Posts Tagged ‘1970’s stamp’

rotating Cube / 60度傾く立方体(正六面体)

July 15, 2018

10 November 1970, Netherlands
“Children’s Stamp”
design: William Graatsma & Jan Slothouber

A different colour variation of Cube stamp – well, just being rotated 60 degrees.  I wonder why, but somehow it does not look like a three dimensional Cube, seems more like a 2 dimensional graphic for me.

ひとつ前の切手の色違いで、60度回転した図柄です。ただ左に(黄色を光の当たっている面とした場合)1/6回転しただけなのに、なぜか立方体としての立体感がなく、平面的な図形に見えます。なぜでしょうね?

floating Cube / 宙に浮く立方体(正六面体)

July 5, 2018

10 November 1970, Netherlands
“Children’s Stamp”
design: William Graatsma & Jan Slothouber

Slothouber and Graatsma were a design/architectural unit which formed the Centre for Cubic Constructions (CCC) in Heerlen and made a Dutch presentation at the Venice Biennial in 1970.  Their creations were always related to cubes – thus their retrospective exhibition was named Cubics.  More images from the show and the set of stamps are shown in this link.

One of my best favourite stamps of all time and I wonder why I have not featured it in this blog until now!

切手のデザイナーは建築とデザインのユニットで、ヴェネツィア・ビエンナーレのオランダ館をこの切手の発行年に担当しています。彼らの創作にはいつも立方体が関係していて、回顧展のタイトルも『立方体』でした。この展示の画像アーカイブにはこの切手を含むセットも掲載されています。

かなり以前から持っていて大好きな切手なのに、どうして今までここで紹介していなかったのかは、、、謎です。

Cube (hexahedron) on a mountain / 山の上の正六面体

July 1, 2018

1978, Luxembourg
175th Anniversary of Grand Lodge
designer: Raymon Mehlen / engraver: Wolfgang Seidel

A huuuuge Cube/regular hexahedron is sitting on top of a mountain… It seems that this stamp is celebrating the anniversary of Freemasonry and I only guess that the Cube has some iconic meaning to them.  Ornamental typography is in similar style to this book cover, says ‘Pioneer of graphic art’.

巨大な正六面体が山の上に鎮座している図、、、フリーメイソンのルクセンブルク支部の記念祭を祝っているらしいこの切手から、正六面体が何かの象徴であることが想像できます。装飾的なタイポグラフィは、写真家でもあったこの切手のデザイナーの本に使われたものと似ています。

great stellated dodecahedron or? / 大星型十二面体それとも?

May 28, 2018

9 November 1973, Germany
‘Christmas’

One more stamp from the same Christmas season, which I had already posted in 2011.  At that time I just thought it is a beautiful stamp – now I notice that this looks very much alike to a Great stellated dodecahedron.  But it is another 2D illusion and still I love it – crisp intaglio print with 70’s colours.

ドイツのクリスマス切手をもう一枚。実は約7年前に一度アップしています。あの時はただ綺麗!と思った。今は、大星型十二面体?、、ん〜、でもよく見ると、これも多面に似せた実在しない立体のイラストです。それでも、カッリッカリの凹版と70年代な色の組み合わせ、大好きです。

stellated dodecahedron or? / 小星型十二面体それとも?

May 14, 2018

9 November 1973, Germany-Berlin
‘Christmas’

My head is traveling in the world of polyhedra these days – this is one of the reasons why I did not update this blog.  Now, as I found several polyhedral postal stamps I am very keen to introduce them to my audience.

When I saw this stamp, I thought “Wow! is this a stellated dodecahedron? – so cool!!”  Then I realised that the stamp designer did not make proper research.  Well, there was no google search in 1973, and not many geometry or maths books carried a correct image of it.  This could be a Small stellated Dodecahedron – but, they are made with pentagonal pyramids and not hexagonal.  If you look at this stamp closely, you will notice that this is a 2D illusion and not an existing polyhedron.  How did the German authorities let this incorrect depiction get past?  Well – this was for Christmas, and I love it still.

