Archive for the '-telecommunication' Category

radio tower / ラジオ塔

April 24, 2017

23 September 2005, Sweden
Varberg Radio Station, Grimeton
designer: Hannu Jarvio / engraver: P. Naszarkowski

I really like the lattice towers.  They are designed purely for function – built as high as possible with  a minimum of materials, the wind passes through otherwise it would topple down in a storm.

This stamp is looking up at one of 6 transmitters at the radio station, built in 1922 to 1924.  Now it is classified as a World Heritage Site and opened to public on Alexanderson Day.

鉄塔がとても好きです。少ない素材で出来るだけ高く、風に倒れないようスカスカに組んである、機能に徹した構造体。

この切手は世界遺産にも指定されている、スェーデンにあるヴァールベリのグリメトン無線局(1922年から24年に建設)の鉄塔のひとつを見上げた図です。鉄塔も、切手も美しい♡

Concentric circles / 電波・同心円

April 23, 2017

1976, Ireland
50 years of Irish Radio
design: Graham Shepherd & Al O’Donnell

Another way of showing the invisible phenomenon of radio waves – a set of concentric circles.  Often the waves are dispatched from a radio tower ( yes, in this case of an Italian, 1947 ) and in this Irish stamp, there is an earth in the centre to tell us that their broadcast is connected to the world.

電波が飛んでいく、見えない現象を描く手法でよく使われるのが、ラジオ塔から飛び立つ同心円の線(1947年のイタリア切手も)。このアイルランドの切手では、同心円の中心に地球が描かれ「発信元は世界とつながっている」表現ですね。

この切手からRCサクセションの『トランジスタ・ラジオ』を思い出し、びっくりするくらい歌詞を覚えていて、今も耳から離れません。『ベイエリアから / リバプールから / このアンテナがキャッチするナンバー』と清志郎(あぁ、すてきなしゃがれ声だったなぁ。追悼)が歌ったのが1980年、この切手の4年後でした。

Radio waves / 電波

April 12, 2017

1976, Ireland
50 years of Irish Radio

When you depict something which you normally don’t see, you have to analyse the phenomenon and embody it.  In this case, arcs from one place to another show that some voice or information have gone through the air and are being received.

This simple and clean design tells us that remote communications are flying in the blue sky over the green earth.

目に見えないことがらを描く時、まずその事象を分析してそこに何らかの形を与える必要があります。この切手の場合は、1本の直線と3本の弧で、ある場所から発信された電波が別の地点で受け取られたことを明快に図象化しています。

濃緑の大地を離れて青空を進み受信される電波。シンプルながら、どこかお国がらが見えるデザインです。

lattice tower 3 / 鉄塔 その3

June 19, 2013


1 September 1947, Italy
50th Anniversary of Radio
design: R. Garrasi

I did not post anything for a month… and am still looking at stamps with lattice tower…

But a book which I have just finished has revised my view on these Italian stamps.  “Clouds above the Hill” by Shiba Ryotaro told me how important telecommunication facilities were already during the Russo-Japanese War in 1904 – 1905, both at the War front, as well as international newspapers which put great pressure on the Russian emperor to accept America’s mediation offer.

Similar to aviation and other heavy industries, telecommunication was developed with national needs and energy – yes, it was looked up at with awe and could be possessed by higher existence.

この前にポストしたのは一月前なのに、まだ鉄塔の切手を眺めているわたし。

ただ、この一月に司馬遼太郎の著作『坂の上の雲』1〜8巻を読み、その舞台であった日露戦争の1905年ごろすでに、長距離通信が国の命運を変えるほどに重要であったことを知ったので、以前はくすっと笑っていたこの神がかった切手への見方が変わりました。日本海海戦の作戦をたてた参謀が、なくてはならない存在だった通信器具を開発した技師を戦後に訪ね、仕事ぶりに礼を言った、という逸話が、この切手の持つ雰囲気と重なります。

飛行技術や重工業などと同じく、通信技術も当時は国の運命を賭した事業だったのですね。それにしてもイタリア、仰ぎ見るアングルと、上空に君臨する厳しい目の天使が劇的です。

lattice tower 2 / 鉄塔 その2

May 12, 2013

1 February 1952, Switzerland
Swiss Telecommunications Centenary
design:  P Gauchat
‘Radio’

Another abstract lattice tower which is dispersing wavy lines.  This is a set of four stamps and each design commemorates a different method of communication.

