Posts Tagged ‘日本切手’

falling on one’s bottom / すってんころりん

January 8, 2011

1977Japan007
*exch. 048

25 March 1977, Japan
Animal wrestling on ‘Choju-jinbutsu-giga‘ ( 12-13 Century )
layout: Saburo Watanabe

‘Choju-jinbutsu-giga’ means ‘Animal-person Caricatures’, drawn by unknown artists at a temple in Kyoto, between the 12th and 13th century.  This set of scrolls are regarded as the first Japanese manga.

In this scene, a rabbit is thrown by a frog in sumo wrestling, and not just the frog audience, but also the defeated rabbit are laughing.  I remembered this stamp when I slipped and fell on my bottom on the stairs of a friend’s house a few days ago.

昭和52年3月25日発行
『鳥獣人物戯画』(平安時代末期 – 鎌倉時代初期)
第2次国宝シリーズ 第3集
原画構成者:渡辺三郎

お正月の3日に友人宅の階段ですべって尻もちをつき、まぶたに火花が飛び散りました。その時に思い出したのがこの切手。

『鳥獣人物戯画』の一場面のうさぎの表情が大好きです。こんな風に、すってん転んでもわははと笑っていられるような、そんな一年になったらいいな、と、、。

Happy New Year / あけましておめでとう

January 1, 2011

30 August 1974, Japan
Nature Conservation Series: Mammals
Amami Rabbit

Happy New Year!

This is the year of rabbit in Chinese astrology, which consists of 12 dedicated animals.  This rabbit from the South Island of Japan is an ancient type of rabbit, now endangered.  Mongooses released by island residents to kill poisonous snakes have killed a large number of Amami rabbits, too…

I would like to learn more about those delicate balances of enironment and biodiversity this year.

あけましておめでとうございます。
新年もよろしくお願いします。

このブログを始めてから2度目の元旦は、干支の兎です。離島に生息し古代のウサギの名残をとどめているこのアマミノクロウサギは、残念ながらかなり数が減っているようです。理由は、毒蛇を減らそうと島に持ち込まれたマングースと、ペットの犬猫らしい。

生態系とはデリケートなものなのですね。今年は生物多様性についてもう少し学びたいと思います。

shrimp, prawn or lobster? / エビ問題

December 14, 2010

1966Japan001
*exch. 047

31 January 1966, Japan
Japanese spiny lobster
original paint: Eizo Kato ( 1906 – 1972 )

When this stamp was issued, we were not aware of the impact of the commercial fishing on the ocean environment.  Recent researches are revealing the scale of destruction and I was shocked to watch ‘The Death of the Oceans?’ presented by David Attenborough.

This is the Japanese spiny lobster and they seem ethically OK.  But smaller ones, prawns or shrimps are more problematic.  Shrimp trawling causes a lot of bycatch.  According to Greenpeace Seafood Red List, there are 10 kgs of bycatch for 1 kg of shrimp, and endangered species, such as sea turtles, are often caught.  Prawns and shrimps are largely exported to Japan, USA and Western Europe.

Do we keep enojoying Dim Sum at a reasonable price in traditional Chinese restaurant or look for a MSC certified restaurant and pay a bit more? – Although I am used to choose vegetables and meat ethically, this is not an easy question to ask myself.

昭和41年1月31日発行
魚介シリーズ
原画:加藤栄三 ( 明治39 – 昭和47 )

この切手が発行された時にはまだ、漁業が環境に与えている影響についてほとんど議論されていなかったと思います。最近、デーヴィッド・アッテンボローのBBCのドキュメンタリー『The Death of the Oceans?』を観てショックを受けました。人口の増加と漁業技術の進歩、寿司が世界中で好まれるようになったこと、、、原因はたくさんあるけれど、ともかくこのまま続けると海の生態系はずたずたになってしまう。

この切手に描かれているイセエビは、たまにしか口にしないけれど、さほど問題ではないようです。もう少し小さめのエビ、アジアの海で底網で収穫されるタイプが環境に深刻な影響を与えています。1キロのエビを穫るために他の生き物が10キロもトロール網にかかってしまうのだそうです。その網には、絶滅の危機にある海ガメもかかってしまう。そして、エビは遠く日本やアメリカ、ヨーロッパなどの消費地に輸出されます。

今までのように中華街で安く美味しい飲茶を食べ続けるか、それともMSCに認定された別のレストランで(ある?)少し高い料金を払うか?卵や肉、野菜などをサステナブルな売り手から買うことには慣れてきたけれど、エビ問題にはちょっと困っているのでした。

season of fish / 冬は魚

December 5, 2010

1967Japan004
1967Japan005
1967Japan001
*exch. 046 ( bottom one only / limited number )

1967 Japan ( from top: 10 March, 30 June, 10 February )
Fugu / painted by Shingo Yamada ( 1908 – 1977 )
Flying Squid / painted by Takayama Tatsuo ( 1912 – 2007 )
Amberjack / painted by Okumura Dogyu ( 1889 – 1990 )

I was grown up in Yamaguchi prefecture, which is known for Fugu fishing.  I remember once my grandfather caught this funny looking but poisonous fish and my mother took it to a fishmonger who had a license to prepare it for sashimi.

