Archive for the '2010s' Category

Honeycomb

November 22, 2020

ハニカム構造

18 August 2015, United Kingdom
Bees / Tending young
design: Interabang / illustration: Andy English

The famous hexagonal grids are private rooms for the bees’ young grubs – amazing efficiency using minimum material for the walls to make maximum space. Bees are geniuses and humans borrow the honeycomb structure for many applications.

この美しい六角形がならぶハニカムは、できるだけ少ない素材を使って効率良く小さな個室を作り、その中で蜂の幼虫を育てるための、驚きの構造です。自然界のこの手際の良さを人間も応用し、あちこちでハニカム構造が使われています。

Honey making

November 21, 2020

養蜂

18 August 2015, United Kingdom
Bees / Honey making
design: Interabang / illustration: Andy English

Of course the reason for human beings keeping bees is honey. In ancient time, honey was a very precious source of sweetness. This style of beehive is called WBC style, designed by William Broughton Carr in 1890, who was the editor of the “Bee Journal and Record”.

蜂は太古の昔より、ハチミツを得るために人に飼われていて、たくさんのスタイルの養蜂箱が生み出されています。この切手のモチーフは、1890年に英国の「ミツバチ新聞」の編集者だった人物がデザインして新聞に掲載し、その後ひろくイギリスで使われているタイプです。

Waggle Dance

November 10, 2020

腰振りダンス

18 August 2015, United Kingdom
Bees / Waggle Dance
design: Interabang / illustration: Andy English

When bees find a good bunch of flowers, they communicate to each other with a waggle dance and teach others the location. That is amazing!

蜂は、花粉がたっぷりある花がたくさんある場所を見つけたら、ダンスでその場所を仲間に教えるのだって!すごいですね。

Pollination

November 10, 2020

受粉という仕事

18 August 2015, United Kingdom
Bees / Pollination
design: Interabang / illustration: Andy English

I tend to forget the fact that if we don’t have insects to pollinate, there will be no harvest. This is why it’s vital to know the cause of the decreasing number of bees and restrict the chemicals that harm them. Wasps also play an important role in pollination. Although they give me pain sometimes, I should pay them some respect!

忘れがちなことですが、作物の受粉を助ける昆虫は農業にとってはなくてはならない存在です。だから、蜂の数が減っている原因を調べ、影響を与えているらしい特定の農薬が使用禁止になったりする。人を刺すスズメバチもそんな受粉を助ける一員なのでした。だから、ブンブン飛びまわってうっとうしいけど、スズメバチも大事にしないといけない。刺されてようやく興味を持った、昆虫の世界は深いです。

octahedron / 正八面体

June 22, 2018

12 January 2012, Sweden
designer: Fideli Sundqvist
engraver: Piotr Naszarkowski

This is an outline of an Octahedron, which is one of the five Platonic Solids.  Only five polyhedra have equal shapes of faces and vertex with the same numbers of edges meeting at equal angles! ( well, for a lot of people it is a matter of fact…  I am amazed, though )

I like to see polyhedra with hidden lines behind the front faces.  So, this is my favourite model, as well as being a crisp intaglio print.  I would be so pleased if I received a letter with this stamp on it!

描かれているのは正八面体で、5つしか存在しない「プラトンの立体」のひとつです。たったの5つだけ、すべての面が同じ形で、頂点に集まる稜線の数と角度が等しい立体がある、、、すご〜い(とコーフンしたけど、そんなのは数学好きには周知の事実でした、、)。

のっぺらぼうの多面体よりも、こうやって奥の「隠れ線」が見えるほうが面白いと思うのです。そして凹版印刷のカリッカリの仕上がり♡こんな切手が貼られた手紙がとどいたら、すごく嬉しいだろうなぁ。

reflection of time / 時代を写す写真

February 28, 2018

9 September 2011, United Kingdom
Centenary of Aerial Post
Designed by Robert Maude and Sarah Davies

The history of photography started earlier than I thought – although it took some time for the technology of how to fix a captured image to arrive.

This photo was taken on 26 September 1911, when the first airmail was delivered.  People celebrated the big day and lots of photos were taken throughout the event.

