Posts Tagged ‘British stamp’

reflection of time / 時代を写す写真

February 28, 2018

9 September 2011, United Kingdom
Centenary of Aerial Post
Designed by Robert Maude and Sarah Davies

The history of photography started earlier than I thought – although it took some time for the technology of how to fix a captured image.

This photo was taken on 26 September 1911, when the first airmail was delivered.  People celebrated the big day and a lots of photos were taken throughout the event.

この写真は英国で初めてのエアメールが配達された日に、記念してたくさん撮られた写真の一枚です。

写真が発明されてまもなく2世紀経つのですね。レンズを通して画像が結ばれることはもっと早くに発見されたけれど、それを定着させる技術に時間がかかった。21_21 design siteでは、時代を写してきた写真の展示「写真都市展」が始まっているようです。

cat’s shoulder / 猫の背中

January 30, 2018

13 February 2001, United Kingdom
Cats & Dogs
photographer: Henri Cartier-Bresson ( 1908-2004 )
design: Johnson Banks

Photography is possible to capture a moment – yes that is why we cannot stop taking snaps.  Somehow Black & White shows a frozen very moment clearer, I think.

写真はある瞬間を切り取るメディアです。記憶に残したくて、次から次に撮ってしまう。なぜか、白黒写真のほうが「その瞬間」をくっきりと見せてくれる気がします。

Watch out for the dog / 犬に注意

January 21, 2018

13 February 2001, United Kingdom
Cats & Dogs
photographer: Richard Kalvar ( born 1944 )
design: Johnson Banks

My second stamp in the year of the dog is – a cat, sitting on a gate door.  Black & White photographs are not often used for stamps, but this series is appearing nicely on colourful envelopes.

戌年の2枚目の切手は、「犬に注意」と書かれた門扉の上の猫です。切手の図柄に白黒写真が使われることはあまり多くないですが、このシリーズの切手たちはカラフルな封筒に貼られたら素敵に映えます。

Happy New Year 2018 / 新年おめでとうございます

January 7, 2018

13 February 2001, United Kingdom
Cats & Dogs
photographer: Elliott Erwitt ( born 1928 )
design: Johnson Banks

I wish you all a happy new year in 2018!
The world is still in chaos – but let’s carry on our own creative year.

Dog is the animal of the year in Eastern zodiac – then I found that I have very few dog stamps.  Well, this one suits to the new year greetings the best…

新年おめでとうございます。
世界は今年も混沌としていますが、横目で見ながらも創造的な2018年を過ごしたいと思います。

さて、戌年。どれくらいあったかなぁ、、とストックを見返して、犬の切手はほんとうに数が少ないことを発見。これがいちばん、その中ではお正月らしいかも、と。

upward arrows 3 / 上むき矢印 その3

December 27, 2017

14 November 1962, United Kingdom
National Productivity Year / Unified productivity
design: David Gentleman

Another Christmas coloured stamp on rising productivity – well, after 55 years it reminds us that whole world has to re-think about the pace of productivity and what is damaged since the industrial revolution.

生産性の向上を呼びかけるクリスマス色の切手をもう一枚。時代の雰囲気をものすごく反映していま。55年後の今となっては産業革命以来の人類の生産活動が、地球環境にどんなダメージを与えたかを考えされる切手でもあります。

upward arrows 2 / 上むき矢印 その2

December 12, 2017

14 November 1962, United Kingdom
National Productivity Year / Units of productivity
design: David Gentleman

N (national) and P (productivity) share an arrow and all stacked up units have upward arrows!  The year when The Beatles played their first session in the Abbey Road Studios, also the Rolling Stones made their debut in London.  The futuristic design of Concord was shown, British and French governments agreed to develop it together ( yes, it took off in 1973! ).

This stamp has an atmosphere of Christmas – of course, its colours.

