Archive for the '-water' Category

beach holidays / 海の夏休み

August 17, 2013

1956Canada002

7 March 1957, Canada
Canada – All Seasons Playground
designer: Laurence Hyde / engraver: Yves Baril

Another visual chill-out from Canada, where I found many cool stamps are from.  The girl is having great time in the water!

1956Canada002-2

I like these crisply engraved single coloured stamps with geometrical expression of water.

1956Canada001

designed by Laurence Hyde / engraved by Silas Robert Allen

「目に涼しい切手」を他にも見つけました。わたし好みの端正な切手を多く発行しているカナダから、幾何学的な波の描き方がクールな単色の切手を2枚。夏休みらしい雰囲気です。

泳いでいる女の子の楽しそうな表情を拡大してみました。

ocean mammals / 海のほ乳類

August 16, 2013

2010UK029
2010UK030

13 April 2010, United Kingdom
Action for British Mammals
design: Jason Godfrey
photograph: Thomas Haidar for Sperm whale, Brandon Cole for Humpback whale

I hear from Japan that the temperature and humidity are on their maximum, people are experiencing the extreme summer.  It seems similar or even hotter in South Korea.  How about where you are?

These stamps are for visual chill-out – huge animals living in British seas.  I am strongly against Japanese ‘Research’ Whaling, by the way.

日本の暑さは尋常ではないようですね。お隣の韓国もとっても暑いとか。少しでも涼んでもらえるよう、海の中の巨大なほ乳類を2枚。

マッコウクジラザトウクジラは、捕鯨が制限されてからは個体数が少しずつ戻っているようです。はるか昔、小学校の給食でクジラのタツタ揚げを食べたけれど、ぜんぜん美味しくなかった。他のいろいろなタンンパク質食品が安く得られる今、遠くの海を血の色に染める必要はまるでない、とわたしは思います。調査捕鯨ほど、日本の国際社会に対する態度が試されていることもないと思うのです。

otter / カワウソ

August 12, 2013

2010UK026

13 April 2010, United Kingdom
Action for British Mammals
design: Jason Godfrey / photograph: Paul Hobson

In Britain the Otter was on the verge of extinction about 30 years ago.  After the harmful pesticides were regulated and rivers became cleaner, they are back.  As they live far from towns and their activities start around sunset, we still don’t see them much.

This stamp is issued for the International Year of Biodiversity, one of a set which is featuring rather unfamiliar animals in Britain.  Royal Mail is good on photographic stamps and this series is well executed, showing great details of whiskers and the stream of water.

イギリスの川に棲むユーラシアカワウソは、30年前に絶滅しかけたそうです。有害な農薬が規制されて川に自然が戻った10年前ごろ、カワウソも戻っていることが確認されました。人里離れた場所で夕方から夜にかけて活動するので、今でもなかなか実物を見れないようです。日本では1979年を最後に見つからず、絶滅種になりました。

この切手は国際生物多様性年を祝ったシリーズからの一枚です。イギリスでは写真を使った切手が多く発行されていますが、特にこのシリーズは写真を生かした印刷に細心の注意が払われ、ヒゲのディテールや水の動きがしっかりと表現されています。

in the Arctic seas / 北の海

July 21, 2013

1968Canada002

10 April 1968, Canada
Narwhal, Monodon monoceros
design: John Alexander Crosby

This image, again showing below and above the sea – looks cool, too.  Narwhals are living in the Northern sea, where icebergs are floating around.  The long tusk is a sensory organ to detect temperature and atmospheric pressure.. amazing!

水中と水面の上を描いている、さらに涼しげな一枚をカナダから。イッカクは氷山の浮かぶ北極圏だけに棲んでいるようです。歯が変形した長い牙は、気圧や温度変化を感知する高度な感覚器だって。うーん、すごい。

in the water / 水の中

July 19, 2013

1962Niger001

29 Jan 1962, Niger
‘Protection of Wildlife’
design & engraving:  Jacques Combet

It has been 10 days since ‘the real summer’ arrived.  The indoor temperature is gradually rising – but last night we had a nice cool breeze and I felt refreshed as if I am dipping myself in the cool water.

