Posts Tagged ‘arrow stamp’

upward arrows 3 / 上むき矢印 その3

December 27, 2017

14 November 1962, United Kingdom
National Productivity Year / Unified productivity
design: David Gentleman

Another Christmas coloured stamp on rising productivity – well, after 55 years it reminds us that whole world has to re-think about the pace of productivity and what is damaged since the industrial revolution.

生産性の向上を呼びかけるクリスマス色の切手をもう一枚。時代の雰囲気をものすごく反映していま。55年後の今となっては産業革命以来の人類の生産活動が、地球環境にどんなダメージを与えたかを考えされる切手でもあります。

upward arrows 2 / 上むき矢印 その2

December 12, 2017

14 November 1962, United Kingdom
National Productivity Year / Units of productivity
design: David Gentleman

N (national) and P (productivity) share an arrow and all stacked up units have upward arrows!  The year when The Beatles played their first session in the Abbey Road Studios, also the Rolling Stones made their debut in London.  The futuristic design of Concord was shown, British and French governments agreed to develop it together ( yes, it took off in 1973! ).

This stamp has an atmosphere of Christmas – of course, its colours.

N(national:国の)とP(productivity:生産性)が上むき矢印を一緒にしょっているデザインが、国を挙げた産業の活性化を謳っている、1962年の切手。ビートルズがアビーロードスタジオでレコーディングを始め、ローリングストーンズがロンドンデビューをした年。コンコルドの最初の模型が発表され、イギリスとフランスが共同開発を始めた年でもありました(11年後には営業をはじめたし!)。

この切手がとてもクリスマスな雰囲気なのは、3色の色合いですね。

upward arrows / 上むき矢印

November 29, 2017

1974, Turkey
3rd year of 5 years Kalkinma Plani

I could not find what the Kalkinma Plani was – just guessing it is about industrial or agricultural productivity, having a high target to achieve.  Very 1970s – the mood, composition and the colour.

ネットの辞書ではトルコ語の「Kalkinma Plani」が何なのか分からなかったのですが、デザインから読み解くと、これは生産性を上げよう!という国家のスローガンではないかと思われます。デザインや雰囲気、使われている色まで、とても70年代な切手です。

spreading arrows / 多方向矢印

October 4, 2017

1954, Turkey
The Peace force of liberty / NATO

Single rooted arrows are progressing into multi directions.  These arrows made me a search on Turkey’s entry to NATO in relation to Greek-Turkish relations over the years.  By the design of this stamp, we can read that they were willing to grow this relationships with European and North American countries.

多方向に広がっていく矢印と、その根本の苗木というデザインから、トルコがNATOへの加入を祝って欧州諸国と北アメリカとの関係を育てようと願っていたことが読み取れます。その立地から、アジアとヨーロッパのはざまで何度も支配者が移り変わったトルコと隣国ギリシャとの関係も、この切手をきっかけにじっくり読みました。地味なのに惹かれるのは、矢印の効果でしょうか?