Amberjack is a special delicacy for me as it fished far away from where I used to live.  And I was wrong to remember about squid as a winter taste – this Flying Squid, the most common squid is summer/autumn food.

Recently I am more concerend about what I eat – not just the safety of it, but also the impact of commercial fishing on the environment.  Then I started to look up names and the recent statistics.  This list is helpful for getting some idea, from their names.

昭和42年2月~6月発行
魚介シリーズ
原画:
トラフグ / 山田申吾 ( 明治41 – 昭和52 )
スルメイカ / 高山辰雄 ( 明治45 – 平成19 )
ブリ / 奥村土牛 ( 明治22 – 平成2 )

山口県で育ったのでフグは身近な魚でした。祖父が近くで釣って帰って、母が免許を持った魚屋に持ち込んでさばいてもらったのを憶えています。ブリは遠く日本海側で釣れる魚だから、家族にとってはお正月用の特別な魚でした。イカも冬の味だと思い込んでいたのですが、スルメイカは夏が旬なのですね。

近頃、日常的に食べるものがどんな風に育ったり捕獲されたりしているのか、魚好きのわたしたちによる消費が環境にどんな影響を与えているのか気になります。けれど、魚についてあまりに何も知らないので、この一覧表の助けをかりて魚の名前と姿を見比べることから始めようと思います。

cooking beauty / 台所美人

November 29, 2010

1983Japan001
*exch. 044 & 045 ( two together )

20 April 1983, Japan
Philatelic Week
‘Kitchen Beauties’ by Utamaro ( 1753? – 1806 )
stamp design: Yoshiaki Kikuchi

This kitchen might be located in a house or outside – so, I sort it in ‘food and cooking’ category.  The original woodblock print is in the collection of Tokyo National Museum, as well as Museum of Fine Arts Boston.

This stamp is well representing details – coiled handles on boiling pot, delicate patterns on Kimono, smoke comes out from the cooker and a lot more.  It is great pleasure to inspect it with a magnifier.

1983Japan001-2

昭和58年4月20日発行
原画:喜多川歌麿 ( 宝暦3年? – 文化3年 )『台所美人』
切手デザイン:菊地吉晃

虫メガネでじっくり観察すると本当に楽しい一枚です。着物の柄、しなやかな手に握られた包丁と丸ナス、釜の持ち手についたコイル状の針金、炉から吹き出る煙。小さな切手にこのディテールを再現したデザイナーと印刷職人の心意気に拍手をおくります。

元になった木版画は東京国立博物館ボストン美術館に収蔵されています。

reading a letter / 文読み

November 28, 2010

1969Japan007

1 October 1969 Japan
‘Reading a letter’ by Harunobu Suzuki, 1750

This stamp was issued for Universal Postal Union Congress, showing a woman reading a long letter, in her house with great detail of Tatami mat, sliding wooden panels with paper, and a Bonsai pot on wooden floored terrace.

Harunobu Suzuki ( 1724? – 1770 ) was a woodblock print artist and invented slim long legged girls as his style.  A reprint of the original art is in the collection of Postal Museum Japan.

1969Japan007-3

昭和44年10月1日発行
原画:鈴木春信 ( 享保10年 – 明和7年 )『文読み』
切手デザイン:菊地吉晃

この切手は万国郵便大会議を記念して発行されました。原画は東京国立博物館に収蔵されている「中納言朝忠(文読み)」( 1750 ) で、復刻が郵政博物館の収蔵品として紹介されています。畳や障子、縁側に置かれた盆栽など、室内のディテールが楽しめる切手です。

足の指や着物の模様などの原画の繊細なディテールを再現しているのに、なぜか版画の線も文字の線もぎざぎざなのは、印刷技術の発展途上だったのでしょうか?