This stamp from Niger is showing the water surface as the central horizon and depictes above and below the water with two different green colours.  An African Manatee looks cool and content.

暑い日が10日つづき、冷房のない室内の気温は日増しに上がっています。大きなバケツを買って冷水に足でも浸さないと仕事の能率下がる〜、と思った昨日ですが、夜には涼しい風が吹いて気温が少し下がったようです。

このニジェールからのさわやかな切手は、真ん中が喫水線で区切られ、水中と水上の世界が2色の緑で描き分けられている面白い構成です。水の中で涼しそうなマナティーが、ちょっとうらやましい。

snow has melted / 雪がとけて

February 3, 2013

1989UN005-2
1989UN004-2
1989UN002-2

1989 United Nations
‘Mediterranean determines the weather in the Alps’
‘Europe under the influence of the polar air’
‘Typhoon Abby in the North-West Pacific’

The temperature has risen and the snow has melted – so we went to the countryside for a bike ride, then found that a lot of the farmers fields were covered with water, and water is streaming down the roads.  The earth was already saturated with water after a very wet winter, then the melted snow has added to this, causing flooding.  We have been riding in the area for years, but have never seen those roads flooded so badly before.  The amount of water which melting snow produces must be huge, as this picture shows.

A series of stamps from the United Nations – views from satellite cameras, tell us how our climate is affected by other areas of the world.

雪が溶けて太陽がのぞいた先週末。やっと自転車に乗れる!といつもの田園地帯に行ったら、あちこちで畑が水に浸かり、道路に流れ出てたいへんなことになっていました。秋から続いた長雨で地面が水を含んだ飽和状態になっていたところに、溶けた雪が大量の水を足して行き場がなくなったようです。衛星から撮影されたこの写真でも見えるように、雪はイギリス全土を覆い、今は地表を流れています。

国連の発行したこの気象衛星の切手は、ある場所の気候が地球の他の場所で起こることと繋がっていることをはっきり示しています。

print method and motif -2 / モチーフと印刷-2

February 8, 2012


1 July 1966 (top) and 1 September 1969, Japan
Firefly Squid and Moss Balls
definitives

These two stamps are showing gleaming squid and ‘Marimo’ Moss Balls, both in the water.  The coarsely finished paper and 2-3 coloured Gravure printing are cost effective and matching very well to the motifs – translucency of squid and reflected light on fish and delicate surface of the Moss Balls…  Spot-on job!

上:昭和41年7月1日発行
下:昭和44年9月1日発行
普通切手

2枚とも水中の、ホタルイカとマリモが描かれています。ざらっとした紙の質感に2~3色で重ねたグラビア印刷のけっして高価ではない手法ですが、濃淡の調整が細やかで、ホタルイカの少し透けている質感や、マリモの表面の細かな水泡と魚の背が水上からの光を反射させている様子などが巧みに表現されています。丁寧な仕事です。

coastlines 2 / 海岸線 2

April 22, 2011





19 March 2002, UK
‘Coastlines’
Photography: Richard Cooke

Another five stamps complete the set.  Again, a variety of coastlines are shown – characteristic chalk cliffs, sunbathing people on beach, beach huts lined up, sailing boats, and a coast road alongside old mining industry.

Although I am not a great fan of stamps with photography, I have to admit photoraphy has the power to stop a moment and show us documentary fact.

この「海岸線」切手は10枚で1セットです。残りの5枚も載せます。切り立った石灰岩の崖、ビーチで日光浴する人たち、海辺の小屋が並ぶ海岸、浅瀬を迂回するボート、古い採鉱跡地。

写真が使われた切手はどちらかというと好みではないのですが、写真は「瞬間を切り取って」事実をみせてくれ、自分の住んでいる地球のことを教えてくれることに改めて気づきます。

coastlines / 海岸線

April 17, 2011





19 March 2002, UK
‘Coastlines’
Photography: Richard Cooke

Coastlines are cultural interfaces between ‘native’ and ‘overseas’.  This set of stamps with aerial photos around the British Isles are showing geographical fact and the lives of people, who protected their land from invaders, the ports for importers and fishermen to bring food, as well as the farmers working on flat land.

