Archive for the '-stamp, postal service' Category

two-way arrows / 双方向矢印

September 20, 2017

1969 + 1971, USA
Special Delivery Arrows
design: Norman Ives

Swift and reliable – a very clean and strong design for a special delivery stamp.  The normal postal stamp was 6 cents in 1969 and this is more than 7 times expensive.

1969年当時普通の郵便は6セントだったのに、この速達用切手は45セント。確実で速い!!というのを図柄にしたらこうなった、という強さがあります。

engraving hands / 彫る手

December 20, 2016

1962Austria001-2

1962 Austria
Stamp Day
design: A. Pilch / engraver: Rudolf Toth

Hands are engraving an intaglio plate for stamps.  Without well trained pair of hands, you don’t have these beautifully engraved stamps.  It seems tools and techniques have not been changed much since the first stamp was engrave in England in 1840.

切手の凹版を彫っている手元を描いた切手です。もちろん、訓練された手なくしては、精緻な凹版切手は生まれません。1840年にイギリスで最初に発行された切手も、この絵のような道具で印刷用の彫刻がなされた凹版切手でした。

single-minded kawaii / ひたむきかわいい

August 20, 2015

1940Estonia001

30 July 1940, Estonia
Century of First Postage Stamps
design: K. Doll

The pigeon post was important method for distant communication before the airplanes were introduced.  And this stamp from Estonia is celebrating the history of postal stamps, with a pigeon with a letter in its bill, as if competing to an airplane.

I think the figure of ‘pigeon with letter’ is always kawaii, as its earnest and single-minded attitude to complete their mission.  One question I still have – how did they deliver letters to the correct address?

Ah, I have just read the wiki and learned – they were flying back home!

航空便が広く使われる前は、伝書鳩が遠隔地を結ぶ通信に使われた – 切手の100年を祝うエストニアからの1枚は、そんなミッションを帯びて飛ぶハトが飛行機と競争しているかのような図案で、、とてもかわいいと思うのです。

くちばしに手紙をはさんだハト(本当は、脚に巻いた筒や胸にくくり付けた小さな箱だったようです)は、それだけでひたむきなものを感じさせる。けれど、当時の伝書鳩はどうやって到着地の住所を見分けたのか、、、?

あ、ウィキペディア読んで分かりました – 家まで戻る能力を使ったのですね〜。

 

bugle horn and horse 4 / 馬と角笛 その4

February 10, 2014

1958Poland001

24 February 1958, Poland
400th Anniversary of Polish Postal Service
design: S. Malecki

Second feature of a day – I have too many horse stamps but I don’t want to continue for a year.

This is celebrating 400 years of postal history.  This horse looks gentle.  The White silhouette should be the airplane for the modern air mail.

今日2つめのポストですが、、、馬の切手が多すぎて、1年間そればっかりでもつまらないから、どんどん行きます。

1558年の郵便配達夫を描いたポーランドの切手。56年前の時点で400年の歴史を祝っています。この馬は優しそう。背景は航空便を運ぶ飛行機のシルエットですね、きっと。

bugle horn and horse 3 / 馬と角笛 その3

February 10, 2014

1986Sweden002

20 February 1986, Sweden
350th Anniversary of Post Office
designer: G. Österlund
engraver: Z. Jakus

The delivery man is blowing the bugle horn with all his might, and – very rare to see a horse with scary eye.

1986Sweden002-2

郵便事業の350年を祝う切手。配達夫はほっぺをふくらまして思いっきり角笛を吹いていて、、、そしてとても珍しいのだけど、馬の目が怖いです。

bugle horn and horse 2 / 馬と角笛 その2

February 9, 2014

1958Romania001

15 November 1958, Romania
Centenary of First Romanian Postage Stamps
design & engrave: Serban Zainea

Celebrating 100 years of postage stamps – and the bugle horn and horse were the main delivery method still at that time.

ルーマニアの郵便切手発行100年を記念する切手。切手が発行され始めた19世紀の中頃も、まだ馬と配達夫の角笛が活躍していたようです。

bugle horn and horse / 馬と角笛

February 4, 2014

1958Germany001-2

1 April 1958, Germany

The Chinese calendar had just turned the year of the Horse – so, I am still featuring more stamps with horse.

