hand of God / 神の手

February 6, 2017

1958USA002

31 May 1958, USA
International Geophysical Year

The hand of God is giving Adam a human intelligence – a part of Michelangelo‘s huge fresco ceiling in the Sistine Chapel of the Vatican.  The background for this stamp is the burning surface of the sun, which could be the mother of the earth.

When I read about Michelangelo’s life, I discovered that he was always angry because his life was affected by the change of rulers, and also what those rulers forced him to create.  Well, 500 years later in our global era, we still have to be aware about what a ruler wants and how our life is influenced by that.  I am imagining Michelangelo’s feeling when he painted this hand of God.

神の手。1958年、国際地球観測年の記念切手として、ミケランジェロがバチカン市国のシスティーナ礼拝堂の天井画に描いた、『アダムの創造』のアダムと神の指先が選ばれています。背景には地球の存在の根源として、燃えさかっている太陽の表面が描かれています。

ミケランジェロの生涯を読むと、彼のキャリアがその時の教皇の意思や交代によって左右され、やりたかった仕事になかなか取りかかれないことを生涯怒っていたらしいことが伺えます。そして、今。500年後のグローバル社会で、権力を手にしたある人物の言動がまわりまわって日々の暮らしに影響を与えることを、思い知らされるわたしたち。ミケランジェロがどんな気持ちでこの神の手を描いたのかに思いを馳せます。

 


hands and wall / 手と壁

January 22, 2017

1966USA003

1 July 1966, USA
175th Anniversary of the Bill of Rights

A hand to stop tyranny – and the statement of “The rights of the people shall not be violated”.  This stamp is celebrating the Bill of Rights, started in 1791.

I feel a bit better seeing the sparse crowd for 45th President’s inauguration day, in comparison to Barack Obama’s in 2009, and 500,000 people packed into the same place for the Women’s March on the following day.  Madonna’s words of ‘the new age of tyranny’ are a warning pointing to exactly what is happening.

「専制政治を阻止する権利」が1791年にアメリカの権利章典に記載されたことを記念した切手です。軍隊ぽい手袋の手とそれを阻止している手の間には「暴力に晒されない権利」という言葉が。

45代大統領の就任式ががらがらだった件翌日の「Women’s March」が同じ場所を人で埋め尽くしたのを見て、少し元気になりました。それでも、マドンナの「新しい暴政の時代」という言葉は、今この時を言い当てていると思います。

 


barbed wire and hands / 手と有刺鉄線

January 21, 2017

16 September 1962, Belgium
Concentration camp victims
designer: Idel Iancheleveci / engraver: Jean de Bast

A minimalist stamp, depicting humble hands desiring freedom.  In fact, this simple design was very advanced if you compare it to other stamps from the early 1960s.  Using two print techniques, screen print for the background pale blue and intaglio for the delicate black lines.

I have found an archive of Belgian stamps – added the designer and engraver’s name.

A philatelist had kindly forwarded me information of the engraver of this stamp, Jean de Bast.  Click comment for further info sent by Jürgen.

1962年という発行年からするとものすごくシンプルな切手。まだこの頃は、こういうデザインは多くありませんでした。ナチスの強制収容所で命を落とした人たちを追悼するこの切手。シルクスクリーンで刷られた水色の空に向かう凹版印刷の細い指が自由を求めるはかない希望を表現しています。

ベルギー切手のアーカイブを発見。デザイナーや凹版彫刻師の名前を足しました。そしてベルギーの切手収集家より凹版彫刻師と原画を描いた彫刻家の情報が寄せられました。下記コメント欄をご参照ください。

 


bird, hands and a twig / 手と小鳥と小枝

January 20, 2017

1947, Germany

The handcuffs chain is snapped and freed hands release a bird holding a twig in its beak.  This stamp was issued under Allied occupation 2 years after the end of the second World War, and hands are symbolically used for a great desire for freedom and hope for seeding the recovery.

We live in a chaotic world – this very day I would think about a bird with green leaves, our rather humble hope of peace.

手錠の鎖が切られ、小枝をくわえた白い鳥が空に放たれる、、、この切手は連合軍統治下にあった、戦後2年目のドイツで発行されたものです。手が思想の自由と平和を求める象徴として描かれ、鳥と小枝は交流の再開や復興のシンボルでしょうか。

まったくもって混沌とした非日常に生きているのじゃないかと感じる今日この日に、つつましい希望の鳥を解き放つ「手」に思いをめぐらせることにしました。


bird is hand / 小鳥がつまむ小枝

January 10, 2017

24 October 1959, Tunisia
Red Cross Day

Tunisia was a part of France until 1956 and their stamps often show influences of French design.  But this bright one, only three years after the independence, shows they are clearly developing in their own aesthetics.  The blue bird looks fingers pinching a twig – thus categolised in ‘hand’.