N(national:国の)とP(productivity:生産性)が上むき矢印を一緒にしょっているデザインが、国を挙げた産業の活性化を謳っている、1962年の切手。ビートルズがアビーロードスタジオでレコーディングを始め、ローリングストーンズがロンドンデビューをした年。コンコルドの最初の模型が発表され、イギリスとフランスが共同開発を始めた年でもありました(11年後には営業をはじめたし!)。

この切手がとてもクリスマスな雰囲気なのは、3色の色合いですね。

bionic hand / 生体工学の手

March 30, 2017

19 February 2015, United Kingdom
Inventive Britaini-LIMB
inventor:  David Gow, stamp design: GBH

I noticed that I have been featuring hands on stamps over a year – well, long enough.  So, it is the last one for this time and an artificial hand.  This hand with lots of tiny motors is invented to help people without their own hand and operated by electrical pulses in the muscles of remaining part of the arm.

The stamp designer used its blueprint, and added its electrical movement of ‘wish’ – signals released from the user’s brain – which triggers the motors to move fingers.  It is not easy to explain such a complicated idea in the space of a stamp, but this is delivering its sense of motion and complexity.

手の切手ばかりを一年以上も掲載していることに気づき、これを最後の1枚に選びました。人工の手です。生まれつき手がなかったり事故で手を失った人のために考えられた、たくさんの小さなモーターで関節を動かして細やかな動作をする手。脳から発せられる電気的な波動が腕に伝わるのをコンピューターがとらえ、モーターを動かすのだと説明しています。すごい。

切手のデザイナーは、あまり美しくない実物ではなく、設計図をイメージに使っています。装置やしくみを小さな切手に表現するのは難しそうですが、、、メカニズムの複雑さと、電気的な信号が行き交う雰囲気は、伝わってきます。

 

hand and tool 3 / 手と道具 3

March 13, 2017

5 September 2000, United Kingdom
Mind and Matter / Millennium projects
design:  The Post Office

Only 31 years since the last featured stamp “hand and tool 2” – one of many Millennium stamps was showing the latest tool at that time, and an operating hand in X-ray photo.

Well, it is a bit old-fashioned shape of mouse with wire ( ooops, already 17 years ago! ), but it was less than a decade since the mouse became a common tool for many industries.

ひとつ前のポストで紹介した『手と道具 2』から31年経った2000年に、ミレニアム記念としてたくさん発行された切手のひとつがこの手とマウスのレントゲン写真でした。

17年前(え〜、もうそんなに前?)の、すでに古く感じるマウスの形とワイヤー。当時はまだ、いろいろな職業でマウスが使われ始めてから10年ぐらいしか経っていなかった頃です。

hand and tool 2 / 手と道具 2

March 5, 2017

1969UK001

2 April 1969, United Kingdom
I.L.O. Emblem
design: Philip Sharland & Howard Dyke

Hand holds spanner – the symbol of massive numbers of mechanics or labours who supported the industrial revolution and following flourish of the Secondary sector of the economy.  Then this combination became the symbol of labour’s union against the managements who did not hold industrial tools.

This stamp is celebrating 50 years of the International Labour Organization, the agency to protects rights of labours.

スパナを持つ手 – 産業革命に始まり、その後の第二次産業の繁栄を支えた工場労働者をあらわすシンボル。この図象はまた、手を使って働く人たちの団結のシンボルとして、手を汚さない経営者に対峙する時にも使われました。

この切手は、そんな労働者の団体を支援し、労働者の権利を守るために1919年に国連に作られた国際労働機関の50年を記念するものです。

toys / 玩具

January 26, 2016

2003UK058-2

18 September 2003, United Kingdom
Classic Transport Toys
designed by Trickett & Webb

I wrote that I don’t like stamps of photographed toys….. and then I found these British stamps!  They are good – delivering an evocative feeling of vintage toys.  What makes them different then? Maybe the simplicity of a white background and the braveness of adding nothing behind the object.  For example, these Swiss stamps or these Bosnia and Herzegovina – are not bad, but not cool.  This Liechtenstein set is funny and my favourite.

Once I saw a collection of Meccano used in the design development process in a design studio.  It’s a wonderful system, good enough to examine how a real product works!