この写真は英国で初めてのエアメールが配達された日に、記念してたくさん撮られた写真の一枚です。

写真が発明されてまもなく2世紀経つのですね。レンズを通して画像が結ばれることはもっと早くに発見されたけれど、それを定着させる技術に時間がかかった。21_21 design siteでは、時代を写してきた写真の展示「写真都市展」が始まっているようです。

bionic hand / 生体工学の手

March 30, 2017

19 February 2015, United Kingdom
Inventive Britaini-LIMB
inventor:  David Gow, stamp design: GBH

I noticed that I have been featuring hands on stamps over a year – well, long enough.  So, it is the last one for this time and an artificial hand.  This hand with lots of tiny motors is invented to help people without their own hand and operated by electrical pulses in the muscles of remaining part of the arm.

The stamp designer used its blueprint, and added its electrical movement of ‘wish’ – signals released from the user’s brain – which triggers the motors to move fingers.  It is not easy to explain such a complicated idea in the space of a stamp, but this is delivering its sense of motion and complexity.

手の切手ばかりを一年以上も掲載していることに気づき、これを最後の1枚に選びました。人工の手です。生まれつき手がなかったり事故で手を失った人のために考えられた、たくさんの小さなモーターで関節を動かして細やかな動作をする手。脳から発せられる電気的な波動が腕に伝わるのをコンピューターがとらえ、モーターを動かすのだと説明しています。すごい。

切手のデザイナーは、あまり美しくない実物ではなく、設計図をイメージに使っています。装置やしくみを小さな切手に表現するのは難しそうですが、、、メカニズムの複雑さと、電気的な信号が行き交う雰囲気は、伝わってきます。

 

elephant & monkey / 象と猿

January 20, 2016

2015Germany001

7 May 2015, Germany
Europa: Old Toys
design: Kitty Kahane

I wrote in the last post that I had already run out of monkey stamps – but I found one more.  This was issued last year, during the ‘Old Toys‘ theme by Europa stamps.

I have some numbers of past Europa stamps – but last year I bought only one, and I like a few more which I want to get, such as French issue and Czech Republic stamp.  Now I notice that photographed old toys are not very attractive for me…

ひとつ前のポストで「猿の切手はこれで終わり」と書きましたが、まだ持っていました。昨年の「ユーロパ」シリーズ「古いおもちゃ」テーマで発行されたドイツの切手に猿が載っていました。

ユーロパ切手(日本ではどう発音しますか、これ?)には、たくさんの素敵な切手が過去にありますが、昨年のテーマで買ったのはこれだけ。あとはフランスチェコのものが欲しいぐらいかな、、、写真に撮られた古いおもちゃよりも、手描きのものが好みです。

175 years ago, the very first one / 世界発の切手

May 26, 2015

2015UK001
*exch. 065

6 May 2015, United Kingdom
The 175th Anniversary of the Penny Black
designed by Sedley Place

The original stamp was designed by Henry Corbould, based on ‘City’ medal by William Wyon

175 years ago this month, the world’s first stamps were printed and used.  Yes, the Penny Black.  Postal services were already used all over Europe, but for the first time the cost for the delivery of a message is made uniform within a nation by the innovation of stamps – the brainchild of Sir Rowland Hill, who founded the Post Office.

The stamp design is very simple, just added perforation line, the current Queen’s silhouette and denomination on one corner – no other way to celebrate this stamp, I agree.  Then the two are matched with the Twopenny Blue, in a sheet.

2015UK003
*exch. 066

175年前の今月、世界で始めての切手が生まれたのでした。有名な「ペニー・ブラック」です。手紙を配達するサービスはすでに各地で始まっていてそれが郵便として整えられ、多くの人に使われるようになったのはこの切手からです。近代郵便制度の父と呼ばれるローランド・ヒルが考え出し、その功績で彼はナイトに叙されたのでした。

記念切手はいたってシンプル。目打ちをつけ、女王のシルエットと金額を足しただけです。これ以外に、やりようがないですよね。すぐ後に発行された「2ペンス・ブルー」と4枚でシートになっています。

 

country of spirited people / 元気な人々の国

November 11, 2013


2 December 2010, Philippines
Ateneo de Manila High School

I was in a highly rated national hospital in London in early September for a week.  I was taken care of by a team of the British doctors and a group of hard-working nurses – majority of the nurses were from the Philippines.  They were prompt, kind and cheerful.  My experience in the hospital was lifted up by their merrily smiles a lot.

