Posts Tagged ‘野菜切手’

grapes / ぶどう

November 1, 2013

1948Belgium001

2 February 1948, Belgium
Promotion of Belgium Export

This autumn I have been eating a lots of grapes.  It seems this is a reaction to lack of wine – as I am in the medical treatments for last two months.  Most grapes I eat are from Spain, but it looks grapes were important exporting item of Belgium in 1948.

Although mono coloured and simple design, this stamps has some strong impression for me.

この秋はぶどうを食べ続けています。療養中なのでワインを飲まずに2か月を過ごして、どうやらそのリアクションのようです。今、イギリスで買うぶどうはスペイン産がほとんどですが、1948年当時のベルギーではぶどうも主要な輸出品だったのですね。

単色でシンプルなデザイン、しかもぶどうからはほど遠い色なのに、わたしには魅力的。基本を見直す一枚。

autumn colours from Japan / 日本の秋の色

October 23, 2013

2013Japan001

30 August 2013, Japan
illustration: Hikaru Hatano
stamp design:  Akira Tamaki

One of the recent issues from Japan has arrived and they are carrying a nice evocative smell of Autumn.  They are beautifully illustrated and made a lot smaller ( 21.5mm × 25.5mm ) than normal commemorative stamps – I like their fineness although they are self-adhesive.

2013Japan002
2013Japan003
2013Japan004
2013Japan005

平成25年8月30日発行
野菜とくだものシリーズ 第1集
原画:波多野 光
切手デザイン:玉木 明

野菜とくだものの切手を載せている間に、今の季節にぴったりのシリーズが届きました。日本の秋の香りが漂ってくるようです。普段は好きではないシール式だけど、イラストの精緻さとこの小さなサイズ ( 21.5mm × 25.5mm ) が相まってとても魅力的。友人の梨影(りえ)さんに、この洋ナシの切手が貼られた展覧会の招待状が届いた話を聞いて、ネットでは伝わらない暖かさを運ぶ切手の存在を改めて確認しました。

harvest and appetite / 収穫と食欲

October 14, 2013

1958San Marino001
1958San Marino002

1 September 1958, San Marino
design: R. Franzoni

Here in London we have the beginning of autumn colours, but the weather is already winter…  I guess the southern Europe is still in sunshine and people are harvesting for a few more weeks.  In Japan there is a saying ‘sky is high and horse will grow fat in autumn’ and in fact I was always gaining some weight in autumn, after the air cools down and my appetite came back.

These illustrated vegetables are dynamic and thankful.

ロンドンは木々が色づき始めたばかりなのに、ここ数日はすでに冬みたいなどんよりした暗さと雨風です。まだきっと南ヨーロッパでは気持ちの良い日射しの中で収穫が続いているのだろうなぁ。ひと昔前までは、今は冬を乗り切る保存食作りに忙しかった時期だと思います。日本にいた頃は、秋には急に食欲が出て、夏に失った体重をとり戻していた記憶が、、。

サンマリノ発行のこの2枚には、そんな季節の勢いが描かれていて食欲をそそられる感じがあります。

design-it-yourself / オリジナルを作る切手

October 7, 2013

2003UK046
2003UK048
2003UK047
2003UK045
2003UK052

25 March 2003, United Kingdom
Design-It-Yourself ‘Fruit and Vegetables’
designer: Johnson Banks
photographer: Kevin Summers

2003UK059

I am not a fan of self-adhesive stamps normally, but for this set it is appropriate and a great joy to have a lots of sticker parts to choose from.

The only one restriction is not to hide the Queen’s silhouette and 1st class value.  So, the results are my designs, except Mr. Potato, which was one of the examples by the designer.

In 2010 Finland issued a bad copied version of this series – not as cool as this British original design.  What’s going on at the Finnish Post??

2003UK046-2
2003UK048-2
2003UK047-2
2003UK045-2
2003UK052-2

「Design-It-Yourself 」というテーマでシール切手に付属して顔や帽子などのパーツのシールを足してオリジナルな切手を作るシリーズです。女王の肖像とファーストクラスの額面を隠さないよう、という注意書きつき。

普段はシール式の切手が好きではないのですが、シールだから簡単に出来ることでこんな風に遊べたら楽しい。顔パーツを足した切手たちは、じゃがいも君以外はわたしのデザインです。

2010年にフィンランド郵便がこのシリーズのコピーを発行したのには驚きました。しかもイギリスのオリジナルよりダサい。デザインを売りにしている国の郵政が、何をしてるんだ〜?

home grown vegetables / 家庭菜園から

October 5, 2013

15 January 2011, Thailand
Home-grown Vegetables

Odd shaped vegetables are more attractive than uniform and shiny ones from the supermarket – I have a feeling that many people think in this way, nowadays.  Heart warming vegetable stamps from Thailand.

ライムやかぼちゃの断面が愛らしいタイの切手たち。スーパーで買う均一な大きさでつるつるの野菜よりも、ちょっと変わった形やサイズがまちまちの家庭菜園の収穫のほうを魅力的に感じる近ごろ。そんな人が増えている気がします。