It is unfortunate but the country is recently opposite to this optimistic atmosphere.

チュジジアは1956年までフランスの植民地だったので、古い切手にはフランスの影響が見えます。けれど独立3年後にしてこんなカラフルな切手を発行し、この切手では独自の道を歩んでいることを訴えているようです。水色の鳥は小枝をつまんでいる指にも見えるので、手の切手のカテゴリーに。

極右のイスラム教の影響が広がり、チュニジアはこんな楽観的な雰囲気ではなくなっているようで、気がかりです。

 


Happy New Year / あけましておめでとう

January 2, 2017

1962France001

12 March 1962, France
Gallic cock and sun
designer & engraver: Albert Decaris

I wish you all a happy new year in 2017!
Where the world is directing to – I am almost lost if I think about it.  Yet let’s have healthy and joyful year ahead.

Rooster is the animal of the year in Eastern zodiac.  This stamp is made by a veteran engraver who created a lots of beautiful works during his career of 50 years, which include a definitive Marianne original by Cocteau, satellite communication with starry sky and the 50th Anniversary of Tour de France. Splendid results of trained hands.

新年あけましておめでとうございます。
みなさんにとって、素敵な2017年になりますよう。時代がどこに向かっているのか、考えると不安にもなりますが、愉しく健康にこの一年を過ごせたらと思います。

酉年のとりとは雄鶏なのですね?1枚だけ持っていた雄鶏は、フランスのベテラン凹版彫り師がその50年にわたる職歴のちょうど中間頃に手がけた、足元に陽の登るお正月らしいものでした。この彫り師の作品には、コクトー原画のマリアンヌ星の散りばめられた通信系ツールドフランス50周年など、精緻な切手がたくさんあります。訓練された手わざの華です。

 


engraving hands 2 / 彫る手 その2

December 26, 2016

1966France001

19 March 1966, France
Stamp Day / engraving a Die
designer and engraver: Pierre Béquet

Giving an impression of control and force of hands by strong lines and direct composition – and this is the view of engraver, which is opposite to another engraver’s hands on Austrian stamp.

少し荒削りな図柄と構成が、凹版切手の彫刻に必要な力とコントロールを表現している印象の、フランスの「切手を彫刻する手」。オーストリアの切手とは反対側、彫刻師の視点から描かれています。


presenting hands / 贈る手

December 24, 2016

13 Octoebr 1965

13 October 1965, Canada
‘Gifts of the Magi’
designer: Helen Roberta Fitzgerald
engraver / picture: Yves Baril
engraver / letters: Donald J. Mitchell

Canadian archive shows names and pictures of designer and engravers of this stamp from 1965.  Wonderful!

Have a merry Christmas.

カナダの公式切手サイトでは、51年前に発行されたこの切手のデザイナーと凹版元図の彫刻師を写真付きで紹介しているのです。素晴らしい!

みなさん、すてきなクリスマスを。


engraving hands / 彫る手

December 20, 2016

1962Austria001-2

1962 Austria
Stamp Day
design: A. Pilch / engraver: Rudolf Toth

Hands are engraving an intaglio plate for stamps.  Without well trained pair of hands, you don’t have these beautifully engraved stamps.  It seems tools and techniques have not been changed much since the first stamp was engrave in England in 1840.

切手の凹版を彫っている手元を描いた切手です。もちろん、訓練された手なくしては、精緻な凹版切手は生まれません。1840年にイギリスで最初に発行された切手も、この絵のような道具で印刷用の彫刻がなされた凹版切手でした。


handover / 世代を引き継ぐ手

December 4, 2016

1980Sweden005
1980Sweden004

22 April 1980, Sweden
Care
designer: G. Oddner (1.60K) & S.-E. Delér (1.40K)
engraver: Zlatko Jakus

Two stamps to show caring minds and also handover of generations.  I have been thinking about change of generations – very personal matter, as well as a part of long human history.  Hands represent one’s wish, to be treated with dignity and supportive mind for growing ones.

Wrinkled hand is depicted warmly by fine intaglio engraving.  Humble, yet strong stamps.

