Archive for the '-typography' Category

typography and Marianne / 書体とマリアンヌ

March 8, 2020

3 March 1986, France
Typography
design: Raymond Gid / engrave: Claude Andréotto

This is a stamp on typography, and depicting “Marianne,” the national personification of the French Republic.  I wonder how many countries have a woman as an icon?

Today is the International Women’s Day – so, I decided to feature this stamp although in the context of typography – the design focus is “a”.

マリアンヌはフランス共和国を象徴する女性である、というのは最近知ったことですが、他にも国を象徴する人物として女性を掲げている国はあるのでしょうか?

今日は国際女性デーでした。なので、タイポグラフィーの切手ながら女性を描いているこの切手を取り上げてみましたが、図柄の主役は「a」なのです。

Love / バレンタイン

February 15, 2020

26 January 1973, USA
Love Issue
design: Robert Indiana

I saw many people had a bunch of flowers on their way home from work yesterday.  Tons of energy was used to prepare roses to be ready and transported.  Then many florists raise their price up to three times on 14 February, which I did not know.

How can you do an environmentally friendly St. Valentine’s Day?

It is easy that you can express your love everyday and not make the day so special!  Or use this stamp and send a heart warming card.

I am sure the overlap of red and green ink is designed by the artist, to express his sculptural works in a two dimensional composition, without extra cost.

According to this postage archive, this stamp was sold very well but some people thought it was too hippy, and the next stamp featuring the word ‘love’ did not appear on US stamps until 1984.

昨夜の帰宅時は、花束を持った男女がたくさん歩いていました。イギリスのバレンタインデーは双方から気持ちを伝えるのです。そして、この日に合わせてバラが開くように栽培工場や倉庫で膨大なエネルギーが使われ、たくさんのトラックが走り回り、花屋はふだんより3倍も高くした花束を売りさばく。

環境に優しいバレンタインデーを送るには、どうしたらいいのでしょう?

実はとてもカンタンで、毎日「好きよ」と言っていれば、この日を特別な日にする必要がないよね?と夫と話しながら、いつもと変わらない晩ご飯をした昨夜。こんな切手を貼った心のこもったカードがあれば、それで充分だと思うのです。

ロバート・インディアナはこの書体の文字を使った彫刻を数多く作ったアーティストですが、この切手の赤と緑のインクの重なりは間違いなく意図的で、彼の立体的な造形を平面上に、手間を増やさないやり方で表現しています。

この切手は発売当時とても人気があったのですが、ちょっとヒッピーすぎ、という意見も聞かれ、次に「Love」という単語が切手に使われたのは11年後の1984年だったそうです。そういうエピソードを伝えてくれるこの切手アーカイブが、アメリカだけでなくどの国にもあったらいいのになぁ。

g & section sign? / gと節記号?

February 12, 2020

2 June 1999, Denmark
150th Anniversary of Danish Constitution
design: Camilla Jorgensen

“g” is an initial letter of “grundlov” – the Danish word for constitution.  Then what is §?  My stamp catalogue says it is Paragraph sign, but wikipedia says it is Section sign.  What it really means is ambiguous… but nice and clean stamp!

「g」は規約という意味のデンマーク語 grundlov の頭文字。では「§」は?切手カタログには「段落記号」と出ているのですが、調べると「節記号」が正しいようです。ここまで分かっても、この記号が何を象徴しているのか未だ?ですが、すっきりしたデザインが好きです。

offset printing / オフセット印刷

February 2, 2020

1 October 1982, Norway
Centenary of Graphical Union of Norway
design: L. F. Anisdahl

I thought this was a letter ‘g’, but it is in fact a side view of a series of rollers for offset lithography printing.  The only thing I can read in the background is the name David.

ぱっと見た印象で文字の「g」かな?グラフィック・デザインかな??と思ったのですが、切手カタログに「オフセット印刷機」とありました。円柱の形のローラーを横から見たところですね。背景の古めかしい書体にDavidという名前が見えます。

 

font of the age / 時代とフォント

January 26, 2020

9 September 1983, USA
Century of Federal Civil Service
designer: Kathleen Wilmes

This design uses fonts to reflect the atmosphere of the time – comparing 2 fonts from a century apart.

