Posts Tagged ‘French stamp’

Happy New Year / あけましておめでとう

January 2, 2017

1962France001

12 March 1962, France
Gallic cock and sun
designer & engraver: Albert Decaris

I wish you all a happy new year in 2017!
Where the world is directing to – I am almost lost if I think about it.  Yet let’s have healthy and joyful year ahead.

Rooster is the animal of the year in Eastern zodiac.  This stamp is made by a veteran engraver who created a lots of beautiful works during his career of 50 years, which include a definitive Marianne original by Cocteau, satellite communication with starry sky and the 50th Anniversary of Tour de France. Splendid results of trained hands.

新年あけましておめでとうございます。
みなさんにとって、素敵な2017年になりますよう。時代がどこに向かっているのか、考えると不安にもなりますが、愉しく健康にこの一年を過ごせたらと思います。

酉年のとりとは雄鶏なのですね?1枚だけ持っていた雄鶏は、フランスのベテラン凹版彫り師がその50年にわたる職歴のちょうど中間頃に手がけた、足元に陽の登るお正月らしいものでした。この彫り師の作品には、コクトー原画のマリアンヌ星の散りばめられた通信系ツールドフランス50周年など、精緻な切手がたくさんあります。訓練された手わざの華です。

 

engraving hands 2 / 彫る手 その2

December 26, 2016

1966France001

19 March 1966, France
Stamp Day / engraving a Die
designer and engraver: Pierre Béquet

Giving an impression of control and force of hands by strong lines and direct composition – and this is the view of engraver, which is opposite to another engraver’s hands on Austrian stamp.

少し荒削りな図柄と構成が、凹版切手の彫刻に必要な力とコントロールを表現している印象の、フランスの「切手を彫刻する手」。オーストリアの切手とは反対側、彫刻師の視点から描かれています。

Handshake 2 / 握手 その2

November 20, 2016

1959France004-2

24 October 1959, France
300th Anniversary of the Treaty of Pyénées.
designer:  Serveau, engraver: Piel

The left is the French king – ‘fleur de Louis’ heraldry on red sleeve – and right is Spanish king with orange sleeve with ‘castle-leo’ heraldry.  And this handshake had happened in 1659.  The origin of handshake was to proof that there is no weapon in their hands – well, it was one condition before the friendship, really.

ゆりの花がモチーフと言われるフランス王家の紋章が左の赤い袖、右の城とライオンの紋章がオレンジ色に抜かれているのがスペイン王。この二人が握手したピレネー協定締結は1659年のことだそうです。握手の起源は「手の中に武器を隠し持っていません」と互いに伝えることだった、というのは説得力があります。「友情」以前の確認事項として、手を差し出す。

Hippocampus / 魚の尾をもつ馬

January 9, 2014

1983France005

18 June 1983, France
50th anniversary of Air France
design: C. Andréotto

I thought Unicorn stamp might be in my collection – did not find one, but instead I found Hippocampus – another mythological creature, a horse in its forepart with a coiling fish-shaped hindquarter.

1983France005-2

The Hippocamp was the company logo when Air France was first founded in 1933.  Together with the strips used for the tail assembly, design of this stamp is cool.

ユニコーンもきっとお正月らしいなぁ、、と手持ちの切手を探したのだけど見つからず、かわりに見つけたのがこれです。前半分が馬で後ろ半身がうずまきの魚の尾みたいな、ヒッポカムポス

この伝説上の生物はエールフランス社が創設された当初1933年の会社ロゴだったようです。尾翼に使われたラインと一緒にすっきりまとまった一枚。

hair comb 2 / 髪に櫛 その2

September 20, 2013

1947Martinique001

2 June 1947, Martinique ( overseas region of France )
designer: Lemagny / engraver: Achille Ouvré

I looked in my collection for any African hairstyles with combs – not from Africa, but I found this one from the French island of Martinique in the Caribbean Sea.  This lady’s fabric decoration is connected to her hair by a slim comb.

In the exhibition of “Origins of the Afro Comb”, you can learn about modern Afro Combs which are used to celebrate African identity of emancipated slaves in those Caribbean islands as well as in the USA and Europe.

