Posts Tagged ‘1980’s stamp’

saving hand / 貯める手

February 18, 2017

1981Israel002

1981 Israel
Energy Conservation

The light bulb is a symbol of energy and pink hand stocks saving.  Strong colours and bold lines to express – but without words, not telling me the intention of design straight away.  Does it tell to you?

電球はエネルギー資源の象徴で、ピンクの手がそこにエネルギーを貯めている、、、インパクトのある色と図柄で、ぱっと目に留まるデザインではありますが、「エネルギーの保護」と書き足されているコンセプトに沿ったデザインか?と問うと、、謎です。

hand squeezes sun / 太陽をしぼる手

February 8, 2017

1981Israel001

1981 Israel
Solar Energy

A hand is squeezing solar energy from the sun.  With my Eastern origin, this concept is rather difficult to understand.  But this stamp shows me an active attitude towards the energy problem – we need a big hand to squeeze the sun to use its benefits to the last drop.  But how big should this hand be?  Well, the size of the hand of God!

太陽からエネルギーを搾り取る手。自然に対する、発想というか考え方の違いをまざまざと見るこの切手。たしかに、昨今の資源問題を考えると、受け身になっている場合ではない切迫感はありますが。でも、熱くない?その前に、この手どのくらい大きいの?これも、神の手ですね。

handover / 世代を引き継ぐ手

December 4, 2016

1980Sweden005
1980Sweden004

22 April 1980, Sweden
Care
designer: G. Oddner (1.60K) & S.-E. Delér (1.40K)
engraver: Z. Jakus

Two stamps to show caring minds and also handover of generations.  I have been thinking about change of generations – very personal matter, as well as a part of long human history.  Hands represent one’s wish, to be treated with dignity and supportive mind for growing ones.

Wrinkled hand is depicted warmly by fine intaglio engraving.  Humble, yet strong stamps.

切手タイトルの「Care」はおそらく、介護と保育の両方を指すのだと思います。ここ数日、齢を重ねて生きることや長い人類の歴史の中での世代交替についてあれこれ考えることが多かったのです。ここでは「手」は、尊厳を持って老いることや次の世代を育てることを象徴しているようです。

凹版の彫刻で、精緻にしかも暖かく描かれたしわだらけの手。謙虚で強い切手です。

hand in hand / 手と手をつなぐ

August 19, 2016

1980Canada001

29 May 1980, Canada
Rehabilitation
design: Rolf P. Harder

It took me two and a half months to get round to writing a new post – but I am still interested in stamps with hands.  I am impressed by this endurance of attraction.

This strong design is about hand in hand – simple, and delivers a message for help and coexistence.  This stamp is featured on the cover of a wonderful book called Graphic Stamps, published this June in London.  Hands are in two different metallic colours.

一つ前のポストから一月半が経っているのですが、未だに「手」の切手への興味が続いています。なんという持久力、と自分で感心しているところ。

この切手は、リハビリテーションというテーマを手のモチーフで力強く表現している秀作です。この6月にロンドンの出版社から発表された『Graphic Stamps』という素敵な本の表紙に使われています。手は2色のメタリック。

not the guillotine / ギロチンではなく

April 29, 2015

1988Belgium001

17 December 1988, Belgium
Art of Book Printing
Wooden Press, Metal Typo Stanhope Press and Litho Krause Press
designers: C. Wicht, P. Vouez, J. de Vos and C. Leclercqz

If you don’t know about old print techniques and received this stamp – perhaps you don’t have a clue about what is depicted.

But for people who are making stamps with a team, the development of printing machines is very important.  I like this type of specialised love caused by one’s profession.  Maybe seeing the three together, you can guess what they feature…

この切手がベルギーからある日届いて、描かれているものが何なのか分かる人は少ないと思うのです。

けれど、印刷機の歴史は、その時の技術を動員して切手を作っているチームからするととても重要なことで、それを愛情こめて切手にしているこういうシリーズは、わたしは好きです。3枚並べたら、何なのかわかる、、、かな?

1988Belgium002
1988Belgium003

rainbow Love / ♡な日が近い

February 12, 2015

1984USA005
*exch. 064  ( limited number )

31 January 1984, USA

St. Valentine’s Day is soon.  I know the chocolate shops in Japan are in the busiest time of the year.  Here in East London, where Christians could be a minority group, you can see modest red hearts only in the supermarket check-out area.

