Posts Tagged ‘チェコスロバキア切手’

Let’s hope.

December 31, 2020

来年への希望

15 August 1963, Czechoslovakia
Second International Pharmacological Congress
design: M. Hegar / engrave: B. Housa

This year has been passed so fast – the year of mouse turned into a very different and unpredictable one, and we are all hoping that Pharmacology will bring us some kind of normality soon. Let’s hope for bright days to come – have a happy new year!

予期せぬことが次々と起こり、世界がひっくり返った2020年。とんでもない一年でしたが、どうやらねずみ年の終わる前にワクチンが実用化され、光明が見えてきたような。来年が今年より良くなるのは間違いないですが、薬学の成果で、安全に旅行できるまで世界が復活するのか、、?良い新年をお迎えください。

Olympics 48 years ago / 48年前

August 8, 2012

1964 Czechoslovakia
Summer Olympic Games in Tokyo
designer: A. Podzemna
engraver: J. A. Švengsbír

Bradley Wiggins, Sir Chris Hoy, Jason Kenny, Laura Trott and Victoria Pendleton… ‘Team Britain’ is producing a lots of Olympic gold medalists in cycling.  The Olympic velodrome is full of spectators everyday, sending huge applause to the athletes.

I like this stamp from Czechoslovakia, on the Olympics from 48 years ago – which was held in Japan.  Carefully planned intaglio engraving with 4 colours.  The 1964 Olympics was a really big thing in Japan, as it was a symbol of reconstruction after the Second World War.  There is an exhibition at the Embassy of Japan in London, ‘TOKYO 1964‘ until 7 September.

連日のようにオリンピックのハイライトを見ているのはトラック自転車競技。なぜいきなりチーム・ブリテンはこんなに強くなったのか。層の厚いトレーナーだけでなくカウンセラーも精神面をサポートしているようで、それも理由なのかもしれませんが、選手たちがインタビューで話しているように、観客の大声援にも支えられているのですね。

この切手は1964年の東京オリンピックの自転車競技を描いたチェコスロバキアの切手。ピンクのグラデーションが画面を引きしめつつ、愛らしい図柄です。今、ロンドンの日本大使館では『TOKYO 1964』と題した48年前のオリンピックにまつわる展示が行われています。

vintage cyclist / ヴィンテージ・サイクリスト

July 7, 2012

2 August 1952, Czechoslovakia
‘Physical Culture Propaganda – Cycling’
designer: V. Šprungl
engraver: J. Goldshmied

I joined a vintage cycling event in Belgium last weekend, named Retro Ronde.  About 5oo cyclists had gathered from all over the world – with their bicycles older than 30 years and matching clothes to one’s bike age.  It is a well-organized event, scenic route and snack stops, also tasty beer and dance with a swing band after you finish the ride.  I rode for 40km on my bike from 1970s, my partner did for 70km on his 1950s bike, both French made.

Many of the bicycles in Retro Ronde are 1950s to 1960s racing ones, so the suitable clothing is similar to what this stamp is showing.  But if you look at this stamp closely – the bikes are for track racing with no brakes or mudguards fitted.  The stamp designer seemed to put track racers in a piece of a rainy road…?

先週末はベルギーで、ヴィンテージ自転車で田園を走る「レトロ・ロンド」に参加しました。30年以上古い自転車に乗り、自転車の年代と揃ったコスチュームで参加、というのがルールです。わたしは1970年代フランス製で、世界中から集まるヴィンテージ自転車ファン500人と一緒にスタートして40キロを走りました。

レトロ・ロンドにはたくさんの1950年代から1960年代のレース用自転車が集まっていて、それらにふさわしい服装はまさにこのチェコの切手に描かれている感じです。けれど、この切手をよく見ると、自転車はトラック・レース用の泥よけやブレーキのないタイプ。なのに、レーサーたちは雨に濡れた山路を走っている、、、?

bird songs / 鳥のうた声

February 7, 2010







1965 Czechoslovakia
design: K Svolinski, envrage: L. Jirka

Woodpecker (20h)
Blue Tits (30h)
Southern Nuthatch (40h)
Oriole (60h)
Goldfinches (80h)
Bullfinch (1Kčs)
Kingfisher (1.2Kčs)

There are a lots of beautiful stamps on birds – maybe the size of birds fits well of stamp format or birds themselves are beautiful anyway, however they are pictured.  This fact puts me off from collecting stamps of birds – unless they are nicely designed specifically for stamps.  So, the reason why I bought this 60’s set of 7 stamps from Czechoslovakia is because of their highly sophisticated engraving lines and simplified background.

Beginning of February – when birds start to sing for their partners and trying to settle their new homes.  This little sound article on bird songs helps you to identify what you are hearing.

2月になり、鳥が盛んにさえずるようになりました。パートナーを求め巣を掛ける季節のようです。鳴き声からどんな鳥が庭に来ているのか探す、こんな記事がありました。

鳥の切手は世界中でたくさん発行されていますが、たぶん鳥のサイズが切手の大きさに合っていること、さらに鳥そのものが美しいので、どうやってでも綺麗な切手になることから、普段はほとんど興味をそそられないのです。でも、このチェコスロバキアの切手はその凹版印刷の彫りのラインの美しさと、省略された背景の描写の闊達さから、見た瞬間に「欲しい!」と思った切手です。拡大に値する胸と尾の羽根の表現を下に。

hohho- /ホッホー

January 3, 2010


1986 Czechoslovakia
Tawny Owl & Eurasian Eagle-owl
illustration: H. Čápová
engrave: J Herčík

Owls keep hooting last few days.  Sound of them are really nice and relaxing.  This illustration suites the atmosphere of the sound well – the first one has sleepy eyes and in the second stamp, face of line drawn owl is certainly hooting hohho-.

特に冷えているここ数日、フクロウがよく鳴いています。ゆったりした気分になれる素敵な音です。この切手のイラストと雰囲気は鳴き声ととてもしっくりきます。特に、一枚目のフクロウの甘い目と、二枚目の背後の白黒で描かれているフクロウの口。わたしには今まさに「ホッホー」と鳴いているように見えます。

ここに描かれているのはモリフクロウワシミミズクですが、モリフクロウは日本にはいない種類で、北海道の北部にのみ居るワシミミズクは数が少なく絶滅危惧に指定されているようです。世界的にみるとまだ大丈夫みたい。イギリスにはいないようですが、もともといなかったのかな?