Posts Tagged ‘1980年代切手’

font of the age / 時代とフォント

January 26, 2020

9 September 1983, USA
Century of Federal Civil Service
designer: Kathleen Wilmes

This design uses fonts to reflect the atmosphere of the time – comparing 2 fonts from a century apart.

1983 – Blade Runner was a film from 1982 and although the story was set in 2019 ( yes, we have just passed that ), their ‘future’ font was based on that time.  I revisited the film recently ( RIP for the industrial and film set designer Syd Mead ) and thought the CI on the police car was similar to this 1983 font – well, not too far apart but different.  This lego model has the original logo on its body!

100年の歳月をフォントのデザインの違いで表した、なかなか粋なデザインです。

1983年 – すでに37年前ですが – は、あの衝撃的な映画『ブレードランナー』が公開された翌年。映画の設定だった2019年11月が過去になったというニュースと、シド・ミードの訃報を知って観なおした時に、この切手の1983と、あの空飛ぶパトカーのボディーにあったPoliceロゴが似てない?と思ったのですが、かなり違っていました、、。日本製のプラモデルではいいかげんなフォントですが、レゴのモデルにはオリジナルのフォントが使われています。

construction of letters / フォントの作り方、その2

January 23, 2020

13 July 1982, USA
America’s Libraries
Font design by Geofroy Tory in 1523
stamp design: Bradbury Thompson

“A” on this stamp looks similar to the font on my previous post, but the construction lines are slightly different. I wonder what those six different circles are doing for “C”?

There is an archive of the Bulletin about this stamp, tells us the French typographer and his student who cut the letter for printing.  I thank them for building and keeping this archive – at the Smithsonian National Postal Museum!

この切手の「A」は一つ前の切手のフォントと似ていますが、補助線の入り方が少し違って、それが微妙な差を生み出しています。見た目にはとてもシンプルな「C」が、中心の違う6つの円で構成されているのか、、とじっくり眺めました。

切手発行当時のプレスリリースがアーカイブ化されたものがあって、フォントは1523年のフランス人の手になるもの、切手のデザイナーは書体の歴史の本の著者とわかりました。このアーカイブをこつこつと作って維持している、スミソニアン郵便局博物館の方たちに心より感謝します。

 

construction of letter A / フォントの作り方

January 21, 2020

1 October 1982, Norway
Centenary of Graphical Union of Norway
design: L. F. Anisdahl

Since the innovation of letter press by Gutenberg in 15th century, font design has developed and reflected its time.  A is a nice one to begin with and the test comes later if you can keep those construction lines coherent throughout, or not.

グーテンベルグの発明した凸版印刷機で出版物がぐんと増えた15世紀以来、さまざまなフォントが登場しました。グラフィックデザイナーなら一度は試したことがあると思いますが、こんな感じの補助線を使って、Aからはじめた文字の印象をどれくらい統一できるかが、フォントエザインでは重要だと思われます。

icosahedron and Euler’s formula / 正二十面体とオイラーの多面体公式

September 19, 2018

6 September 1983, German Democratic Republic
Death Bicentenary of Leonhard Euler
design: A. Bengs

The out-line geometry is Icosahedron and the formula is thought by Euler on the right.  The formula is “v (vertices) – e (edges) + f (faces) = 2” in English.  Some people think this is very beautiful formula – well, for me as non-mathematician, polyhedra as three-dimensional objects are more attractive.

左に描かれている立体は正二十面体で、真ん中に「オイラーの多面体公式」があり、右がそのオイラー本人です。この公式は、( 頂点の数 )- (辺の数 )+ (面の数) = 2 というもので「世界で二番目に美しい数式」という本が上梓されていますが、、、数学者ではないわたしにとっては、立体の多面体のほうがよほど魅力的に映ります。

Impossible object 3 / 不可能図形 3

August 22, 2018

16 February 1982, Sweden
“Impossible Object”
designer: Oscar Reutersvärd
engraver: Czesław Słania

The third stamp designed by Oscar Reutersvärd.  This one is also, is not possible to exist in the three-dimensional world.  A visual trick of perspective in a subtle and somehow gentle way – I like it!

オスカー・ロイテスバルトのデザインした切手の3枚めも、遠近感が入れ違っているヴィジュアルのトリックで、、、静かにそっとだましている感じがとても好きです。

Impossible object 2 / 不可能図形 2

August 8, 2018

16 February 1982, Sweden
“Impossible Object”
designer: Oscar Reutersvärd
engraver: Czesław Słania

The second stamp designed by Oscar Reutersvärd.  Again, not possible to exist in the three-dimensional world, thus called Impossible Object.