ここ数ヶ月、多面体の世界に没頭しています。それで切手のブログも更新していなかったのですが、、、やっぱり持っていました多面体の切手。という訳で、紹介していきます。

この切手を見た時は「お〜!やっぱりあるよね、多面体切手。これは、、、小星型十二面体?」とわくわくしたのですが、よーく見てみると、何かヘン。グーグル画像検索のなかった1973年ですから、ケプラーの末裔ドイツ人デザイナーでも正しい画像の載った本を探すのに苦労したのか。よく見ると、六角錐で構成されたこの星型多面体は、確認されている多面体のどれとも違う、平面上での「まぼろし」に属するのです。ドイツの国営郵便が、どーしてこのなんちゃって多面体でOKとしたのか?まぁ、クリスマスの飾りだったのだし、間違っていてもわたしは大好きですが、、。

upward arrows / 上むき矢印

November 29, 2017

1974, Turkey
3rd year of 5 years Kalkinma Plani

I could not find what the Kalkinma Plani was – just guessing it is about industrial or agricultural productivity, having a high target to achieve.  Very 1970s – the mood, composition and the colour.

ネットの辞書ではトルコ語の「Kalkinma Plani」が何なのか分からなかったのですが、デザインから読み解くと、これは生産性を上げよう!という国家のスローガンではないかと思われます。デザインや雰囲気、使われている色まで、とても70年代な切手です。

TV and arrows / テレビと矢印

July 30, 2017

1974 Brazil
tribute to Assis Chateaubriand
design: Aluisio Carvao

A stamp dedicated to the founder of the first television network in Brazil, called Rede Tupi.  Dual directional arrows emerge in characteristic TV lines – well, we don’t have these lines on the digital TV anymore…

ブラジルに最初のTVネットワークを作ったアーシス・シャトブリオンを記念する切手。ブラジルのメディア王で、美術のパトロンであり、政治家にもなった人物です。双方向に走る矢印が、ひと昔前までのテレビ独特の平行線(懐かしいのは、なぜ?)に浮き出ている、クールなデザイン。

concentric and arrows / 同心円と矢印

July 8, 2017

1974 Brazil
tribute to Edgar Roquette-Pinto
design: Aluisio Carvao

A stamp dedicated to the founder of the first radio station in Brazil, called Radio Society of Rio de Janeiro.  Cool design of radio waves from a tower – a bit psychedelic yet well controlled.

ブラジルに最初のラジオ放送局を作ったロケッテ-ピントを記念する切手。ラジオ局長は、もともと医者で、のちに民俗学者になった人のようです。70年代のちょっとサイケな色使いが、電波の飛ぶ様子をクールに抽象化しています。

concentric circles / 電波・同心円

April 23, 2017

1976, Ireland
50 years of Irish Radio
design: Graham Shepherd & Al O’Donnell

Another way of showing the invisible phenomenon of radio waves – a set of concentric circles.  Often the waves are dispatched from a radio tower ( yes, in this case of an Italian, 1947 ) and in this Irish stamp, there is an earth in the centre to tell us that their broadcast is connected to the world.

電波が飛んでいく、見えない現象を描く手法でよく使われるのが、ラジオ塔から飛び立つ同心円の線(1947年のイタリア切手も)。このアイルランドの切手では、同心円の中心に地球が描かれ「発信元は世界とつながっている」表現ですね。

この切手からRCサクセションの『トランジスタ・ラジオ』を思い出し、びっくりするくらい歌詞を覚えていて、今も耳から離れません。『ベイエリアから / リバプールから / このアンテナがキャッチするナンバー』と清志郎(あぁ、すてきなしゃがれ声だったなぁ。追悼)が歌ったのが1980年、この切手の4年後でした。

radio waves / 電波

April 12, 2017

1976, Ireland
50 years of Irish Radio

When you depict something which you normally don’t see, you have to analyse the phenomenon and embody it.  In this case, arcs from one place to another show that some voice or information has gone through the air and is being received.

This simple and clean design tells us that remote communications are flying in the blue sky over the green earth.

目に見えないことがらを描く時、まずその事象を分析してそこに何らかの形を与える必要があります。この切手の場合は、1本の直線と3本の弧で、ある場所から発信された電波が別の地点で受け取られたことを明快に図象化しています。

濃緑の大地を離れて青空を進み受信される電波。シンプルながら、どこかお国がらが見えるデザインです。

Handshake / 握手

September 25, 2016

1979Netherlands006

23 January 1979, Netherlands
Union of Utrecht
Design: Gerrit Noordzij

A handshake – the most symbolic expression of friendship.  But here in this stamp, seven arrows are together – is it friendly or not..?  I searched and read wikipedia – it was a union to fight a war against Spain together, 400 years before the year of issue.

Although multi coloured stamps were the mainstream in the Netherlands in late 1970s, this is a simple and rare intaglio print, and I like it.

