Posts Tagged ‘1970年代切手’

upward arrows / 上むき矢印

November 29, 2017

1974, Turkey
3rd year of 5 years Kalkinma Plani

I could not find what the Kalkinma Plani was – just guessing it is about industrial or agricultural productivity, having a high target to achieve.  Very 1970s – the mood, composition and the colour.

ネットの辞書ではトルコ語の「Kalkinma Plani」が何なのか分からなかったのですが、デザインから読み解くと、これは生産性を上げよう!という国家のスローガンではないかと思われます。デザインや雰囲気、使われている色まで、とても70年代な切手です。

TV and arrows / テレビと矢印

July 30, 2017

1974 Brazil
tribute to Assis Chateaubriand
design: Aluisio Carvao

A stamp dedicated to the founder of the first television network in Brazil, called Rede Tupi.  Dual directional arrows emerge in characteristic TV lines – well, we don’t have these lines on the digital TV anymore…

ブラジルに最初のTVネットワークを作ったアーシス・シャトブリオンを記念する切手。ブラジルのメディア王で、美術のパトロンであり、政治家にもなった人物です。双方向に走る矢印が、ひと昔前までのテレビ独特の平行線(懐かしいのは、なぜ?)に浮き出ている、クールなデザイン。

concentric and arrows / 同心円と矢印

July 8, 2017

1974 Brazil
tribute to Edgar Roquette-Pinto
design: Aluisio Carvao

A stamp dedicated to the founder of the first radio station in Brazil, called Radio Society of Rio de Janeiro.  Cool design of radio waves from a tower – a bit psychedelic yet well controlled.

ブラジルに最初のラジオ放送局を作ったロケッテ-ピントを記念する切手。ラジオ局長は、もともと医者で、のちに民俗学者になった人のようです。70年代のちょっとサイケな色使いが、電波の飛ぶ様子をクールに抽象化しています。

concentric circles / 電波・同心円

April 23, 2017

1976, Ireland
50 years of Irish Radio
design: Graham Shepherd & Al O’Donnell

Another way of showing the invisible phenomenon of radio waves – a set of concentric circles.  Often the waves are dispatched from a radio tower ( yes, in this case of an Italian, 1947 ) and in this Irish stamp, there is an earth in the centre to tell us that their broadcast is connected to the world.

電波が飛んでいく、見えない現象を描く手法でよく使われるのが、ラジオ塔から飛び立つ同心円の線(1947年のイタリア切手も)。このアイルランドの切手では、同心円の中心に地球が描かれ「発信元は世界とつながっている」表現ですね。

この切手からRCサクセションの『トランジスタ・ラジオ』を思い出し、びっくりするくらい歌詞を覚えていて、今も耳から離れません。『ベイエリアから / リバプールから / このアンテナがキャッチするナンバー』と清志郎(あぁ、すてきなしゃがれ声だったなぁ。追悼)が歌ったのが1980年、この切手の4年後でした。

radio waves / 電波

April 12, 2017

1976, Ireland
50 years of Irish Radio

When you depict something which you normally don’t see, you have to analyse the phenomenon and embody it.  In this case, arcs from one place to another show that some voice or information has gone through the air and is being received.

This simple and clean design tells us that remote communications are flying in the blue sky over the green earth.

目に見えないことがらを描く時、まずその事象を分析してそこに何らかの形を与える必要があります。この切手の場合は、1本の直線と3本の弧で、ある場所から発信された電波が別の地点で受け取られたことを明快に図象化しています。

濃緑の大地を離れて青空を進み受信される電波。シンプルながら、どこかお国がらが見えるデザインです。

Handshake / 握手

September 25, 2016

1979Netherlands006

23 January 1979, Netherlands
Union of Utrecht
Design: Gerrit Noordzij

A handshake – the most symbolic expression of friendship.  But here in this stamp, seven arrows are together – is it friendly or not..?  I searched and read wikipedia – it was a union to fight a war against Spain together, 400 years before the year of issue.

Although multi coloured stamps were the mainstream in the Netherlands in late 1970s, this is a simple and rare intaglio print, and I like it.