切手タイトルの「Care」はおそらく、介護と保育の両方を指すのだと思います。ここ数日、齢を重ねて生きることや長い人類の歴史の中での世代交替についてあれこれ考えることが多かったのです。ここでは「手」は、尊厳を持って老いることや次の世代を育てることを象徴しているようです。

凹版の彫刻で、精緻にしかも暖かく描かれたしわだらけの手。謙虚で強い切手です。


longing hands / 求める手

November 30, 2016

1964UN001
1964UN002

21 September 1964, United Nations
International Efforts and Achievements in the Control of Narcotics
design: Kurt M. Plowitz

Hands are eager to grab an opium poppy – owing to unavoidable circumstances.  Effective White band to separate hands from what they want… a simple graphic effect for what the campaign to achieve.

アヘンを育てているケシの実に向かって延びる「のっぴきならない」3本の手。麻薬中毒を減らすための国際的な努力を謳った切手です。画面を縦に横切る白い帯が、手とケシの実を隔てる。グラフィックによる「断ち切り」の表現ですね。


Handshake 2 / 握手 その2

November 20, 2016

1959France004-2

24 October 1959, France
300th Anniversary of the Treaty of Pyénées.
designer:  Serveau, engraver: Jules Piel

The left is the French king – ‘fleur de Louis’ heraldry on red sleeve – and right is Spanish king with orange sleeve with ‘castle-leo’ heraldry.  And this handshake had happened in 1659.  The origin of handshake was to proof that there is no weapon in their hands – well, it was one condition before the friendship, really.

ゆりの花がモチーフと言われるフランス王家の紋章が左の赤い袖、右の城とライオンの紋章がオレンジ色に抜かれているのがスペイン王。この二人が握手したピレネー協定締結は1659年のことだそうです。握手の起源は「手の中に武器を隠し持っていません」と互いに伝えることだった、というのは説得力があります。「友情」以前の確認事項として、手を差し出す。


Handshake / 握手

September 25, 2016

1979Netherlands006

23 January 1979, Netherlands
Union of Utrecht
Design: Gerrit Noordzij

A handshake – the most symbolic expression of friendship.  But here in this stamp, seven arrows are together – is it friendly or not..?  I searched and read wikipedia – it was a union to fight a war against Spain together, 400 years before the year of issue.

Although multi coloured stamps were the mainstream in the Netherlands in late 1970s, this is a simple and rare intaglio print, and I like it.

握手、、友情と団結、または仲直りのシンボル。でもこの握手は、7本の矢を一緒に握っている( or 後ろで束ねられている)ユトレヒト同盟の図柄です。これって仲良しなのか、どうなのか?ググってわかりました、400年前にスペインと戦うために7つの州が握手した、軍事同盟だったのですね。

マルチカラーが多かった1970年代後半のオランダ切手としては稀な、シンプルな凹版印刷。地味だけど好きです。


hand in hand / 手と手をつなぐ

August 19, 2016

1980Canada001

29 May 1980, Canada
Rehabilitation
design: Rolf P. Harder

It took me two and a half months to get round to writing a new post – but I am still interested in stamps with hands.  I am impressed by this endurance of attraction.

This strong design is about hand in hand – simple, and delivers a message for help and coexistence.  This stamp is featured on the cover of a wonderful book called Graphic Stamps, published this June in London.  Hands are in two different metallic colours.

一つ前のポストから一月半が経っているのですが、未だに「手」の切手への興味が続いています。なんという持久力、と自分で感心しているところ。

この切手は、リハビリテーションというテーマを手のモチーフで力強く表現している秀作です。この6月にロンドンの出版社から発表された『Graphic Stamps』という素敵な本の表紙に使われています。手は2色のメタリック。


ant on hand / 手のひらの蟻

June 7, 2016

1961Monaco001

3 June 1961, Monaco
Nature Preservation
designer:  J. E. Lorenzi
engraver: Pierre Gandon

Hands are often depicted as icons.  Here is another stamp from Monaco, which does not really express the stated concept of nature preservation, but is nicely drawn with beautiful colours.

手の切手。そう、手はかなりの頻度で切手に登場し、気持ちや行動を象徴するモチーフです。この場合は、小さな命を守ろう、と伝えたいのはわかるけれど、意図する大きなコンセプトの「環境保護」はあまりうまく表せていないような、、、それでも、綺麗な色の美しい切手です。

 


blood donor & hand / 献血と手

June 5, 2016

1971Monaco001

6 September 1971, Monaco
7th International Blood Donors Federation Congress
designer: B. Minneengraver: Pierre Gandon

A hand holds wishes of help and support – from the blood donor. An appealing design with the emblem of the congress and Monaco’s ‘Fusilly’ heraldry pattern on the sleeve.