握手、、友情と団結、または仲直りのシンボル。でもこの握手は、7本の矢を一緒に握っている( or 後ろで束ねられている)ユトレヒト同盟の図柄です。これって仲良しなのか、どうなのか?ググってわかりました、400年前にスペインと戦うために7つの州が握手した、軍事同盟だったのですね。

マルチカラーが多かった1970年代後半のオランダ切手としては稀な、シンプルな凹版印刷。地味だけど好きです。

blood donor & hand / 献血と手

June 5, 2016

1971Monaco001

6 September 1971, Monaco
7th International Blood Donors Federation Congress
designer: B. Minneengraver: Pierre Gandon

A hand holds wishes of help and support – from the blood donor. An appealing design with the emblem of the congress and Monaco’s ‘Fusilly’ heraldry pattern on the sleeve.

手がどーんと中心にあるこの切手は、献血をひろめる大会のエンブレムを持っています。人の手で伝えることの重要性をうったえ、袖の模様でモナコ公国が国を挙げて支援することを宣言しているのでした。

Heart and hand / ハートと腕

March 26, 2016

1973Uruguay001-2

Uruguay 1973
Pan-American Federation of blood donation

Another example for encouraging blood donation – this time, a hand is used as symbol to give a gift, which is the heart as extended life, and the arm shows the position for blood donation.  It has strong composition and looks good, despite using only two colours.

この一枚はウルグアイから、献血を呼びかける切手です。ハートは贈り物となる生命を象徴し、手はをれを必要な人に渡す意思、腕と血管で輸血をする様子をそれぞれ描いているわけですが、2色しか使っていないのにクールな構成です。

representational / 具象表現

March 8, 2016

1972Pakistan001

1972 Pakistan

I featured a stamp on the heart in the previous post and now this one is encouraging blood donation, from the same year.

This stamp is not particularly cool or well designed, but strong.  This aspect of appealing is one of the desired characters of stamp design, I assume.

一つ前のポストでは心臓の切手を紹介し、これは同じ年の献血を呼びかける切手です。

ずばり具象で、デザイン構成として特にかっこ良いわけではないけれど、強い。こういう存在の強さも切手に求められていることだろうと思います。単純明快な表現と、色のチョイスでしょうか?

heart and health / 心臓と健康

February 22, 2016

1972Japan002
*exch. 069  ( one mint only )

15 April 1972, Japan
Heart Ailment Prevention Campaign
design: Katsutoshi Hioki

From the same international campaign as the Irish stamp in my last post, this is delivering the message of awareness of heart disease.

Printed in only three colours – grey, orange-red and black – still appealing graphically, but it would be better without the small body builder!  I would imagine that there was a version without the human silhouette in the designer’s sketch, but in a meeting this version was chosen as the artistic ability of their audience was evaluated low.  The designer, who also designed my favourite stamp from the same year, knew about the graphic trend of the world and thought he must have done something as polished as the Irish example.

昭和47年4月15日発行
心臓病予防運動
デザイン:日置勝駿

前回アップした「心臓病を予防する国際キャンペーン」の日本からの発行です。

グレーと朱色と黒の三色で刷られ、廉価ながらも印刷色の重なりが効果的な印象の強い切手ですが、左下の白抜きのヒトがないほうが、より良かったのに、、とかなり残念。デザイナーのスケッチには人体のないバージョンもあって、けれども図柄が決定される時に、メッセージを受け取る対象としての購買者のデザイン的成熟が低く評価された結果なのでは?と想像をたくましくするのでした。同年に出ている「ナンバー君」が封筒から出ているのをデザインしたこのデザイナーは、おそらく世界的な切手デザインの傾向などにも精通していたはずです。

ちなみに日本ではこの「キャンペーンの内容を図柄でわかりやすく(グラフィック・アートとしては稚拙に)表現する」手法は1990年代中ごろまで続き、時代遅れな印象の切手がたくさん見つかります。そんな中では、シンプルな70年代の切手は好ましく思えます。

discovered Lithography / リトグラフィーが発見される

March 12, 2015

1972Germany001

14 April 1972, Germany
175 years of flat-surface printing

About 220 years after Letterpress printing, an actor and playwright Alois Senefelder found the method of Lithography by chance (!) – and developed it into a commercial printing technique. This stamp is celebrating that history with a detailed picture of his printing machine printed using the amazing quality of the Lithographic process.

