Posts Tagged ‘intaglio stamp’

rainbow Love / ♡な日が近い

February 12, 2015

1984USA005
*exch. 064  ( limited number )

31 January 1984, USA

St. Valentine’s Day is soon.  I know the chocolate shops in Japan are in the busiest time of the year.  Here in East London, where Christians could be a minority group, you can see modest red hearts only in the supermarket check-out area.

I like the font on this stamp and I discovered that it is called ‘Bodoni‘ designed in 1798 by Giambattista Bodoni – a 226 year old font!   It is interesting to learn that the typographer is already a recognised profession in Europe at that time, alongside the rapid development of Letterpress printing since the 15th century.

バレンタインデーが近づいていますね。きっと日本ではチョコレート商戦がピークを迎えていることでしょう。キリスト教徒がたぶん少数派のスタジオ近辺では、coopスーパーのレジ周りだけ、控えめに♡が飛んでいます。

この切手のフォントが好きで由来を調べたところ、「Bodoni」という名前で今から226年前の1798年にジャンバッティスタ・ボドニによってデザインされていました。タイポグラファーという職種はヨーロッパでは活版印刷が広まるとともに育ち、国際的に使われる文字も生まれはじめたのですね。

African intaglio prints / アフリカ凹版切手

September 24, 2013

1962Gabon001
1962Gabon002

1962 Gabon
grapefruit & coconut
engraver: Georges Bétemps

Many African stamps have influences from their old suzerain country and many intaglio stamps are made with the influence of French postal history.  In my ‘print: intaglio‘ topic, I featured five African stamps in the last three months.

These stamps are made with a creative sketch style engraving and a radical shape.  They look exotic and seasonal.

アフリカの切手からは、植民地時代の宗主国の影響が強く読み取れます。このガボンからの切手はフランスの凹版切手の影響が強く、「print: intaglio」のここ3か月に掲載した5種類のアフリカの切手もすべて元フランスの植民地の発行でした。

この2枚はスケッチ調の力強い彫刻と三角形のモダンな形のバランスが良く、アフリカの大地を感じさせる色調の切手です。

and satellite transmission / 衛星通信の登場

March 25, 2013

1965France002

17 May 1965, France
Centenary of International Telecommunication Union
design & engraving: Albert Decaris

The last stamp which is showing a Telegraph key – this one shows the history of telecommunications, all-in-one.  The aerial in front of the dome is called a Helical antenna, which was built for High frequency radio communications before the usage of satellites.

I like this way to apply the traditional printing method of intaglio, for picturing the historical and the latest technology, together with lots of stars ( and satellites ) in the sky.  Designed by the same engraver as this stamp, one of my top favourites.

電鍵の描かれた切手をさらに一枚。これは国際電気通信連合の百年を記念したもので、モールス機器から当時最新のサテライトまでを網羅しています。右下のドームの前で斜めに立っているのはヘリカルアンテナと呼ばれるもので、衛星が回遊する以前の地球表面上での短波通信に活躍しました。

通信機器の歴史が夜空の星と(はるか彼方のサテライトも)一緒に丁寧に彫られている、こんな凹版切手が大好きです。彫刻師の名前をチェックして、一番お気に入りのこの切手と同じ作者だと分かってにっこり。まぁ、完璧なオタクですか。

electrical telegraph / 電信機

March 17, 2013

13 October 1954, Japan
75th Anniversary of Admission to ITU
designer: Yutaka Yoshida
engraver: Tsuneo Kasano

After the Croatian QR code stamp, I remembered this one, in a similar layout with mysterious lines and dots.  The centre picture is an early electrical telegraph receiver.  In the top bar, between two small squares, are Japanese Morse code, which says ‘ko ku sa i’, which means ‘international’.

Although there is a similarity in the first impression between this and the QR code stamp in the previous post, this one has far higher density in its stamp design.  I admire this old ‘stampness’ and joy of magnifying.

昭和29年10月13日発行
国際電気通信連合(ITU)加盟75周年記念
デザイン:吉田豊
原版彫刻:笠野常雄

白地に赤のQRコード切手を見て思い出したのが、これです。小さな四角の配置が似ているし、フチを囲んでいる不思議なコードも前時代のQRという感じ。中央は電気通信レシーバーで、上のフチの中は日本語モールス符号で「こくさい」と読めます。たぶん、他の3種類のフチにあるコードで「電気・通信・連合」と言っているのでしょう。

ぱっと見の印象は似ていても、小さな紙面に詰まった情報の密度にQRコード切手とは雲泥の差があって、やっぱりわたしは丁寧にカリカリと彫られた59年前の「切手らしさ」がとても好きみたいです。拡大して、うっとり。

追記:
2012年10月に日本郵趣協会から発売された『ビジュアル日本切手カタログ vol.1』に、この図案のフチを囲む記号が説明されています。左が「キネン」、右が「デンキ」拡大している下は「ツウシン レンゴウ カメイ 75 シウネン」と右から読む(ん?)ようです。

year of the Snake / 祝・巳年

January 3, 2013

1964Finland001

13 June 1964, Finland
General Assembly of World Medical Association
designer: O. Vepsäläinen
engraver: B. Ekholm

Happy New Year to everyone!

2013 is the year of the Snake.  As shown on this stamp, the snake ( or the serpent ) is the symbol of wisdom or medical care – the energy of life in ancient Inca and Indian worship, and the Greek and Roman herald’s wand of Caduceus.  Long, spiral and ‘kune-kune’ as we say in Japanese.  We have to learn from this animal, for endurance of life, avoiding obstacles in a smooth and quiet manner.

