Posts Tagged ‘通信の切手’

radio tower / ラジオ塔

April 24, 2017

23 September 2005, Sweden
Varberg Radio Station, Grimeton
designer: Hannu Jarvio / engraver: P. Naszarkowski

I really like the lattice towers.  They are designed purely for function – built as high as possible with  a minimum of materials, the wind passes through otherwise it would topple down in a storm.

This stamp is looking up at one of 6 transmitters at the radio station, built in 1922 to 1924.  Now it is classified as a World Heritage Site and opened to public on Alexanderson Day.

鉄塔がとても好きです。少ない素材で出来るだけ高く、風に倒れないようスカスカに組んである、機能に徹した構造体。

この切手は世界遺産にも指定されている、スェーデンにあるヴァールベリのグリメトン無線局(1922年から24年に建設)の鉄塔のひとつを見上げた図です。鉄塔も、切手も美しい♡

Concentric circles / 電波・同心円

April 23, 2017

1976, Ireland
50 years of Irish Radio
design: Graham Shepherd & Al O’Donnell

Another way of showing the invisible phenomenon of radio waves – a set of concentric circles.  Often the waves are dispatched from a radio tower ( yes, in this case of an Italian, 1947 ) and in this Irish stamp, there is an earth in the centre to tell us that their broadcast is connected to the world.

電波が飛んでいく、見えない現象を描く手法でよく使われるのが、ラジオ塔から飛び立つ同心円の線(1947年のイタリア切手も)。このアイルランドの切手では、同心円の中心に地球が描かれ「発信元は世界とつながっている」表現ですね。

この切手からRCサクセションの『トランジスタ・ラジオ』を思い出し、びっくりするくらい歌詞を覚えていて、今も耳から離れません。『ベイエリアから / リバプールから / このアンテナがキャッチするナンバー』と清志郎(あぁ、すてきなしゃがれ声だったなぁ。追悼)が歌ったのが1980年、この切手の4年後でした。

Radio waves / 電波

April 12, 2017

1976, Ireland
50 years of Irish Radio

When you depict something which you normally don’t see, you have to analyse the phenomenon and embody it.  In this case, arcs from one place to another show that some voice or information have gone through the air and are being received.

This simple and clean design tells us that remote communications are flying in the blue sky over the green earth.

目に見えないことがらを描く時、まずその事象を分析してそこに何らかの形を与える必要があります。この切手の場合は、1本の直線と3本の弧で、ある場所から発信された電波が別の地点で受け取られたことを明快に図象化しています。

濃緑の大地を離れて青空を進み受信される電波。シンプルながら、どこかお国がらが見えるデザインです。