This series of satellite photos from the New York Times show us that the Tsunami has taken thousands of lives from the East coast of North Japan, and had destroyed history and culture alongside a long section of the coastline.

海岸線は単に海と陸の境界線というだけでなく、海を越えて人がたどり着く場所であり、攻めて来る敵から土地を守る人びとの戦いの歴史があり、物資が運びこまれ食料の魚が集まる港、平坦な海岸沿いには農家が作物を植えて、、、と、この切手の航空写真を見るだけでも豊かな文化が育まれる場所だということがわかります。

ニューヨーク・タイムズに掲載されたこの衛星写真は、津波が一瞬にしてたくさんの命を奪い、同時に海岸沿いに豊かに育まれていた歴史や文化をめちゃくちゃに壊していったのだ、という事実をわたしたちにつきつけます。

save energy / 省エネルギー

March 23, 2011

1981Japan003

1 August 1981, Japan
Energy Saving
design: Sakae Maejima ( competition winner )
layout: Fumito Otani

It is not well broadcast abroad that in most of Tokyo people are having planned power cuts, up to 3.5 hours a day.  Many shops are open with reduced illumination, as well as in stations.  They must have a difficult time, even if they expect the black out they have to build their life around it.  But there are some positive comments on their situation – one found that the stars are so beautiful when the street lamps are out, another thought a restaurant was nice and intimate with a table lamp.

I thought I could find several stamps about Energy Saving, but found only a set of two, which were issued in 1981, just after the second oil crisis.  Since then people forgot to think about it for long time and power plants were built to sustain our wasteful habits.

昭和51年8月1日発行
省エネルギー
原画:前島栄(公募から採用)
レイアウト:大谷文人

首都圏の計画停電でたくさんの人が交通の乱れなどを体験している様子は、ここ英国のメディアでほとんど取り上げられていません。きっと毎日の生活で、細かく不便なことがたくさんあるだろうと思います。そんな中でも「店や駅もこれくらいの明るさで充分、今までがエスカレートしすぎだった」とか「街灯の消えた空にびっくりするほどたくさんの星が見えた」というようなコメントを見かけると、日本はこの困難を抜けた時にきっとより良い場所になる、と思えます。

省エネルギーに関する切手はきっとたくさんあるだろうと思ったら、日本ではこの1981年のセットだけでした。それ以降はバブルに突入し、だれも「ビルの広告明るすぎない?」と言わなくなった。そして、工業を促進して明るい夜を支えるために、発電所が建て続けられた。環境問題への意識が高まったここ数年にも、省エネルギーに関する日本の切手は見つからず。それは正直、驚きでした。

water spreading / 散水少女

March 5, 2010

5 February 1978, China
‘Army and People are One Family
illustration: 林墉, design: 召柏林

I like to find working women in stamps and there are a lot in Chinese ones.  Well, I do not really know what they are doing, though…  making Rainbow?

働く女性の描かれた切手が好きです。その、励まそうとしている感じが。この中国の切手の場合は、この二人の若い女性がポンプのような装置で何をしているのかは、、、謎です。虹を作ってるのかな?

追記:『新中国切手カタログ』によると、これは「民軍は同家族」というプロパガンダ切手でした。でも、この散水が何のためかは不明。

wealth of nature / 水。自然の恵み

December 3, 2009

2001Germany003-2

2001 Germany
Water – wealth of nature

Simple and straight forward – why not?  This should looks good on a pale Blue envelope.

シンプルで何が悪い?水色の封筒に貼って手紙を出したくなる。あ、ドイツまで行かないと投函できませんね、、。

Ice Crystals / 雪の結晶

December 1, 2009

2006USA001
2006USA002
2006USA003
2006USA004

5 October 2006, USA
Christmas

Water forms beautiful crystals when the atmosphere becomes minus zero.  This morning, I had to scrape my car before start to drive – I wish I had time to bring my magnifier to see them.  It was a winter morning and I did not have time!  In ‘the iciest web site in the world’, you can see 12 different patterns of ice crystals recorded in 1902 by Wilson Bentley.