And now in their mother country, many towns and villages are totally devastated and many people are living without safe place, food and water.  I really hope that the help they need and deserve will arrive to them as quickly as possible.

This stamp is celebrating their most historical educational institution‘s 60th anniversary since it became a university.

9月に一週間ほど、脳神経科で名高いロンドン市内の国立病院に入院したのですが、治療チームは医師団はイギリス人、看護士&看護婦はダントツでフィリピン人が多かった。彼ら、彼女たちは、きびきびとよく働き、親切で暖かい人たちでした。あの元気な笑顔がなかったら、わたしの入院生活はずいぶんと陰鬱になっていた気がします。

あの人たちの故国が今、大変なことになっている。一刻も早く、安全に眠れる場所や食料や水が被災地に届く事を祈ります。

この切手は16世紀にさかのぼる歴史を持つ学校が、大学になって60年を祝う切手です。

autumn colours from Japan / 日本の秋の色

October 23, 2013

30 August 2013, Japan
illustration: Hikaru Hatano
stamp design:  Akira Tamaki

One of the recent issues from Japan has arrived and they are carrying a nice evocative smell of Autumn.  They are beautifully illustrated and made a lot smaller ( 21.5mm × 25.5mm ) than normal commemorative stamps – I like their fineness although they are self-adhesive.




平成25年8月30日発行
野菜とくだものシリーズ 第1集
原画:波多野 光
切手デザイン:玉木 明

野菜とくだものの切手を載せている間に、今の季節にぴったりのシリーズが届きました。日本の秋の香りが漂ってくるようです。普段は好きではないシール式だけど、イラストの精緻さとこの小さなサイズ ( 21.5mm × 25.5mm ) が相まってとても魅力的。友人の梨影(りえ)さんに、この洋ナシの切手が貼られた展覧会の招待状が届いた話を聞いて、ネットでは伝わらない暖かさを運ぶ切手の存在を改めて確認しました。

home grown vegetables / 家庭菜園から

October 5, 2013

15 January 2011, Thailand
Home-grown Vegetables

Odd shaped vegetables are more attractive than uniform and shiny ones from the supermarket – I have a feeling that many people think in this way, nowadays.  Heart warming vegetable stamps from Thailand.

ライムやかぼちゃの断面が愛らしいタイの切手たち。スーパーで買う均一な大きさでつるつるの野菜よりも、ちょっと変わった形やサイズがまちまちの家庭菜園の収穫のほうを魅力的に感じる近ごろ。そんな人が増えている気がします。

ocean mammals / 海のほ乳類

August 16, 2013


13 April 2010, United Kingdom
Action for British Mammals
design: Jason Godfrey
photograph: Thomas Haidar for Sperm whale, Brandon Cole for Humpback whale

I hear from Japan that the temperature and humidity are on their maximum, people are experiencing the extreme summer.  It seems similar or even hotter in South Korea.  How about where you are?

These stamps are for visual chill-out – huge animals living in British seas.  I am strongly against Japanese ‘Research’ Whaling, by the way.

日本の暑さは尋常ではないようですね。お隣の韓国もとっても暑いとか。少しでも涼んでもらえるよう、海の中の巨大なほ乳類を2枚。

マッコウクジラザトウクジラは、捕鯨が制限されてからは個体数が少しずつ戻っているようです。はるか昔、小学校の給食でクジラのタツタ揚げを食べたけれど、ぜんぜん美味しくなかった。他のいろいろなタンンパク質食品が安く得られる今、遠くの海を血の色に染める必要はまるでない、とわたしは思います。調査捕鯨ほど、日本の国際社会に対する態度が試されていることもないと思うのです。

native animals / もともといた動物たち

August 13, 2013


13 April 2010, United Kingdom
Action for British Mammals
design: Jason Godfrey
photograph: Laurie Cambell for hedgehog, Paul Hobson for polecat

I found the British Wildlife Centre while searching about the Otter.  Hedgehog and Polecat, two animals on today’s stamps are found at this centre, too.  I learned that they are both native to Britain.

