Posts Tagged ‘1950年代切手’

radio antenna system / 国境の山の鉄塔

June 28, 2017

1959 Austria
Radio Antenna System
designer: R. Fuchs / engraver: Rudolf Toth

Radio antenna system standing ( oh, is it still there? ) on the Zugspitze, a mountain on the border between Austria and Germany.  Beautifully engraved stamp, nice to look at to be chilled on a hot evening.

オーストリアとドイツの国境の山にそびえる、ラジオ塔です。1947年から凹版の彫刻を手がけた彫刻師による丁寧な仕事。暑い夜にながめると、涼しい風が吹くのをきっと感じます。

hand of God / 神の手

February 6, 2017

1958USA002

31 May 1958, USA
International Geophysical Year

The hand of God is giving Adam a human intelligence – a part of Michelangelo‘s huge fresco ceiling in the Sistine Chapel of the Vatican.  The background for this stamp is the burning surface of the sun, which could be the mother of the earth.

When I read about Michelangelo’s life, I discovered that he was always angry because his life was affected by the change of rulers, and also what those rulers forced him to create.  Well, 500 years later in our global era, we still have to be aware about what a ruler wants and how our life is influenced by that.  I am imagining Michelangelo’s feeling when he painted this hand of God.

神の手。1958年、国際地球観測年の記念切手として、ミケランジェロがバチカン市国のシスティーナ礼拝堂の天井画に描いた、『アダムの創造』のアダムと神の指先が選ばれています。背景には地球の存在の根源として、燃えさかっている太陽の表面が描かれています。

ミケランジェロの生涯を読むと、彼のキャリアがその時の教皇の意思や交代によって左右され、やりたかった仕事になかなか取りかかれないことを生涯怒っていたらしいことが伺えます。そして、今。500年後のグローバル社会で、権力を手にしたある人物の言動がまわりまわって日々の暮らしに影響を与えることを、思い知らされるわたしたち。ミケランジェロがどんな気持ちでこの神の手を描いたのかに思いを馳せます。

 

bird is hand / 小鳥がつまむ小枝

January 10, 2017

24 October 1959, Tunisia
Red Cross Day

Tunisia was a part of France until 1956 and their stamps often show influences of French design.  But this bright one, only three years after the independence, shows they are clearly developing in their own aesthetics.  The blue bird looks fingers pinching a twig – thus categolised in ‘hand’.

It is unfortunate but the country is recently opposite to this optimistic atmosphere.

チュジジアは1956年までフランスの植民地だったので、古い切手にはフランスの影響が見えます。けれど独立3年後にしてこんなカラフルな切手を発行し、この切手では独自の道を歩んでいることを訴えているようです。水色の鳥は小枝をつまんでいる指にも見えるので、手の切手のカテゴリーに。

極右のイスラム教の影響が広がり、チュニジアはこんな楽観的な雰囲気ではなくなっているようで、気がかりです。

 

Handshake 2 / 握手 その2

November 20, 2016

1959France004-2

24 October 1959, France
300th Anniversary of the Treaty of Pyénées.
designer:  Serveau, engraver: Jules Piel

The left is the French king – ‘fleur de Louis’ heraldry on red sleeve – and right is Spanish king with orange sleeve with ‘castle-leo’ heraldry.  And this handshake had happened in 1659.  The origin of handshake was to proof that there is no weapon in their hands – well, it was one condition before the friendship, really.

ゆりの花がモチーフと言われるフランス王家の紋章が左の赤い袖、右の城とライオンの紋章がオレンジ色に抜かれているのがスペイン王。この二人が握手したピレネー協定締結は1659年のことだそうです。握手の起源は「手の中に武器を隠し持っていません」と互いに伝えることだった、というのは説得力があります。「友情」以前の確認事項として、手を差し出す。

hard worker / 500年前の働き者

February 28, 2015

1954Germany002

5 May 1954, Germany
500 years of Gutenberg Bible

Gutenberg invented ‘mobile’ letters which can be placed in a frame and set to make a page.  He also developed alloys for the letter press, the formula of ink for the method, and adapted the farmer’s press device for printing… I imagine he might have worked hard.

Mono and modest coloured stamp but strong – the atmosphere of a work place of 500 years ago is well presented within a small stamp.

グーテンベルグは文字を小さな活字にして組み合わせる方法を発明し、何度も使える活版のための合金の割合も考え、農家で使われていた圧搾プレスを組み合わせたり、、、よく働いた人だったのは間違いないです。

地味な一色刷りなのに、クール。小さな切手の中に500年前の仕事場の雰囲気がとても良く再現されています。

mono colour and strong 3 / 単色で強い切手 その3

December 11, 2014

1955Germany003

1 December 1955, Germany
Supplementary value, 1

Not just bright colours, but quiet tint can be strong, if the stamp design is good.  This elegant swirl adorns the number 1 – because the background is grey, white lines stand out beautifully.