Japanese songs / 林静一の少女の横顔

February 21, 2010

1981Japan001
*exch.030

10 March 1981 Japan
Japanese Song Series
‘Hana’ composed by Rentaro Taki (1879-1903)
illustration: Seiichi Hayashi (1945 – )

One of the stamps issued Japanese songs popular in musical educations.  The illustrator was a commercial animator before becoming an illustrator.  His lines and colours are very much suitable for stamp format and on the matured end of ‘kawaii’ kind, for me.

昭和56年3月10日発行
デザイン:林静一
原版彫刻:栗嶋茂

瀧廉太郎の『花』の出だしを載せた「日本の歌シリーズ」の9集(上)と『浜辺の歌』の7集(下)から。林静一氏のイラストは、その軽やかな線と明るい色使いがとても切手に合っていると思います。構成はオトナっぽいけれど、少女の表情から「かわいい」範疇にぎりぎり入るかな。

below;
18 September 1980
Japanese Song Series
‘Song of Beaches’ by Tamezo Narita (1893-1945)
illustration: Seiichi Hayashi (1945 – )

1980Japan002
*exch.031

昭和55年9月18日発行
日本の歌シリーズ 第7集
デザイン:林静一
原版彫刻:岩国守

Black Ship Inn / 竹久夢二『黒船屋』

February 14, 2010

1980Japan001
*exch.027

27 October 1980 Japan
‘Kurofune-ya’ painting by Yumeji Takehisa (1884-1934)

The artist Yumeji Takehisa was an early example of commercial illustratior and graphic designer, as well as a poet.  He was one of first artists who went abroad, tried to open a school for illustration and design.

This was painted on rolled silk on paper as ‘hanging’, around 1919.  The title of this painting ‘Black Ship Inn’ came from the wodden box the model is sitting on – a sign of an inn named after a large ship from America, led by Matthew C. Perry.  This ship, first arrived to Japan in 1853,  was the direct force for Edo Shogun to open the counrty.  Later, the image of Black Ship was turned positive, as symbol of Westernising and industrial development.

昭和55年10月27日発行
近代美術シリーズ
原画:竹久夢二 (明治17 – 昭和9)

竹久夢二の代表作といわれる『黒船屋』。黒船の到来で揺れ動いた幕末からほぼ50年経った大正時代、この絵が描かれた1919年ごろには『黒船』はすでに西欧化、文明開化のシンボルだったのでは、と想像します。着物姿だけれどモダンな印象の女性と、巨大な黒猫。これが時代の空気だったのでしょう。挿絵や本の装丁を多く手がけグラフィック・デザイナーの先駆けとなったこの作家の掛け軸の作品が、そのまま切手としてすんなり見えるのも、なんとなく頷けます。

Ryukyu Robin / アカヒゲ

February 10, 2010

1976Japan001
*exch.032

27 February 1976 Japan
Ryukyu Robin (Erithacus komadori)
photogravure with engraving
designer: Yoshiomi Higashikadoi
engraver: Tsuneo Kasano

The bird lived Southern islands, was certified as Natural monument in 1970.  Now it becames one of vulnerable species.  I wonder if that is the case for other animal and insect featured in the same series?  No voice file is found of this bird – no picture in Wikipedia.  I should send this stamp picture, as this is beautifully illustrated.

昭和51年2月27日発行
自然保護シリーズ 第2集 鳥類
デザイン:東角井良臣
原版彫刻:笠野常雄

もう一枚、丁寧に作られた日本の小鳥の切手があったことを思い出しました。絶滅危惧種のアカヒゲでした。おもに南西諸島に棲み、大隅半島に渡って繁殖するのだそうです。1970年に国の天然記念物に指定され、その後も数が減り続け。「ハブ退治を目的として各島に導入されたマングースが食べている」んだって。そういう「導入の失敗」ってあちこちで起こってるんですね。この「自然保護」シリーズで70年代に取り上げられた鳥や動物は、今では絶滅危惧種が多いのかな。調べてみようと思います。精緻な足元を拡大します。

1976Japan001-4

Hooo hokekyo / ホーホケキョ

February 8, 2010

1964Japan003
1964Japan002

1964, Japan
1 May (top: Meadow Bunting)
10 February (bottom: Japanese Bush Warbler / Japanese Nightingale)
design: Saburo Watanabe (top) & Masaru Kimura

About same time to the last featured bird stamps from Czechoslovakia.  Those two birds are known for spring song birds.  Choice of brunch, flower and the backdrop colours are somehow very Japanese. Sound of a Japanese Bush Warbler (Uguisu) is evocative for me – Hooo hokekyo!