写真に撮られた古いおもちゃの切手はどうも、、、と一つ前のポストで書いたのち、このイギリスの玩具を発見。雰囲気とても良いです。なぜ?たぶん、背景にまったく加工をしないこの潔いシンプルさだと思われます。例えば、このスイスのボスニア・ヘルツェゴビナの切手は、それなりにかわいいけれどクールではない、、。惜しいところです。あ、でもリヒテンシュタインのは好きかも。

最後の一枚に撮影されているMeccanoの部品を使って、あるデザインスタジオで製品のしくみを工夫しているのを見た事があります。高度に機能的で、洗練されたおもちゃです。

2003UK055-2
2003UK054-2

retro kawaii / レトロかわいい

June 25, 2015

2001UK021
2001UK022
2001UK023
2001UK024

15 May 2001, United Kingdom
150th Anniversary of First Double-Decker Bus
design: Consignia plc

Somehow British stamps like to show objects or faces from the straight front.  I think this is brave to illustrate buses from the front – they are normally depicted their character of the long side views.  As a result of these stamps, you notice that some buses have kawaii faces…

But not all of them are kawaii, in fact – it is very personal opinion, maybe, but the ones in a stamp below are not cute.  To compare to those industrialised faces, very recent bus designed by Thomas Heatherwick is, in a way, kawaii.  What is the decisive point?  Round, low and distanced eyes??

Oh, and as you might notice, that this series are printed in one long band of 16 front faces.  Click the bottom image to enlarge.

真っ正面からの写真やイラストは、なぜかイギリス切手によく登場するのですが、バスという前後に長い存在を正面から眺めるその度胸というか、いさぎよさが好きです。そこで、ロンドン名物ダブルデッカーの顔って実はこんなにかわいかったんだ〜、と初めて気付くわけです。

けれど、正面から見たからかわいい訳ではなく、つい最近までバスはかわいい顔をしていたのだ、と5枚の切手をながめると気付く。下の1枚に描かれた近年のバスは、なぜかかわいくないのです。このあたりと比べると、2011年に走り始めた、トーマス・ヘザウィックのデザインしたバスはまだかわいいかも。何?丸くて離れた眼??

そして、お気づきの方もあると思いますが、このシリーズは切り取る前は、ずらっと並んだ16台のバスの正面です。クリック拡大してお楽しみください。

2001UK025

2001UK021_025

175 years ago, the very first one / 世界発の切手

May 26, 2015

2015UK001
*exch. 065

6 May 2015, United Kingdom
The 175th Anniversary of the Penny Black
designed by Sedley Place

The original stamp was designed by Henry Corbould, based on ‘City’ medal by William Wyon

175 years ago this month, the world’s first stamps were printed and used.  Yes, the Penny Black.  Postal services were already used all over Europe, but for the first time the cost for the delivery of a message is made uniform within a nation by the innovation of stamps – the brainchild of Sir Rowland Hill, who founded the Post Office.

The stamp design is very simple, just added perforation line, the current Queen’s silhouette and denomination on one corner – no other way to celebrate this stamp, I agree.  Then the two are matched with the Twopenny Blue, in a sheet.

2015UK003
*exch. 066

175年前の今月、世界で始めての切手が生まれたのでした。有名な「ペニー・ブラック」です。手紙を配達するサービスはすでに各地で始まっていてそれが郵便として整えられ、多くの人に使われるようになったのはこの切手からです。近代郵便制度の父と呼ばれるローランド・ヒルが考え出し、その功績で彼はナイトに叙されたのでした。

記念切手はいたってシンプル。目打ちをつけ、女王のシルエットと金額を足しただけです。これ以外に、やりようがないですよね。すぐ後に発行された「2ペンス・ブルー」と4枚でシートになっています。

 

propagation of print / 技術は伝播する

March 5, 2015

1976UK008

29 September 1976, UK
500th Anniversary of British Printing
designer: Richard Gay ( winner of the stamp design competition )

Only 20 years after the Gutenberg Bible, already in England the new technology of letterpress printing had been developed and large numbers of publications were produced.

These stamps with letters from that time and a picture of a printing workshop are showing British printer William Caxton’s works.  He was the first English publisher that produced commercial books.  His printer’s device is quite beautiful.

