Archive for the '-tent & mobile home' Category

circus horse / サーカスの馬

December 31, 2014

1987Sweden002

10 October 1987, Sweden
Bicentenary of Circus in Sweden
designer: Eva Jern / engraver: Czesław Słania

The final stamp of the year of the Horse is the work of a master craftsman – a rather unusually colourful Slania.

A brave design – the country name is written around the low circuit handrail, and well, missing the last E – but that seems nothing for them in comparison to a cool design.  It is obvious that Slania is more interested in depicting the horse than the girl on top of it, and also took time on the facial expressions of the audience in the dark.

This is the 28th stamp of horses since this January and I have 70 more…  Let’s wait for 12 years to feature them all!

午年最後の切手は、スラニアの作品では珍しくカラフルなサーカスの馬です。

国の名前が手すりの下に途切れとぎれで、しかも最後のEがないのだけれど、かっこいい切手のためなら国の名前なんて正確でなくてもOK、という鷹揚さが好きです。スラニアの軽妙な線の馬は歯切れよく、背後の暗がりの観客には表情がある。洒脱ながらも根気の仕事ですね。

さて、この1月から始めてこれで28枚目の馬の切手でしたが、数えるとまだ70枚残っていた。12年後を待ちましょう。

 

100 years scouting / ボーイスカウト100年

August 14, 2011

27 April 2007, Switzerland
Centenary of Scouting
design: Marc Waller

Another triangular stamp – in the shape of a tent.  I would imagine that in the early time of scouting, boys and girls were not together in a tent!… now they are happily on one site and enjoying new freedoms.

Each face pictured here remainds me someone I know – it is strange, though.

三角切手をもう一枚。図柄はちょっとあか抜けないけれど、テントの形の見立てが面白いと思います。100年前はきっと男子と女子は厳格に活動が分かれていたのだろうけれど、、、今はさすがに、男子と女子、いろんな人種が交流しているよ、と切手で訴えている感じもあり。

それにしても、描かれているどの顔もわたしの知っている誰かと似ているのが、、、変な感じです。

flying pigeons / 飛び立つハト

August 11, 2011

1954Monaco001

12 April 1954, Monaco
‘Pigeons released from mobile loft’
design and engraving: Raoul Serres

Following a Dove stamp from Switzerland, I pick up this from Monaco.  I did not know that people had this mobile Homing pigeon hut until seeing this stamp.  Pigeon keeping was popular from ancient times until the 1960’s, as they delivered communication materials. A Pigeon-Gram service even existed at the end of 18th century to the early 19th century.  Domestic pigeons also provided valuable manure for farmers – thus many beautiful Dovecotes still exist.

ハトの切手つづきで、モナコの1950年代の「移動小屋から飛びたつハト」です。となりに飼い主のテントもあります。ロフトの語源が屋根裏のハト小屋だったこと、移動するロフトもあったことなど、この切手を見るまで知りませんでした。糞が畑の肥料になったこともあり、伝書鳩の飼育は古代から1960年代ごろまで続き、今も多くの鳩舎が残っています。インド警察は「インターネットの普及」を理由に2002年で伝書鳩の飼育をやめたようです。ということは、ファックスよりは鳩が信頼されていたのかな。

girl scout 2 / ガールスカウト2

August 4, 2011

1957Philippine001

19 January 1957, Philippines
Girl Scout World Camp at Quezon City

The girl scouts movement started in Japan in 1920, but in the Philippines it started 63 years earlier, in 1857.  This clover leaf is the emblem of the girl scouts.  Simple and clean design, with four tents behind a silhouette of a girl, with a streak of cooking smoke… I get hungry somehow.

p.s. The Scouting Movement started 1907 – it seems the year 1857 on this stamps has nothing to do with the Scounting… a bit of mystery remains.

日本のガールスカウトは1920年に始まったのだけれど、フィリピンではそれより63年早く1857年には活動が始まっていたようです。このクローバーがガールスカウトの紋章ですね。単色のシンプルなデザインで、少女の背後に4つのテントと調理しているらしい煙が一筋、、、お腹が空くのはなぜだろう。

追記:ボーイスカウトが1907年にはじまり、ガールスカウトは翌年1908年が発足のようなので、この切手に記された年号1857はスカウト運動とはどうやら関係がないようで、、、謎です。

girl scout / ガールスカウト

August 3, 2011

1971Japan004

26 July 1970, Japan
50th Anniversary of Girl Scouts Movement
design: Takao Yamanouchi

I didn’t know the three-fingered salute of girl scouts until seeing this stamp.  Always I admire cool girls who can make strong knots and make fire in the field with a practiced hand.  If I knew this uniform, I could have been a member straight away, too…

昭和45年11月1日発行
ガールスカウト運動50周年記念
デザイン:山野内孝夫

ずっと昔から、ローブの結び方を知っていたり手際良くたき火をおこしたりできる女子に憧れてきました。このユニフォームを子供の頃に見ていたら、きっと「ガールスカウト入りたい!」と挙手していたに違いない。

camping in the rain / 雨天キャンプ

July 31, 2011

1989Sweden005

17 May 1989, Sweden
Summer Activites
design: R. Eriksson

I am kind of traumatised by my first experience in camping – heavy rain was too loud to sleep, my brand new trainers went totally brown in muddy ground next morning.  It was the last camping memory and I have not gone back to the fields to sleep since.

In recent years it seems I am wanting to go back – I bought a set of stackable wine glasses, enamel mugs and a kettle and even a collapsible coffee dripper.  I cannot resist compactness and devices for mobility.  Well, I have to buy a tent, then.

子供の頃に行ったキャンプで雨に降られ散々な目にあいました。テントを打つ雨音が強くて眠れず、翌朝に新品のスニーカーを泥にとられて靴下までどろどろになった記憶。たぶんこれが理由で、それ以来2度とキャンプをしていないのでした。

ここ数年、どうやらキャンプをしたくなっているようで、気づくといろいろ揃えていました。重ねて小さく収納できるワイングラス、ホーローのやかんとマグカップ、平たくなるコーヒー・ドリッパーまで。こういう機能的でコンパクトに設計されたアイテムに目がないのでした。そうだ、まずテントを買わないと、、。

igloo / 氷の家

January 6, 2010

1986Greenland001

4 September 1986, Greenland

In Epping forest near London, snow has fallen about 20cm high today.  There were two boys bravry making an igloo on a golf course in the forest – but they did not have art to complete round roof, unfortunately.

This stamp shows ordinary life in cold Greenland, igloo making, hunting and sledge sliding, with clean and warm lines.

雪が20センチほど積もった今日、ロンドン東のエッピング・フォレストのゴルフコースで、少年2人がイグルーを作っているのを見ました。ただ、丸い屋根を積み上げる技術がなく、壁だけで諦めていたのが残念。

このグリーンランドの切手には、極寒の地の人々の暮らしがすっきりした暖かい絵柄で描かれています。