It is interesting that you can join the photographic workshops at this Centre.  You may need special techniques to capture animals in photography – these two stamps feature nice faces.  The Hedgehog is surprised by sunlight and the Polecat looks determined.

カワウソのことを調べていて見つけた「British Wildlife Centre」には、この動物たちもいるようです。センターのHPでは、イギリスに今いる動物たちが、もとからいたのか持ち込まれたのかを知ることができます。今日の2枚のハリネズミヨーロッパイタチは原生種でした。

面白いのは、このセンターで動物写真を撮るワークショップをやっていること。動物を撮るにはコツが要りそうですが、この2枚の切手はなかなか良い顔が写されています。ハリネズミは光にびっくりしていて、イタチは気が強そう。

otter / カワウソ

August 12, 2013

13 April 2010, United Kingdom
Action for British Mammals
design: Jason Godfrey / photograph: Paul Hobson

In Britain the Otter was on the verge of extinction about 30 years ago.  After the harmful pesticides were regulated and rivers became cleaner, they are back.  As they live far from towns and their activities start around sunset, we still don’t see them much.

This stamp is issued for the International Year of Biodiversity, one of a set which is featuring rather unfamiliar animals in Britain.  Royal Mail is good on photographic stamps and this series is well executed, showing great details of whiskers and the stream of water.

イギリスの川に棲むユーラシアカワウソは、30年前に絶滅しかけたそうです。有害な農薬が規制されて川に自然が戻った10年前ごろ、カワウソも戻っていることが確認されました。人里離れた場所で夕方から夜にかけて活動するので、今でもなかなか実物を見れないようです。日本では1979年を最後に見つからず、絶滅種になりました。

この切手は国際生物多様性年を祝ったシリーズからの一枚です。イギリスでは写真を使った切手が多く発行されていますが、特にこのシリーズは写真を生かした印刷に細心の注意が払われ、ヒゲのディテールや水の動きがしっかりと表現されています。

tracing your letter / 手紙を追跡する

March 16, 2013

9 September 2011, Croatia
’20 Years of Postage Stamps of The Republic of Croatia’
design: Nikola Žinić & Davor Bruketa

This one has the simplest design amongst QR stamps – and it allows you to track the journey of your letter.  The QR takes you to the Croatian Post website, where the sender types the unique number on the stamp, then the receiver logs-in to tell the sender when it has arrived.  Yes, it is a new trial and I wonder how many people will actually use this function?  On the ‘Latest Activity’ section of the web site, it says one letter was posted 3 weeks ago and had not yet arrived to its destination.

クロアチアから出ているこれが、QRコード切手の中では一番シンプルで、しかも手紙を追跡する機能がついています。コードをスキャンして出てくるクロアチア郵便局のHPに切手下方に印刷された固有ナンバーを入れると、その切手が貼られた手紙の投函場所と到着までの距離がわかる、という仕組み。ただ、この機能を使う人がどれくらいいるかは疑問です。上記HPの「最新の動き」には、3週間前に投函されて以来まだ届いた記録のないものが載ってるのだけど、、。

QR code on stamps / 切手にQRコード

March 10, 2013

2011 Liechtenstein
‘150 Years of Future’

QR ( Quick Response ) code was invented in Japan in 1994, originally for sorting parts on Toyota production lines.  After 19 years they are used everywhere – naturally on stamps, too.  Post offices in Spain, Taiwan, Russia, Iceland and Croatia have issued similar stamps.

I have installed an application of QR code reader on my iPhone – then what I found via this stamp is a boring cover page of a bank in Liechtenstein.  Well, this bank is 150 years old… then?  This is the latest phenomenon of hyper disappointment, isn’t it?  I don’t like this tendency that the postage stamps are used for advertisement, at all!

