Archive for the '2000s' Category

What they eat

March 2, 2021

彼らが食べるもの

11 January 2005, United Kingdom
Farm Animals
illustration: Chris Wormell / design: Rose Design

Buttergate: Why are Canadians complaining about hard butter? – is an interesting topic about how food chain, environment and our everyday life are connected. Palm oil, one of the causes of massive deforestation, is given to cows more, to produce more milk under the pressure of recent shortage. And it is not only in Canada where cows are eating supplement with palm oil. Here in the UK, researchers are measuring cows burp to find out better formula to feed them, to reduce large source of methane. Already some researches show seaweeds might be the cure for the earth. It has started, but still long way to regulate it and spread to the rest of the world, I think.

カナダで「バターが変。室温でもやわらかくならない!」というシェフのツィートをきっかけに、コロナ禍で牛乳の需要が増え、増産するために乳牛に与えるパーム油の量を増やしたらしい、と発覚。パーム油は森林破壊の原因のひとつになっていることがずっと指摘されているだけに、カナダの環境省を巻き込んでの規制につながりそうな気配です。そして、パーム油に由来するサプリメントを与えられているのは、カナダの牛たちだけではないらしい、ということも分かってきました。ここイギリスでは、牛のげっぷがメタンを大量に出すことが分かってから、どんな飼料を与えたらそのゲップのメタンが減るのか?というテストが繰り返され、どうやら海藻が良いらしい、という報道がされています。

plant motif

December 28, 2020

植物のモチーフ

2003, Turkey

The shapes in the four corners remind me of the seed dispersal mechanism which forms after Geranium flowers. And the centre figure is a flower… or maybe a cross?

四隅に見える形は、木の種がくるくる回りながら落ちてくる形や、ゼラニウムの花が終わったあとに種を遠くまで飛ばす驚きの構造を思い出させます。中心はもちろん花、、それとも十字架?

festive pattern

December 28, 2020





お祝いの図柄

2003 Turkey

Another Turkish stamp, which looks almost like the pattern of a wrought iron gate. I feel this design has cheerful mind, celebrating something – opening a gate to get out from this year, maybe?

トルコの同じシリーズで、練鉄の門扉のようなパターンですが、何か朗らかな気持ちになる図柄。きっと何かを祝っていると勝手に決めよう。門を開けて「この閉塞した年から抜け出すお祝い」はどうでしょう?

Christmas?

December 24, 2020

クリスマス、たぶん

2003 Turkey

Not in familiar Christmas colours, also from Turkey where Christians account for less than 3% of the population – still, this stamp has something of the atmosphere of Christmas. Holly leaves and small fruits? Seasonal tree, anyway.

Have a peaceful Christmas. Here in the UK we are in tight lockdown – even so, we will celebrate it with a roast dinner.

色はクリスマスっぽくないし、イスラム教徒が人口の97%を超える国、トルコの発行ですが、やっぱりこれはクリスマスを祝っていますよね?ヒイラギの葉と実は今の季節感とぴったり。日本では「柊の花」は初冬の季語だそうです、、漢字も「木篇に冬」でした。

よいクリスマスをお過ごしください。ここイギリスはロックダウンの真っ只中ですが、例年と同じ鳥の丸焼きで祝います。

cat’s shoulder / 猫の背中

January 30, 2018

13 February 2001, United Kingdom
Cats & Dogs
photographer: Henri Cartier-Bresson ( 1908-2004 )
design: Johnson Banks

With photography it is possible to capture a moment – yes that is why we cannot stop taking snaps.  Somehow Black & White shows a frozen moment clearer, I think.

写真はある瞬間を切り取るメディアです。記憶に残したくて、次から次に撮ってしまう。なぜか、白黒写真のほうが「その瞬間」をくっきりと見せてくれる気がします。

Watch out for the dog / 犬に注意

January 21, 2018

13 February 2001, United Kingdom
Cats & Dogs
photographer: Richard Kalvar ( born 1944 )
design: Johnson Banks

My second stamp in the year of the dog is – a cat, sitting on a gate door.  Black & White photographs are not often used for stamps, but this series works nicely on colourful envelopes.

戌年の2枚目の切手は、「犬に注意」と書かれた門扉の上の猫です。切手の図柄に白黒写真が使われることはあまり多くないですが、このシリーズの切手たちはカラフルな封筒に貼られたら素敵に映えます。

Happy New Year 2018 / 新年おめでとうございます

January 7, 2018

13 February 2001, United Kingdom
Cats & Dogs
photographer: Elliott Erwitt ( born 1928 )
design: Johnson Banks

I wish you all a happy new year in 2018!
The world is still in chaos – but let’s carry on our own creative year.

