Posts Tagged ‘1940’s stamp’

bird, hands and a twig / 手と小鳥と小枝

January 20, 2017

1947, Germany

The handcuffs chain is snapped and freed hands release a bird holding a twig in its beak.  This stamp was issued under Allied occupation 2 years after the end of the second World War, and hands are symbolically used for a great desire for freedom and hope for seeding the recovery.

We live in a chaotic world – this very day I would think about a bird with green leaves, our rather humble hope of peace.

手錠の鎖が切られ、小枝をくわえた白い鳥が空に放たれる、、、この切手は連合軍統治下にあった、戦後2年目のドイツで発行されたものです。手が思想の自由と平和を求める象徴として描かれ、鳥と小枝は交流の再開や復興のシンボルでしょうか。

まったくもって混沌とした非日常に生きているのじゃないかと感じる今日この日に、つつましい希望の鳥を解き放つ「手」に思いをめぐらせることにしました。

single-minded kawaii / ひたむきかわいい

August 20, 2015

1940Estonia001

30 July 1940, Estonia
Century of First Postage Stamps
design: K. Doll

The pigeon post was important method for distant communication before the airplanes were introduced.  And this stamp from Estonia is celebrating the history of postal stamps, with a pigeon with a letter in its bill, as if competing to an airplane.

I think the figure of ‘pigeon with letter’ is always kawaii, as its earnest and single-minded attitude to complete their mission.  One question I still have – how did they deliver letters to the correct address?

Ah, I have just read the wiki and learned – they were flying back home!

航空便が広く使われる前は、伝書鳩が遠隔地を結ぶ通信に使われた – 切手の100年を祝うエストニアからの1枚は、そんなミッションを帯びて飛ぶハトが飛行機と競争しているかのような図案で、、とてもかわいいと思うのです。

くちばしに手紙をはさんだハト(本当は、脚に巻いた筒や胸にくくり付けた小さな箱だったようです)は、それだけでひたむきなものを感じさせる。けれど、当時の伝書鳩はどうやって到着地の住所を見分けたのか、、、?

あ、ウィキペディア読んで分かりました – 家まで戻る能力を使ったのですね〜。

 

rural landscape and horse / 田園と馬

January 20, 2014

1946Sweden001

8 June 1946, Sweden
Centenary of Swedish Agricultural Show
designer: O. Sköld
engraver: S. Ewert

According to a book titled “What on Earth Happened?”, churches owned horses and cleared a lot of woodland, then rent those reclaimed land to farmers – that was the largest force of destruction of ancient forests in the Medieval Europe.

This Swedish stamp is showing a mother horse and a pony in the agricultural field – it rather looks peaceful now, though.

馬の登場を人間の歴史の重大なターニングポイントに数える歴史の本『137億年の物語』は、中世のヨーロッパで教会が馬を所有して森を開墾し、農地を農民に貸して巨大な収益を上げ、それを元に壮麗な聖堂を建てたことを語ります。

今は平和に見える「馬の居る田園風景」ですが、中世のヨーロッパから森が消えた理由はそこにあった、という説もあるのですね。

grapes / ぶどう

November 1, 2013

1948Belgium001

2 February 1948, Belgium
Promotion of Belgium Export

This autumn I have been eating a lots of grapes.  It seems this is a reaction to lack of wine – as I am in the medical treatments for last two months.  Most grapes I eat are from Spain, but it looks grapes were important exporting item of Belgium in 1948.

Although mono coloured and simple design, this stamps has some strong impression for me.

この秋はぶどうを食べ続けています。療養中なのでワインを飲まずに2か月を過ごして、どうやらそのリアクションのようです。今、イギリスで買うぶどうはスペイン産がほとんどですが、1948年当時のベルギーではぶどうも主要な輸出品だったのですね。

単色でシンプルなデザイン、しかもぶどうからはほど遠い色なのに、わたしには魅力的。基本を見直す一枚。

hair comb 2 / 髪に櫛 その2

September 20, 2013

1947Martinique001

2 June 1947, Martinique ( overseas region of France )
designer: Lemagny / engraver: Achille Ouvré

I looked in my collection for any African hairstyles with combs – not from Africa, but I found this one from the French island of Martinique in the Caribbean Sea.  This lady’s fabric decoration is connected to her hair by a slim comb.

In the exhibition of “Origins of the Afro Comb”, you can learn about modern Afro Combs which are used to celebrate African identity of emancipated slaves in those Caribbean islands as well as in the USA and Europe.