I like the font on this stamp and I discovered that it is called ‘Bodoni‘ designed in 1798 by Giambattista Bodoni – a 226 year old font!   It is interesting to learn that the typographer is already a recognised profession in Europe at that time, alongside the rapid development of Letterpress printing since the 15th century.

バレンタインデーが近づいていますね。きっと日本ではチョコレート商戦がピークを迎えていることでしょう。キリスト教徒がたぶん少数派のスタジオ近辺では、coopスーパーのレジ周りだけ、控えめに♡が飛んでいます。

この切手のフォントが好きで由来を調べたところ、「Bodoni」という名前で今から226年前の1798年にジャンバッティスタ・ボドニによってデザインされていました。タイポグラファーという職種はヨーロッパでは活版印刷が広まるとともに育ち、国際的に使われる文字も生まれはじめたのですね。

circus horse / サーカスの馬

December 31, 2014

1987Sweden002

10 October 1987, Sweden
Bicentenary of Circus in Sweden
designer: Eva Jern / engraver: Czesław Słania

The final stamp of the year of the Horse is the work of a master craftsman – a rather unusually colourful Slania.

A brave design – the country name is written around the low circuit handrail, and well, missing the last E – but that seems nothing for them in comparison to a cool design.  It is obvious that Slania is more interested in depicting the horse than the girl on top of it, and also took time on the facial expressions of the audience in the dark.

This is the 28th stamp of horses since this January and I have 70 more…  Let’s wait for 12 years to feature them all!

午年最後の切手は、スラニアの作品では珍しくカラフルなサーカスの馬です。

国の名前が手すりの下に途切れとぎれで、しかも最後のEがないのだけれど、かっこいい切手のためなら国の名前なんて正確でなくてもOK、という鷹揚さが好きです。スラニアの軽妙な線の馬は歯切れよく、背後の暗がりの観客には表情がある。洒脱ながらも根気の仕事ですね。

さて、この1月から始めてこれで28枚目の馬の切手でしたが、数えるとまだ70枚残っていた。12年後を待ちましょう。

 

farm produce & horse / 農作物と馬

January 20, 2014

1983UK004

5 October 1983, United Kingdom
British Fairs / Early Produce Fairs
design: Andrew Restall

Another stamp from UK, depicts horses as a part of a summer farm fair.  They transported vegetables and geese to the farmer’s markets.

And a cat.

イギリスから。夏の農作物マーケットの様子を描いた切手に、野菜やがちょうを運んできた馬たちが描かれています。

あ、猫も。

Hippocampus / 魚の尾をもつ馬

January 9, 2014

1983France005

18 June 1983, France
50th anniversary of Air France
design: C. Andréotto

I thought Unicorn stamp might be in my collection – did not find one, but instead I found Hippocampus – another mythological creature, a horse in its forepart with a coiling fish-shaped hindquarter.

1983France005-2

The Hippocamp was the company logo when Air France was first founded in 1933.  Together with the strips used for the tail assembly, design of this stamp is cool.

ユニコーンもきっとお正月らしいなぁ、、と手持ちの切手を探したのだけど見つからず、かわりに見つけたのがこれです。前半分が馬で後ろ半身がうずまきの魚の尾みたいな、ヒッポカムポス

この伝説上の生物はエールフランス社が創設された当初1933年の会社ロゴだったようです。尾翼に使われたラインと一緒にすっきりまとまった一枚。

snow has melted / 雪がとけて

February 3, 2013

1989UN005-2
1989UN004-2
1989UN002-2

1989 United Nations
‘Mediterranean determines the weather in the Alps’
‘Europe under the influence of the polar air’
‘Typhoon Abby in the North-West Pacific’

The temperature has risen and the snow has melted – so we went to the countryside for a bike ride, then found that a lot of the farmers fields were covered with water, and water is streaming down the roads.  The earth was already saturated with water after a very wet winter, then the melted snow has added to this, causing flooding.  We have been riding in the area for years, but have never seen those roads flooded so badly before.  The amount of water which melting snow produces must be huge, as this picture shows.