1983 – Blade Runner was a film from 1982 and although the story was set in 2019 ( yes, we have just passed that ), their ‘future’ font was based on that time.  I revisited the film recently ( RIP for the industrial and film set designer Syd Mead ) and thought the CI on the police car was similar to this 1983 font – well, not too far apart but different.  This lego model has the original logo on its body!

100年の歳月をフォントのデザインの違いで表した、なかなか粋なデザインです。

1983年 – すでに37年前ですが – は、あの衝撃的な映画『ブレードランナー』が公開された翌年。映画の設定だった2019年11月が過去になったというニュースと、シド・ミードの訃報を知って観なおした時に、この切手の1983と、あの空飛ぶパトカーのボディーにあったPoliceロゴが似てない?と思ったのですが、かなり違っていました、、。日本製のプラモデルではいいかげんなフォントですが、レゴのモデルにはオリジナルのフォントが使われています。

construction of letters / フォントの作り方、その2

January 23, 2020

13 July 1982, USA
America’s Libraries
Font design by Geofroy Tory in 1523
stamp design: Bradbury Thompson

“A” on this stamp looks similar to the font on my previous post, but the construction lines are slightly different. I wonder what those six different circles are doing for “C”?

There is an archive of the Bulletin about this stamp, tells us the French typographer and his student who cut the letter for printing.  I thank them for building and keeping this archive – at the Smithsonian National Postal Museum!

この切手の「A」は一つ前の切手のフォントと似ていますが、補助線の入り方が少し違って、それが微妙な差を生み出しています。見た目にはとてもシンプルな「C」が、中心の違う6つの円で構成されているのか、、とじっくり眺めました。

切手発行当時のプレスリリースがアーカイブ化されたものがあって、フォントは1523年のフランス人の手になるもの、切手のデザイナーは書体の歴史の本の著者とわかりました。このアーカイブをこつこつと作って維持している、スミソニアン郵便局博物館の方たちに心より感謝します。

 

construction of letter A / フォントの作り方

January 21, 2020

1 October 1982, Norway
Centenary of Graphical Union of Norway
design: L. F. Anisdahl

Since the innovation of letter press by Gutenberg in 15th century, font design has developed and reflected its time.  A is a nice one to begin with and the test comes later if you can keep those construction lines coherent throughout, or not.

グーテンベルグの発明した凸版印刷機で出版物がぐんと増えた15世紀以来、さまざまなフォントが登場しました。グラフィックデザイナーなら一度は試したことがあると思いますが、こんな感じの補助線を使って、Aからはじめた文字の印象をどれくらい統一できるかが、フォントエザインでは重要だと思われます。

propagation of print / 技術は伝播する

March 5, 2015

1976UK008

29 September 1976, UK
500th Anniversary of British Printing
designer: Richard Gay ( winner of the stamp design competition )

Only 20 years after the Gutenberg Bible, already in England the new technology of letterpress printing had been developed and large numbers of publications were produced.

These stamps with letters from that time and a picture of a printing workshop are showing British printer William Caxton’s works.  He was the first English publisher that produced commercial books.  His printer’s device is quite beautiful.

1976UK010

グーテンベルグが考案した活版印刷を使って『グーテンベルク聖書』と呼ばれる聖書を印刷してから20年のちに、すでにイギリスで印刷と出版を手がける人が手できていました。情報のつまった「本」という存在が、多くの人を魅了したのですね。

この2枚の切手はイギリスで出版業の先駆けとなったウィリアム・カクストンの仕事と、印刷所の様子を伝えています。この切手の発行当日の記念消印にも使われた彼の印刷物の紋章は、古風で美しい文字と模様の構成です。

Printing revolution / 印刷革命

February 26, 2015

2000Germany001

17 February 2000, Germany
600th birthday of Johannes Gutenberg
design: Regina & P. Steiner

The hand carved woodblock print was born in China, and in the 15th century in Europe, metal letter press was invented and that made the printing culture wide spread.

This stamp is celebrating the inventor’s birthday of 600 years ago – well, he is responsible for many areas of later development, such as publication, education and yes of course, typography.