We get used to imagining our sky covered by communication networks, but 100 years before this stamp, it must have been a new concept to have invisible waves flying above us.



‘Television’
‘Telephone’
‘Telegraph’

スイスの通信事業100年を記念した切手です。100年前の1852年というと日本ではペリーの黒船が来航して開国を迫られる前年。そんな頃に、すでにヨーロッパではモールス信号が飛び交っていたのか、、。切手は額面の低いほうから、通信の発展を時代ごとに象徴するモールス符号、電話線、ラジオ電波、テレビ送信が描かれています。

今ではネットワークの中にいないと不安になるほどですが、61年前の1952年ですら、眼に見えない電波が手元でカンタンに受信できるようになるとは、ほとんどの人は想像しなかったことでしょう。星空がロマンチックなかわいい切手たち。

lattice tower / 鉄塔

May 9, 2013

17 May 1965, Netherlands Antilles
Centenary of International Telecommunication Union
design: E. N. Ayubi

This is the 8th and the last stamp on the same theme of ITU – from a former constituent country of the Kingdom of the Netherlands, in the Caribbean.

The zig-zag arrow, in between two lattice towers, is expressing wireless communication over distance.  Cute!

「国際電気通信連合の百年」を記念する切手の8枚目はカリブ海にある旧オランダ領アンティルからの発行で、これが同じテーマでの最後の一枚です。

電撃マークが連合のロゴを抜け出して、すっくと立つ2本の鉄塔の間をビビッと飛んでいます。見えない通信が行き来していることを想像させてくれる、微笑ましいデザイン。

orbit of satellite / 衛星の軌跡

April 29, 2013

6 October 1965, USA
Centenary of International Telecommunication Union

Crisp intaglio stamp from the USA on the same theme as the 1965 ITU – expressing its 100 years progress with Morse code and the tracks of communication satellites.  The Morse code can be read… itu itu itu and itu.  A simple yet well designed stamp, I would say.

同じく国際電気通信連合の百年を祝う、かりっとした凹版印刷のアメリカの切手です。100年間の通信の進歩が、地球を横断するモールス符号と通信衛星の軌道で表現されています。モールス符号でITUが4度くりかえされ、意図と構成のはっきりした明快な切手。あ、でもITUの存在はモールス信号が分かる(または読もうと努力する)人にしか、伝わらないのだった、、。

electrical arrow / 電撃

April 23, 2013

1965Bermuda001
1965Bermuda002

1965 Bermuda
Centenary of International Telecommunication Union

I found more stamps issued for the same theme, the 1965 Telecommunication Union.  This set is from Bermuda, a British overseas territory, thus it has the silhouette of the Queen.  Apart from the Queen, the designer made his/her own interpretation on the ITU’s design guidance – the zig-zag arrow is extended, making a nice and simple composition.

なぜだかたくさん持っている、1965年の世界共通テーマ切手。これはイギリス領バミューダ諸島から発行されたもので、女王のシルエットは欠かせません。けれど、その女王のほかは、デザイナーはリベラルにITUのガイドラインを解釈したようで、ロゴに出てくる電撃がばーんと地球をつらぬいて、シンプルだけれど色がきれいで、勢いのある切手です。

slight variation / バリエーション

April 19, 2013

1965Japan002
*exch. 060

17 May 1965, Japan
Centenary of International Telecommunication Union
design: Yoshiomi Higashikadoi

Issued for the same theme of telecommunication as the previous two stamps from Ceylon, Brazil, France and British.  A Japanese stamp designer had taken guidance from the ITU a little straight, and made minor changes – somehow this modest stamp appeals to me, it’s charming.

If you look at the little detail of the electrical Insulators, and find slight differences in shape between each country – you might share an odd passion on ‘Insulator watchers’ – I am one of those proud Otaku.