A series of stamps from the United Nations – views from satellite cameras, tell us how our climate is affected by other areas of the world.

雪が溶けて太陽がのぞいた先週末。やっと自転車に乗れる!といつもの田園地帯に行ったら、あちこちで畑が水に浸かり、道路に流れ出てたいへんなことになっていました。秋から続いた長雨で地面が水を含んだ飽和状態になっていたところに、溶けた雪が大量の水を足して行き場がなくなったようです。衛星から撮影されたこの写真でも見えるように、雪はイギリス全土を覆い、今は地表を流れています。

国連の発行したこの気象衛星の切手は、ある場所の気候が地球の他の場所で起こることと繋がっていることをはっきり示しています。

telecommunication / 遠距離通信

June 1, 2012

1980 Brazil
15 years of Embratel
design: Gian Calvi

Issued in 1980, this stamp shows six different ways of sending messages to a remote place – I am not sure what the left hand side top image indicates, though…  Middle one on the right hand side is a punch card.  My mother (born 1937) was a forefront key puncher from 1955 in the Mazda car factory.  The recording efficiency has been dramatically improved since!

I like this simple composition and modest colours.

1980年に発行されたこの切手には6通りの遠距離通信が描かれていますが、、、左上の図が何を表しているのか見当がつかないのでした。右列の真ん中はパンチカードです。わたしの母は1955年に、当時の最先端の職業としてマツダ工場のキーパンチャーを務めたのでした。記録メディアはその頃からすると、比べ物にならない進歩を遂げているのですね。

控えめな色味とあか抜けない構成なのに、なぜか惹かれる切手です。

rainbow envelopes / カラフルな封筒

March 26, 2012

1985USA001

1985 USA
Definitive, coiled

Envelopes, colourful.  Strong and nice!  But why the odd figured denomination… 21.1 cents??

カラフルな封筒が強い印象の一枚。でもどうして、21.1セントなんていう半端な額面なのでしょう?

bird & postal code / 鳥と郵便番号(封筒も)

March 25, 2012


1978 Portugal
Postal Code

A bird carrying an envelope – and two stamps together promoting postal codes.  It seems that machine sorting was introduced in many countries during the 1970s.

ポルトガルから – 鳥が封書をくわえて飛ぶおなじみの構図で、しかも郵便番号の普及を呼びかけている切手です。1970年代に、世界の各国で手紙の機械分類が始まったのですね。

five continents / 五大陸

March 3, 2012

1984 Czechoslovakia
Summer Olympic Games in Los Angeles

The five colours of the Rainbow Jersey – Blue, Yellow, Black, Green and Red – are representing five continents.  And yes, I finally realise that they are the same colours to make Olympic symbols, which was designed in 1912.  Now I learnt that each colour represents Europe, Asia, Africa, Oceania and North & South America in that order.

This stamp shows a track race, nearing the finish – the sprinter in front is a little behind the other – but for sure, he will be the winner as the other racer is distracted by the speed of the guy in the Czech national jersey.

マイヨ・アルカンシエルの5色がオリンピックシンボルの5色と一緒だということに、今ごろ気付きました、、。青、黄、黒、緑、赤の五色はその順にヨーロッパ、アジア、アフリカ、オセアニアと南北アメリカを表す、と英語版ウィキペディアにあるけれど、日本語版では「どの色の輪がどの大陸をあらわしているかという意味はない。」と書かれている、不思議。アジアが黄色って!?と抗議する人がいるとも思えないのですが。いるのかな。

この切手はチェコ代表選手がトラック競技のゴールを競っている図柄です。チェコ代表はこの時点で2位に見えるけれど、もう一人の選手があれ?と横を見ているうちに追い抜かして1位になるに違いない、というスピード感が好きです。

Duhový ( rainbow ) / 虹の道

March 1, 2012

1987 Czechoslovakia
Cyclocross World Championship

There is another stamp on the theme of rainbow colours and cyclocross.  This time, intaglio printed Black plus three colours are used – green is made with Yellow and Blue, Light Blue is made by dots of Blue and the Grey… oh, no, looks like Grey, but is Silver.  Two years before their Gentle Revolution, the Post Office had a generous budget for popular sports of the country.