日本ではずいぶん前からおなじみのQRコードは、トヨタの工場でパーツを監理するために生まれたものだったのですね。ここ数年、このQRコードが図柄として使われた切手が各国から出ています。これはリヒテンシュタインのもので、他にもスペイン台湾ロシアアイスランドクロアチアなど。

さて、と思いつつiPhoneにQRコードリーダーのアプリをダウンロードして、わくわくしながらこの切手をスキャンしたら、つまらない銀行のHPが出て来た、、、。この落胆って、ネット世界のあちこちで目に入るうるさい広告が生むストレスと似ています。お金持ちの大企業が切手を広告媒体として使うようになったら、もう古い切手しか見なくなりそうです。

Mother Language / 母語

February 23, 2013

4 October 2011, Austria
‘Brand Austria’
designer:  Nik Thoenen

21 February is the International Mother Language Day, which is an annual observance to celebrate and promote awareness of linguistic and cultural diversity and Multilingualism.

This stamp from Austria shows 15 different linguistic groups in the country, in the manner that the size of letters reflect the population of people to use them as their mother tongue – I think.  And I guess that the red letter E, sideways up on top of the central O, is the modern version of the umlaut for Ö of Östereich, when you spell it in the ‘www’ world.

The latest statistics tells us that native British population is less than a half in London.  I am one of these non-British who speaks English for everyday communication.  At the same time I am trying to keep my Mother Language as good as it was – not easy!

一昨日の2月21日は国際母語デーでした。母語を捨てることを強要された東パキスタン人(現バングラデシュ人)が1952年にベンガル語を公用語にするよう抗議行動を起こしたことに由来します。

この切手は、オーストリアに住む人たちのさまざまな言語集団とその人口比率を文字のサイズで表したもの?と推測するのですが、どなたか知っている方がいたら教えてください。中央の赤いOの上で横になっているEは、ネット環境でタイプできないウムラウトの替わりに並べて使われる「oe」を表し、バイエルン語の国名Östareichのことだと思われます。

最近の統計によると、ロンドンでは白人イギリス人の全市人口における割合が45%に減ったのだそうです。たくさんの人が外から来てこの街で生活しているわけです。その一人であるわたしも、日常会話や仕事には英語を使いながら、国語を忘れないよう努めて書いたりしていますが、なかなか簡単ではない、、。ここで子供を育て、現地校に通わせながら母語も教えている友人たちの努力を思うのでした。

Nyoro Nyoro in Moominvalley / ムーミン谷のニョロニョロ

January 13, 2013

2011Finland003
2011Finland004
2011Finland006

6 May 2011, Finland
illustration: Tove Jansson
design:  Satu Lusa

Nyoro Nyoro in Japan is the name of a creature in Tove Jansson‘s Moomin series – they are pictured on the third stamp, called Hattifattener in English translations.  They walk swayingly together and gather in mass numbers when a storm is arriving… then get electrified in a ceremonial manner!

These three stamps from ‘Hur gick det sen? (1952)’ are showing beverage/tea time in Moominvalley.  Oh no, not a drop left in a flask…

「ニョロニョロ」というと、日本ではムーミンに出てくるゆらゆら集団で歩く生き物の名前をまず思い浮かべる人も多いと思います。嵐の中で集団で電気チャージするこの生き物を思いついたトーベ・ヤンソンの想像力に憧れます。

上の3枚は、1952年原作の6枚の切手の中から、飲み物をめぐる情景を集めてみました。水筒がからっぽでがーん!としているムーミンがかわいい。セルフのりの切手は普通は好きではないけれど、これくらい形で遊んでいると楽しめます。

Thunderbird / サンダーバード

October 20, 2012

11 January 2011, United Kingdom
The Genius of Gerry Anderson
Thunderbird (1965)

At the same time as the previously posted Supermarionation series, the Royal Mail issued this Thunderbird – the best known work by Gerry Anderson.  In the same set, they issued special stamps with lenticular printing, to show the starting movements of four Thurderbird ships.

To share the effect of these stamps, I took images with different angles – this link would give you evocative memories.




Thunderbird 4, piloted by Gordon Tracy




Thunderbird 3, Piloted by Alan Tracy




Thunderbird 2, Piloted by Virgil Tracy




Thunderbird 1, Piloted by Scott Tracy

前回ポストしたセットには、このサンダーバードの切手がもちろん入り、レンチキュラー印刷を使った1号機から4号機の「動く切手」つきです。

どんな風に見えるのかご紹介したく、角度を変えてコマ撮りしてみました。音響はこちらをかけながらどうぞ。