握手、、友情と団結、または仲直りのシンボル。でもこの握手は、7本の矢を一緒に握っている( or 後ろで束ねられている)ユトレヒト同盟の図柄です。これって仲良しなのか、どうなのか?ググってわかりました、400年前にスペインと戦うために7つの州が握手した、軍事同盟だったのですね。

マルチカラーが多かった1970年代後半のオランダ切手としては稀な、シンプルな凹版印刷。地味だけど好きです。

blood donor & hand / 献血と手

June 5, 2016

1971Monaco001

6 September 1971, Monaco
7th International Blood Donors Federation Congress
designer: B. Minneengraver: Pierre Gandon

A hand holds wishes of help and support – from the blood donor. An appealing design with the emblem of the congress and Monaco’s ‘Fusilly’ heraldry pattern on the sleeve.

手がどーんと中心にあるこの切手は、献血をひろめる大会のエンブレムを持っています。人の手で伝えることの重要性をうったえ、袖の模様でモナコ公国が国を挙げて支援することを宣言しているのでした。

Heart and hand / ハートと腕

March 26, 2016

1973Uruguay001-2

Uruguay 1973
Pan-American Federation of blood donation

Another example for encouraging blood donation – this time, a hand is used as symbol to give a gift, which is the heart as extended life, and the arm shows the position for blood donation.  It has strong composition and looks good, despite using only two colours.

この一枚はウルグアイから、献血を呼びかける切手です。ハートは贈り物となる生命を象徴し、手はをれを必要な人に渡す意思、腕と血管で輸血をする様子をそれぞれ描いているわけですが、2色しか使っていないのにクールな構成です。

representational / 具象表現

March 8, 2016

1972Pakistan001

1972 Pakistan

I featured a stamp on the heart in the previous post and now this one is encouraging blood donation, from the same year.

This stamp is not particularly cool or well designed, but strong.  This aspect of appealing is one of the desired characters of stamp design, I assume.

一つ前のポストでは心臓の切手を紹介し、これは同じ年の献血を呼びかける切手です。

ずばり具象で、デザイン構成として特にかっこ良いわけではないけれど、強い。こういう存在の強さも切手に求められていることだろうと思います。単純明快な表現と、色のチョイスでしょうか?

heart and health / 心臓と健康

February 22, 2016

1972Japan002
*exch. 069  ( one mint only )

15 April 1972, Japan
Heart Ailment Prevention Campaign
design: Katsutoshi Hioki

From the same international campaign as the Irish stamp in my last post, this is delivering the message of awareness of heart disease.

Printed in only three colours – grey, orange-red and black – still appealing graphically, but it would be better without the small body builder!  I would imagine that there was a version without the human silhouette in the designer’s sketch, but in a meeting this version was chosen as the artistic ability of their audience was evaluated low.  The designer, who also designed my favourite stamp from the same year, knew about the graphic trend of the world and thought he must have done something as polished as the Irish example.

昭和47年4月15日発行
心臓病予防運動
デザイン:日置勝駿

前回アップした「心臓病を予防する国際キャンペーン」の日本からの発行です。

グレーと朱色と黒の三色で刷られ、廉価ながらも印刷色の重なりが効果的な印象の強い切手ですが、左下の白抜きのヒトがないほうが、より良かったのに、、とかなり残念。デザイナーのスケッチには人体のないバージョンもあって、けれども図柄が決定される時に、メッセージを受け取る対象としての購買者のデザイン的成熟が低く評価された結果なのでは?と想像をたくましくするのでした。同年に出ている「ナンバー君」が封筒から出ているのをデザインしたこのデザイナーは、おそらく世界的な切手デザインの傾向などにも精通していたはずです。

ちなみに日本ではこの「キャンペーンの内容を図柄でわかりやすく(グラフィック・アートとしては稚拙に)表現する」手法は1990年代中ごろまで続き、時代遅れな印象の切手がたくさん見つかります。そんな中では、シンプルな70年代の切手は好ましく思えます。

discovered Lithography / リトグラフィーが発見される

March 12, 2015

1972Germany001

14 April 1972, Germany
175 years of flat-surface printing

About 220 years after Letterpress printing, an actor and playwright Alois Senefelder found the method of Lithography by chance (!) – and developed it into a commercial printing technique. This stamp is celebrating that history with a detailed picture of his printing machine printed using the amazing quality of the Lithographic process.