I like these Czechoslovakian intaglio stamps with gravure colours added – simple and free minded drawings.

サイクロクロスとレインボー・カラーの組み合わせでもう一枚。

これは凹版印刷のかりっとした黒い線にオフセットの原色の赤と黄色と青を足して、緑は青と黄色を重ね、グレーは黒のドットで、、、と思いつつよく見ると、自転車と背景の2人はグレーではなくて銀色でした。「ビロード革命」が起こる2年前の1987年、共産党政権に対する不満が高まって選手の表情が暗いのかな?でも郵便局はふんだんに資金を持っていたみたい、、、などと邪推したくなるのですが、チェコスロバキアの白バックの闊達なドローイングの切手はどれも好きです。

saving squirrels / 貯蓄リス

January 31, 2012

1980Sweden001

12 May 1980, Sweden
‘Home’ Rebate stamp
design: M. Gavler

Since December I had this incident twice – I slammed on the brakes when I was almost running over a squirrel, which was tottering across the road.  They were both plump, had well-rounded bottom.  I though that was because we had a mild winter and they came out from hibernation too early – but someone told me that squirrels in London never hibernate, as they can find food all year round.

Well, maybe the squirrels don’t symbolize Savings any more – but those winter squirrels are certainly saving some fat on their body.  Better to watch out for little fluffy animals on the road, not to make them a victim of a traffic accident.

This stamp was in a booklet, which was distributed to all households in Sweden and they were valid for inland postage only, and gave a rebate on the normal cost for postcards and letters up to 100g.  This is why there is no face value.

昨年末からすでに2度、近所を運転中にリスを轢きそうになってあわててブレーキを踏む、という事がありました。暖冬だったから、春になったと思って冬眠から出て来たのかな?と思うような、よたよたとした足取りで道を横切るリス。でも、ロンドン周辺では、いつでも餌があるのでリスは冬眠しないのだそうです。

ちょっと昔の切手に登場するような「貯蓄の象徴」ではなくなっているらしいリスですが、でも、あの2匹のリスは丸まると太っていたから、秋にたくさん食べて脂肪を貯蓄する習性は変わっていないのかも。木立の近くを走る時は、気をつけないといけません。

この切手はブックレットとしてスウェーデンのすべての家庭に配られ、国内の郵便に使うか、またはその対価の払い戻しを受け取ることができたようです。額面が印刷されていないのは、それが理由なのですね。

dragon and lion / 龍とライオン

January 3, 2012

1982 Hong Kong

After a pair of Dragon and Tiger, next one is the Dragon and Lion on both sides of the Queen.

It is obvious that the lion with a crown is the sovereign Britain and the dragon is the symbol of Hong Kong.  Their paws are wide open, eyes are slanted upward and tongues are stuck out – they seem not to be in a peaceful relationship at all.  15 years to go for the transfer of sovereignty over Hong Kong.  Brave postal officers.  Sharrrrrrr.

辰年の切手2枚目は香港から。イギリスからの香港返還の話し合いが1979年に始まった3年後の発行です。

女王の両側に、王冠を戴いたライオンが統治国イギリス、龍が香港を象徴しているのは明らかですが、両者のたたずまいがあまり平和的でない。手足の指はかっと開かれ、口もぐわっと開いて舌が飛び出し、なによりも目が吊り上がって怒っている。両国の緊張状態を、郵便局員がこの小さな普通切手に表現したのでしょうか。勇猛果敢。

camping in the rain / 雨天キャンプ

July 31, 2011

1989Sweden005

17 May 1989, Sweden
Summer Activites
design: R. Eriksson

I am kind of traumatised by my first experience in camping – heavy rain was too loud to sleep, my brand new trainers went totally brown in muddy ground next morning.  It was the last camping memory and I have not gone back to the fields to sleep since.

In recent years it seems I am wanting to go back – I bought a set of stackable wine glasses, enamel mugs and a kettle and even a collapsible coffee dripper.  I cannot resist compactness and devices for mobility.  Well, I have to buy a tent, then.