昭和40年5月17日発行
国際電気通信連合( ITU )
デザイン:東角井良臣

続けて掲載しているセイロンブラジルフランス、そしてイギリスからの切手と同じく「国際電気通信連合の百年」を祝う切手です。連合が発行したデザインのガイドラインに沿っているけれど、少しだけ変えた中央の地球と背景の空に浮かぶ星が、この切手を愛らしくしているみたいです。

電信柱からひょろっと飛び出ている絶縁体の形が国ごとに少し違うことに気付いたあなたは、、、ガラスのでも陶器のでもがいしを見るとつい欲しくなってしまう、わたしと趣味を同じくするがいしファンですね。

same design, different colour / 色違い

April 1, 2013

1965Ceylon001

1965 Ceylon
Centenary of International Telecommunication Union

It seems that the ITU ( or UIT ) had issued some design guidance to all the countries for these centenary stamps.  Then each post office made their own version – some countries paid respect to the motif and layout, and other interpreted it more freely.

This Ceylon ( became Sri Lanka in 1972 ) stamp is an obedience one, with their three official languages – Sinhala, Tamil and English.  The most radical design on the same centenary is from Ceylon’s ex-suzerain country, the United Kingdom.

結成100年を祝う切手のために、国際電気通信連合は各国に「こんな図案で切手をつくろう」と呼びかけたのだと思われます。ひとつ前のブラジルと、このセイロン(現スリランカ)の切手は、色だけ変えてほぼその通り出ている。シンハラ語とタミル語がくるくる踊っていて、可愛いですね。

電気通信連合のガイドラインはほとんど気にせず、独自のデザインをほどこした国もたくさんあって、2つ前のフランスよりもっと自由奔放なのがセイロンの宗主国だったイギリスからのこのセットでした。

UIT 100 years / 国際電気通信連合100年

March 30, 2013

1965 Brazil
Centenary of International Telecommunication Union

Seeing the top left hand corner of the previous stamp, I remembered this one – a Brazilian stamp which has the same UIT logo with the globe.  Yes, they were issued for the same centenary and this colour combination of bright yellow and green reminds me of cheerful Brazilian music.

ひとつ前に紹介したフランスの切手の左上に見える国際電気通信連合のロゴが中心に置かれているこれも、同じ100年記念の切手でした。明るい色合いがなんともブラジルらしく、この切手が色付きの封筒に貼られて来たら嬉しいだろうな、と思う。印刷の中心が少し外れているのも愛嬌でしょう。

and satellite transmission / 衛星通信の登場

March 25, 2013

1965France002

17 May 1965, France
Centenary of International Telecommunication Union
design & engraving: Albert Decaris

The last stamp which is showing a Telegraph key – this one shows the history of telecommunications, all-in-one.  The aerial in front of the dome is called a Helical antenna, which was built for High frequency radio communications before the usage of satellites.

I like this way to apply the traditional printing method of intaglio, for picturing the historical and the latest technology, together with lots of stars ( and satellites ) in the sky.  Designed by the same engraver as this stamp, one of my top favourites.

電鍵の描かれた切手をさらに一枚。これは国際電気通信連合の百年を記念したもので、モールス機器から当時最新のサテライトまでを網羅しています。右下のドームの前で斜めに立っているのはヘリカルアンテナと呼ばれるもので、衛星が回遊する以前の地球表面上での短波通信に活躍しました。

通信機器の歴史が夜空の星と(はるか彼方のサテライトも)一緒に丁寧に彫られている、こんな凹版切手が大好きです。彫刻師の名前をチェックして、一番お気に入りのこの切手と同じ作者だと分かってにっこり。まぁ、完璧なオタクですか。

operating key / 送信中

March 23, 2013

1985Vietnam004

15 August 1985, Vietnam
40th Anniversary of Postal and Telecommunications Service

Another stamp which is showing the Telegraph key in operation.  Behind the operator, you can also see the modern interior of a domestic house.  And the stamp below, with Dish aerial was issued at the same time.

Somehow I have this impression – Socialist countries tend to feature working women in their stamps.  Or maybe only my eyes tend to stop on those women at work?

電鍵が出てくる切手をもう一枚。オペレーターと送電線と、電話をかける人の描かれたベトナムの切手です。とてもモダンな室内装飾も気になるところ。パラボラアンテナが描かれた下の一枚も同時に発行されました。

社会主義国の切手には、働く女性が多く登場します。はつらつと自転車をこぐ、この中国の郵便配達婦しかり。プロパガンダはともかく、本当のところどれくらいの割合で女性が社会に進出しているのか、知りたいところです。

1985Vietnam002

Telegraph key / 電鍵

March 22, 2013

1 June 1962, New Zealand
Telegraph Centenary
design: A G Mitchell

This stamp is celebrating 100 years of the telegraph in New Zealand.  The picture shows an early Telegraph key for sending Morse code, with operating hand, and telegraph poles and wire.  The hand looks somehow strained – it must be sending an urgent and important message.

