Posts Tagged ‘1970’s stamp’

not to eat

March 7, 2021

食べない、という選択

1974, India
International Diary Congress

Historically, Oxen and cattle are holy animals for Indians who follow Hinduism, so they don’t eat beef. As a result, the cattle in this stamp are proud producers of milk if people pay respect, knowing they will not be eaten.

On the contrary, the Jewish law of diet says that they must not eat any mammals which not to ruminate. Some people think mammals are too intelligent to eat, and choose to be vegetarian or vegan. And the last and the latest group of people are now choosing to eat less beef than before, because the carbon footprint of keeping them is really high.

ビーフカレーはインドには存在しない、という事実は、わたしはロンドンのインド料理店でメニューを見るまで知りませんでした。ヒンドゥー教徒にとって牛は聖なる存在で、尊敬をもって扱われる。この切手の牛も食べられないことを知っている顔つきです。

たとえばユダヤ教のきまりでは「反芻しない動物は食べてはいけない」とあって、だから豚は食べないけれど牛はOK。反対に、ポール・マッカートニーのように、牛の家族愛を見てステーキを食べられなくなり菜食主義になった人や、知性の高い動物は食べないと決めた人もたくさんいます。そして今、ビーフを食べることで環境に与える影響が膨大なことを知って、以前よりも少ない量の肉を摂る人が、どんどん増えています。

Rumination

March 6, 2021

反芻する、ということ

1977, Bophuthatswana ( South Africa )

Rumination is the great skill to eat tough grass and leaves, which many animals gained through loooong time of evolution. This clip shows how an Impala does it. A chunk of food moves up and down its neck, being chewed. Food is fermented in their stomach by bacteria, then their guts get the nutrients. Methane is produced in these processes.

This Ox on a Bophuthatswana stamp has serious face, but has to move its jaw almost all the time – up to 12 hours a day! That fact gives me a different impression of this stern face.

Through this stamp, I learnt about the history of Apartheid – The “Homeland” policy ended in 1994 finally.

反芻というバクテリアと酵素に助けられた消化のシステムは、硬い草や木の葉から必要なエネルギーを作り出すために、長い進化の月日を重ねて動物たちが体内に獲得したものです。この短いムービーで、のどもとを下ったり上ったりする食べものの塊と、それをずーっと咀嚼している忙しいガゼルの口元が見えます。メタンは、この消化システムの中で発生します。

このボプタツワナ(南アフリカの一部)の水牛も、同じようにいつも(1日に12時間も!)下顎を動かしていることを想像すると、コワモテな印象がずいぶん和らぐのでした。

この切手を通して、ごく最近まであの手この手で既得権益を守ろうとした白人と、南アフリカの人種隔離政策のダークな歴史も学びました。

frowning / 眉間にシワ

October 11, 2020

11 December 1971, Belgium
Solidarity – Insects: Wasp / Polistes gallicus
design: Marc Séverin / JMalvaux

This is a similar wasp ( this exact one seems not to occur in the UK ) to the one which stung me about a month ago. Scary dotted eyes and frowning face, but their real threat is their needle/sting which is not depicted.

Wasps seem a bit drowsy in autumn, as their main source of food, liquid produced by their larva is short – that’s why they come to your beer or juice on pub benches – I learnt many things through a painful experience!

これ!ひと月前にわたしの左目の下を刺したのは、このスズメバチの仲間でした。眉間のシワ、黒い点々がある目も獰猛に見えます。アゴも強そう、、でも、一番怖いのは描かれていないおしりの先の針!

ハチの仲間たちは胴がくびれていて固形物を食べられず、エサを運んで育てている幼虫が出す甘い汁から栄養をとっていて、幼虫が巣立つ秋にはそれが減るので、ジュースやビールに寄ってくるのだそうです。いろいろ、知らなかった。

Moon moth

October 2, 2020

アンテナと寄り目

11 December 1971, Belgium
Solidarity – Insects: Moon moth  / Actias luna
design: Marc Séverin / JMalvaux

Last night was the autumn full Moon – the best one to celebrate in China. This moth is also called Luna moth and it has beautifully shaped wings and long tails in Emerald colour – an unforgettable gem. But the stamp designer had chosen different point – its feathery antenna and dark blue cross-eyed face!

昨夜は中秋の名月でした。よい月を見られましたか?イギリスは昨夜からずっと雨です(もちろん)!