ケンブリッジで観た展示会『Origins of the Afro Comb』に出てくるような櫛が描かれた切手はなかったかな?と探していたら、カリブ海にあるフランスの海外県の島マルティニークから発行されたこの切手がありました。髪に巻かれている布が、細身の櫛で留め付けてあります。

Origins of the Afro Comb』展では、黒人奴隷としてカリブ海やアメリカ、ヨーロッパに連れて来られた人たちの末裔が人権や生活を守る行動を起こした時に、故郷であるアフリカの文化を伝えたスリムな櫛を象徴として使ったことが展示されています。

and satellite transmission / 衛星通信の登場

March 25, 2013

1965France002

17 May 1965, France
Centenary of International Telecommunication Union
design & engraving: Albert Decaris

The last stamp which is showing a Telegraph key – this one shows the history of telecommunications, all-in-one.  The aerial in front of the dome is called a Helical antenna, which was built for High frequency radio communications before the usage of satellites.

I like this way to apply the traditional printing method of intaglio, for picturing the historical and the latest technology, together with lots of stars ( and satellites ) in the sky.  Designed by the same engraver as this stamp, one of my top favourites.

電鍵の描かれた切手をさらに一枚。これは国際電気通信連合の百年を記念したもので、モールス機器から当時最新のサテライトまでを網羅しています。右下のドームの前で斜めに立っているのはヘリカルアンテナと呼ばれるもので、衛星が回遊する以前の地球表面上での短波通信に活躍しました。

通信機器の歴史が夜空の星と(はるか彼方のサテライトも)一緒に丁寧に彫られている、こんな凹版切手が大好きです。彫刻師の名前をチェックして、一番お気に入りのこの切手と同じ作者だと分かってにっこり。まぁ、完璧なオタクですか。

autumn trees / プラタナスも色づく晩秋

November 1, 2012


1 September 1994, France
Leaves of Trees
Platanus & Holly

The autumn colour in England is prominent this year.  We drove through Essex and Suffolk last weekend and found a lot of sparkling red and yellow trees, such as Maple, Beech and Oak.  Horse-chestnuts were unfortunately turned into brick-brown during the summer, by a kind of harmful caterpillar.

Now, finally the huge London Plane Tree leaves start to change their colours.  When they are have all fallen, the pavements will be covered by crisp brown leaves and sky above will be opened up to winter blue.  Then, only Holly and conifer leaves will be left in the chilly air.

イギリスのこの秋の紅葉はみごとです。先週末にサセックス州とサフォーク州をドライブしたら、カエデブナナラなどが森に赤や黄色の模様を足していました。

スタジオの近くにある見事なロンドン・プレーンの並木もとうとう色づきはじめました。これが散ったら舗道は枯れ葉にうもれ、頭上に空が開きます。その後は、柊と針葉樹の深い緑が生き残った芝生に映える冬がやって来る。夏時間が終わって日暮れが早くなり、気温もぐんぐん下がっているロンドン。東京から戻った時はもう冬になっているのだろうなぁ。

Oak and Horse-chestnut / ナラとトチノキ

November 6, 2011


1 September 1994, France
Leaves of Trees
Oak
Horse-chestnut

They are both common trees in Europe.  Oak is widely used for furniture and building materials, whilst on the other hand Horse-chestnut, which is popular in parks and on roadside greens, is rarely used for furniture or other purposes.

ナラマロニエ(セイヨウトチノキ)の葉が描かれています。どちらもヨーロッパの森や街路でよく見かける木です。ナラ(オーク)は伝統的に家具につかわれてきた素材ですが、マロニエを使った家具というのはほとんど見かけません。マロニエとして親しまれているフランスでは、何かに使われているのかな?

run to a cinema? / タンタン3D?

October 25, 2011

2000France001

11 March 2000, France
Tintin and Snowy
illustration by Georges Rémi ‘Hergé’

Yesterday and today are the world premiere of ‘The Adventure of Tintin – 3D‘ – the movie is shown in the cinema from tomorrow.  I watched YouTube clip of the trailer, also the channel 4 feature… well, rushing to a cinema?  Ummm… I realised that I am a fan of those distinctive black line drawings and well-chosen colour compositions.  I am not sure if I am keen to watch the 3D.  Is it a too conservative opinion?  Should it be good because it is directed by Steven Spielberg?