オスカー・ロイテスバルトのデザインした切手の2枚めも、奥行きの見え方を逆手に取ったヴィジュアルのトリックで、実際の三次元世界には存在が不可能な立体です。

Impossible object / 不可能図形

July 19, 2018

16 February 1982, Sweden
“Impossible Triangle”
designer: Oscar Reutersvärd
engraver: Czesław Słania

Nine cubes are floating in the air – and if you look closely, you notice that this is an “impossible object“.  Oscar Reutersvärd is an artist who started to draw these figures earlier than Escher, in the 1930s when he was still 18 years old – and he made a lot.  It seems this stamp was designed by him, and engraved by Slania.  What a gorgeous collaboration yet humble looking – a stamp treasure!

立方体が9個宙に浮いているこの図。よく見るとあぁぁ、と立ちくらみのような不思議な感覚を呼び起こすこの「不可能図形」は、エッシャーよりも早い1930年代に、まだ十代のころからたくさんの不可能図形を描いたアーティスト、オスカー・ロイテスバルトの作品です。どうやら切手のデザインも本人ですね?しかもスラニアが凹版を彫っている、地味に見えて実は豪華な一色刷りの切手。お宝です。

saving hand / 貯める手

February 18, 2017

1981Israel002

1981 Israel
Energy Conservation

The light bulb is a symbol of energy and pink hand stocks saving.  Strong colours and bold lines to express – but without words, not telling me the intention of design straight away.  Does it tell to you?

電球はエネルギー資源の象徴で、ピンクの手がそこにエネルギーを貯めている、、、インパクトのある色と図柄で、ぱっと目に留まるデザインではありますが、「エネルギーの保護」と書き足されているコンセプトに沿ったデザインか?と問うと、、謎です。

hand squeezes sun / 太陽をしぼる手

February 8, 2017

1981Israel001

1981 Israel
Solar Energy

A hand is squeezing solar energy from the sun.  With my Eastern origin, this concept is rather difficult to understand.  But this stamp shows me an active attitude towards the energy problem – we need a big hand to squeeze the sun to use its benefits to the last drop.  But how big should this hand be?  Well, the size of the hand of God!

太陽からエネルギーを搾り取る手。自然に対する、発想というか考え方の違いをまざまざと見るこの切手。たしかに、昨今の資源問題を考えると、受け身になっている場合ではない切迫感はありますが。でも、熱くない?その前に、この手どのくらい大きいの?これも、神の手ですね。

hand in hand / 手と手をつなぐ

August 19, 2016

1980Canada001

29 May 1980, Canada
Rehabilitation
design: Rolf P. Harder

It took me two and a half months to get round to writing a new post – but I am still interested in stamps with hands.  I am impressed by this endurance of attraction.

This strong design is about hand in hand – simple, and delivers a message for help and coexistence.  This stamp is featured on the cover of a wonderful book called Graphic Stamps, published this June in London.  Hands are in two different metallic colours.

一つ前のポストから一月半が経っているのですが、未だに「手」の切手への興味が続いています。なんという持久力、と自分で感心しているところ。

この切手は、リハビリテーションというテーマを手のモチーフで力強く表現している秀作です。この6月にロンドンの出版社から発表された『Graphic Stamps』という素敵な本の表紙に使われています。手は2色のメタリック。

not the guillotine / ギロチンではなく

April 29, 2015

1988Belgium001

17 December 1988, Belgium
Art of Book Printing
Wooden Press, Metal Typo Stanhope Press and Litho Krause Press
designers: C. Wicht, P. Vouez, J. de Vos
engraver: Charles Leclercqz

If you don’t know about old print techniques and received this stamp – perhaps you don’t have a clue about what is depicted.

But for people who are making stamps with a team, the development of printing machines is very important.  I like this type of specialised love caused by one’s profession.  Maybe seeing the three together, you can guess what they feature…

この切手がベルギーからある日届いて、描かれているものが何なのか分かる人は少ないと思うのです。

けれど、印刷機の歴史は、その時の技術を動員して切手を作っているチームからするととても重要なことで、それを愛情こめて切手にしているこういうシリーズは、わたしは好きです。3枚並べたら、何なのかわかる、、、かな?