I am always learning something new through stamps…

時代は活版印刷の始まりから220年ほど下り、ドイツの俳優で脚本家でもあったアロイス・ゼネフェルダーという人が、リトグラフ(石版画)の原理を偶然(!?)発見し、楽譜の出版を手がけていた会社と共同で、その技法を実用できる印刷技術にしたのだそうです。この切手はその発見と応用を記念した切手で、当時の印刷機の様子が精緻なリトグラフ印刷で描かれています。

切手がいろいろ教えてくれます、、、。

propagation of print / 技術は伝播する

March 5, 2015

1976UK008

29 September 1976, UK
500th Anniversary of British Printing
designer: Richard Gay ( winner of the stamp design competition )

Only 20 years after the Gutenberg Bible, already in England the new technology of letterpress printing had been developed and large numbers of publications were produced.

These stamps with letters from that time and a picture of a printing workshop are showing British printer William Caxton’s works.  He was the first English publisher that produced commercial books.  His printer’s device is quite beautiful.

1976UK010

グーテンベルグが考案した活版印刷を使って『グーテンベルク聖書』と呼ばれる聖書を印刷してから20年のちに、すでにイギリスで印刷と出版を手がける人が手できていました。情報のつまった「本」という存在が、多くの人を魅了したのですね。

この2枚の切手はイギリスで出版業の先駆けとなったウィリアム・カクストンの仕事と、印刷所の様子を伝えています。この切手の発行当日の記念消印にも使われた彼の印刷物の紋章は、古風で美しい文字と模様の構成です。

irreplaceable / かけがえのない

January 15, 2015

1971Uruguay001

1971 Uruguay
Natural Woolen – Irreplaceable

The rear half of a sheep is a roll of woolen fabric… I tried to find out about sheep in Uruguay, but could not find if they were the original species or if Europeans brought them to South America.  In either case, the farming of sheep was an important industry in 1971.

羊のうしろ半分がウールの反物になっているウルグアイの切手です。「天然の羊毛ーかけがえのない」と印刷されているように、1971年の時点では大切な産業だったのですね。もともと南アメリカに羊がいたのか、スペイン人が持ち込んだのか?と思って読んでみたけれど、ウィキペディアでは見つかりませんでした。

year of the sheep / 未年おめでとうございます

January 1, 2015

1979Faroe Islands001

19 March 1979, Faröe Islands
Ram
engraver: Czesław Słania / printed in Helsinki

Are you having a relaxed holiday?  I wish you have a fresh and prosperous new year in 2015.  In the Eastern calender, 2015 is the year of the Sheep.  In some country the sheep year starts from the lunar new year, but in Japan it starts today.

This stamp is a treasure – one of the great masterpieces by a master craftsman.  Please do enjoy the magnified view below, different textures of fleece and transparency of the eyes.

1979Faroe Islands001-2

新年あけましておめでとうございます。

のんびりしたお正月を過ごされていますか?羊のことを、年の名前の時だけなぜ「未」と書く?英語では生きてたらsheep、肉ならramと呼ぶけれど(注:大まちがいでした!正しくはlamb、しかも子羊の肉です。なんて日本人的な間違い、、)、図録にある「Ram」はどうして?(注:去勢されていない雄羊のことでした)などと思いながら、新年です。

この迫力の切手は巨匠スラニアの技術の結晶のような、わたしの宝ものです。毛質の違いや瞳の透明感など、奥行きのある彫刻作品を拡大で楽しんでください。

Merry Christmas! / メリークリスマス

December 24, 2014

1978Uruguay001

1978 Uruguay
Christmas
design: F. Alvarez Cozzi

After all greetings ( received only ) and tidy up of the year, finally I am in a mood of holidays/resting.  I have just got a new music book of baroque for Ukulele  – now I am thinking of design for the new year’s greeting message.