It is interesting to see these modern alternatives to postal services, which are often depicted on stamps.  They did not imagine about the new world with ‘internet file transfer services’ yet, did they?

The host of Going Postal gave this stamp to me, among with many others from New Zealand.  Thank you!

なんだか力んだ手が電鍵を使ってモールス符号を打っているこの切手は、ニュージーランドの電信開始から100年を祝って発行された切手です。

郵便が担っていた役割をどんどん代替していくことになる技術を、こうやって切手の絵柄としてとどめてある、というのが興味深いです。この頃、まだネット上でのファイル送付サービスのことなど誰も想像していなくて、短い電信は送れるけれど、束になった書類は郵便しか無理だよねー、という余裕があったということか、、。

electrical telegraph / 電信機

March 17, 2013

13 October 1954, Japan
75th Anniversary of Admission to ITU
designer: Yutaka Yoshida
engraver: Tsuneo Kasano

After the Croatian QR code stamp, I remembered this one, in a similar layout with mysterious lines and dots.  The centre picture is an early electrical telegraph receiver.  In the top bar, between two small squares, are Japanese Morse code, which says ‘ko ku sa i’, which means ‘international’.

Although there is a similarity in the first impression between this and the QR code stamp in the previous post, this one has far higher density in its stamp design.  I admire this old ‘stampness’ and joy of magnifying.

昭和29年10月13日発行
国際電気通信連合(ITU)加盟75周年記念
デザイン:吉田豊
原版彫刻:笠野常雄

白地に赤のQRコード切手を見て思い出したのが、これです。小さな四角の配置が似ているし、フチを囲んでいる不思議なコードも前時代のQRという感じ。中央は電気通信レシーバーで、上のフチの中は日本語モールス符号で「こくさい」と読めます。たぶん、他の3種類のフチにあるコードで「電気・通信・連合」と言っているのでしょう。

ぱっと見の印象は似ていても、小さな紙面に詰まった情報の密度にQRコード切手とは雲泥の差があって、やっぱりわたしは丁寧にカリカリと彫られた59年前の「切手らしさ」がとても好きみたいです。拡大して、うっとり。

追記:
2012年10月に日本郵趣協会から発売された『ビジュアル日本切手カタログ vol.1』に、この図案のフチを囲む記号が説明されています。左が「キネン」、右が「デンキ」拡大している下は「ツウシン レンゴウ カメイ 75 シウネン」と右から読む(ん?)ようです。

tracing your letter / 手紙を追跡する

March 16, 2013

2011Croatia001

9 September 2011, Croatia
’20 Years of Postage Stamps of The Republic of Croatia’
design: Nikola Žinić & Davor Bruketa

This one has the simplest design amongst QR stamps – and it allows you to track the journey of your letter.  The QR takes you to the Croatian Post website, where the sender types the unique number on the stamp, then the receiver logs-in to tell the sender when it has arrived.  Yes, it is a new trial and I wonder how many people will actually use this function?  On the ‘Latest Activity’ section of the web site, it says one letter was posted 3 weeks ago and had not yet arrived to its destination.

クロアチアから出ているこれが、QRコード切手の中では一番シンプルで、しかも手紙を追跡する機能がついています。コードをスキャンして出てくるクロアチア郵便局のHPに切手下方に印刷された固有ナンバーを入れると、その切手が貼られた手紙の投函場所と到着までの距離がわかる、という仕組み。ただ、この機能を使う人がどれくらいいるかは疑問です。上記HPの「最新の動き」には、3週間前に投函されて以来まだ届いた記録のないものが載ってるのだけど、、。

QR code on stamps / 切手にQRコード

March 10, 2013

2011Liechtenstein002

2011 Liechtenstein
‘150 Years of Future’

QR ( Quick Response ) code was invented in Japan in 1994, originally for sorting parts on Toyota production lines.  After 19 years they are used everywhere – naturally on stamps, too.  Post offices in Spain, Taiwan, Russia, Iceland and Croatia have issued similar stamps.