1988Belgium002
1988Belgium003

rainbow Love / ♡な日が近い

February 12, 2015

1984USA005
*exch. 064  ( limited number )

31 January 1984, USA

St. Valentine’s Day is soon.  I know the chocolate shops in Japan are in the busiest time of the year.  Here in East London, where Christians could be a minority group, you can see modest red hearts only in the supermarket check-out area.

I like the font on this stamp and I discovered that it is called ‘Bodoni‘ designed in 1798 by Giambattista Bodoni – a 226 year old font!   It is interesting to learn that the typographer is already a recognised profession in Europe at that time, alongside the rapid development of Letterpress printing since the 15th century.

バレンタインデーが近づいていますね。きっと日本ではチョコレート商戦がピークを迎えていることでしょう。キリスト教徒がたぶん少数派のスタジオ近辺では、coopスーパーのレジ周りだけ、控えめに♡が飛んでいます。

この切手のフォントが好きで由来を調べたところ、「Bodoni」という名前で今から226年前の1798年にジャンバッティスタ・ボドニによってデザインされていました。タイポグラファーという職種はヨーロッパでは活版印刷が広まるとともに育ち、国際的に使われる文字も生まれはじめたのですね。

circus horse / サーカスの馬

December 31, 2014

1987Sweden002

10 October 1987, Sweden
Bicentenary of Circus in Sweden
designer: Eva Jern / engraver: Czesław Słania

The final stamp of the year of the Horse is the work of a master craftsman – a rather unusually colourful Slania.

A brave design – the country name is written around the low circuit handrail, and well, missing the last E – but that seems nothing for them in comparison to a cool design.  It is obvious that Slania is more interested in depicting the horse than the girl on top of it, and also took time on the facial expressions of the audience in the dark.

This is the 28th stamp of horses since this January and I have 70 more…  Let’s wait for 12 years to feature them all!

午年最後の切手は、スラニアの作品では珍しくカラフルなサーカスの馬です。

国の名前が手すりの下に途切れとぎれで、しかも最後のEがないのだけれど、かっこいい切手のためなら国の名前なんて正確でなくてもOK、という鷹揚さが好きです。スラニアの軽妙な線の馬は歯切れよく、背後の暗がりの観客には表情がある。洒脱ながらも根気の仕事ですね。

さて、この1月から始めてこれで28枚目の馬の切手でしたが、数えるとまだ70枚残っていた。12年後を待ちましょう。

 

farm produce & horse / 農作物と馬

January 20, 2014

5 October 1983, United Kingdom
British Fairs / Early Produce Fairs
design: Andrew Restall

Another stamp from UK, depicts horses as a part of a summer farm fair.  They transported vegetables and geese to the farmer’s markets.

And a cat.

イギリスから。夏の農作物マーケットの様子を描いた切手に、野菜やがちょうを運んできた馬たちが描かれています。

あ、猫も。

Hippocampus / 魚の尾をもつ馬

January 9, 2014

1983France005

18 June 1983, France
50th anniversary of Air France
design: C. Andréotto

I thought Unicorn stamp might be in my collection – did not find one, but instead I found Hippocampus – another mythological creature, a horse in its forepart with a coiling fish-shaped hindquarter.

1983France005-2

The Hippocamp was the company logo when Air France was first founded in 1933.  Together with the strips used for the tail assembly, design of this stamp is cool.

ユニコーンもきっとお正月らしいなぁ、、と手持ちの切手を探したのだけど見つからず、かわりに見つけたのがこれです。前半分が馬で後ろ半身がうずまきの魚の尾みたいな、ヒッポカムポス

この伝説上の生物はエールフランス社が創設された当初1933年の会社ロゴだったようです。尾翼に使われたラインと一緒にすっきりまとまった一枚。

snow has melted / 雪がとけて

February 3, 2013

1989UN005-2
1989UN004-2
1989UN002-2

1989 United Nations
‘Mediterranean determines the weather in the Alps’
‘Europe under the influence of the polar air’
‘Typhoon Abby in the North-West Pacific’

The temperature has risen and the snow has melted – so we went to the countryside for a bike ride, then found that a lot of the farmers fields were covered with water, and water is streaming down the roads.  The earth was already saturated with water after a very wet winter, then the melted snow has added to this, causing flooding.  We have been riding in the area for years, but have never seen those roads flooded so badly before.  The amount of water which melting snow produces must be huge, as this picture shows.

A series of stamps from the United Nations – views from satellite cameras, tell us how our climate is affected by other areas of the world.