切手にあるラテン名から「月の蛾」というニックネームこの蛾を検索して、びっくり。エメラルド色で、エレガントな曲線の前羽と、長い紡錘形の後羽を持つ美しい蛾だったのです。それなのに、この黄色いアンテナと濃いブルーの寄り目を下から描いたデザイナーの感覚、というか選択は、そうとう変わっている。インパクトはありますが。。

golden eyes

September 26, 2020

黄金の目

11 December 1971, Belgium
Solidarity – Insects: Green tiger beetle / Cicindela campestris
design: Marc Séverin / JMalvaux

You cannot guess its size from this stamp – it is 1.2-1.5 cm when adult and that means these golden eyes are not easy to find. Even in that size, you are in pain if it bites you! Well, in fact it has a bit of a nasty face!

拡大されたイラストではどんな虫か分かりづらいですが、学名からひもとくと「ハンミョウ」と呼ばれるグループの昆虫で、成虫で1.2〜1.5センチの大きさと出ています。そんなに小さいのに、肉食の鋭いアゴで噛まれるとかなり痛いとは!確かに、ちょっと意地悪な顔をしています。

hypnotizable / ほとんど催眠術

September 25, 2020

11 December 1971, Belgium
Solidarity – Insects: Horsefly / Tabanus bromius
design: Marc Séverin / JMalvaux

What an impact if you received a letter with this stamp on!

Since I was stung by a wasp about 2 weeks ago, I started to learn about insects and realised that I know very little about them… many of them have large compound eyes consisting of a lots of lens, sometimes quite colourful.

半月前にスズメバチに刺され、蜂とスズメバチの違いを調べたときに、昆虫について何も知らないことに気づきました。この切手になっているハエはたとえば、レンズがたくさん集まった複眼を持ち、それがこんなにカラフルになる!学名の次にメスの印があるのは、オスの場合は違うのか?

それにしても、この切手が貼られた手紙が届いたら、しばらく見つめてしまいそうです。

Love / バレンタイン

February 15, 2020

26 January 1973, USA
Love Issue
design: Robert Indiana

I saw many people had a bunch of flowers on their way home from work yesterday.  Tons of energy was used to prepare roses to be ready and transported.  Then many florists raise their price up to three times on 14 February, which I did not know.

How can you do an environmentally friendly St. Valentine’s Day?

It is easy that you can express your love everyday and not make the day so special!  Or use this stamp and send a heart warming card.

I am sure the overlap of red and green ink is designed by the artist, to express his sculptural works in a two dimensional composition, without extra cost.

According to this postage archive, this stamp was sold very well but some people thought it was too hippy, and the next stamp featuring the word ‘love’ did not appear on US stamps until 1984.

昨夜の帰宅時は、花束を持った男女がたくさん歩いていました。イギリスのバレンタインデーは双方から気持ちを伝えるのです。そして、この日に合わせてバラが開くように栽培工場や倉庫で膨大なエネルギーが使われ、たくさんのトラックが走り回り、花屋はふだんより3倍も高くした花束を売りさばく。

環境に優しいバレンタインデーを送るには、どうしたらいいのでしょう?

実はとてもカンタンで、毎日「好きよ」と言っていれば、この日を特別な日にする必要がないよね?と夫と話しながら、いつもと変わらない晩ご飯をした昨夜。こんな切手を貼った心のこもったカードがあれば、それで充分だと思うのです。

ロバート・インディアナはこの書体の文字を使った彫刻を数多く作ったアーティストですが、この切手の赤と緑のインクの重なりは間違いなく意図的で、立体的な造形を平面上に、コストをかけない上手なやり方で表現しています。

この切手は発売当時とても人気があったのに、「ちょっとヒッピーすぎ」という意見も出て、次に「Love」という単語が切手に使われたのは11年後の1984年だそうです。そういうエピソードを伝えてくれるこんな切手アーカイブが、アメリカだけでなくどの国にもあったらいいのになぁ。

rotating Cube / 60度傾く立方体(正六面体)

July 15, 2018

10 November 1970, Netherlands
“Children’s Stamp”
design: William Graatsma & Jan Slothouber

A different colour variation of Cube stamp – well, just being rotated 60 degrees.  I wonder why, but somehow it does not look like a three dimensional Cube, seems more like a 2 dimensional graphic for me.

ひとつ前の切手の色違いで、60度回転した図柄です。ただ左に(黄色を光の当たっている面とした場合)1/6回転しただけなのに、なぜか立方体としての立体感がなく、平面的な図形に見えます。なぜでしょうね?

floating Cube / 宙に浮く立方体(正六面体)

July 5, 2018

10 November 1970, Netherlands
“Children’s Stamp”
design: William Graatsma & Jan Slothouber

Slothouber and Graatsma were a design/architectural unit which formed the Centre for Cubic Constructions (CCC) in Heerlen and made a Dutch presentation at the Venice Biennial in 1970.  Their creations were always related to cubes – thus their retrospective exhibition was named Cubics.  More images from the show and the set of stamps are shown in this link.

