Archive for the 'USA' Category

hand of God / 神の手

February 6, 2017

1958USA002

31 May 1958, USA
International Geophysical Year

The hand of God is giving Adam a human intelligence – a part of Michelangelo‘s huge fresco ceiling in the Sistine Chapel of the Vatican.  The background for this stamp is the burning surface of the sun, which could be the mother of the earth.

When I read about Michelangelo’s life, I discovered that he was always angry because his life was affected by the change of rulers, and also what those rulers forced him to create.  Well, 500 years later in our global era, we still have to be aware about what a ruler wants and how our life is influenced by that.  I am imagining Michelangelo’s feeling when he painted this hand of God.

神の手。1958年、国際地球観測年の記念切手として、ミケランジェロがバチカン市国のシスティーナ礼拝堂の天井画に描いた、『アダムの創造』のアダムと神の指先が選ばれています。背景には地球の存在の根源として、燃えさかっている太陽の表面が描かれています。

ミケランジェロの生涯を読むと、彼のキャリアがその時の教皇の意思や交代によって左右され、やりたかった仕事になかなか取りかかれないことを生涯怒っていたらしいことが伺えます。そして、今。500年後のグローバル社会で、権力を手にしたある人物の言動がまわりまわって日々の暮らしに影響を与えることを、思い知らされるわたしたち。ミケランジェロがどんな気持ちでこの神の手を描いたのかに思いを馳せます。

 

hands and wall / 手と壁

January 22, 2017

1966USA003

1 July 1966, USA
175th Anniversary of the Bill of Rights

A hand to stop tyranny – and the statement of “The rights of the people shall not be violated”.  This stamp is celebrating the Bill of Rights, started in 1791.

I feel a bit better seeing the sparse crowd for 45th President’s inauguration day, in comparison to Barack Obama’s in 2009, and 500,000 people packed into the same place for the Women’s March on the following day.  Madonna’s words of ‘the new age of tyranny’ are a warning pointing to exactly what is happening.

「専制政治を阻止する権利」が1791年にアメリカの権利章典に記載されたことを記念した切手です。軍隊ぽい手袋の手とそれを阻止している手の間には「暴力に晒されない権利」という言葉が。

45代大統領の就任式ががらがらだった件翌日の「Women’s March」が同じ場所を人で埋め尽くしたのを見て、少し元気になりました。それでも、マドンナの「新しい暴政の時代」という言葉は、今この時を言い当てていると思います。

 

rainbow Love / ♡な日が近い

February 12, 2015

1984USA005
*exch. 064  ( limited number )

31 January 1984, USA

St. Valentine’s Day is soon.  I know the chocolate shops in Japan are in the busiest time of the year.  Here in East London, where Christians could be a minority group, you can see modest red hearts only in the supermarket check-out area.

I like the font on this stamp and I discovered that it is called ‘Bodoni‘ designed in 1798 by Giambattista Bodoni – a 226 year old font!   It is interesting to learn that the typographer is already a recognised profession in Europe at that time, alongside the rapid development of Letterpress printing since the 15th century.

バレンタインデーが近づいていますね。きっと日本ではチョコレート商戦がピークを迎えていることでしょう。キリスト教徒がたぶん少数派のスタジオ近辺では、coopスーパーのレジ周りだけ、控えめに♡が飛んでいます。

この切手のフォントが好きで由来を調べたところ、「Bodoni」という名前で今から226年前の1798年にジャンバッティスタ・ボドニによってデザインされていました。タイポグラファーという職種はヨーロッパでは活版印刷が広まるとともに育ち、国際的に使われる文字も生まれはじめたのですね。

orbit of satellite / 衛星の軌跡

April 29, 2013

6 October 1965, USA
Centenary of International Telecommunication Union

Crisp intaglio stamp from the USA on the same theme as the 1965 ITU – expressing its 100 years progress with Morse code and the tracks of communication satellites.  The Morse code can be read… itu itu itu and itu.  A simple yet well designed stamp, I would say.

同じく国際電気通信連合の百年を祝う、かりっとした凹版印刷のアメリカの切手です。100年間の通信の進歩が、地球を横断するモールス符号と通信衛星の軌道で表現されています。モールス符号でITUが4度くりかえされ、意図と構成のはっきりした明快な切手。あ、でもITUの存在はモールス信号が分かる(または読もうと努力する)人にしか、伝わらないのだった、、。

telephone again / 再度、電話機

April 28, 2012

2010USA006

29 June 2011, USA
‘Forever’
Pioneers of American Industrial Design

Model 302 Bell telephone, 1937
designed by Henry Dreyfuss (1904-1972)

When I saw this stamp, I thought this crisp telephone design must be the inspiration for the Ericsson telephone which I featured – but the fact seems the opposite.   The Henry Dreyfuss Associates web site is linked to a wikipedia articles, which says that the Ericsson phone was designed in 1929 and Henry Dreyfuss was influenced by that.  So, I amended my post accordingly.

This series of stamps ( 12 of them ) are showing early examples of American industrial design – some of them are familiar and the rest are not.  Simple images are featured, but there is no denomination on the stamp…  Is ‘Forever’ the replacement of postal price?

Two more designs for communication tools below – the radio was designed by Dreyfuss’s mentor Bel Geddes.