明るい色彩だからモノトーンでも強いのか?と思ったらそうでもないのです。こんな地味なグレーの中だからこそ、エレガントなぐるぐる渦巻きで飾られた数字がきれいに浮き上がる。受け取ったら嬉しくなる切手です。

 

350 years apart? / 350年のちがい?

July 31, 2014

1959Bermuda001

1959 Bermuda

In 1609 an English ship was drifted to an island which was already named Bermuda after a Spanish navigator Juan de Bermudez, who reported about this uninhabited island in early 16th century.

This stamp is celebrating this arrival of English people with two Royal heraldry in 1609 (King James I) and 1959 (Queen Elizabeth II).  In spite of 300 years apart between then, there are not much difference.

Well, the primitive patterns on battle shields in 1066 were quickly stylised to heraldry by 1189, when Richard I made the College of Arms, then has been staying similar until today.  The ‘walking lions’ against red background was designed more than 900 years ago.

1959Bermuda001 – Version 2

無人島だったバミューダに嵐に遭ったイギリスの船が漂流したのが1609年で、この切手はその350年前の出来事を記念して発行されました。

2つのイギリスの国章は350年の隔たりがあるのに、ほとんど変わっていない。ただ、フランスもイギリス王家の持ち物だ、と主張していたアイリスの紋章が消えただけです。

1066年のタペストリーに描かれた盾の模様は、1189年ごろまでには様式化され、リチャード一世の作った紋章院で管理されるようになり、そこからあまり変わらず今日に至る。今でも国章の半分を占める赤い背景に歩きポーズのライオンは、なんと900年以上の歴史があるのでした。

suit of armour 2 / 甲冑 2

April 14, 2014

1953Portugal001

1953 Portugal
Seal of authority of King Dinis or ‘Cavalinho’
design: Martins Barata

Another stamp of medieval knight – showing the seal of Denis of Portugal, a king of 13 – 14th century Portugal.

I went to Milano furniture fair since I posted the last Swedish knight stamp two weeks ago, I am still in a feeling of wearing armour.  I was worn out and slept almost two days after I return to home.

中世の騎士、今度はポルトガルからの一枚です。13ー14世紀のポルトガルの王「ディニス1世」の紋章をまとっている騎士。

2週間前にスェーデンの騎士と馬をアップしてからのち、ミラノの家具見本市に行ってロンドンにもどったところですが、、、まだ心の鎧が取れていません。疲れ果て、2日間ほとんど寝ていました。

bugle horn and horse 2 / 馬と角笛 その2

February 9, 2014

1958Romania001

15 November 1958, Romania
Centenary of First Romanian Postage Stamps
design & engrave: Serban Zainea

Celebrating 100 years of postage stamps – and the bugle horn and horse were the main delivery method still at that time.

ルーマニアの郵便切手発行100年を記念する切手。切手が発行され始めた19世紀の中頃も、まだ馬と配達夫の角笛が活躍していたようです。

bugle horn and horse / 馬と角笛

February 4, 2014

1958Germany001-2

1 April 1958, Germany

The Chinese calendar had just turned the year of the Horse – so, I am still featuring more stamps with horse.

This German stamp is depicting the early postal service man on horse, who is blowing a bugle horn to ask if anyone has a letter to be delivered to a remote place.  The horn became an icon of the postal services.

あっと言う間に2月ですが、中国の暦も数日前に馬年になったところで、引きつづき馬の切手です。

このドイツの切手は、馬に乗った配達夫が角笛を吹いて近隣の人たちに「遠方に届ける手紙はありませんか〜」と呼びかける様子を描いています。この角笛は、初期の郵便事業の象徴でもありました。

Pegasus / 翼を持つ馬

January 5, 2014

1957Italy004

13 January 1957, Italy
Etruscan Horse

One of the legendary creatures – Pegasus has reverential atmosphere suits to the New Year.  The Greek mythology which tells us this creature has its roots goes back to 15th century B.C., visual materials are dated from 8~9 century B.C. – I have just learnt how old this creature was!

The horses with wings in this stamp is claimed from Etruria, where one of the ancient civilizations was cultivated from 9th century B.C. in the centre of Italy.

神話の中の馬「ペガサス」は、なにかうやうやしくお正月らしい雰囲気があります。口承として伝わったギリシャ神話は紀元前15世紀に遡り、彫刻やモザイクなどで表現されたペガサスは、紀元前9世紀ごろの遺跡からも見つかるようです。そんなに古いとは知りませんでした。

この切手の翼のある馬は古代ギリシャよりも前にイタリア中央部に栄えた海洋民族エトルリア人の文化に由来するようです。

dark days.. / 昼も暗い、、

December 23, 2013

1953Iceland001

12 February 1953, Iceland
“Reykjabók” manuscript with candle
design: S. Jónsson

It was stormy day today and even at noon I needed a desk lamp to read.  I imagined how dark the inside of a house was before electricity was invented – and even worse in parts further north than here in London.