昭和39年5月1日(上)と2月10日(下)発行
鳥シリーズ
デザイン:渡辺三郎(上)/ 木村勝(下)

先日紹介したチェコスロバキアの切手とほぼ同じ頃に出ている日本の鳥の切手から、春を告げる小鳥を2枚選んでみました。背景の色や梅やネコヤナギの小枝がとても日本的だからか、鳥も和風に見えます。ホーホケキョ、というなき声が聞こえてきそう。

same viewpoint again! / 同じアングル再び

October 1, 2009

1990Japan003
*exch. 026

20 August 1990 Japan
design: Takashi Shimizu

Celebrating the 1990 World Cycling Championship, which was held in Japan – track race in Maebashi and road race in Utsunomiya.  Nicely designed stamp – and again, the viewpoinrt is same to the previous four stamps!  Why?  While many other bicycle stamps proof that a racer can be pictured in many other different viewpoints?

平成2年8月20日発行
トラック競技・ケイリン
デザイン:清水隆志

1990年に日本で開催された世界選手権自転車競技大会を記念した切手。この年、トラック競技は前橋で、ロードレースは宇都宮で開催されました。綺麗な色彩で丁寧にデザインされた切手ですが、、それにしても、42年の歳月と、他国の自転車切手がたくさんの他の視点で発行された後に、4度目の同じアングルなのは、なぜ?

same picture angle / 同じアングル

September 29, 2009

1977Japan006
*exch.025

1 October 1977 Japan
design: Yoshiomi Higashikadoi

Celebrating the 32nd National Athletic Meet in Aomori – so, behind the racer there are Mount Iwaki and Iwaki River.  It seems Japanese stamp designers really like this angle to depict a bicycle racers – same as 3rd National Athletic Meet and Tokyo Olympic stamp.

昭和52年10月1日発行
デザイン:東角井良臣

第32回国体を記念した切手で、開催地の青森にちなんで岩木山と岩木川が背後に描かれています。それにしても、自転車競技選手の描写にはこのアングルから!と切手のデザイナーはいつも思うようですね。過去に2度発行された自転車の切手、第3回国体東京オリンピックとほとんど同じ角度です。

fund raising for Tokyo Olympic / 東京オリンピック募金

September 28, 2009

1963Japan001

11 November 1963 Japan
Tokyo Olympic Games Fund
designer: Hideo Hasebe
engraver: Senkichi Mizutani

One of 20 stamps issued between 1961 to 1964, for raising fund of Tokyo Olympic Games in 1964.  Comparing the first bicycle stamps from 1948, the quality of picture and printing are far better, although it is not well centred yet, though..

昭和38年11月11日発行
デザイン:長谷部日出男
原版彫刻:水谷千吉

1961年から1964年にかけて20種類発行された東京オリンピック募金切手のうちの一枚。1948年のものに比べ、イラストも印刷の質も格段に良くなっています。

First bicycle stamp from Japan / 日本初の自転車切手

September 27, 2009

1948Japan002

29 October 1948 Japan
National Athletic Meet
design: Katsutoshi Hioki

The first set of stamps on theme of sports were issued in 1948.  This bicycle stamp was one of the second set, celebrating 3rd National Athletic Meeting.  Off centred and dull mono colour print, but showing beginning of hope in rebuilding the country, 3 years after the end of the war.

昭和23年10月29日発行
第3回国民体育大会
デザイン:日置勝駿

日本で発行された初めての自転車の切手です。第3回の国民体育大会を記念した4枚セットのうちの1枚。エッジのはっきりしない単色の印刷でずいぶん中心をはずれてもいますが、戦後3年目で国の再建に拍車がかかっているような、そんなスピード感があります。

tunnel under a strait / 関門トンネル

September 26, 2009

1958Japan001

9 March 1958, Japan
Opening of Kanmon Tunnel
illustration: Ren Fukushima
stamp design: Minoru Kuno

One more stamp from 1950’s Japan. This tunnel is crossing the Kanmon Straits between Shimonoseki, Yamaguchi and Kitakyūshū, Fukuoka in western Japan.  The digging of this tunnel begun in 1939, stopped construction during the war, then started again in 1952.  Japanese government said ‘After War era has finished’ in 1955 and this stamp is also showing the country’s mood.  The tunnel is closed at the moment, repair work after 51 years of usage.  I wonder if you still have to push your bicycle to cross this tunnel for 2.3 miles?