昨日と今日がワールド・プレミアで、明日から公開される『The Adventure of Tintin – 3D』。さて、映画館に走るべきなのか?トレイラーとチャンネル4のニュースまで観たけれど、スティーブン・スピルバーグがタンタンを「ティンティン」と発音するのにいちいちひっかかって困りました。タンタンだもん!そして気付いたのです。わたしはあの黒い線描とマットな着色が大好き!ということに。3Dなぁ、、、こんな困惑は保守的すぎますか?

the winner / 勝者エディ・メルクス

July 20, 2011

22 July 1972, France
World Cycling Championships
design & engraving: Georges Bétemps

This stamp does not show the name of the rider pictured, but it is Eddy Merckx who won the World Championship in 1971.  Shortly after the launch of this stamp, he also won the Tour de France of 1972, for the third time.

On the contrary to this feature, I am enjoying the absence of the ‘superstar’ in the Tour de France 2011 – stage winners are honestly talking about the support they have received from team mates, and I like the modest comments by Thomas Voeckler, who has kept his Maillot jaune for nine days.  I am now a great supporter of his – why not a French winner after 26 years of foreign riders winning?

名前は載っていませんが、描かれているレーサーは世界選手権自転車競技大会の1971年の勝者エディ・メルクスだと思われます。この切手が発行された数日後に、彼はツール・ド・フランスの1972年の優勝を飾りました。

この切手とは対照的に今年のツール・ド・フランスはスーパースターが不在で、それがいい感じなのです。ステージ勝者たちはチームメイトの協力を讃え、9日もマイヨ・ジョーヌを保持しているトマ・ヴォクレールはインタビューのたびにすっとぼけた調子で「明日はどうなることやら、、」と八の字眉毛の笑顔になる。クールなスターよりも、不安と隣り合わせのこんなレーサーを応援したくなります。さて、26年ぶりにフランス人が優勝するのか!?

French weathercock / フランスの風見鶏

July 13, 2011

1973France001

1 December 1973, France
50th Anniversary of French Chambers of Agriculture
design & engrave: Pierre Béquet

A prominent ironwork on top of a traditional farm house – was weathervane.  Before the weather forecast was developed, people try to read the weather by the wind and clouds, to plan their day.

Since the Tour de France started, I am concerned about the weather in France – today, those tough guys had to ride against heavy rain and strong side winds.  Cavendish had won his 18th stage champion – with clenched teeth!

ヨーロッパの伝統的なスタイルの農家には必ず風向計がついていて、これも鍛冶屋の仕事でした。天気予報のない頃は、風の向きや雲の位置でその日の仕事を決めたのですね。

ツールドフランスが始まってから、フランスの天気が気になります。路面が濡れると怖いのを実感しているから。今日も横殴りの雨の中、タフな選手達は時速60キロなどという恐ろしいスピードで、脚力を競ったのでした。英人スプリンター、マーク・カベンディッシュがツール通算ステージ18勝目を飾る。歯を食いしばって、すごい気迫でした。

Southern paradise / 南方楽園

September 29, 2010

1968France010

21 September 1968, France
‘Arearea’ by Paul GauguinArearea‘ (1892)
engrave: Durrens

A retrospective of Paul Gauguin is starting tomorrow at Tate Modern in London.  In relation to this, there are TV and radio programs, talking about this artist’s life – it seems a lot of people think he was immoral.  Perhaps we have to see his works, to judge if he was a bit out of the way or was lucky to have a different approach to others of that time.

The title of this picture ‘Arearea’ means joyousness in Polynesian language. Interpretation of the original by engraver is very interesting – it was a challenge within limited printing colours as well, and it is done really well.

明日からロンドンのテート・モダン美術館ポール・ゴーギャン展が始まります。関連して「妻子を捨て、南の島で少女を追いかけていた画家」とされるゴーギャンの生涯は本当にそうだったのか?と問う番組がテレビとラジオで放映され、これは展覧会を観に行かねば、と思いました。

この切手は1892年にタヒチで描かれた『アレアレア(楽しい時)』という題の油絵を、デリケートな凹版印刷と色の組み合せで復刻させた美しい切手です。原画はオルセー美術館収蔵。

devil in your mind? / 魔がさす?