The Dog is the animal of the year in the Eastern zodiac – then I found that I have very few dog stamps.  Well, this one suits to the new year greetings the best…

新年おめでとうございます。
世界は今年も混沌としていますが、横目で見ながらも創造的な2018年を過ごしたいと思います。

さて、戌年。どれくらいあったかなぁ、、とストックを見返して、犬の切手はほんとうに数が少ないことを発見。これがいちばん、その中ではお正月らしいかも、と。

radio tower / ラジオ塔

April 24, 2017

23 September 2005, Sweden
Varberg Radio Station, Grimeton
designer: Hannu Jarvio / engraver: Piotr Naszarkowski

I really like the lattice towers.  They are designed purely for function – built as high as possible with  a minimum of materials, the wind passes through otherwise it would topple down in a storm.

This stamp is looking up at one of 6 transmitters at the radio station at Varberg in Sweden, built in 1922 to 1924.  Now it is classified as a World Heritage Site and opened to public on Alexanderson Day.

鉄塔がとても好きです。少ない素材で出来るだけ高く、風に倒れないようスカスカに組んである、機能に徹した構造体。

この切手は世界遺産にも指定されている、スェーデンにあるヴァールベリのグリメトン無線局(1922年から24年に建設)の鉄塔のひとつを見上げた図です。鉄塔も、切手も美しい♡

hand and tool 3 / 手と道具 3

March 13, 2017

5 September 2000, United Kingdom
Mind and Matter / Millennium projects
design:  The Post Office

Only 31 years since the last featured stamp “hand and tool 2” – one of many Millennium stamps was showing the latest tool at that time, and an operating hand in X-ray photo.

Well, it is a bit old-fashioned shape of mouse with wire ( ooops, already 17 years ago! ), but it was less than a decade since the mouse became a common tool for many industries.

ひとつ前のポストで紹介した『手と道具 2』から31年経った2000年に、ミレニアム記念としてたくさん発行された切手のひとつがこの手とマウスのレントゲン写真でした。

17年前(え〜、もうそんなに前?)の、すでに古く感じるマウスの形とワイヤー。当時はまだ、いろいろな職業でマウスが使われ始めてから10年ぐらいしか経っていなかった頃です。

hand and tool / 手と道具

February 26, 2017

2007San Marino001

20 April 2007, San Marino
Birth Centenary of Bruno Munari
design: Ilaria Montanari

One more design by Bruno Munari – description on stamp ‘attrezzo per vetrinista’ is translated to ‘window dresser’s tool’.  Window dresser?  Wikipedia told me that is window display professionals, includes young age of Giorgio Armani and Salvador Dali!

I wonder if Munari has invented this tool for them or refined existing tool for production… Anyone knows?

一つ前のポストで紹介したムナーリの記念切手の最後の一枚。印刷されている「attrezzo per vetrinista」を訳すと「ウィンドー・ドレッサーのための道具」。窓職人?と思ったら、店のウィンドーディスプレイを手がける人たちで、アルマーニやサルバドール・ダリが若い頃に「ヴェトリニスタ(良い響き)」だったと、ウィキぺディアが教えてくれました。

この道具がムナーリの発明品なのか、すでに存在した道具のプロダクト化だったのか、、ご存知の方、教えてください。

holding hand / 持つ手

February 22, 2017

2007San Marino004
2007San Marino002
2007San Marino003

20 April 2007, San Marino
Birth Centenary of Bruno Munari
design: Ilaria Montanari

Memorial stamps for the Italian designer Bruno Munari showing hands holding products he designed, and receiving the Compasso d’oro award.  Until I saw this stamp, I didn’t know the stylish and common hook-or-hold garage lamp which was designed by him.  He is known more for his beautiful illustrated books.  Using hands for these stamps pays a compliment to Munari’s book from 1963, named Supplement to the Italian dictionarya lot of photos to tell us how Italians use their hands in conversation.

1998年に他界したブルーノ・ムナーリの生誕100年を記念したサンマリノの切手には、彼がデザインしたプロダクトとそれを持つ手が描かれました。これまで、フックで引っ掛けたり手に持って使うガレージ用のランプが彼のデザインだと知りませんでした。手を使っているのは、ムナーリの有名な本『イタリア語辞書の付属として』に敬意を払ってのことと思われます。この本では、イタリア人が手でいろいろな形をつくりながら会話する、独特なジェスチャーについて写真で解説しています。

toys / 玩具

January 26, 2016

2003UK058-2

18 September 2003, United Kingdom
Classic Transport Toys
designed by Trickett & Webb

I wrote that I don’t like stamps of photographed toys….. and then I found these British stamps!  They are good – delivering an evocative feeling of vintage toys.  What makes them different then? Maybe the simplicity of a white background and the braveness of adding nothing behind the object.  For example, these Swiss stamps or these Bosnia and Herzegovina – are not bad, but not cool.  This Liechtenstein set is funny and my favourite.