One of my best favourite stamps of all time and I wonder why I have not featured it in this blog until now!

切手のデザイナーは建築とデザインのユニットで、ヴェネツィア・ビエンナーレのオランダ館をこの切手の発行年に担当しています。彼らの創作にはいつも立方体が関係していて、回顧展のタイトルも『立方体』でした。この展示の画像アーカイブにはこの切手を含むセットも掲載されています。

かなり以前から持っていて大好きな切手なのに、どうして今までここで紹介していなかったのかは、、、謎です。

Cube (hexahedron) on a mountain / 山の上の正六面体

July 1, 2018

1978, Luxembourg
175th Anniversary of Grand Lodge
designer: Raymon Mehlen / engraver: Wolfgang Seidel

A huuuuge Cube/regular hexahedron is sitting on top of a mountain… It seems that this stamp is celebrating the anniversary of Freemasonry and I only guess that the Cube has some iconic meaning to them.  Ornamental typography is in similar style to this book cover, says ‘Pioneer of graphic art’.

巨大な正六面体が山の上に鎮座している図、、、フリーメイソンのルクセンブルク支部の記念祭を祝っているらしいこの切手から、正六面体が何かの象徴であることが想像できます。装飾的なタイポグラフィは、写真家でもあったこの切手のデザイナーの本に使われたものと似ています。

great stellated dodecahedron or? / 大星型十二面体それとも?

May 28, 2018

9 November 1973, Germany
‘Christmas’
design: I. Monson-Baumgart

One more stamp from the same Christmas season, which I had already posted in 2011.  At that time I just thought it is a beautiful stamp – now I notice that this looks very much alike to a Great stellated dodecahedron.  But it is another 2D illusion and still I love it – crisp intaglio print with 70’s colours.

ドイツのクリスマス切手をもう一枚。実は約7年前に一度アップしています。あの時はただ綺麗!と思った。今は、大星型十二面体?、、ん〜、でもよく見ると、これも多面に似せた実在しない立体のイラストです。それでも、カリッカリの凹版と70年代な色の組み合わせ、大好きです。

stellated dodecahedron or? / 小星型十二面体それとも?

May 14, 2018

9 November 1973, Germany-Berlin
‘Christmas’
design: I. Monson-Baumgart

My head is traveling in the world of polyhedra these days – this is one of the reasons why I did not update this blog.  Now, as I found several polyhedral postal stamps I am very keen to introduce them to my audience.

When I saw this stamp, I thought “Wow! is this a stellated dodecahedron? – so cool!!”  Then I realised that the stamp designer did not make proper research.  Well, there was no google search in 1973, and not many geometry or maths books carried a correct image of it.  This could be a Small stellated Dodecahedron – but, they are made with pentagonal pyramids and not hexagonal.  If you look at this stamp closely, you will notice that this is a 2D illusion and not an existing polyhedron.  How did the German authorities let this incorrect depiction get past?  Well – this was for Christmas, and I love it still.

ここ数ヶ月、多面体の世界に没頭しています。それで切手のブログも更新していなかったのですが、、、やっぱり持っていました多面体の切手。という訳で、紹介していきます。

この切手を見た時は「お〜!やっぱりあるよね、多面体切手。これは、、、小星型十二面体?」とわくわくしたのですが、よーく見てみると、何かヘン。グーグル画像検索のなかった1973年ですから、ケプラーの末裔ドイツ人デザイナーでも正しい画像の載った本を探すのに苦労したのか。よく見ると、六角錐で構成されたこの星型多面体は、確認されている多面体のどれとも違う、平面上での「まぼろし」に属するのです。ドイツの国営郵便が、どーしてこのなんちゃって多面体でOKとしたのか?まぁ、クリスマスの飾りだったのだし、間違っていてもわたしは大好きですが、、。

upward arrows / 上むき矢印

November 29, 2017

1974, Turkey
3rd year of 5 years Kalkinma Plani

I could not find what the Kalkinma Plani was – just guessing it is about industrial or agricultural productivity, having a high target to achieve.  Very 1970s – the mood, composition and the colour.

ネットの辞書ではトルコ語の「Kalkinma Plani」が何なのか分からなかったのですが、デザインから読み解くと、これは生産性を上げよう!という国家のスローガンではないかと思われます。デザインや雰囲気、使われている色まで、とても70年代な切手です。

TV and arrows / テレビと矢印

July 30, 2017

1974 Brazil
tribute to Assis Chateaubriand
design: Aluisio Carvao

A stamp dedicated to the founder of the first television network in Brazil, called Rede Tupi.  Dual directional arrows emerge in characteristic TV lines – well, we don’t have these lines on the digital TV anymore…

ブラジルに最初のTVネットワークを作ったアーシス・シャトブリオンを記念する切手。ブラジルのメディア王で、美術のパトロンであり、政治家にもなった人物です。双方向に走る矢印が、ひと昔前までのテレビ独特の平行線(懐かしいのは、なぜ?)に浮き出ている、クールなデザイン。

concentric and arrows / 同心円と矢印

July 8, 2017

1974 Brazil
tribute to Edgar Roquette-Pinto
design: Aluisio Carvao

A stamp dedicated to the founder of the first radio station in Brazil, called Radio Society of Rio de Janeiro.  Cool design of radio waves from a tower – a bit psychedelic yet well controlled.