雪が溶けて太陽がのぞいた先週末。やっと自転車に乗れる!といつもの田園地帯に行ったら、あちこちで畑が水に浸かり、道路に流れ出てたいへんなことになっていました。秋から続いた長雨で地面が水を含んだ飽和状態になっていたところに、溶けた雪が大量の水を足して行き場がなくなったようです。衛星から撮影されたこの写真でも見えるように、雪はイギリス全土を覆い、今は地表を流れています。

国連の発行したこの気象衛星の切手は、ある場所の気候が地球の他の場所で起こることと繋がっていることをはっきり示しています。

telecommunication / 遠距離通信

June 1, 2012

1980 Brazil
15 years of Embratel
design: Gian Calvi

Issued in 1980, this stamp shows six different ways of sending messages to a remote place – I am not sure what the left hand side top image indicates, though…  Middle one on the right hand side is a punch card.  My mother (born 1937) was a forefront key puncher from 1955 in the Mazda car factory.  The recording efficiency has been dramatically improved since!

I like this simple composition and modest colours.

1980年に発行されたこの切手には6通りの遠距離通信が描かれていますが、、、左上の図が何を表しているのか見当がつかないのでした。右列の真ん中はパンチカードです。わたしの母は1955年に、当時の最先端の職業としてマツダ工場のキーパンチャーを務めたのでした。記録メディアはその頃からすると、比べ物にならない進歩を遂げているのですね。

控えめな色味とあか抜けない構成なのに、なぜか惹かれる切手です。

bird & postal code / 鳥と郵便番号(封筒も)

March 25, 2012


1978 Portugal
Postal Code

A bird carrying an envelope – and two stamps together promoting postal codes.  It seems that machine sorting was introduced in many countries during the 1970s.

ポルトガルから – 鳥が封書をくわえて飛ぶおなじみの構図で、しかも郵便番号の普及を呼びかけている切手です。1970年代に、世界の各国で手紙の機械分類が始まったのですね。

five continents / 五大陸

March 3, 2012

1984 Czechoslovakia
Summer Olympic Games in Los Angeles

The five colours of the Rainbow Jersey – Blue, Yellow, Black, Green and Red – are representing five continents.  And yes, I finally realise that they are the same colours to make Olympic symbols, which was designed in 1912.  Now I learnt that each colour represents Europe, Asia, Africa, Oceania and North & South America in that order.

This stamp shows a track race, nearing the finish – the sprinter in front is a little behind the other – but for sure, he will be the winner as the other racer is distracted by the speed of the guy in the Czech national jersey.

マイヨ・アルカンシエルの5色がオリンピックシンボルの5色と一緒だということに、今ごろ気付きました、、。青、黄、黒、緑、赤の五色はその順にヨーロッパ、アジア、アフリカ、オセアニアと南北アメリカを表す、と英語版ウィキペディアにあるけれど、日本語版では「どの色の輪がどの大陸をあらわしているかという意味はない。」と書かれている、不思議。アジアが黄色って!?と抗議する人がいるとも思えないのですが。いるのかな。

この切手はチェコ代表選手がトラック競技のゴールを競っている図柄です。チェコ代表はこの時点で2位に見えるけれど、もう一人の選手があれ?と横を見ているうちに追い抜かして1位になるに違いない、というスピード感が好きです。

Duhový ( rainbow ) / 虹の道

March 1, 2012

1987 Czechoslovakia
Cyclocross World Championship

There is another stamp on the theme of rainbow colours and cyclocross.  This time, intaglio printed Black plus three colours are used – green is made with Yellow and Blue, Light Blue is made by dots of Blue and the Grey… oh, no, looks like Grey, but is Silver.  Two years before their Gentle Revolution, the Post Office had a generous budget for popular sports of the country.

I like these Czechoslovakian intaglio stamps with gravure colours added – simple and free minded drawings.

サイクロクロスとレインボー・カラーの組み合わせでもう一枚。

これは凹版印刷のかりっとした黒い線にオフセットの原色の赤と黄色と青を足して、緑は青と黄色を重ね、グレーは黒のドットで、、、と思いつつよく見ると、自転車と背景の2人はグレーではなくて銀色でした。「ビロード革命」が起こる2年前の1987年、共産党政権に対する不満が高まって選手の表情が暗いのかな?でも郵便局はふんだんに資金を持っていたみたい、、、などと邪推したくなるのですが、チェコスロバキアの白バックの闊達なドローイングの切手はどれも好きです。