The letters from 600 years ago were quite a bit different in written manner, by the way.

印刷の歴史は中国で興った手彫りの木版印刷にさかのぼりますが、15世紀のヨーロッパで活版印刷が発明されたことが、印刷物の量をぐんと増やし、情報の伝わるスピードを一気に速めたのは間違いないようです。

この切手はその活版印刷の発明者と言われるヨハネス・グーテンベルクの600年前の誕生を記念したものです。たしかに、量産が可能な印刷物が出来たことで書物が庶民に届くようになり、さらにタイポグラフィーというものも生まれたのですね。

それにしても600年前の文字は、今とはずいぶん違った表記だったことが、拡大するとわかります。

2000Germany001-2

rainbow Love / ♡な日が近い

February 12, 2015

1984USA005
*exch. 064  ( limited number )

31 January 1984, USA

St. Valentine’s Day is soon.  I know the chocolate shops in Japan are in the busiest time of the year.  Here in East London, where Christians could be a minority group, you can see modest red hearts only in the supermarket check-out area.

I like the font on this stamp and I discovered that it is called ‘Bodoni‘ designed in 1798 by Giambattista Bodoni – a 226 year old font!   It is interesting to learn that the typographer is already a recognised profession in Europe at that time, alongside the rapid development of Letterpress printing since the 15th century.

バレンタインデーが近づいていますね。きっと日本ではチョコレート商戦がピークを迎えていることでしょう。キリスト教徒がたぶん少数派の東ロンドンのスタジオ近辺では、coopスーパーのレジ周りだけ、控えめに♡が飛んでいます。

この切手のフォントが好きで由来を調べたところ、「Bodoni」という名前で今から226年前の1798年にジャンバッティスタ・ボドニによってデザインされていました。タイポグラファーという職種はヨーロッパでは活版印刷が広まるとともに育ち、国際的に使われる文字も生まれはじめたのですね。

mono colour and strong 3 / 単色で強い切手 その3

December 11, 2014

1955Germany003

1 December 1955, Germany
Supplementary value, 1
design: A. Schraml

Not just bright colours, but quiet tint can be strong, if the stamp design is good.  This elegant swirl adorns the number 1 – because the background is grey, white lines stand out beautifully.

明るい色彩だからモノトーンでも強いのか?と思ったらそうでもないのです。こんな地味なグレーの中だからこそ、エレガントなぐるぐる渦巻きで飾られた数字がきれいに浮き上がる。受け取ったら嬉しくなる切手です。

 

Mother Language / 母語

February 23, 2013

2011Austria001

4 October 2011, Austria
‘Brand Austria’
designer:  Nik Thoenen

21 February is the International Mother Language Day, which is an annual observance to celebrate and promote awareness of linguistic and cultural diversity and Multilingualism.

This stamp from Austria shows 15 different linguistic groups in the country, in the manner that the size of letters reflect the population of people to use them as their mother tongue – I think.  And I guess that the red letter E, sideways up on top of the central O, is the modern version of the umlaut for Ö of Östereich, when you spell it in the ‘www’ world.

The latest statistics tells us that native British population is less than a half in London.  I am one of these non-British who speaks English for everyday communication.  At the same time I am trying to keep my Mother Language as good as it was – not easy!

一昨日の2月21日は国際母語デーでした。母語を捨てることを強要された東パキスタン人(現バングラデシュ人)が1952年にベンガル語を公用語にするよう抗議行動を起こしたことに由来します。

この切手は、オーストリアに住む人たちのさまざまな言語集団とその人口比率を文字のサイズで表したもの?と推測するのですが、どなたか知っている方がいたら教えてください。中央の赤いOの上で横になっているEは、ネット環境でタイプできないウムラウトの替わりに並べて使われる「oe」を表し、バイエルン語の国名Östareichのことだと思われます。

最近の統計によると、ロンドンでは白人イギリス人の全市人口における割合が45%に減ったのだそうです。たくさんの人が外から来てこの街で生活しているわけです。その一人であるわたしも、日常会話や仕事には英語を使いながら、国語を忘れないよう努めて書いたりしていますが、なかなか簡単ではない、、。ここで子供を育て、現地校に通わせながら母語も教えている友人たちの努力を思うのでした。

avant-garde in 1923 / 1923年の前衛

May 7, 2011

1923Netherland002

1923 Netherlands
design: N. J. van de Vecht
letterpress

I am a great fan of letterpress stamps as they often have a beautiful naïveness and simple composition.  This one from the Netherlands must be very advanced in design at that time, compared to other conventional portraits of sovereigns.   I featured another set from 1926, the Dutch post office in the 1920’s was quite experimental in their artistic attitude.