ブラジルに最初のラジオ放送局を作ったロケッテ-ピントを記念する切手。ラジオ局長は、もともと医者で、のちに民俗学者になった人のようです。70年代のちょっとサイケな色使いが、電波の飛ぶ様子をクールに抽象化しています。

concentric circles / 電波・同心円

April 23, 2017

1976, Ireland
50 years of Irish Radio
design: Graham Shepherd & Al O’Donnell

Another way of showing the invisible phenomenon of radio waves – a set of concentric circles.  Often the waves are dispatched from a radio tower ( yes, in this case of an Italian, 1947 ) and in this Irish stamp, there is an earth in the centre to tell us that their broadcast is connected to the world.

電波が飛んでいく、見えない現象を描く手法でよく使われるのが、ラジオ塔から飛び立つ同心円の線(1947年のイタリア切手も)。このアイルランドの切手では、同心円の中心に地球が描かれ「発信元は世界とつながっている」表現ですね。

この切手からRCサクセションの『トランジスタ・ラジオ』を思い出し、びっくりするくらい歌詞を覚えていて、今も耳から離れません。『ベイエリアから / リバプールから / このアンテナがキャッチするナンバー』と清志郎(あぁ、すてきなしゃがれ声だったなぁ。追悼)が歌ったのが1980年、この切手の4年後でした。

radio waves / 電波

April 12, 2017

1976, Ireland
50 years of Irish Radio

When you depict something which you normally don’t see, you have to analyse the phenomenon and embody it.  In this case, arcs from one place to another show that some voice or information has gone through the air and is being received.

This simple and clean design tells us that remote communications are flying in the blue sky over the green earth.

目に見えないことがらを描く時、まずその事象を分析してそこに何らかの形を与える必要があります。この切手の場合は、1本の直線と3本の弧で、ある場所から発信された電波が別の地点で受け取られたことを明快に図象化しています。

濃緑の大地を離れて青空を進み受信される電波。シンプルながら、どこかお国がらが見えるデザインです。

Handshake / 握手

September 25, 2016

1979Netherlands006

23 January 1979, Netherlands
Union of Utrecht
Design: Gerrit Noordzij

A handshake – the most symbolic expression of friendship.  But here in this stamp, seven arrows are together – is it friendly or not..?  I searched and read wikipedia – it was a union to fight a war against Spain together, 400 years before the year of issue.

Although multi coloured stamps were the mainstream in the Netherlands in late 1970s, this is a simple and rare intaglio print, and I like it.

握手、、友情と団結、または仲直りのシンボル。でもこの握手は、7本の矢を一緒に握っている( or 後ろで束ねられている)ユトレヒト同盟の図柄です。これって仲良しなのか、どうなのか?ググってわかりました、400年前にスペインと戦うために7つの州が握手した、軍事同盟だったのですね。

マルチカラーが多かった1970年代後半のオランダ切手としては稀な、シンプルな凹版印刷。地味だけど好きです。

blood donor & hand / 献血と手

June 5, 2016

1971Monaco001

6 September 1971, Monaco
7th International Blood Donors Federation Congress
designer: B. Minneengraver: Pierre Gandon

A hand holds wishes of help and support – from the blood donor. An appealing design with the emblem of the congress and Monaco’s ‘Fusilly’ heraldry pattern on the sleeve.

手がどーんと中心にあるこの切手は、献血をひろめる大会のエンブレムを持っています。人の手で伝えることの重要性をうったえ、袖の模様でモナコ公国が国を挙げて支援することを宣言しているのでした。

Heart and hand / ハートと腕

March 26, 2016

1973Uruguay001-2

Uruguay 1973
Pan-American Federation of blood donation

Another example for encouraging blood donation – this time, a hand is used as symbol to give a gift, which is the heart as extended life, and the arm shows the position for blood donation.  It has strong composition and looks good, despite using only two colours.

この一枚はウルグアイから、献血を呼びかける切手です。ハートは贈り物となる生命を象徴し、手はをれを必要な人に渡す意思、腕と血管で輸血をする様子をそれぞれ描いているわけですが、2色しか使っていないのにクールな構成です。