1976UK010

グーテンベルグが考案した活版印刷を使って『グーテンベルク聖書』と呼ばれる聖書を印刷してから20年のちに、すでにイギリスで印刷と出版を手がける人が手できていました。情報のつまった「本」という存在が、多くの人を魅了したのですね。

この2枚の切手はイギリスで出版業の先駆けとなったウィリアム・カクストンの仕事と、印刷所の様子を伝えています。この切手の発行当日の記念消印にも使われた彼の印刷物の紋章は、古風で美しい文字と模様の構成です。

pre heraldry / 紋章のルーツ

June 28, 2014


14 October 1966, United Kingdom
900th Anniversary of Battle of Hastings
design: David Gentleman

The heraldry was born from the marks on the battle shields used by the medieval knights.  The shields in these stamps show one of the most early primitive signs of families or individuals, used to classify the foe and ally.

These stamps are based on Bayeux Tapestry, depicted the Battle of Hastings in 1066.  They give us some idea of how brutal those battles were.  Even a thief is taking cloth off a dead body and the silhouette of the Queen is looking at that scene rather calmly.

中世の騎士が持って戦った盾に描いた模様が、紋章のはじまりだったそうです。この切手に描かれている戦場の様子を描いたタペストリーが、紋章を説明する時にかならず出てきます。戦いの敵と味方を見分けるために、視界の悪い兜ごしにもはっきり見えるような単純な模様が選ばれて使われ、だんだんと親から子に継承される家紋のようになっていったのですね。

900年前にフランスのノルマンディーからイングランドに攻め入ったヘイスティングズの戦いを記念している切手ですが、死体から服をはぎ取っている場面をじっと見ているかのような、女王のシルエットがクールな構図です。

17ポストめの馬の切手でもありました。

suit of armour 3 / 甲冑 3

May 26, 2014

10 July 1974, United Kingdom
Great Britons, The Black Prince (1330 – 1376)

I did not post a new stamp for one and half months… and I am still on the theme of horses and knights in armour!  A little too slow to move on, but now I am thinking to step into a new area of ‘heraldry‘ stamps – a recent favourite theme of my collection.

Edward, The Black Prince was the first English Prince of Wales in the 14th century and he was very popular as a strong military leader.

My reference book “Heraldry Stamps” (published in 1987) tells me about the patterns and significance of his decoration in this picture.  The following two are the Welsh leader Owain Glyndŵr (c. 1349 – c. 1415) and the Scottish king Robert the Bruce (1274 – 1329).

またもや、一月半ほど更新しませんでしたが、、、まだ切手は馬と甲冑の騎士!『偉大なブリテン島の人』のシリーズから。さすがに、ここを起点に馬から離れて「紋章の切手」に進むことにします。紋章も、大好きなモチーフなのです。

一枚目は「エドワード黒太子」と呼ばれ、イギリス系で最初にプリンス・オブ・ウェールズの称号がついた皇太子で、百年戦争で活躍した人気の高い軍人でした。二枚目はウェールズ人「オウイン・グレンダワー」、三枚目はスコットランド国王「ロバート・ドゥ・ブルース」のそれぞれが、紋章の入った飾りと一緒に馬にまたがっています。

ここに描かれている紋章がどんな意味を持つのか、『紋章の切手(1987年発刊)』という本に詳細があり、この切手の図案がどの原典から起こされたのかの推測もあって興味が尽きないのでした。

farm produce & horse / 農作物と馬

January 20, 2014

1983UK004

5 October 1983, United Kingdom
British Fairs / Early Produce Fairs
design: Andrew Restall

Another stamp from UK, depicts horses as a part of a summer farm fair.  They transported vegetables and geese to the farmer’s markets.

And a cat.

イギリスから。夏の農作物マーケットの様子を描いた切手に、野菜やがちょうを運んできた馬たちが描かれています。

あ、猫も。

design-it-yourself / オリジナルを作る切手

October 7, 2013

2003UK046
2003UK048
2003UK047
2003UK045
2003UK052

25 March 2003, United Kingdom
Design-It-Yourself ‘Fruit and Vegetables’
designer: Johnson Banks
photographer: Kevin Summers

2003UK059

I am not a fan of self-adhesive stamps normally, but for this set it is appropriate and a great joy to have a lots of sticker parts to choose from.

The only one restriction is not to hide the Queen’s silhouette and 1st class value.  So, the results are my designs, except Mr. Potato, which was one of the examples by the designer.

In 2010 Finland issued a bad copied version of this series – not as cool as this British original design.  What’s going on at the Finnish Post??