昭和33年3月9日発行
原画:福島廉
切手デザイン:久野実

50年代の日本の切手からもう一枚。関門トンネルの掘削工事は戦前の1939年に始まっていたのだそうです。戦争で中断された工事は1952年に再開され、1958年に完成。1955年には「戦後は終わった」という宣言が出されたそうで、そういう工業発展のムードが出ている切手だと思います。51年を経て、現在修復工事中のようですが、今でも自転車は押して歩くのかな?3.6キロの道のり、押して歩くとけっこう長いよね。

Phoenix and little cloud / 鳳凰と小さな雲

September 25, 2009

1953Japan002-2

12 October 1953, Japan
Prince Akihito returned from abroad
designer:  Ryusaku Nakao
engraver: Yoshiro Kawahara

In contrast to the last stamp issued in the same year, it clearly shows that post office paid effort to make this stamp impressive.  OK, it looks good but was it that important to celebrate the young prince had returend from Oxford University?  Anyway, worth to magnify and enjoy.  My eyes are cought by a little cloud floating near the bottom of the Phoenix.  Yes, it was needed to make graphical balance.

昭和28年10月12日発行
皇太子明仁帰朝記念
デザイン:中尾竜作
原版彫刻:河原義郎

同じ年に発行された電燈の切手とくらべると、郵政省がこの切手には手間とお金をかけたようです。皇太子がオックフォードでの遊学を終えたのは、そんなに記念すべき事だったのね。単色ながら、虫メガネで拡大するとその細かい線描での濃淡を楽しむことができる切手。鳳凰のおしりの辺りに浮かんでいるちっちゃな雲がかわいい。構成上そこに何か欲しかったのですね、きっと。

75 years of electrical light / 電燈75年

September 24, 2009

1953Japan01

25 March 1953, Japan
75 Years of Electrical Lamp
illustration: Takeo Shimada
stamp design: Minoru Kuno

Celebrating innovation and development of electrical light – it seems to me its celebrating peace of being allowed to light up their town and homes, after 8 years from the end of the war.  Blur mono colour print shows the country did not afford to take time and monery on stamps.

昭和28年3月25日発行
原画:島田武夫
デザイン:久野実

電燈の発明と発展の75年を祝う切手。戦後8年にして、ようやく各家庭に明るさのもどった象徴であるようにも見えます。線のあまいボケた単色の印刷が、実用品である切手に時間やお金をかける余裕のなかった復興の時代だったことをうかがわせます。

Tree and a bicycle / 木と自転車

September 12, 2009

1990Japan006
*exch.014

30 March 1990 Japan
The International Garden and Greenery Exposition, Osaka
illustration: Ken Kuroi
stamp design: Motoharu Morita

I have not visited this exposition, but news showed me very opposite image from this calm atmosphere.  So, I did not pay special attention of this stamp until I found a bicycle under the tree.  Nice breeze it seems, but not really nice to ride on grass, though.

平成2年3月30日発行
原画:黒井健
切手デザイン:森田基治

国際花と緑の博覧会を記念した切手。この博覧会を実際には訪れていないのですが、この切手の印象とはとても違うイメージを持っていました。木の下に自転車を見つけるまでは気にも留めていなかった一枚。こういう牧草地のような場所は、実はとっても自転車では走りにくいのだけど、、。

plant trees on burnt land / 焼け野原に木を

September 3, 2009

1948Japan001

1 April 1948 Japan
Afforestation
illustration: Katsutoshi Hioki
stamp design: Takeo Shimada

In contrast to the last two stamps from 1910’s and 1930’s, this one was made in a hurry and the message was urgency.  Printed on off White coarse paper, density of mono colour creates picture.

昭和23年4月1日発行
全国緑化運動
原画:日置勝駿
切手デザイン:島田武夫

余裕のあった大正時代や開戦直後の切手にくらべると質素で作りも粗い、戦後間もない3年目に発行された切手。焼け野原に木を植えよう、というメッセージは危急を要しているように感じられます。

Emperor’s hat / 天皇の烏帽子

September 2, 2009

1915Japan001

10 November 1915,  Japan
Enthronement of Emperor Yoshihito
letterpress
designer: Chuichi Isobe
engraver: Shigeo Morimoto / centre, Kingoro Mizutani / frame

I could not imagine quality of typography print until I saw this stamp in fresh.  Although it is off centred when it was printed, the plate had been very neat and carefully curved.  Expression of shadow behind the hat is excellent.

1915Japan001-3

大正4年11月10日発行
大正大礼記念
デザイン:磯辺忠一
凸版彫刻:森本茂雄(中央部)/ 水谷金五郎(輪郭)

カタログ図版で見ていた時にはこの切手の美しさはよく分かりませんでしたが、実物を手にして見て、凸版の線の細かさを考えると、当時の技術と忍耐強い仕事に感動すらおぼえます。線の強弱のみで描かれた烏帽子と後ろの影も素晴らしい。