This Christmas stamp from Uruguay has refined style and peaceful atmosphere – but this stamp was released when the current president José Mujica, known for his criticism against rich politicians, was imprisoned by the Right wing police state.

クリスマスの挨拶を横目に見ながらいろいろ片付け、ようやく冬の休暇の気分の今日、ウクレレで弾くバロック音楽の楽譜が届きました。新しい曲を練習しながら、新年のあいさつに付ける図案を考え中。すてきなクリスマスを!

このウルグアイの切手は流麗なイラストとほんわかした雰囲気が好きですが、実はこの切手が発行された頃は「異常な警察国家」体制が敷かれていて、「金持ちは政治家になってはいけない」という実に的を得た消費社会への批評で知られる現大統領のホセ・ムヒカ氏は獄中でした。

mono colour and strong / 単色で強い切手

November 27, 2014

1971Germany006-2

19 September 1971, Germany
‘Accident prevention’

There are strong stamps – even they are printed in only one colour.  So, after the mono printed Mexican stamps, I started look at those and thought why they are strong.

In this case, the graphic almost pictogram tells us the warning immediately – and visually strong.  Be careful loose wiring of plugs!!

By the way, there are two stamps with plug from Japan, energy recycling and saving, both are strong design, too.

一色で印刷されているのに「強い」存在感のある切手というのがけっこう存在します。メキシコのジーンズ切手のあと、そんな切手を眺めて思ったのは、、、どんな要素がその切手を目立つ存在にしている?ということです。

この切手の場合は、ピクトグラムのような簡略化された図柄が、注意!という警告を強く表現していることでしょう。ソケットの配線が抜けそうだったら、、、感電するかも!!

ちなみに、ソケットの描かれた日本の切手には1981年の省エネルギーエネルギーリサイクリングの2種があり、どちらもはっきりと強い切手です。

Jeans / ジーンズ

November 20, 2014

1975Mexico007-sq
1975Mexico008
1975Mexico006

1975 Mexico
Mexican exports
design: Rafael Davidson

Jeans – I had a kind of complex about my legs and didn’t wear jeans until 10 years ago.  But now, I realise jeans are for functionality not fashion, then I enjoy their adjustability on many occasions – I love them.

These stamps are from the ‘Export from Mexico’ issue – the simplicity of design suits to the subject very well.

永年、脚の短さへのコンプレックスからジーンズを履かなかったのですが、ジーンズのポイントは機能なのだと気付いて着るようになり、今ではジーンズがない暮らしはちょっと想像できないぐらいです。

この「メキシコの輸出品」シリーズの切手は、シンプルなデザインがジーンズ的に気持ちよいです。

autumn appetite / 食欲の秋

October 23, 2014

1975 Mexico
Mexican exports
design: Rafael Davidson

After red wine, my appetite goes to beef – but I think my consumption of beef in recent years has been reduced.  This is because of my age, amount of exercises goes down and a little concern to the environmental issue, I guess.

In 1975, beef was one of the main export from Mexico and this is one of my favourite example of definitive stamps in the same format.  The following one of shoes – the byproducts of beef, I guess, is modest yet cool.

I met a numbers of young designers from Mexico through the Vitra Design Museum Workshops at Boisbuche and they are almost all female, somehow.  All of them are hard-working ladies with bright smile and they form my impression of the country.

食欲の秋です。秋になると赤ワインと一緒にビーフを食べたくなる、、、けれど、加齢と運動不足ゆえか、肉の消費量が近年ぐっと減りました。豆類を多く食べるようになったことと、牛の飼育がどれくらい環境に負荷が多いかを知った、その衝撃も理由のひとつです。

この切手が出た1975年、牛肉はメキシコの主要な輸出物のひとつだったのですね。この「輸出品」シリーズは、シンプルで力強いデザインで大好きなシリーズです。

フランスのBoisubuchetで主催されるVitra Design Museum Workshopsで、ここ数年たくさんのメキシコ人デザイナーと出会いました。なぜかほぼ全員女性で、働き者の陽気な人たち。わたしのメキシコの印象は、この女性たちのあたたかい笑顔で満たされているのでした。

suit of armour 3 / 甲冑 3

May 26, 2014

1974UK005

10 July 1974, United Kingdom
Great Britons, The Black Prince (1330 – 1376)

I did not post a new stamp for one and half months… and I am still on the theme of horses and knights in armour!  A little too slow to move on, but now I am thinking to step into a new area of ‘heraldry‘ stamps – a recent favourite theme of my collection.