2003UK046-2
2003UK048-2
2003UK047-2
2003UK045-2
2003UK052-2

「Design-It-Yourself 」というテーマでシール切手に付属して顔や帽子などのパーツのシールを足してオリジナルな切手を作るシリーズです。女王の肖像とファーストクラスの額面を隠さないよう、という注意書きつき。

普段はシール式の切手が好きではないのですが、シールだから簡単に出来ることでこんな風に遊べたら楽しい。顔パーツを足した切手たちは、じゃがいも君以外はわたしのデザインです。

2010年にフィンランド郵便がこのシリーズのコピーを発行したのには驚きました。しかもイギリスのオリジナルよりダサい。デザインを売りにしている国の郵政が、何をしてるんだ〜?

ocean mammals / 海のほ乳類

August 16, 2013

2010UK029
2010UK030

13 April 2010, United Kingdom
Action for British Mammals
design: Jason Godfrey
photograph: Thomas Haidar for Sperm whale, Brandon Cole for Humpback whale

I hear from Japan that the temperature and humidity are on their maximum, people are experiencing the extreme summer.  It seems similar or even hotter in South Korea.  How about where you are?

These stamps are for visual chill-out – huge animals living in British seas.  I am strongly against Japanese ‘Research’ Whaling, by the way.

日本の暑さは尋常ではないようですね。お隣の韓国もとっても暑いとか。少しでも涼んでもらえるよう、海の中の巨大なほ乳類を2枚。

マッコウクジラザトウクジラは、捕鯨が制限されてからは個体数が少しずつ戻っているようです。はるか昔、小学校の給食でクジラのタツタ揚げを食べたけれど、ぜんぜん美味しくなかった。他のいろいろなタンンパク質食品が安く得られる今、遠くの海を血の色に染める必要はまるでない、とわたしは思います。調査捕鯨ほど、日本の国際社会に対する態度が試されていることもないと思うのです。

native animals / もともといた動物たち

August 13, 2013

2010UK027
2010UK028

13 April 2010, United Kingdom
Action for British Mammals
design: Jason Godfrey
photograph: Laurie Cambell for hedgehog, Paul Hobson for polecat

I found the British Wildlife Centre while searching about the Otter.  Hedgehog and Polecat, two animals on today’s stamps are found at this centre, too.  I learned that they are both native to Britain.

It is interesting that you can join the photographic workshops at this Centre.  You may need special techniques to capture animals in photography – these two stamps feature nice faces.  The Hedgehog is surprised by sunlight and the Polecat looks determined.

カワウソのことを調べていて見つけた「British Wildlife Centre」には、この動物たちもいるようです。センターのHPでは、イギリスに今いる動物たちが、もとからいたのか持ち込まれたのかを知ることができます。今日の2枚のハリネズミヨーロッパイタチは原生種でした。

面白いのは、このセンターで動物写真を撮るワークショップをやっていること。動物を撮るにはコツが要りそうですが、この2枚の切手はなかなか良い顔が写されています。ハリネズミは光にびっくりしていて、イタチは気が強そう。

otter / カワウソ

August 12, 2013

2010UK026

13 April 2010, United Kingdom
Action for British Mammals
design: Jason Godfrey / photograph: Paul Hobson

In Britain the Otter was on the verge of extinction about 30 years ago.  After the harmful pesticides were regulated and rivers became cleaner, they are back.  As they live far from towns and their activities start around sunset, we still don’t see them much.

This stamp is issued for the International Year of Biodiversity, one of a set which is featuring rather unfamiliar animals in Britain.  Royal Mail is good on photographic stamps and this series is well executed, showing great details of whiskers and the stream of water.

イギリスの川に棲むユーラシアカワウソは、30年前に絶滅しかけたそうです。有害な農薬が規制されて川に自然が戻った10年前ごろ、カワウソも戻っていることが確認されました。人里離れた場所で夕方から夜にかけて活動するので、今でもなかなか実物を見れないようです。日本では1979年を最後に見つからず、絶滅種になりました。

この切手は国際生物多様性年を祝ったシリーズからの一枚です。イギリスでは写真を使った切手が多く発行されていますが、特にこのシリーズは写真を生かした印刷に細心の注意が払われ、ヒゲのディテールや水の動きがしっかりと表現されています。