September 28, 2010

1967France006

15 April 1967, France
‘The Carriage of Pere Junier’ by Henri Rousseau
engraved by Pheulpin

I feel really tired today and realise that I drive meanly.  Not allowing anyone cuts in, didn’t give way when one was wanting to cross.  Then I saw this stamp, picture from Henri Rousseau – ah, this is it! A little devil sitting in my car, doesn’t allow me to be generous…

The original picture was painted in 1908, now owned by Musée de l’Orangerie.  This intaglio interpretation is nicely done, trying to evoke its original’s atmosphere.

ロンドンデザイン週間が終わり、身体が疲れ果てると気分までさくさくし、運転をしていても他者に親切になれない自分を発見。なんだかな〜、と思っている時に、このフランスの切手を見ました。これこれ、小さな悪魔が一緒に車に乗っている!

『ジュニエ爺さんの二輪馬車』という題のついたアンリ・ルソーの代表作の一枚(オラン ジュリー美術館収蔵)は亡くなる2年前の1908年に描かれ、丁寧な凹版印刷で切手になっています。小さな悪魔の顔が意外とかわいいので、拡大します。

1967France006-2

un grand merci / 大感謝

September 12, 2010

2005France001
2004France001

1 March 2005, France
design: BEN ( Benjamin Vautier )

It is said ‘Autumn is for Art’ in Japan.  Hot summer has finally gone and people start to read again and go to museums.  It was really too hot this summer to think – well, I have just experienced two weeks of it, and it was enough.

Anyway, I am back on this blog and featuring stamps by Benjamin Vautier, known as Ben is one of Fluxus artists.  He has a funky website, but did not tell me about his stamps at all ( my French problem ), I found the issue year finally on French wikipedia!  These stamps remind me an installation at Ecole d’art à Blois completed in 1995, named ‘Mur des mots’.

I am having my first solo exhibition at Rocket Gallery in East London from 18 September and these stamps express my current feeling as well.

暑かった日本の夏がようやく終わろうとしているのをtwitterで読み、ほっとしているところです。たった2週間しか体験しなかったのに、かなりのインパクトでした。

さて、気分を一新して芸術の秋。フランスではアーティストの切手が多数発行されていますが、フラクサスのメンバーでもあったベン・ボーティエの切手は彼の手描き文字に小さな穴が開いていて、粋な仕上がりです。フランス中部の都市ブロワの芸術学院の壁面に施されたインスタレーションは、こんな雰囲気のたくさんの文字のパネルで構成されていました。

この秋、London Design Festival時期に東ロンドンのRocket Galleryにて初めての個展を開くことになり、やっと今週、招待状を送ります。この2枚の切手は、わたしの今の心情をよく表現してくれています。

Marianne de Cocteau / コクトーのマリアンヌ

August 15, 2010

1961France001

23 February 1960, France
Marianne by Jean Cocteau
engrave: Albert Decaris

I visited Notre Dame de France in Soho, after reading about a fresco by Jean Cocteau.  Drawings are free, poetic, calm but somehow humorous.  He also made a fresco in the church of Milly-la-Foret near Paris, where he spent his last years, and two years before he died he designed a stamp.  I love this stamp and its chic lightness, which contrasts with the country’s heavy history.

ジャン・コクトーの描いたフランス共和国の象徴「マリアンヌ」。池澤夏樹の『異国の客』でコクトーが教会に壁画を残したことを知り、ロンドンのソーホーにある教会 Notre Dame de Franceのものを見に行きました。ユーモアをたっぷり含む軽やかな線描を、1959年末に8日間滞在して彼自身が描いたのだそうです。独特の「軽やかさ」とヘビーなフランスの歴史の対比が、大好きなこの切手の妙なのではないかと思います。

forest heritage of the future / 資産としての森

August 15, 2010

1991France002

22 September 1991, France
10th World Conference of Forestry
design and engrave: P. Lubin

This stamp is celebrating the 10th anniversary of international conference of forest.  I had impression that forest occupies a great part of counrty life of France and people think it has to be managed for future generations, as the words on this stamp suggest.  Not just timbers for industry, but variety of lives and rich produce of food is still very much appreciated, picked and sold in open air markets, which are opened in every towns and cities.