I am always learning something new through stamps…

時代は活版印刷の始まりから220年ほど下り、ドイツの俳優で脚本家でもあったアロイス・ゼネフェルダーという人が、リトグラフ(石版画)の原理を偶然(!?)発見し、楽譜の出版を手がけていた会社と共同で、その技法を実用できる印刷技術にしたのだそうです。この切手はその発見と応用を記念した切手で、当時の印刷機の様子が精緻なリトグラフ印刷で描かれています。

切手がいろいろ教えてくれます、、、。

propagation of print / 技術は伝播する

March 5, 2015

1976UK008

29 September 1976, UK
500th Anniversary of British Printing
designer: Richard Gay ( winner of the stamp design competition )

Only 20 years after the Gutenberg Bible, already in England the new technology of letterpress printing had been developed and large numbers of publications were produced.

These stamps with letters from that time and a picture of a printing workshop are showing British printer William Caxton’s works.  He was the first English publisher that produced commercial books.  His printer’s device is quite beautiful.

1976UK010

グーテンベルグが考案した活版印刷を使って『グーテンベルク聖書』と呼ばれる聖書を印刷してから20年のちに、すでにイギリスで印刷と出版を手がける人が手できていました。情報のつまった「本」という存在が、多くの人を魅了したのですね。

この2枚の切手はイギリスで出版業の先駆けとなったウィリアム・カクストンの仕事と、印刷所の様子を伝えています。この切手の発行当日の記念消印にも使われた彼の印刷物の紋章は、古風で美しい文字と模様の構成です。

irreplaceable / かけがえのない

January 15, 2015

1971Uruguay001

1971 Uruguay
Natural Woolen – Irreplaceable

The rear half of a sheep is a roll of woolen fabric… I tried to find out about sheep in Uruguay, but could not find if they were the original species or if Europeans brought them to South America.  In either case, the farming of sheep was an important industry in 1971.

羊のうしろ半分がウールの反物になっているウルグアイの切手です。「天然の羊毛ーかけがえのない」と印刷されているように、1971年の時点では大切な産業だったのですね。もともと南アメリカに羊がいたのか、スペイン人が持ち込んだのか?と思って読んでみたけれど、ウィキペディアでは見つかりませんでした。

year of the sheep / 未年おめでとうございます

January 1, 2015

1979Faroe Islands001

19 March 1979, Faröe Islands
Ram
engraver: Czesław Słania / printed in Helsinki

Are you having a relaxed holiday?  I wish you have a fresh and prosperous new year in 2015.  In the Eastern calender, 2015 is the year of the Sheep.  In some country the sheep year starts from the lunar new year, but in Japan it starts today.

This stamp is a treasure – one of the great masterpieces by a master craftsman.  Please do enjoy the magnified view below, different textures of fleece and transparency of the eyes.

1979Faroe Islands001-2

新年あけましておめでとうございます。

のんびりしたお正月を過ごされていますか?羊のことを、年の名前の時だけなぜ「未」と書く?英語では生きてたらsheep、肉ならramと呼ぶけれど(注:大まちがいでした!正しくはlamb、しかも子羊の肉です。なんて日本人的な間違い、、)、図録にある「Ram」はどうして?(注:去勢されていない雄羊のことでした)などと思いながら、新年です。

この迫力の切手は巨匠スラニアの技術の結晶のような、わたしの宝ものです。毛質の違いや瞳の透明感など、奥行きのある彫刻作品を拡大で楽しんでください。

Merry Christmas! / メリークリスマス

December 24, 2014

1978Uruguay001

1978 Uruguay
Christmas
design: F. Alvarez Cozzi

After all greetings ( received only ) and tidy up of the year, finally I am in a mood of holidays/resting.  I have just got a new music book of baroque for Ukulele  – now I am thinking of design for the new year’s greeting message.

This Christmas stamp from Uruguay has refined style and peaceful atmosphere – but this stamp was released when the current president José Mujica, known for his criticism against rich politicians, was imprisoned by the Right wing police state.

クリスマスの挨拶を横目に見ながらいろいろ片付け、ようやく冬の休暇の気分の今日、ウクレレで弾くバロック音楽の楽譜が届きました。新しい曲を練習しながら、新年のあいさつに付ける図案を考え中。すてきなクリスマスを!

このウルグアイの切手は流麗なイラストとほんわかした雰囲気が好きですが、実はこの切手が発行された頃は「異常な警察国家」体制が敷かれていて、「金持ちは政治家になってはいけない」という実に的を得た消費社会への批評で知られる現大統領のホセ・ムヒカ氏は獄中でした。