This German stamp is depicting the early postal service man on horse, who is blowing a bugle horn to ask if anyone has a letter to be delivered to a remote place.  The horn became an icon of the postal services.

あっと言う間に2月ですが、中国の暦も数日前に馬年になったところで、引きつづき馬の切手です。

このドイツの切手は、馬に乗った配達夫が角笛を吹いて近隣の人たちに「遠方に届ける手紙はありませんか〜」と呼びかける様子を描いています。この角笛は、初期の郵便事業の象徴でもありました。

horsepower mail coach / 三馬力の郵便荷車

January 23, 2014

1971Sweden005

28 September 1971, Sweden
engraver: Czesław Słania

Speed was one of the reasons why horses had been used for transportation, obviously.  So, they were the main motive power for the postal services, too.

This great piece of work by the engraver Czesław Słania shows, the express-speed of a three horsepower wagon with postal horn mark on.  You may hear the creak noise together with the clatter of hoofs.

1971Sweden005-2

荷物や情報を運ぶために馬が使われた理由が、その速さであることは明らかです。手紙を運ぶ郵便事業も、始めは馬脚に頼っていたのでした。

凹版彫刻師のスラニアが手がけたこの切手は、3頭の馬が引っぱって疾走する角笛のマークのついた郵便荷車を描いています。ひずめの音が聞こえてきそうな、馬が地を蹴るスピード感の表現がすばらしいです。

telephone in place of airmail / 電話の登場

April 4, 2012

1965 Korea

It is clear that the airmail service lost some of its importance in overseas communications to the telephone at some point.  By the mid 60’s international telephone links had expanded worldwide.  But at least on this stamp in 1965, the airmail envelope is depicted in front of a telephone handset – a little wistfully.

1960年代中盤には電話網が世界にひろがり、エアメールよりも速い通信が可能になったのでした。1965年の時点で、切手の中の世界では受話器の前にエアメール封筒が描かれていて、ちょっと名残惜しそうな感じですね。

revolving around the sun / 衛星軌道の封筒

April 3, 2012

26 February 1996, United Kingdom
‘The cheque in the post’
cartoon by Jack Ziegler

I know this feeling that an envelope with an expected cheque takes extra long days to arrive to me.  I like the magnanimous attitude of the Post Office issuing this cartoon stamp!  I once used this stamp to send my invoice to a client – I forgot to check if the client had got this joke or even had noticed this stamp…

期待して待っている小切手が入った郵便は着くのに時間がかかる、、、ちょっと自虐的な冗談を切手にして発行するイギリスの郵便局は太っ腹だなぁ!とこの切手には感心しました。シャレの通じそうなクライアントに請求書を送る封筒に貼ってみたことがあるのだけど、この切手を見つけてくれたかどうか、確認するのを忘れたのです。

orbit airmail / 旋回エアメール

April 1, 2012

1964CCCP001

20 September 1964, Soviet Union
design: I. A. Kominarets

High speed airmail, orbiting around the earth.  Swoosh!

ビュンッ!と高速で地球の周りを周回しているエアメールの図。この封筒はちゃんと地上に戻るのか!?

floating envelopes / 宙に浮く封筒

March 28, 2012

1958 Turkey
Letter Writing Week

I finally realised myself that I have an envelope fetish – I cannot throw away used but not damaged envelopes, especially one that has a nice coloured lining or printed patterns.  I made a set of artworks, using those insides of used envelopes for a charity exhibition, and it was very satisfactory when someone bought them.

So, I am naturally attracted by this charming 1950s stamp from Turkey.  They are on their way to be delivered, as they have cancellation marks.

最近になって気付いたのですが、わたしはきっと「封筒フェチ」なのです。送られる郵便物の封筒をなかなか捨てられない。特に、封筒の中に模様が印刷されているのが好きで、そんな封筒の裏を使ってチャリティー展示会のための作品を作ったことがあります。それが売れた時には、共感してくれた人がいてとても嬉しかったのです。

こんな風に封筒がふわふわ浮いているチャーミングな切手を見つけると、だから必然のように買ってしまう。切手に消印も見えます。ただ、この図柄から「信頼できる郵便サービス」は連想できない、、ですよね。

rainbow envelopes / カラフルな封筒

March 26, 2012

1985USA001

1985 USA
Definitive, coiled

Envelopes, colourful.  Strong and nice!  But why the odd figured denomination… 21.1 cents??