明けましておめでとうございます。

巳年の2013年が始まりました。まずはフィンランドから、医療の象徴としてのヘビを一枚。古代のインカ文明やインドでは神々の一員として、ギリシャやローマでは神の使者が持つ杖にからまって、ヘビは生命力や生きる知恵を人々に授ける存在として描かれたようです。今年はヘビに習って、障害物の隙間をするすると静かに通り抜ける練習をしてみようと思います。

sailing / セーリング

September 16, 2012

11 June 1975, United Kingdom
Sailing
design: Andrew Restall

As you can see on the cover of a book of ‘Royal Mail Stamps’ (1980), the designer made many sketches for this set of stamps. He took a long time to decide the composition of the stamps, and also re-drew the chosen ones for adopting the new printing method of intaglio lines on top of gravure.  As a result of effort and fine adjustment, this set has outstanding beauty.

During the Olympic games, I enjoyed the view from those sailing boats – images sent from a little waterproof camera on each boat, showing how dynamic and subtle it is to control sails in the competition.  But 38 years ago, the stamp designer had to draw them from the land or a harbour, as no equipment was suitable for being soaked by the waves.



『Royal Mail Stamps』(1980) という本の表紙になっているように、この切手のデザイナーはセーリングのタイプやアングルを決めるために時間をかけてスケッチをしたようです。4枚の構図が決まったのちも、グラビアで刷った色面に凹版印刷を重ねる新しい手法に合うように、色と線の両方を描き直した、と本の中で紹介されています。当然ながら、そんなたくさんの手間ののちにこの美しい切手が生まれたわけです。

この夏のオリンピックでは、最新の防水カメラを積んだボートから、セーリング競技を選手の視線で見ることが出来てとても面白かった。ダイナミックな波の動きと、素早くデリケートなセールさばきと重心の移動のライブ中継。迫力でした。38年前のこの切手の頃には、そんな現場にカメラを持ち込むのはまだ無理で、デザイナーは陸からスケッチをしたのですね。

cool portrait of the Queen / 女王肖像きりり

June 5, 2012

3 October 1962, Canada
Queen Elizabeth II
design: Ernst Roch
portrait engraver: Yves Baril
lettering and symbol engraver: John F. Mash

The Royal Mail have issued two sets of stamps for the Queen’s Diamond Jubilee in February and May, but from the graphical point of view, both are not very exciting or original.

Instead, I would nominate my best favourite portrait of the Queen – from 50 years ago.  Without a crown or heavy jewellery, this Canadian stamp is depicting the steady and beloved personality of the Queen.

街中にユニオンジャックがはためいたダイヤモンド・ジュビリー、女王の戴冠60年を祝うイベントも終了したようです。ロイヤルメイルからも2月5月に女王の切手が出ましたが、別に工夫もなくはっとする美しさもなく、ちょっと残念。

エリザベス女王の肖像はたくさん切手になっていますが、カナダで50年前に発行されたこの肖像が、きりりとしていて一番好きです。冠もジュエリーもつけない女王の、実直な人柄が出ている気がします。

year of the Dragon / 祝辰年

January 2, 2012


1 November 1971, Japan
Government Printing Works Centenary
‘Ryu-ko zu (Dragon and Tiger)’ 1895
by Hashimoto Gahō ( 1835-1908 )
tonal-engraving
layout: Kyohei Maeno

The year of the Dragon has started ( at least in Japan yesterday, so I follow this one. )  I wish you all have a fruitful year – we should really prove that our happiness is not controlled by the unstable situation of the world’s finances.

These stamps, a set of two, were issued to celebrate 100 years of stamp and banknote printing.  So, they are naturally representative of what they can do best for this kind of process.  Surely they took time to do the details of the waves.  I have to look up what ‘tonal engraving’ could be – if I magnify, it seems the tone is made by lines and dots together.

Paper as well, seems a little special for this printing.

新年おめでとうございます。
今年もどうぞよろしくおねがいします。

昭和46年11月1日発行
政府印刷事業100年記念
橋本雅邦画『竜虎図屏風』(明治28年)
印刷:階調凹版
原画構成者:前野京平

昨年は日本にとっては試練の年でした。エネルギー政策がなんの展開も見せないまま、年を越してしまいました。ヨーロッパでは金融問題が今年も続き、ここイギリスも引き続きあおりを受けそうです。でも「金融事情だけが自分の幸せを左右するのではないよね」と、年末に思えるような実りの多い年にしたいものです。

さて、年頭を飾る竜モチーフの切手は1971年に政府の印刷事業100年を祝ったもので、さすがに気合いの入った切手です。虫めがねで拡大すると線と点の両方が見えるのですが、この「階調凹版」という技法について知っている方はぜひその詳細を教えてください。わたしがよく辞書代わりに使っている「お札と切手の博物館・図録」にもこの技法についての解説が載っていないのです。

紙も普通の切手と違う和紙のような柔らかな質感です。

追記:この印刷技術に関して、友人が内藤陽介さんのブログにしっかり説明があることを教えてくれました。これは、日本の印刷局が開発した、グラビアと凹版印刷の組み合わせによるものだったのですね。素晴らしい!リサーチをしっかりされている先人(というか、専門家ですが)の書かれたものを、もっとちゃんと読んで勉強しよう、、、と思いました。