森林資源の世界会議10周年を記念する切手。フランスではあちこちに森があって、それは大切な資源として手入れされています。ハイキングやピクニック、森の中のサイクリングなどのレジャーの場としても、きのこやベリー類の採れる場所、さらには川魚を元気に保つための水の供給源としての森を維持する努力。そして、各都市や街の週末のマルシェ(市場)ではその豊かな実りが、近くの農家で作られる新鮮な野菜と一緒に売り買いされているのです。食のサステナブルのお手本があります。

cycling in France / フランスの田園サイクリング

August 5, 2010

18 March 1972, France
‘Rural Postman of 1894’
design & engrave: J. Pheulpin

Cycling environment in France is advanced to compare to our situation in Britain.  Cycle lanes are well laid and sign posted both in towns and countryside, maintained.  Maps are nicely produced and effortless to follow scenic routes.  Especially I enjoyed hilly countryside of Poitou-Charentes nead Confolens – small beautiful river views and picturesque villages, as this stamp depicted.

This postman stamp is another example of Intaglio print, which I enjoy a lot with magnifier.

自転車を車に積んでフランスに渡り、サイクリングを楽しんできました。市街や郊外には専用レーンが整備され、地図とサインをたよりに一日中、迷う事なくサイクリングできる環境は素晴らしい。特に、ヴィエンヌ県の丘の多い田園の小さな村を抜けていくルートはこの切手のような風景と森や農場が延々と続き、とても楽しいものでした。

ひと昔前のパイプをくわえた郵便配達を描いている凹版印刷のこの切手も、虫メガネで覗くといろいろ発見できる一枚です。

gastronomical season / ごちそうの季節

December 25, 2009

1980France001

23 February 1980, France
French Gastronomical Exhibition, Paris
design & engrave: C. Guillame

Christmas Day.  To whom not really religious or not Christian, this day in the UK is for family gathering, eating and drinking.  Yes, I am full!

This stamp is named ‘gastronomie française’ and shows lobster, roasted meat with gravy, wine, variety of cheese and ‘petit fours’.  I am glad this is not multi coloured – otherwise  I do not want to see this today.

クリスマス。ここイギリスでは、キリスト教徒ではなかったりクリスチャンでも別に教会に行く習慣のない人にとっては、家族や親戚が集まって、昼間からごちそうを食べて飲んで、また食べて飲んで、、、と夜までくりかえす日のようです。わたしも今日は、一日中満腹。

これはフランスの食をテーマにした切手です。小さな切手に前菜のロブスター、ローストした肉とグレービー、ワイン、チーズ、何かゼリーのようなデザートにチョコレートまで、ぎっしり描かれています。こんなにてんこ盛りなのに、精緻な2色刷りですっきり美しいですね。

mysterious picture / 不思議な図柄

September 11, 2009

1991France001-2

30 March 1991, France
Philexjunes 91-Cholet
design: Maglione

It seems celebrating a Stamp Show for children in Cholet.  But I cannot figure out meatningful connection between Hoop ( and a stick? ), bicycle and a pigeon ( maybe ) with scary eye.  Colours, sepecially little but strong Orange, and their balance between White is appeal to me more than its meaning.

フランスの西部の街ショレで開催された子供のための切手フェアを記念した切手のようですが、フラフープやその中の女の子が手に持っている棒、自転車、目つきの悪いハトの関連がよく分かりません。3色のグリーンとほんの少しの面積だけれど効いているオレンジ、色面と白のバランスが魅力的なのですが。

Poitou-Charentes / ポワトゥー=シャラント

September 10, 2009

1975France002

5 December 1975, France
Poitou-Charentes
design: P. Lambet, engrave: M. Monvoisin

Another regional stamp, which is from middle-Western part of France, Poitou-CharentesNotre-Dame-la-Grande in Poitiers, sea scape with crest of waves and of course grapes.  It seems they are proud of body of women as well.  Beautiful colour and composition in small stamp face.

フランスのポワトゥー=シャラント地域圏から発行された切手。ポワティエの中心にあるカテドラル、ノートルダム・ラ・グランデシャラント=マリティーム県の海、そしてもちろんぶどうが描かれています。中心の川のような図案には女性の肉体美を讃えるようなモチーフもみられ、フランス的。いろいろな要素が配置されつつ、余白が全体を引き締めています。