Posts Tagged ‘国際電気通信連合’

lattice tower / 鉄塔

May 9, 2013

17 May 1965, Netherlands Antilles
Centenary of International Telecommunication Union
design: E. N. Ayubi

This is the 8th and the last stamp on the same theme of ITU – from a former constituent country of the Kingdom of the Netherlands, in the Caribbean.

The zig-zag arrow, in between two lattice towers, is expressing wireless communication over distance.  Cute!

「国際電気通信連合の百年」を記念する切手の8枚目はカリブ海にある旧オランダ領アンティルからの発行で、これが同じテーマでの最後の一枚です。

電撃マークが連合のロゴを抜け出して、すっくと立つ2本の鉄塔の間をビビッと飛んでいます。見えない通信が行き来していることを想像させてくれる、微笑ましいデザイン。

same design, different colour / 色違い

April 1, 2013

1965Ceylon001

1965 Ceylon
Centenary of International Telecommunication Union

It seems that the ITU ( or UIT ) had issued some design guidance to all the countries for these centenary stamps.  Then each post office made their own version – some countries paid respect to the motif and layout, and other interpreted it more freely.

This Ceylon ( became Sri Lanka in 1972 ) stamp is an obedience one, with their three official languages – Sinhala, Tamil and English.  The most radical design on the same centenary is from Ceylon’s ex-suzerain country, the United Kingdom.

結成100年を祝う切手のために、国際電気通信連合は各国に「こんな図案で切手をつくろう」と呼びかけたのだと思われます。ひとつ前のブラジルと、このセイロン(現スリランカ)の切手は、色だけ変えてほぼその通り出ている。シンハラ語とタミル語がくるくる踊っていて、可愛いですね。

電気通信連合のガイドラインはほとんど気にせず、独自のデザインをほどこした国もたくさんあって、2つ前のフランスよりもっと自由奔放なのがセイロンの宗主国だったイギリスからのこのセットでした。