手がどーんと中心にあるこの切手は、献血をひろめる大会のエンブレムを持っています。人の手で伝えることの重要性をうったえ、袖の模様でモナコ公国が国を挙げて支援することを宣言しているのでした。


Heart and hand / ハートと腕

March 26, 2016

1973Uruguay001-2

Uruguay 1973
Pan-American Federation of blood donation

Another example for encouraging blood donation – this time, a hand is used as symbol to give a gift, which is the heart as extended life, and the arm shows the position for blood donation.  It has strong composition and looks good, despite using only two colours.

この一枚はウルグアイから、献血を呼びかける切手です。ハートは贈り物となる生命を象徴し、手はをれを必要な人に渡す意思、腕と血管で輸血をする様子をそれぞれ描いているわけですが、2色しか使っていないのにクールな構成です。


representational / 具象表現

March 8, 2016

1972Pakistan001

1972 Pakistan

I featured a stamp on the heart in the previous post and now this one is encouraging blood donation, from the same year.

This stamp is not particularly cool or well designed, but strong.  This aspect of appealing is one of the desired characters of stamp design, I assume.

一つ前のポストでは心臓の切手を紹介し、これは同じ年の献血を呼びかける切手です。

ずばり具象で、デザイン構成として特にかっこ良いわけではないけれど、強い。こういう存在の強さも切手に求められていることだろうと思います。単純明快な表現と、色のチョイスでしょうか?


heart and health / 心臓と健康

February 22, 2016

1972Japan002
*exch. 069  ( one mint only )

15 April 1972, Japan
Heart Ailment Prevention Campaign
design: Katsutoshi Hioki

From the same international campaign as the Irish stamp in my last post, this is delivering the message of awareness of heart disease.

Printed in only three colours – grey, orange-red and black – still appealing graphically, but it would be better without the small body builder!  I would imagine that there was a version without the human silhouette in the designer’s sketch, but in a meeting this version was chosen as the artistic ability of their audience was evaluated low.  The designer, who also designed my favourite stamp from the same year, knew about the graphic trend of the world and thought he must have done something as polished as the Irish example.

昭和47年4月15日発行
心臓病予防運動
デザイン:日置勝駿

前回アップした「心臓病を予防する国際キャンペーン」の日本からの発行です。

グレーと朱色と黒の三色で刷られ、廉価ながらも印刷色の重なりが効果的な印象の強い切手ですが、左下の白抜きのヒトがないほうが、より良かったのに、、とかなり残念。デザイナーのスケッチには人体のないバージョンもあって、けれども図柄が決定される時に、メッセージを受け取る対象としての購買者のデザイン的成熟が低く評価された結果なのでは?と想像をたくましくするのでした。同年に出ている「ナンバー君」が封筒から出ているのをデザインしたこのデザイナーは、おそらく世界的な切手デザインの傾向などにも精通していたはずです。

ちなみに日本ではこの「キャンペーンの内容を図柄でわかりやすく(グラフィック・アートとしては稚拙に)表現する」手法は1990年代中ごろまで続き、時代遅れな印象の切手がたくさん見つかります。そんな中では、シンプルな70年代の切手は好ましく思えます。


Your heart is your health / ハートビート・バレンタイン

February 14, 2016

1972Ireland001-2

7 April 1972, Ireland
World Health Day – ‘Your heart is your health’
art work: Louis Le Brocquy

I looked up a stamp for St Valentine’s day – and found this set, and they were issued to draw attention to the importance of listening your heart beat.  The text is in Gaelic Language, and Slàinte! is used for a toast… like Cheers!  This is my first featured stamp from Ireland – I did not pay attention to their stamps until recently, but found some nice ones issued.

Then I found this article ‘A Visual Catalogue of Irish Commemorative Stamps 1929 – 2013‘ and the writer says these heart stamps are a ‘true graphic art nasty’ and she mentions this Malta heart stamp and wrote ‘almost bearable’.  Ummmm, I don’t agree with her at all!

1972Ireland002-2

今年も、バレンタインの♡切手を探しました。好きなこの2枚、でもいまいちロマンチックでない、、と思ったら「心臓の鼓動に耳をすまそう」という、心臓病予防の切手でした。下の文は古語ゲール語で「あなたのハートがあなたの健康」。なぜかあまり関心を払っていなかったアイルランドの切手ですが、友人がFBで紹介しているのを機に見たら、けっこう好みのものが見つかります。

ところで、原画アーティストなどの詳細はこの記事で見つけたのですが、筆者はこの切手を「品がなく、まったくもって不快なグラフィック」とこきおろし、同年に出た他の心臓切手の中では「これは見るに耐える」とマルタからの切手を紹介している、、、えぇぇ、ご冗談!?世の中には、いろいろな意見があるものです。