に寄せられたプレゼント、というのも見たかったなぁ。ブルーナの切手にはホントに毎回きゅーん!となり、きっといつかユトレヒトのブルーナ美術館にも行くと思うのです。


Pingu post / ピングー郵便

September 19, 2009

1999Switzerland001
1999Switzerland002

9 March 1999 Switzerland
Pingu: cray animation by Otmar Gutmann

Yellow horn on their hats.  I did not know until I googled about Pingu, that was fist made in Switzerland and shown on TV from 1986.  I had though they were Scandinavian, but from South Pole!  Their UK website is this.  So, this is again, one of Swiss national pride – although animation was directed by German and voice was roled by Italian.

この切手をここに載せるためにグーグル検索するまで、ピングーは北欧のアニメだと思っていました。スイス製の、南極のペンギンだったとは。というか、今のいままでペンギンは南半球にしかいない、という事実を知らなかった、、、。ピングーの日本のオフィシャルHPはこれです。実はドイツ人がディレクションをしてイタリア人が声の出演をしてるようですが、それでもスイスの国民的キャラクターだったのですね。

http://www.sonymusic.co.jp/MoreInfo/Chekila/Pingu/

Moomin / ムーミン

September 6, 2009

2007Finland007
2007Finland004
2007Finland003
2007Finland005
2007Finland006
2007Finland008

9 May 2007, Finnland
illustration: Tove Jansson

Stories of Moomin valley is very popular in Japan, but I recognise that it is not well known in the UK.  Finish post has issued several set of stamps on this children books, which were fist published in 1954.

In this set of stamps from 2007, Moominmama is cooking outdoor.  Also they tell us that Finland is a contry of water.

ムーミンは日本では誰もが知っているけれど、英国ではあまり知られていません。フィンランドではムーミンに題材をとった切手がたくさん発行されています。

このシリーズではムーミンママが湖畔のたき火で料理をしています。トンボや咲き乱れる花が晩夏を思わせる色合いで、フィンランドが水の国であることを教えてくれます。

dancing Savignac and cow / 牛とダンス

August 27, 2009

2003France001

8 May 2003, France
‘Monsavon Cow & Dubonnet Man’ by Raymond Savignac (1907-2002)
design: D. Thimonier

Cow or bull?  Ayway, I found a lot of nice posters of this artist, then recoginised that I saw his works many times in French pulications.  This blog Books by its Cover is nice finding in the search of his name.

2005年に大阪のサントリー美術館で回顧展があったレイモン・サヴィニャック。亡くなった翌年にイラストが切手になっていたのですね。すごくかわいいエール・フランスのブルボン・キーホルダーも彼のデザインでした。

Letter Writing Day / 手紙を書こう

May 5, 2009

1998Japan002
1998Japan001
*exch.001 & 002

23 July 1998 Japan
Letter Writing Day
illustration by Dick Bruna

Simple and heart warming.  They certainly make you feel to write to someone.

ブルーナのイラストってシンプルであたたかい。貼って手紙を出したくなるデザインです。