Posts Tagged ‘interior stamp’

wallpaper and chair / 壁紙とイスと

November 20, 2010


24 August 2007, Finland
top
‘2+3’ wallpaper by Ilmari and Annikki Tapiovaara in 1958
‘Paimio’ chair by Alvar Aalto in 1931-32
bottom
‘Pavroo Garland’ wallpaper in Biedermeier style
Empire style chair

design: Pekka Piipo

I am amazed at how just a few elements can express a sense of  interior.  Wallpaper, the corner of a picture frame, a chair and its shadow – they are enough to convey the atmosphere of the room and taste of the owner.

壁紙、額縁、イスとその影。ほんの少しのアイテムとしつらえを描き出すだけで空間が出現して、部屋の雰囲気とか住んでいる人の好みがすっかり分かる。そういえば、インテリアってそういうものかも、、と思ったりします。

それにしても、ビーダーマイヤー様式が「簡素」の表現だったとは。たしかに、さらに以前は室内空間はもっと装飾的だったのですね。

Lwówek Śląski town hall / 市庁舎のアーチ

November 19, 2010

1966Germany001

15 June 1966 Germany
Town Hall of Löwenberg Schlesien ( Lwówek Śląski )

The second ‘interior’ feature is another vaulted interior, in a town hall in Poland, which used to be a part of Germany.  This was one of the definitive stamps featuring monumental buildings.  I searched for how old the building could be but failed to find it, apart from this image.

With very fine engraved lines in different thickness and pitches, the depth of the space is depicted in a small definitive stamp.

1966Germany001-3

「インテリア」テーマの2枚目の切手は1966年に発行されたドイツの普通切手。ドイツとの国境近くにあるポーランドのLwówek Śląski市庁舎内のヴォールトがピッチや太さの違う精緻な線の重なりで描かれています。

いつごろに建てられた建築なのかをサーチしたのですが分からず、つい最近この空間が展示会に使われた写真のみ見つけました。

vaulting and arches / 穹窿(きゅうりゅう)

November 15, 2010

28 February 1966 UK
900th Anniversary of Westminster Abbey
design & engraving: Bradbury, Wilkinson & Co.

I am amazed sometimes by a stamp design which is depicting the depth of a room and sense of space within a little piece of paper.  So, I added a category today to collect these stamps showing ‘interior space’.

This stamp is showing Fan Vaulting of the Henry Ⅶ Chapel, which was built in 16th century.  This was the last stamp with the portrait of the Queen before an introduction of her silhouette, and the portrait is beautifully engraved to match the impressive interior.

室内の描かれている切手を見て、その小さな紙面につまった空間表現に感動を憶えることがあります。そんな切手が集まってきたので「インテリア」と題するカテゴリーを新たに作りました。

この切手はロンドンにあるウエストミンスター寺院の900年を祝い、16世紀に建てられたヘンリー7世礼拝堂のインテリアを描いています。

この切手は女王の肖像がシルエットに変わる前の、最後の切手でもあります。ファン・ヴォールトと呼ばれる構造様式に支えられた荘厳な内装と合わせるように、女王の最後の肖像も精緻な凹版印刷で描かれていて見応えがあります。