Posts Tagged ‘ハートの切手’

Your heart is your health / ハートビート・バレンタイン

February 14, 2016

1972Ireland001-2

7 April 1972, Ireland
World Health Day – ‘Your heart is your health’
art work: Louis Le Brocquy

I looked up a stamp for St Valentine’s day – and found this set, and they were issued to draw attention to the importance of listening your heart beat.  The text is in Gaelic Language, and Slàinte! is used for a toast… like Cheers!  This is my first featured stamp from Ireland – I did not pay attention to their stamps until recently, but found some nice ones issued.

Then I found this article ‘A Visual Catalogue of Irish Commemorative Stamps 1929 – 2013‘ and the writer says these heart stamps are a ‘true graphic art nasty’ and she mentions this Malta heart stamp and wrote ‘almost bearable’.  Ummmm, I don’t agree with her at all!

1972Ireland002-2

今年も、バレンタインの♡切手を探しました。好きなこの2枚、でもいまいちロマンチックでない、、と思ったら「心臓の鼓動に耳をすまそう」という、心臓病予防の切手でした。下の文は古語ゲール語で「あなたのハートがあなたの健康」。なぜかあまり関心を払っていなかったアイルランドの切手ですが、友人がFBで紹介しているのを機に見たら、けっこう好みのものが見つかります。

ところで、原画アーティストなどの詳細はこの記事で見つけたのですが、筆者はこの切手を「品がなく、まったくもって不快なグラフィック」とこきおろし、同年に出た他の心臓切手の中では「これは見るに耐える」とマルタからの切手を紹介している、、、えぇぇ、ご冗談!?世の中には、いろいろな意見があるものです。

pink kawaii? / ピンクかわいい?

August 13, 2015

2006Finland001
*exch. 067  ( limited number )

11 January 2006, Finland
St. Valentine’s Day

I am still thinking about kawaii/cute in stamps – how about colours?  OK, this is not only colour, but with a motif, of course.  Yet, is it still cute if not in pink?

I did not like the colour of pink for long time, since my low-teen until recently, because I though pink is representing girly flatter to gain anything better, which I was not equipped with.  I was reconciled with pink when I recognised that I am not called ‘girl’ any more.

Anyway, this stamp is simple and cute, and it delivers very strong message, anytime.

ずっと長い間、わたしはピンクが嫌いでした。中学の時に母が買ってくれたブラが体操服から透けてバスケット部の後輩から「ピンク先輩」と呼ばれたのがたぶんトラウマの始まりで、その後はピンクが似合うかわいい女性にはなれないとあきらめ、自分らしさを表現できる別の色を模索したのでした。

友人のFBで知ったジェーン・スーの『ピンクと和解せよ』という記事を読んだとき、あぁ、自分だけではなかったのだ!と知り、その分析の明快さに「そう!そうなのよ!!」と何度つぶやいたか。「媚びて発情している色」と思っていたから避けたのです。そして、わたしも40歳あたりで和解した。

この切手はもちろんハートの形もあるけれど、色がピンクでなかったら可愛さよりもシンプルさをまず感じるのではないかな、と思います。何より、強く正しくメッセージを運ぶデザイン。明日は「裏バレンタインデー」ですが、好きな人にはいつでもピンクの♡を届けたいものです。

rainbow Love / ♡な日が近い

February 12, 2015

1984USA005
*exch. 064  ( limited number )

31 January 1984, USA

St. Valentine’s Day is soon.  I know the chocolate shops in Japan are in the busiest time of the year.  Here in East London, where Christians could be a minority group, you can see modest red hearts only in the supermarket check-out area.

I like the font on this stamp and I discovered that it is called ‘Bodoni‘ designed in 1798 by Giambattista Bodoni – a 226 year old font!   It is interesting to learn that the typographer is already a recognised profession in Europe at that time, alongside the rapid development of Letterpress printing since the 15th century.