I found a candle light reading picture on an Icelandic stamp and the rumpled book is a manuscript from 14th century.

今日は嵐の一日で、昼間でもデスクランプを灯さないと本も読めない暗さでした。電灯が発明される以前の、ここよりも北のヨーロッパの冬がどれくらい暗かったかを想像します。

このキャンドル読書の切手は、なんだかよれよれの本が置いてあるけど、、と思ったら14世紀の手書きの本が描かれていました。ランプもその時代のものかな?

harvest and appetite / 収穫と食欲

October 14, 2013

1958San Marino001
1958San Marino002

1 September 1958, San Marino
design: R. Franzoni

Here in London we have the beginning of autumn colours, but the weather is already winter…  I guess the southern Europe is still in sunshine and people are harvesting for a few more weeks.  In Japan there is a saying ‘sky is high and horse will grow fat in autumn’ and in fact I was always gaining some weight in autumn, after the air cools down and my appetite came back.

These illustrated vegetables are dynamic and thankful.

ロンドンは木々が色づき始めたばかりなのに、ここ数日はすでに冬みたいなどんよりした暗さと雨風です。まだきっと南ヨーロッパでは気持ちの良い日射しの中で収穫が続いているのだろうなぁ。ひと昔前までは、今は冬を乗り切る保存食作りに忙しかった時期だと思います。日本にいた頃は、秋には急に食欲が出て、夏に失った体重をとり戻していた記憶が、、。

サンマリノ発行のこの2枚には、そんな季節の勢いが描かれていて食欲をそそられる感じがあります。

beach holidays / 海の夏休み

August 17, 2013

1956Canada002

7 March 1957, Canada
Canada – All Seasons Playground
designer: Laurence Hyde / engraver: Yves Baril

Another visual chill-out from Canada, where I found many cool stamps are from.  The girl is having great time in the water!

1956Canada002-2

I like these crisply engraved single coloured stamps with geometrical expression of water.

1956Canada001

designed by Laurence Hyde / engraved by Silas Robert Allen

「目に涼しい切手」を他にも見つけました。わたし好みの端正な切手を多く発行しているカナダから、幾何学的な波の描き方がクールな単色の切手を2枚。夏休みらしい雰囲気です。

泳いでいる女の子の楽しそうな表情を拡大してみました。

celebration / よくがんばった

July 21, 2013

1957Colombia001

1957 Colombia
7th Tour of Colombia

Today is the final stage of the Tour de France 2013 – post Armstrong ‘clean’ tour as well as the 100th edition.

I have been supporting Nairo Quintana from Colombia since he made his great challenge in the mountain stages.  He won a stage yesterday and became 2nd place in this years Tour.  I always support the small built athletes in any sports – he is 166 cm high, 20 cm shorter than the winner Chris Froome!

Colombia has a long history of cycling as this stamp tells us.  Quintana might be the first Colombian winner of Tour de France in the coming years.

今日はツールドフランスの最終日。アームストロングがドラッグ使用をとうとう認めてツールファンをがっくりと落胆させ「クリーンなツール」が叫ばれてはじめての、そして開催100回目のツールドフランスでもありました。

一週めの登坂ステージでコロンビア出身のナイロ・キンタナがその存在を見せて以来、わたしはこのアメリカ先住民の血を濃くひく風貌のレーサーを応援していました。彼が身長166センチと小柄なのも、近ごろのスポーツ界でめずらしく。優勝したイギリスのクリス・フルームと20センチも差があります。

最終日に彼が総合2位でツールを終えたことを祝って、コロンビアの1957年の切手です。

lattice tower 2 / 鉄塔 その2

May 12, 2013

1 February 1952, Switzerland
Swiss Telecommunications Centenary
design:  P Gauchat
‘Radio’

Another abstract lattice tower which is dispersing wavy lines.  This is a set of four stamps and each design commemorates a different method of communication.

We get used to imagining our sky covered by communication networks, but 100 years before this stamp, it must have been a new concept to have invisible waves flying above us.



‘Television’
‘Telephone’
‘Telegraph’

スイスの通信事業100年を記念した切手です。100年前の1852年というと日本ではペリーの黒船が来航して開国を迫られる前年。そんな頃に、すでにヨーロッパではモールス信号が飛び交っていたのか、、。切手は額面の低いほうから、通信の発展を時代ごとに象徴するモールス符号、電話線、ラジオ電波、テレビ送信が描かれています。

今ではネットワークの中にいないと不安になるほどですが、61年前の1952年ですら、眼に見えない電波が手元でカンタンに受信できるようになるとは、ほとんどの人は想像しなかったことでしょう。星空がロマンチックなかわいい切手たち。

electrical telegraph / 電信機

March 17, 2013

13 October 1954, Japan
75th Anniversary of Admission to ITU
designer: Yutaka Yoshida
engraver: Tsuneo Kasano

After the Croatian QR code stamp, I remembered this one, in a similar layout with mysterious lines and dots.  The centre picture is an early electrical telegraph receiver.  In the top bar, between two small squares, are Japanese Morse code, which says ‘ko ku sa i’, which means ‘international’.