By the way, is it only me to think that it would be graphically nicer if the centre of the stamp is centralised to the ice crystals?

Additional note: Wilson Bentley’s original ‘Photomicrograph’ works are recently in auction and some larger iamges are available here ( on 23 Jan 2010 ) .

今朝、路上に停めてある車のフロントガラスがかちかちに凍っていました。水は氷点下で素敵な結晶を作ります。あわてて融かさないでゆっくり観察すればよかった。冬の朝は、なにかと忙しいですね。ちなみに、結晶の形は温度と水蒸気量のバランスで決まるそうです。大阪市立大学のHPより。

それにしても、この切手のちょうど真ん中に結晶のイラストが配置されたらもっと格好良いのに、、、と思うのはわたしだけですか?

追記:1902年にWilson Bentleyが撮影した’Photomicrograph’という手法のオリジナルの写真が最近(2010年1月23日現在)、オークションに出されてこのサイトで見る事ができます。

delta works completed / 堤防が完成しました

November 10, 2009

1986Netherland002
1986Netherland001

7 October 1986 Netherland
Storm Surge Map
design by Irene Klinkenberg and Nicole van Schouwenburg

Celebrating their works on delta protection completed, it shows how the storm tamed within controlled bay – so their birds are secured, too.  Again, a lot of information in small stamp – but nicely designed.  I like the little ‘c’ is located between 6 and 5, otherwise easy to be missed out.  75 cent stamp has illustration of people hand in hand, creating levee… a bit over-descriptive, isn’t it?

防水事業の完成を祝っている1986年のオランダの切手。高ぶる波も堤防を越えず、野鳥も保護されているようです。小さな面積にたくさんの情報が詰め込まれていますが、色合いのおかげかすっきりしています。一枚目、数字6と5の間にこっそりあるセントの「c」がかわいい。2枚目の75セントは人々が手に手をとって堤防を築き、、、というのがちょっと説明過多な気がするのはわたしだけでしょうか?

French spa / フランスの温泉

September 8, 2009

1988France001

19 November 1988, France
le Thermalisme
design & engrave: J. Delpech

Following theme of yesterday – another stamp of water.  Promoting usage of spas.  I like this beautiful colour mixture of Intaglio print.

水をテーマにした切手をもう一枚。温泉利用を推進する切手のようです。凹版印刷のインクの混じったあたりが美しい効果を出しています。

water ripples / 水紋

September 7, 2009

2008Finland001
2008Finland002
2008Finland003

24 January 2008 Finland
design: Timo Berry
Lithography, printed by Joh. Enchedé

Are they a kind of definitives?  Simple idea and mysterious cut shape self adhesive stamps.  I may use this as a square stamp to avoid wasting  large part of water ripple print.

これは普通切手の一種でしょうか?シンプルな発想で、不思議な形に切られているセルフのりの切手。きれいだけど、捨てる部分が多すぎてもったいなく、結局、ふつうの正方形で貼りこんでしまいそうです。

2008Finland004

Moomin / ムーミン

September 6, 2009

2007Finland007
2007Finland004
2007Finland003
2007Finland005
2007Finland006
2007Finland008

9 May 2007, Finnland
illustration: Tove Jansson

Stories of Moomin valley is very popular in Japan, but I recognise that it is not well known in the UK.  Finish post has issued several set of stamps on this children books, which were fist published in 1954.

In this set of stamps from 2007, Moominmama is cooking outdoor.  Also they tell us that Finland is a contry of water.

ムーミンは日本では誰もが知っているけれど、英国ではあまり知られていません。フィンランドではムーミンに題材をとった切手がたくさん発行されています。

このシリーズではムーミンママが湖畔のたき火で料理をしています。トンボや咲き乱れる花が晩夏を思わせる色合いで、フィンランドが水の国であることを教えてくれます。