この切れのある電話機の切手を見た時、3つ前のポストで紹介したエリクソンの電話機はこれを見て影響を受けたのかも?と思ったのだけど、事実は正反対だったようです。今でも続いているHenry Dreyfuss事務所のHP(おそろしく前時代的なデザインですが、、)からだどって行くwikipediaの記事に、1929年にデザインされたエリクソンの電話機に影響を受けたとしっかり記されていました。

この12枚セットの切手はアメリカのインダストリアルデザイン黎明期を紹介しています。中には見慣れたデザインもあります。ラジオをデザインしたNorman Bel Geddesは、Dreyfussがかつて見習いとして働いたことのあるステージデザイナーでした。

2010USA007
2010USA010

‘Patriot’ radio for Emerson Radio & Phonograph Co. by Norman Bel Geddes (1893-1958)
‘Selectric’ typewriter for IBM in 1961 by Eliot Noyes (1910-1977)

rainbow envelopes / カラフルな封筒

March 26, 2012

1985USA001

1985 USA
Definitive, coiled

Envelopes, colourful.  Strong and nice!  But why the odd figured denomination… 21.1 cents??

カラフルな封筒が強い印象の一枚。でもどうして、21.1セントなんていう半端な額面なのでしょう?

White new year / 純白のお正月

January 1, 2010

1999USA004
1999USA002
1999USA001
1999USA003
1999USA005

12 March 1999, USA
Animals in the Arctic Circle

This morning we had powdery snow flakes on trees, front garden and pavement – and blue sky above all.  Shiny sun was up, drew a low arch, and even at sunset the light was clear.  Beautiful winter day.  I wish you all a Happy New Year 2010!

I heard an owl hoot right now, what a nice coincidence!  I was thinking of owls in wood, uploading this post.  Also, I think these stamps represent feeling of new year’s day, as animals are waiting for spring as we do.

This year in Chinese Zodiac is Tiger.  I only have one stamp of a tiger, from Korea, which I featured already.

新年あけましておめでとうございます。今朝起きると木々も道路も白い雪で覆われ、青空が広がっていました。透き通った空気と陽の低い静かな午後、そして夕暮れ時になっても光がきらきらした冬の日でした。

雪の中で春を待つ動物達、例えばフクロウ、、、と思ってこの切手をアップしていたちょうど今、裏の森でフクロウが鳴きました。素敵な偶然に嬉しくなります。

今年は寅年ですが、手元にあってここに載せたいほど好きな虎の切手はたったの一枚、韓国の切手で、すでにアップしていました。

Ice Crystals / 雪の結晶

December 1, 2009

2006USA001
2006USA002
2006USA003
2006USA004

5 October 2006, USA
Christmas

Water forms beautiful crystals when the atmosphere becomes minus zero.  This morning, I had to scrape my car before start to drive – I wish I had time to bring my magnifier to see them.  It was a winter morning and I did not have time!  In ‘the iciest web site in the world’, you can see 12 different patterns of ice crystals recorded in 1902 by Wilson Bentley.

By the way, is it only me to think that it would be graphically nicer if the centre of the stamp is centralised to the ice crystals?

Additional note: Wilson Bentley’s original ‘Photomicrograph’ works are recently in auction and some larger iamges are available here ( on 23 Jan 2010 ) .

今朝、路上に停めてある車のフロントガラスがかちかちに凍っていました。水は氷点下で素敵な結晶を作ります。あわてて融かさないでゆっくり観察すればよかった。冬の朝は、なにかと忙しいですね。ちなみに、結晶の形は温度と水蒸気量のバランスで決まるそうです。大阪市立大学のHPより。

それにしても、この切手のちょうど真ん中に結晶のイラストが配置されたらもっと格好良いのに、、、と思うのはわたしだけですか?

追記:1902年にWilson Bentleyが撮影した’Photomicrograph’という手法のオリジナルの写真が最近(2010年1月23日現在)、オークションに出されてこのサイトで見る事ができます。

bicycle handle / 自転車のハンドル

October 16, 2009

1998USA001

1998 USA

A nicely designed coil stamp for prepaid standard class – but wait for moment, there is no down tube attached to head tube, handle bars looks odd as if the grip connected to a straight bar, and brake leaver is in wrong position… why did they choose a bicycle to be depicted for this stamp, if they did not have a bike to draw?

単純化された色合いが綺麗なコイル切手の一枚、、、あれ?でもよく見ると、ヘッドチューブはあるけれどダウンチューブが存在していないし、ドロップハンドルはまっすぐなバーに無理やり付いているように見えます。ブレーキレバーがついている場所もおかしい。参考にする自転車がなかったのでしょうか?

Lines of colours / スピーディーな縞

October 15, 2009

1984USA001
1984USA002
1984USA004

4 November 1983, USA
Olympics 84 Airmail stamps

As a big fan of Intaglio print method, there are not many stamps from USA which I am moved – but some rare exceptions make me very happy.  These stamps are beautifully composed, careful balance between illustration and background White, and coloured lines express speed of athletes.

ざっくりした図柄や印刷の多いアメリカの切手ですが、これは素晴らしい!と思ったシリーズです。一枚いちまいの構成に細心の注意が払われ、イラストの面積と背景の白の分量も美しい。オリンピック選手のスピード感が、カラフルな線で表現されています。