Edward, The Black Prince was the first English Prince of Wales in the 14th century and he was very popular as a strong military leader.

My reference book “Heraldry Stamps” (published in 1987) tells me about the patterns and significance of his decoration in this picture.  The following two are the Welsh leader Owain Glyndŵr (c. 1349 – c. 1415) and the Scottish king Robert the Bruce (1274 – 1329).

1974UK003
1974UK002

またもや、一月半ほど更新しませんでしたが、、、まだ切手は馬と甲冑の騎士!『偉大なブリテン島の人』のシリーズから。さすがに、ここを起点に馬から離れて「紋章の切手」に進むことにします。紋章も、大好きなモチーフなのです。

一枚目は「エドワード黒太子」と呼ばれ、イギリス系で最初にプリンス・オブ・ウェールズの称号がついた皇太子で、百年戦争で活躍した人気の高い軍人でした。二枚目はウェールズ人「オウイン・グレンダワー」、三枚目はスコットランド国王「ロバート・ドゥ・ブルース」のそれぞれが、紋章の入った飾りと一緒に馬にまたがっています。

ここに描かれている紋章がどんな意味を持つのか、『紋章の切手(1987年発刊)』という本に詳細があり、この切手の図案がどの原典から起こされたのかの推測もあって興味が尽きないのでした。

with a suit of armour / 甲冑をまとって

March 30, 2014

1970Sweden008

6 April 1970, Sweden
Seal of Duke Erik Magnusson (1282–1318)
design & engrave: Heinz Gutschmidt

I did not post any stamp for a month and a half – I had been living with a great anxiety about my first long trip to Japan since I had medical treatment last September.  I had my Meningioma, a type of tumour, removed in a long operation. It had been growing for many years just behind of my left eye.  After that I had Gamma Knife surgery, a type of radiotherapy treatment.  When the doctor said I was OK for long flights, I booked my trip to see my family and friends, who had been concerned about me.

Psychological preparation before the departure was more difficult than the bag packing – Anyway, I did make a trip, saw loving people and got back to home.  I could not contact many people who were worrying about me – but it was all I could do to complete this first mission after half a year, without fainting or getting worn-out too badly…  I needed a full suit of armour and a crested horse ( my partner who supported me during this trip ), really.

ひと月半、更新していませんでした。

去年の9月と12月に、長い時間をかけて左目の後ろに育っていた髄膜腫という名前の腫瘍を摘出する手術と、ガンマ・ナイフと呼ばれる放射線治療を受けました。2月初旬に経過も良く長時間のフライトも大丈夫と医師に言われたので、日本で心配していた家族に会いに帰る旅程を立てたのだけど、出発前になっても気がかりな「疲れやすさ」がほとんど改善されていなくて、こんな状態で旅行して大丈夫だろうか?と不安におそわれ、かなり凹み。

ともかく、できるだけ予定に縛られないよう、休みながら移動するように調整しながら、東京ー広島を往復し、ロンドンまで戻りました。心配してくださっていた多くの方たちに、帰国中に会えなかったことが心残りなのですが、、、ともかく倒れたり寝込んだりしないで旅を終えたことをご報告します。今思うと、旅行中はこの切手のような甲冑をまとった騎士の気分だったなぁ、と振り返りながら。一緒に旅行したパートナーが、同じ紋章をまとった馬だったような、、、。

このスェーデンの切手は、13世紀後半から14世紀にかけて活躍した皇子の騎士像です。頭の飾りが、、戦争向きではないですね。