ケンブリッジで観た展示会『Origins of the Afro Comb』に出てくるような櫛が描かれた切手はなかったかな?と探していたら、カリブ海にあるフランスの海外県の島マルティニークから発行されたこの切手がありました。髪に巻かれている布が、細身の櫛で留め付けてあります。

Origins of the Afro Comb』展では、黒人奴隷としてカリブ海やアメリカ、ヨーロッパに連れて来られた人たちの末裔が人権や生活を守る行動を起こした時に、故郷であるアフリカの文化を伝えたスリムな櫛を象徴として使ったことが展示されています。

lattice tower 3 / 鉄塔 その3

June 19, 2013

1947Italy003
1947Italy005

1 September 1947, Italy
50th Anniversary of Radio
design: R. Garrasi

I did not post anything for a month… and am still looking at stamps with lattice tower…

But a book which I have just finished has revised my view on these Italian stamps.  “Clouds above the Hill” by Shiba Ryotaro told me how important telecommunication facilities were already during the Russo-Japanese War in 1904 – 1905, both at the War front, as well as international newspapers which put great pressure on the Russian emperor to accept America’s mediation offer.

Similar to aviation and other heavy industries, telecommunication was developed with national needs and energy – yes, it was looked up at with awe and could be possessed by higher existence.

この前にポストしたのは一月前なのに、まだ鉄塔の切手を眺めているわたし。

ただ、この一月に司馬遼太郎の著作『坂の上の雲』1〜8巻を読み、その舞台であった日露戦争の1905年ごろすでに、長距離通信が国の命運を変えるほどに重要であったことを知ったので、以前はくすっと笑っていたこの神がかった切手への見方が変わりました。日本海海戦の作戦をたてた参謀が、なくてはならない存在だった通信器具を開発した技師を戦後に訪ね、仕事ぶりに礼を言った、という逸話が、この切手の持つ雰囲気と重なります。

飛行技術や重工業などと同じく、通信技術も当時は国の運命を賭した事業だったのですね。それにしてもイタリア、仰ぎ見るアングルと、上空に君臨する厳しい目の天使が劇的です。

London 1948 / 1度前のロンドンオリンピック

August 24, 2012

29 July 1948, United Kingdom
Olympic Games
‘Speed’ – designed by Abram Games

The first set of stamps from 2012 was the London 2012 Olympic and Paralympic Games Definitives, then Welcome to the London 2012 Olympic Games was issued in July.  The latest set is Team GB Gold Medal Winners – none of them are my cup of tea… so, I am featuring a set of Olympic stamps from 1948.

My most favourite is above by Games, showing a kind of sports scene – others are more abstract, telling that the Olympics is a global and peaceful event, hosted by King George VI.  Designers of that time had a tough task – mono colour and the portrait.



‘Globe and Laurel Wreath’ – designed by Percy Metcalfe
‘Winged Victory’ – designed by Edmund Dulac
‘Olympic Speed’ – designed by Stanley D. Scott

p.s. I found this article on above stamps and more, through Going Postal.  Design decision was made by the King himself…

2012年の始めに発行されたオリンピックのロゴの普通切手も、開幕式の前日に発行された記念切手も、そろそろ出来てくる金メダル受賞者の切手も、残念ながらここで取り上げたくなるようなデザインではないのでした。なので、一度前のロンドンオリンピック、1948年に発行された切手から。

一番のお気に入りは、戦前からすでに有名だったAbram Gamesが手がけた一番上の切手です。スポーツの躍動感がミニマルに描かれ、「地球規模の祭典」という概念も抽象的に表現されています。これで、国王ジョージ6世の横顔を入れないですんだら、どんなにモダンな切手が生まれていただろう、、、と、当時の切手デザイナーの対面していたジレンマについて想像してみたり。

p.s. コレクター仲間のブログ Going Postal に、上の4枚が選ばれた1948年のいきさつについての記事が転載されているのを発見。なるほど、最終決定は国王が下していたのですね。Abram Gamesのを選んでくれて良かったー。

Aboriginal art / アボリジニのアート

May 23, 2011

1947Australia001

1947 Australia

The British Museum has an Australian season over this summer, featuring art, crafts and history.  One of the curators of the British Museum was talking about Aboriginal art on the radio tonight and that reminded me of this stamp.

Featuring indigenous people’s art in 1947 was in fact very early compared to other countries which were settled by immigrants.  15 years later than this stamp, in 1962, all the Aboriginal tribes in Australia finally had the right to vote.

大英博物館ではこの夏「オーストラリア・シーズン」と称して前庭にオーストラリアの木が植えられ、工芸やアートが展示されるそうです。ラジオで大英博物館のキュレーターがこの催しを案内していたので、この切手を思い出しました。

入植者が国土を乗っ取ってしまった国々では先住民がひどい扱いを受け、1947年の時点で先住民のアートを切手の図柄に取り上げたのは実はとても早かったのです。なのでわりと早くに先住民の文化に理解を示した国だったのかと思ったら、そうでもなく、この切手から15年後の1962年にようやくアボリジニも選挙権を獲得しました。

one year on / 火山の混乱から1年

April 16, 2011

1947Iceland001
1947Iceland002

3 December 1947, Iceland
Mt Hekla in Eruption
design: S. Jónsson

Just a year ago, people in Europe started to realise that an event of nature can cause great disorder to our modern society.  I was in Milano last year today, looking for an alternative route to get out from Milano – it took 25 hours to get back to London through Euro-tunnel.

