Posts Tagged ‘環境問題切手’

energy saving / ドイツの省エネ

April 5, 2011

1979Germany001

14 November 1979, Germany
‘Energy Saving’

The seven oldest nuclear power reactors are temporarily shut down in Germany after the Fukushima nuclear incident and discussions on the phase-out process is now dominating the debate in the country.

This stamp is from 32 years ago – the length of time that one nuclear power plant can produce energy under the current German law.

I am interested in energy policy from different countries since the Fukushima problem and recalling the landscape of places I have visited in relation to that. For example, you find a lot of solar panels on houses in Belgium, where the phase-out of nuclear power is in place already.

European cities are not keen to have bright adverts or bright lit vending machines in their towns, and appreciate moody candle light for romantic dinners – but a more radical shift is needed on the manufacturing front and everyday life in the nuclear free future.

ドイツで古い方から7基の原子炉が一時停止したこと、それによって隣国からの電力の輸入が始まったことが伝えられています。もともと反原発の世論の強かった国で、シフトが起こるのは必至のようですね。

この切手は32年前の発行。ドイツには32年経った原子炉は止めるという法律が、すでにあります。

大震災後の福島第一原子力発電所の経緯を見ながら、ヨーロッパ各国のエネルギー政策に関心を持つようになり、それが各国のランドスケープの特徴とも関連があることにも思い当たりました。たとえば原子力発電を将来的に廃止することが決議されたベルギーでは、政府からの補助金を使ってたくさんのソーラーパネルが民家の屋根に設置されています。

もともとヨーロッパでは、都市に照明で飾り立てた看板を掲げることを嫌ってきたし、キャンドルの灯でロマンティックなディナーを大事にする伝統がありますが、原子力に頼らない将来を模索する今、もっとラディカルな製造現場や生活の見直しが必要になってくるのは間違いないです。

energy recycling / エネルギーリサイクリング

March 30, 2011

1981Japan002

1 August 1981, Japan
Energy Recycling
design: Hideo Toyomasu ( competition winner )
layout: Yoshiaki Kikuchi

Another stamp in the same set as the previous post, ‘save energy’.  When this stamp was issued, energy recycling did not yet mean ‘renewable’ in Japan, where the mainstream of energy discussion was around building more and more nuclear power plants.

Now, after the tsunami has made the cooling system of the Fukushima power plant disabled, people started to discuss the dangers of having 54 nuclear power plants on the edge of tectonics – and the 300 year long problem of how to keep nuclear waste safe.  I am shocked myself how I did not pay attention to the decommissioning of nuclear power plants, until this large scale distruction. This is going to be a problem all over the world – 531 existing and under construction plus on-going plans of nuclear power plants, if the buildings are not standing there for ever.

昭和51年8月1日発行
省エネルギー
原画:豊増秀男(公募から採用)
レイアウト:菊地吉晃

一つ前に紹介した『省エネルギー』とセットで出された切手です。原子力発電所の建設がどんどん進んでいた1981年、「エネルギー・リサイクリング」はまだ継続可能なエネルギー源のことではなく、発電余熱の有効利用とか、そういう事だったと思います。

地震と津波で福島第一原子力発電所の操業を止めるまで、原発は安全だと言われているけれど本当に?という疑問を持たなかった。今になって、どうやって原子炉を止めるかとか建て屋の放射能汚染がどれくらい残るのか、放射性廃棄物をどう管理するのかなどを知って愕然としています。300年間どこか隔離された場所にしまっておかないといけないような物が、何百万本ものドラム缶に入って、日本のどこかにある。日本だけでなく、世界中の435基の原子炉から同じような廃棄物が出ていて、まだ100基近くが建設中だったり計画されていたりする事実。世界中で、節電しないといけないんだよね、本当は。

save energy / 省エネルギー

March 23, 2011

1981Japan003

1 August 1981, Japan
Energy Saving
design: Sakae Maejima ( competition winner )
layout: Fumito Otani

It is not well broadcast abroad that in most of Tokyo people are having planned power cuts, up to 3.5 hours a day.  Many shops are open with reduced illumination, as well as in stations.  They must have a difficult time, even if they expect the black out they have to build their life around it.  But there are some positive comments on their situation – one found that the stars are so beautiful when the street lamps are out, another thought a restaurant was nice and intimate with a table lamp.

I thought I could find several stamps about Energy Saving, but found only a set of two, which were issued in 1981, just after the second oil crisis.  Since then people forgot to think about it for long time and power plants were built to sustain our wasteful habits.

昭和51年8月1日発行
省エネルギー
原画:前島栄(公募から採用)
レイアウト:大谷文人

首都圏の計画停電でたくさんの人が交通の乱れなどを体験している様子は、ここ英国のメディアでほとんど取り上げられていません。きっと毎日の生活で、細かく不便なことがたくさんあるだろうと思います。そんな中でも「店や駅もこれくらいの明るさで充分、今までがエスカレートしすぎだった」とか「街灯の消えた空にびっくりするほどたくさんの星が見えた」というようなコメントを見かけると、日本はこの困難を抜けた時にきっとより良い場所になる、と思えます。

省エネルギーに関する切手はきっとたくさんあるだろうと思ったら、日本ではこの1981年のセットだけでした。それ以降はバブルに突入し、だれも「ビルの広告明るすぎない?」と言わなくなった。そして、工業を促進して明るい夜を支えるために、発電所が建て続けられた。環境問題への意識が高まったここ数年にも、省エネルギーに関する日本の切手は見つからず。それは正直、驚きでした。

Bio Energy / バイオエネルギー

July 30, 2009

Denmark2009001
Denmark2009002

7 January 2009, Denmark

Bio Energy and Low Energy Building
Announcing COP-15, held in Copenhagen December 2009
design: Faber + Wildschiødtz
engrave: L. Sjööblom (9 DKK) & M. Mörck (5.5 DKK)

Beautiful graphic design made me bought them first, then I found what the stamps are about later.  What a brilliant storategy to promote important event such as Convention on Climate Change.

美しいグラフィックに魅せられて買ったこの切手。調べると今年の12月にコペンハーゲンで開かれる地球環境の国際会議COP-15を予告する切手でした。この会議をアピールするために企画されたCOP15サイクリングツアーは5月23日に東京を出発したようです。