カラフルな封筒が強い印象の一枚。でもどうして、21.1セントなんていう半端な額面なのでしょう?

bird & postal code / 鳥と郵便番号(封筒も)

March 25, 2012


1978 Portugal
Postal Code

A bird carrying an envelope – and two stamps together promoting postal codes.  It seems that machine sorting was introduced in many countries during the 1970s.

ポルトガルから – 鳥が封書をくわえて飛ぶおなじみの構図で、しかも郵便番号の普及を呼びかけている切手です。1970年代に、世界の各国で手紙の機械分類が始まったのですね。

opened envelope / 封筒からナンバー君

March 22, 2012

1 July 1972, Japan
Postal Code campaign
design: Katsutoshi Hioki

I like to see envelopes on a stamp – especially when it is opened and shows its coloured lining!

1 July 1973, Japan
5th Anniversary of the Postal Code
design: Takao Yamanouchi

These stamps were promoting the newly introduced postal code for machine sorting.  ‘Mr. Number’ was a known character at that time – I remember the paper cut-out of this figure was floating in my local post office.

上:昭和47年7月1日発行
郵便番号宣伝(5次):封筒とナンバー君に数字
デザイン:日置勝駿

下:昭和48年7月1日発行
郵便番号宣伝(6次):伸びゆく樹木とナンバー君
デザイン:山野内孝夫

封筒が描かれた切手がなぜか好きです。開かれて色つきの裏紙が見えていたりすると、とても嬉しくなるのでした。

この2枚は新しく導入された郵便番号を宣伝するための切手です。この頃から、機械での分類が始まったのですね。厚紙から切り出されたナンバー君が郵便局の天井近くでゆらゆらしていたのを憶えています。

courier bird 2 / 運ぶ鳥 2

March 19, 2012


*exch. 050

20 June 1977, Japan
Centenary of Admission to Universal Postal Union
design: Katsutoshi Hioki

I found another stamp with birds, carrying messages.  The rectangular shape in the middle is a post box – I noticed that Red post boxes are not universal.  This map shows the different colours of post boxes around the world – but for me, having lived in Japan and now living in the UK, post boxes have always been red!

The design of this stamp looks nicely dated and the shape of this post box is evocative of that time, in a similar way that I remember ‘Mr. Number’ of these stamps at the edge of my memory.

昭和52年6月20日発行
万国郵便連合加盟100年記念
デザイン:日置勝駿

ポストの周りを舞う鳥がピンクの封筒をくわえている、しんみりとレトロな図柄。35年前の切手と思うとうなずけますね。以前に載せた「ナンバー君」切手にも出てくるこのポストは、この頃から登場したようです。

中央にあるのがポストなのは日本人なら誰でも分かるし、きっとイギリス人にも分かると思うけれど、実は世界のポストはこんなにいろいろな色で設置されているのですね。フランスとフィンランドの黄色ぐらいしか憶えていないのだけれど。

courier bird / 運ぶ鳥

March 18, 2012

1974Australia002

1974 Australia
Centenary of Universal Postal Union
design: John Copeland

When I posted the last stamp I thought about this one, as a bird is used as a symbol of delivering messages or good will.  Bright colours and simple composition – very pleasant to receive an envelope or card with these stamps, I think.

From my previous post, this is another bird carrying a letter, from Germany.  I never knew how a carrier pigeon takes a message while flying – no doubt, not by beak, I guess…   OK, according to wikipedia it was a little tube on their feet, but some of those pigeons carried up to 75 grams of messages!