This set of stamps are showing an eruption of Helka, one of Iceland’s main volcanoes, in 1947.  The close-up below shows great needle work by the engraver, signed SJ, depicting erupting volcanic ashes both near and far.

Iceland has been supplying most of its required electricity by renewable sources – geothermal and hydro power. And also they are developing hydrocarbon exploration, as they are aiming to be energy-independent by 2050.

1947Iceland001-2

一年前、火山の噴火が飛行機を止め、いつもの便利な生活をあっと言う間にかき乱すことをヨーロッパの人たちは体験しました。わたしもミラノからパリへの夜行列車で眠り、車でリールまで迎えに来てもらって25時間かけてロンドンに戻りました。

この2枚の切手は、同じアイスランドで1947年に噴火したヘクラ火山を描いています。凹版印刷の彫り師が、吹き上がる火山灰が遠くでかすんで地上に降る様子を丁寧に描いていて、火山に対する畏敬の念を感じます。

アイスランドは国内で必要なエネルギーのほとんどを水力発電と地熱発電によって供給しているのだそうです。水素燃料電池の開発や試運転もすすみ、2050年までには化石燃料の輸入もやめエネルギー的な自立を目指している、、。日本の約3割の国土におよそ32万人が住む人口密度の低さだからできる離れ業ではあるけれど、エネルギー政策の先進国と言えるでしょう。

map and compass point / 地図と方位記号

January 17, 2010

1944Sweden001

15 April 1944, Sweden
Tercentenary of first Swedish Navigators’ Chart
designer: H. Sallberg
engraver: S. Ewert

I like maps.  People say women cannot read maps – that is not true.  I am a good navigator and sometime better than TomTom.

Maps are used a lot for subject of stamps, as it shows a territory of a country and also movement of people.  I like this stamp, particularly the compass point is nicely featured.  The map featured is the first Swedish Nautical Chart, made in 1644.

地図が好きです。よく女性は地図が読めないとか言いますが、真実ではありません。地図を読むのも大好きで、カーナビよりもよい判断をすることだってあります。

切手のモチーフとしてよく地図が使われるのは、国の形が絵になりやすかったり、人や物の動きや歴史的な時間が描けるからでしょうか。1644年に作成されたスェーデンで最初の海図を図案化したこの切手は、古風な方位記号がデザインに組み込まれていて小さいながらも美しい仕上がりです。

地図の切手が好きな方には『切手が伝える地図の世界史』の著者が運営していると思われる「切手で読む地図の楽しみ」というブログが圧巻です。素晴らしい。

Letters Only / 文字だけの構成

November 5, 2009

1946Netherland001
1946Netherland002
1953Netherland001
1953Netherland002
1957Netherland001

1946-57 Netherland
design by Jan van Krimpen

Difinitives of that time, first and second stamps ( 2 & 4 cents ) were issued in 1946, the rests were released in 1950’s. Decoration is from two ‘N’s of the name of the country.  Simple and Beautiful.

オランダの普通切手だったもので、最初の2枚は戦後すぐの1946年に、あとの3枚は同じデザインで1950年代に発行されたものです。よく見ると、装飾は文字の一部で、国名の中の「N」の字から延びています。シンプルで美しい、お気に入りの切手です。

First bicycle stamp from Japan / 日本初の自転車切手

September 27, 2009

1948Japan002

29 October 1948 Japan
National Athletic Meet
design: Katsutoshi Hioki

The first set of stamps on theme of sports were issued in 1948.  This bicycle stamp was one of the second set, celebrating 3rd National Athletic Meeting.  Off centred and dull mono colour print, but showing beginning of hope in rebuilding the country, 3 years after the end of the war.

昭和23年10月29日発行
第3回国民体育大会
デザイン:日置勝駿

日本で発行された初めての自転車の切手です。第3回の国民体育大会を記念した4枚セットのうちの1枚。エッジのはっきりしない単色の印刷でずいぶん中心をはずれてもいますが、戦後3年目で国の再建に拍車がかかっているような、そんなスピード感があります。

plant trees on burnt land / 焼け野原に木を

September 3, 2009

1948Japan001

1 April 1948 Japan
Afforestation
illustration: Katsutoshi Hioki
stamp design: Takeo Shimada

In contrast to the last two stamps from 1910’s and 1930’s, this one was made in a hurry and the message was urgency.  Printed on off White coarse paper, density of mono colour creates picture.

昭和23年4月1日発行
全国緑化運動
原画:日置勝駿
切手デザイン:島田武夫

余裕のあった大正時代や開戦直後の切手にくらべると質素で作りも粗い、戦後間もない3年目に発行された切手。焼け野原に木を植えよう、というメッセージは危急を要しているように感じられます。