子供の頃に行ったキャンプで雨に降られ散々な目にあいました。テントを打つ雨音が強くて眠れず、翌朝に新品のスニーカーを泥にとられて靴下までどろどろになった記憶。たぶんこれが理由で、それ以来2度とキャンプをしていないのでした。

ここ数年、どうやらキャンプをしたくなっているようで、気づくといろいろ揃えていました。重ねて小さく収納できるワイングラス、ホーローのやかんとマグカップ、平たくなるコーヒー・ドリッパーまで。こういう機能的でコンパクトに設計されたアイテムに目がないのでした。そうだ、まずテントを買わないと、、。

energy recycling / エネルギーリサイクリング

March 30, 2011

1981Japan002

1 August 1981, Japan
Energy Recycling
design: Hideo Toyomasu ( competition winner )
layout: Yoshiaki Kikuchi

Another stamp in the same set as the previous post, ‘save energy’.  When this stamp was issued, energy recycling did not yet mean ‘renewable’ in Japan, where the mainstream of energy discussion was around building more and more nuclear power plants.

Now, after the tsunami has made the cooling system of the Fukushima power plant disabled, people started to discuss the dangers of having 54 nuclear power plants on the edge of tectonics – and the 300 year long problem of how to keep nuclear waste safe.  I am shocked myself how I did not pay attention to the decommissioning of nuclear power plants, until this large scale distruction. This is going to be a problem all over the world – 531 existing and under construction plus on-going plans of nuclear power plants, if the buildings are not standing there for ever.

昭和51年8月1日発行
省エネルギー
原画:豊増秀男(公募から採用)
レイアウト:菊地吉晃

一つ前に紹介した『省エネルギー』とセットで出された切手です。原子力発電所の建設がどんどん進んでいた1981年、「エネルギー・リサイクリング」はまだ継続可能なエネルギー源のことではなく、発電余熱の有効利用とか、そういう事だったと思います。

地震と津波で福島第一原子力発電所の操業を止めるまで、原発は安全だと言われているけれど本当に?という疑問を持たなかった。今になって、どうやって原子炉を止めるかとか建て屋の放射能汚染がどれくらい残るのか、放射性廃棄物をどう管理するのかなどを知って愕然としています。300年間どこか隔離された場所にしまっておかないといけないような物が、何百万本ものドラム缶に入って、日本のどこかにある。日本だけでなく、世界中の435基の原子炉から同じような廃棄物が出ていて、まだ100基近くが建設中だったり計画されていたりする事実。世界中で、節電しないといけないんだよね、本当は。

save energy / 省エネルギー

March 23, 2011

1981Japan003

1 August 1981, Japan
Energy Saving
design: Sakae Maejima ( competition winner )
layout: Fumito Otani

It is not well broadcast abroad that in most of Tokyo people are having planned power cuts, up to 3.5 hours a day.  Many shops are open with reduced illumination, as well as in stations.  They must have a difficult time, even if they expect the black out they have to build their life around it.  But there are some positive comments on their situation – one found that the stars are so beautiful when the street lamps are out, another thought a restaurant was nice and intimate with a table lamp.

I thought I could find several stamps about Energy Saving, but found only a set of two, which were issued in 1981, just after the second oil crisis.  Since then people forgot to think about it for long time and power plants were built to sustain our wasteful habits.

昭和51年8月1日発行
省エネルギー
原画:前島栄(公募から採用)
レイアウト:大谷文人

首都圏の計画停電でたくさんの人が交通の乱れなどを体験している様子は、ここ英国のメディアでほとんど取り上げられていません。きっと毎日の生活で、細かく不便なことがたくさんあるだろうと思います。そんな中でも「店や駅もこれくらいの明るさで充分、今までがエスカレートしすぎだった」とか「街灯の消えた空にびっくりするほどたくさんの星が見えた」というようなコメントを見かけると、日本はこの困難を抜けた時にきっとより良い場所になる、と思えます。

省エネルギーに関する切手はきっとたくさんあるだろうと思ったら、日本ではこの1981年のセットだけでした。それ以降はバブルに突入し、だれも「ビルの広告明るすぎない?」と言わなくなった。そして、工業を促進して明るい夜を支えるために、発電所が建て続けられた。環境問題への意識が高まったここ数年にも、省エネルギーに関する日本の切手は見つからず。それは正直、驚きでした。