1974Australia001

ひとつ前のポストを書いていて、同じように鳥がメッセージを運ぶ象徴として描かれているこのオーストラリアの切手を思い出しました。国際郵便連合の100年を祝うものですが、あざやかな色とシンプルな構図で、この切手の貼られた封筒や葉書を受け取ったら嬉しいだろうなぁ、、と思います。

以前に取り上げた切手の中にもドイツの1950年代に、やはり鳥が封筒をくわえている切手があります。インドでは1980年代まで伝書鳩が使われていたそうですが、その鳩たちはまさかくちばしにメッセージをくわえ、啼かず飲まず食べずで目的地に向かったのか!?と疑問に思ったのですが、やはり違っていました。ウィキペディアによると、足にくくり付けた小さな筒にメッセージを丸めて入れたのだそうです。75グラムまでは運べた、というのはちょっと驚きでした。

Penny Black celebrated / 最初の切手の切手

December 11, 2011

2011UK055

15 September 2011, United Kingdom
‘Penny Black – 184o’
Kings & Queens, The Age of Hanoverians
design: Atelier Works

Collect GB Stamps‘ by Royal Mail covers almost all stamps issued in the United Kingdom since the world’s first adhesive postage stamp – the Penny Black. I don’t have the real one, so here is a stamp that features it.

The archive site has huge image records, scanned presentation pack covers, and articles on each stamp.  This is a great archive, but could be improved a lot by featuring the people and stories behind the stamps – designers, creators of original art works, engravers and printers.

As far as I can see, this is the 6th time the first stamp design has been depicted, firstly in 1940 ‘Centerary of First Adhesive Postage Stamps’, in 1970 ‘Philympia 70 – the stamps exhibition’, in 1990 ‘150th Anniverersary of the Penny Black’, in 1992 ‘Greeting Stamps – Memories’, in 1995 ‘Pioneers of Communications’ and finally the one featured above.

イギリスの切手ももちろんアーカイブになっています。世界初の切手と最初の切手蒐集家を生んだ国ですから。そしてその世界最初の切手は「Penny Black」と呼ばれるヴィクトリア女王の横顔です。本物を持っていないので、今年発行されたその切手の切手をここに。

アーカイブには切手だけでなく、一緒に発行されるプレゼンテーション・パックのスキャンやテキストなどが掲載されていますが、残念ながらデザイナーや彫刻師のことは触れられていない。切手に関わる背景が語られたらもっと面白いのになぁ、と今後に期待するのでした。

わたしが見つけた限りでは、「最初の切手」をモチーフにしたイギリスの切手発行は6度目です。1940年に「切手の100周年」が祝われて以来、1970年に「スタンプ・フェア70の記念」1990年に「Penny Blackの150年記念」1992年のグリーティング切手にPenny Redが載り、1995年にはスラニアが彫った「通信のパイオニアたち」、そして今年発行の「ハノーバー家の時代」に、ヴィクトリア女王の切手が登場します。

cycling in France / フランスの田園サイクリング

August 5, 2010

18 March 1972, France
‘Rural Postman of 1894’
design & engrave: J. Pheulpin

Cycling environment in France is advanced to compare to our situation in Britain.  Cycle lanes are well laid and sign posted both in towns and countryside, maintained.  Maps are nicely produced and effortless to follow scenic routes.  Especially I enjoyed hilly countryside of Poitou-Charentes nead Confolens – small beautiful river views and picturesque villages, as this stamp depicted.

This postman stamp is another example of Intaglio print, which I enjoy a lot with magnifier.

自転車を車に積んでフランスに渡り、サイクリングを楽しんできました。市街や郊外には専用レーンが整備され、地図とサインをたよりに一日中、迷う事なくサイクリングできる環境は素晴らしい。特に、ヴィエンヌ県の丘の多い田園の小さな村を抜けていくルートはこの切手のような風景と森や農場が延々と続き、とても楽しいものでした。

ひと昔前のパイプをくわえた郵便配達を描いている凹版印刷のこの切手も、虫メガネで覗くといろいろ発見できる一枚です。

post woman 2 / 郵便配達婦人

March 8, 2010

10 May 1966, China
Women in Public Service

My second stamp on female post delivery in this blog.  The first one is from Denmark, 1988. This girl looks fit and healthy – in fact, 1966 was the beginning of Cultural Revolution.  The life of ordinary people should have been different from political propaganda.  Still, the stamp was made well, with nice colour and pretty cloud in the sky.

女性が郵便を配達している切手を紹介するのは1988年のデンマークに続いて2枚目です。この若い女性はふっくらして健康そうですが、この切手が発行された1966年に文化大革命が始まり、政治的なプロパガンダと普通の人々の生活とはかけ離れたものになっていたと思われます。それでも、切手は綺麗な色で丁寧に作られていたのですね。