88年経っているとは思えない斬新な余白を持つこの切手。君主の肖像や国の紋章が一般的なモチーフだった当時、このデザインにOKを出した役所は前衛的だったのですね。1926年のアーティスティックな切手も。

1923年は日本の大正12年。J. H. モーガンが設計し建設に約3年かかったモダンな丸ノ内ビルヂングが春に完成、同年9月に関東大震災が起こりました。震災を生き残ったこのビルは残念ながら1999年に解体されました。もしも残っていたら、今回の地震で壊れていたかもしれないし、、複雑です。

from letter press to @ / 活版印刷から@マークへ

February 8, 2011

2009Swiss001

8 May 2009, Switzerland
design: Meike Kollmann / Lithography

It happened in Tunisia and now in Egypt – they are telling us that the group of people who share opinions are exchanging information and being united faster than ever.

This stamp is evoking this change in forms of communication, and at the same time telling us the tactile quality we shouldn’t forget.  In fact, we are re-discovering the artistic value of letter press and traditional methods in stamp printing as well – I hope.

チュニジアの政変につづきエジプトでも、インターネットとソーシャル・ネットワーキングが意見を同じくする人々のつながりを早めたのは確かなことのようです。

この切手は近年のこの変化を図柄にしつつ、凸版印刷の伝える素敵な素材感を忘れないで、と言っているように見えます。レタープレスの名刺や本が静かな人気を保ち続ける日本で、凹版や凸版印刷の切手も再評価されて高い品質のものが発行されたらいいのにな、と願うのはわたしだけでしょうか?

what a stamp design can do / 切手で伝えられること

December 5, 2009

2006 Germany
200 years of Blind School & 150 years of Nikolaus Care Foundation

2008 Germany
100 years of Christoffel-Blindenmission

Two years apart of issuing, I am sure they are done by one designer.  The feature of stamps are both related to care for blind people.  For me, those are the finest examples of computer aided design of contemporary stamps – simple, clear to express the theme and they talk to our emotion.

2年の間隔をあけて発行されている2枚で、同じデザイナーが手がけています。盲人のための施設をテーマに、シンプルな構成ながら、見る人に視覚障害について想像をさせ、そのサポートに尽力した人たちの歴史を讃えている。近年、間違いなく切手もコンピューター上でデザインされていると思うけれど、こんな風にコンピューター処理を効果的に使っている例は、実はあまりないのではないかと思います。

Letters Only / 文字だけの構成

November 5, 2009

1946Netherland001
1946Netherland002
1953Netherland001
1953Netherland002
1957Netherland001

1946-57 Netherland
design by Jan van Krimpen

Difinitives of that time, first and second stamps ( 2 & 4 cents ) were issued in 1946, the rests were released in 1950’s. Decoration is from two ‘N’s of the name of the country.  Simple and Beautiful.

オランダの普通切手だったもので、最初の2枚は戦後すぐの1946年に、あとの3枚は同じデザインで1950年代に発行されたものです。よく見ると、装飾は文字の一部で、国名の中の「N」の字から延びています。シンプルで美しい、お気に入りの切手です。

City for all/ すべての市民のための

May 3, 2009

1990Denmark001

5 October 1990 Denmark
Fredericia / City for All
design: K. Bassford
engrave: A. Kühlmann
Intaglio and embossed

A neat graphic and Braille express accessibility of Fredericia,  a town in the eastern part of the Jutland peninsula in Denmark.

きりりとしたグラフィックと点字の組み合せでかつては軍事の要衝だったフレデリシアが公平な街であることを表現しているようです。ちょっと行ってみたくなる。