バレンタインデーが近づいていますね。きっと日本ではチョコレート商戦がピークを迎えていることでしょう。キリスト教徒がたぶん少数派のスタジオ近辺では、coopスーパーのレジ周りだけ、控えめに♡が飛んでいます。

この切手のフォントが好きで由来を調べたところ、「Bodoni」という名前で今から226年前の1798年にジャンバッティスタ・ボドニによってデザインされていました。タイポグラファーという職種はヨーロッパでは活版印刷が広まるとともに育ち、国際的に使われる文字も生まれはじめたのですね。

roses? / バラじゃなくても

February 14, 2013

2 January 1997, Sweden
designer: Olöf Baldursdóttir

St. Valentine’s Day.
I believe that a card with sincere words would deliver your love – you don’t have to buy expensive roses, artificially grown towards today and transported from the far end of the globe!  The best solution for a remote love is using a stamp like this…

Have a lovely day!

日本ではチョコレートが、ヨーロッパではミモザやカードが手渡されるバレンタインデー。

バブルな雰囲気ただよう「真っ赤なバラ」を今でも手にして歩いている人もいますが、人工的な環境でこの日にピークを迎えるよう栽培されて遠くから運ばれてくる高価なバラじゃなくても、愛は伝わると思うのです。遠くにいる大事な人には、こんな切手でカードを送るのが素敵かと(もう遅いけど)。

oxidized silver love / いぶし銀の♡

February 13, 2012


*exch. 053 ( one mint only )

6 February 2001, United Kingdom
Love
design: Springpoint Design

Since I arrived to Tokyo last week, I have been seeing a lot of ‘hearts’ floating in window displays, on greeting cards, balloons attached to temporary chocolate stands – yes, St. Valentine’s Day! Here in Japan, 14 February is a big day, when women are able to express their love to men with a package of chocolate.  In fact, a lot of little ribboned boxes are given to male colleagues, male teachers, fathers, grandfathers and even sons.

I admit that those bubbly hearts cheer up this cold winter towns, and also make you to think about delivering your love.  But I think that love can be expressed every day, not necessarily with floating pink hearts, but with something subtle and blended into your daily life – something like in this oxidized silver.

This is my favourite set with hallmark letters on sliver and nice patina.




*exch. 054
*exch. 055 ( one mint only )
*exch. 056 ( one mint only )

Thanks
Welcome
Cheers

明日はバレンタインデー。赤やピンクのハートがあちこちにディスプレイされている光景を久しぶりに見ると懐かしく、中学や高校の頃はこの時期に本当に緊張したよなぁ、、、と遠い記憶がよみがえったりしています。この寒い中、街がハートでにぎやかになるのも悪くないけれど、なんだがふわふわしている。この切手のようないぶし銀のほうがしっくりくる大人のハートもあるんじゃないかな、と思ったのでした。

このグリーティング切手のシリーズは銀をはじめとする貴金属細工の加工メーカーや品質保証の刻印を模して文字を並べたもので、遊びごごろのある文字の配置と使い込まれた銀器の質感がかっこいい、お気に入りのセットです。

「あなたを大切に思っています」という気持ちは、刻印のようなひかえめな表現でいいから、毎日の暮らしで折りにふれ伝えるのが一番ではないかな、と近ごろ思うようになりました。

fortune charms / 幸運を呼ぶカタチ

February 3, 2010

1970Sweden001
1970Sweden002
*exch.033 & 034 ( both limited number )

24 October 1970 Sweden
25th Anniversary of United Nations

design: L.-E. Lallerstedt
engrave: Czeslaw Slania

I thought ‘three hearts’ could have been issued for St. Valentine’s Day – although it wasn’t, still makes me happy.  Three four-leaved clovers as well.  They are engraved by Czeslaw Slania, very crisp and worth looking into them with magnifier.

このチャーミングなハートの切手はバレンタイン・デーを記念しているのかな?と思ったけれど、そうではなかったみたい。きりりとエッジの効いたこの図柄は、彫り師スラニアの手によるものでした。虫メガネで覗くとさらに嬉しくなります。