I have installed an application of QR code reader on my iPhone – then what I found via this stamp is a boring cover page of a bank in Liechtenstein.  Well, this bank is 150 years old… then?  This is the latest phenomenon of hyper disappointment, isn’t it?  I don’t like this tendency that the postage stamps are used for advertisement, at all!

日本ではずいぶん前からおなじみのQRコードは、トヨタの工場でパーツを監理するために生まれたものだったのですね。ここ数年、このQRコードが図柄として使われた切手が各国から出ています。これはリヒテンシュタインのもので、他にもスペイン台湾ロシアアイスランドクロアチアなど。

さて、と思いつつiPhoneにQRコードリーダーのアプリをダウンロードして、わくわくしながらこの切手をスキャンしたら、つまらない銀行のHPが出て来た、、、。この落胆って、ネット世界のあちこちで目に入るうるさい広告が生むストレスと似ています。お金持ちの大企業が切手を広告媒体として使うようになったら、もう古い切手しか見なくなりそうです。

www. on stamps / 切手にHPアドレス

March 10, 2013

2010Croatia003
2010Croatia002

2008 & 2010, Croatia
‘Ana Rukavina Foundation’

After a stamp features @, here are a set from Croatia, which are showing URL of a National Humanitarian Campaign on leukaemia.  Ana Rukavina Foundation was made to raise awareness of bone marrow donations.  As Ana’s fight against the illness was known through the internet, it is appropriate to spread the information of this campaign via the www address.

I haven’t seen any other URL printed on stamps yet, but a few more have been issued, I imagine.

「@」の載った切手の次は、「www.」が印刷されている切手を。クロアチアで2006年に始まった、白血病患者を救う骨髄献血を呼びかけるキャンペーンの切手には、キャンペーンのロゴとHPが載っています。Ana Rukavinaのブログがきっかけで広まったこの活動をもっと多くの人に知らせるために、切手というメディアを使っていることが興味深いです。

わたしはこれしか見つけていないけれど、きっと他にもURLを載せた切手が出ていますよね?

communication tools / 通信ツール

March 6, 2013

2000Korea001

2000 Korea
‘Cyber Korea 21 Century’

It was three months ago, on 3 December 2012 – the morning radio program was interviewing a man, a former researcher for Vodafone, who had sent the world’s first text message to a mobile phone in 1992.  The program was celebrating the 20th birthday of SMS.

This stamp shows the communication tools in 2000.  After only 13 years, we rarely see this type of telephone handset these days, handle CD format data less and less, and also the mouse has evolved.  The appearance of physical products don’t stay long, but “@” has been surviving well and we will keep it for a while.. won’t we?

ほぼ3か月前の昨年12月3日、朝のラジオで、20年前に世界で初めて携帯電話へのSMSを送った英国人がインタビューされていました。テキストメッセージを使わない生活はもう想像できないぐらいですが、そういえば今ほど頻繁に使うようになったのはここ4〜5年ですよね。

この切手は2000年に発行された「21世紀のサイバー韓国」。まだ13年しか経っていないのに、こんな形の受話器はもうほとんど見ないし、CDも以前ほど使わなくなり、マウスの形すら進化しています。@マークだけは生き残っていて、これだけはもうしばらく使いそうですよね?そうでもない??

telecommunication / 遠距離通信

June 1, 2012

1980 Brazil
15 years of Embratel
design: Gian Calvi

Issued in 1980, this stamp shows six different ways of sending messages to a remote place – I am not sure what the left hand side top image indicates, though…  Middle one on the right hand side is a punch card.  My mother (born 1937) was a forefront key puncher from 1955 in the Mazda car factory.  The recording efficiency has been dramatically improved since!

I like this simple composition and modest colours.

1980年に発行されたこの切手には6通りの遠距離通信が描かれていますが、、、左上の図が何を表しているのか見当がつかないのでした。右列の真ん中はパンチカードです。わたしの母は1955年に、当時の最先端の職業としてマツダ工場のキーパンチャーを務めたのでした。記録メディアはその頃からすると、比べ物にならない進歩を遂げているのですね。

控えめな色味とあか抜けない構成なのに、なぜか惹かれる切手です。