Although there is a similarity in the first impression between this and the QR code stamp in the previous post, this one has far higher density in its stamp design.  I admire this old ‘stampness’ and joy of magnifying.

昭和29年10月13日発行
国際電気通信連合(ITU)加盟75周年記念
デザイン:吉田豊
原版彫刻:笠野常雄

白地に赤のQRコード切手を見て思い出したのが、これです。小さな四角の配置が似ているし、フチを囲んでいる不思議なコードも前時代のQRという感じ。中央は電気通信レシーバーで、上のフチの中は日本語モールス符号で「こくさい」と読めます。たぶん、他の3種類のフチにあるコードで「電気・通信・連合」と言っているのでしょう。

ぱっと見の印象は似ていても、小さな紙面に詰まった情報の密度にQRコード切手とは雲泥の差があって、やっぱりわたしは丁寧にカリカリと彫られた59年前の「切手らしさ」がとても好きみたいです。拡大して、うっとり。

追記:
2012年10月に日本郵趣協会から発売された『ビジュアル日本切手カタログ vol.1』に、この図案のフチを囲む記号が説明されています。左が「キネン」、右が「デンキ」拡大している下は「ツウシン レンゴウ カメイ 75 シウネン」と右から読む(ん?)ようです。

prudence on the road / 信号は守ろう

December 18, 2012

1957italy002

7 August 1957, Italy
Road Safety Campaign
designer: R. Mura

I have seen two cars ignore the red traffic light and went over it, in one day…  Even when we are living through a hectic December and dealing with all the things that this festive season brings , we really need to at least appreciate the traffic lights for the sake of other people’s safety!

Earlier this month I encountered a number of attractive Italian stamps for the first time, at a nice philately-shop in Milano.  Only because I had not seen good ones before, I thought that most Italian stamps were boring – but I was wrong.  This simple yet strong stamp tells me that I should get rid of my prejudice and visit local stamp shops anywhere I am able to.

先日ロンドンの街中を歩いていて、たて続けに2度も、信号を無視して交差点を走り抜けていく傍若無人な運転者を目撃し、唖然。12月は何かと気が急いて落ち着かないけれど、だからこそ、他者の安全を尊重して信号ぐらい守ろうよ、、、と思ったのでした。

「路上では慎重に」と呼びかけるこのイタリアの切手は、ミラノの切手商で見つけました。最近の切手だけ見てイタリアの切手はつまらない、、と思っていたけれど、古いものに素敵なのがたくさんあることを発見。このすっきりと強い赤信号切手は「偏見を捨てて、小さな切手商が蓄えているお宝を丁寧に見て歩こう」という自分への教訓です。

Northern Birch / 北国のシラカバ

April 25, 2012


4 September 1957, Iceland
design: Mrs. B. Arnasson
Icelandic Birch and Norwegian Spruce

Cool mono colours, crisp intaglio engraving and simple composition.  These stamps evoke an adoration for the short and precious Northern Summer and praiseworthy energy of trees.

かりっとした彫り線とシンプルな構成で、単色なのに素敵な仕上がりのアイスランドの切手です。冬を生き延びてまた葉をつけるけなげな木々を丁寧に描き、到来を待ちわびる短い北の夏を象徴しているようです。

floating envelopes / 宙に浮く封筒

March 28, 2012

1958 Turkey
Letter Writing Week

I finally realised myself that I have an envelope fetish – I cannot throw away used but not damaged envelopes, especially one that has a nice coloured lining or printed patterns.  I made a set of artworks, using those insides of used envelopes for a charity exhibition, and it was very satisfactory when someone bought them.

So, I am naturally attracted by this charming 1950s stamp from Turkey.  They are on their way to be delivered, as they have cancellation marks.

最近になって気付いたのですが、わたしはきっと「封筒フェチ」なのです。送られる郵便物の封筒をなかなか捨てられない。特に、封筒の中に模様が印刷されているのが好きで、そんな封筒の裏を使ってチャリティー展示会のための作品を作ったことがあります。それが売れた時には、共感してくれた人がいてとても嬉しかったのです。

こんな風に封筒がふわふわ浮いているチャーミングな切手を見つけると、だから必然のように買ってしまう。切手に消印も見えます。ただ、この図柄から「信頼できる郵便サービス」は連想できない、、ですよね。