Once I saw a collection of Meccano used in the design development process in a design studio.  It’s a wonderful system, good enough to examine how a real product works!

写真に撮られた古いおもちゃの切手はどうも、、、と一つ前のポストで書いたのち、このイギリスの玩具を発見。雰囲気とても良いです。なぜ?たぶん、背景にまったく加工をしないこの潔いシンプルさだと思われます。例えば、このスイスのボスニア・ヘルツェゴビナの切手は、それなりにかわいいけれどクールではない、、。惜しいところです。あ、でもリヒテンシュタインのは好きかも。

最後の一枚に撮影されているMeccanoの部品を使って、あるデザインスタジオで製品のしくみを工夫しているのを見た事があります。高度に機能的で、洗練されたおもちゃです。

2003UK055-2
2003UK054-2

pink kawaii? / ピンクかわいい?

August 13, 2015

2006Finland001
*exch. 067  ( limited number )

11 January 2006, Finland
St. Valentine’s Day

I am still thinking about kawaii/cute in stamps – how about colours?  OK, this is not only colour, but with a motif, of course.  Yet, is it still cute if not in pink?

I did not like the colour of pink for long time, since my low-teen until recently, because I though pink is representing girly flatter to gain anything better, which I was not equipped with.  I was reconciled with pink when I recognised that I am not called ‘girl’ any more.

Anyway, this stamp is simple and cute, and it delivers very strong message, anytime.

ずっと長い間、わたしはピンクが嫌いでした。中学の時に母が買ってくれたブラが体操服から透けてバスケット部の後輩から「ピンク先輩」と呼ばれたのがたぶんトラウマの始まりで、その後はピンクが似合うかわいい女性にはなれないとあきらめ、自分らしさを表現できる別の色を模索したのでした。

友人のFBで知ったジェーン・スーの『ピンクと和解せよ』という記事を読んだとき、あぁ、自分だけではなかったのだ!と知り、その分析の明快さに「そう!そうなのよ!!」と何度つぶやいたか。「媚びて発情している色」と思っていたから避けたのです。そして、わたしも40歳あたりで和解した。

この切手はもちろんハートの形もあるけれど、色がピンクでなかったら可愛さよりもシンプルさをまず感じるのではないかな、と思います。何より、強く正しくメッセージを運ぶデザイン。明日は「裏バレンタインデー」ですが、好きな人にはいつでもピンクの♡を届けたいものです。

retro kawaii / レトロかわいい

June 25, 2015

2001UK021
2001UK022
2001UK023
2001UK024

15 May 2001, United Kingdom
150th Anniversary of First Double-Decker Bus
design: Consignia plc

Somehow British stamps like to show objects or faces from the straight front.  I think this is brave to illustrate buses from the front – they are normally depicted their character of the long side views.  As a result of these stamps, you notice that some buses have kawaii faces…

But not all of them are kawaii, in fact – it is very personal opinion, maybe, but the ones in a stamp below are not cute.  To compare to those industrialised faces, very recent bus designed by Thomas Heatherwick is, in a way, kawaii.  What is the decisive point?  Round, low and distanced eyes??

Oh, and as you might notice, that this series are printed in one long band of 16 front faces.  Click the bottom image to enlarge.

真っ正面からの写真やイラストは、なぜかイギリス切手によく登場するのですが、バスという前後に長い存在を正面から眺めるその度胸というか、いさぎよさが好きです。そこで、ロンドン名物ダブルデッカーの顔って実はこんなにかわいかったんだ〜、と初めて気付くわけです。

けれど、正面から見たからかわいい訳ではなく、つい最近までバスはかわいい顔をしていたのだ、と5枚の切手をながめると気付く。下の1枚に描かれた近年のバスは、なぜかかわいくないのです。このあたりと比べると、2011年に走り始めた、トーマス・ヘザウィックのデザインしたバスはまだかわいいかも。何?丸くて離れた眼??

そして、お気づきの方もあると思いますが、このシリーズは切り取る前は、ずらっと並んだ16台のバスの正面です。クリック拡大してお楽しみください。

2001UK025

2001UK021_025

kawaii〜 / かわいい〜

May 30, 2015

2005Netherland012
2005Netherland011

2005 Netherland
illustration: Dick Bruna

‘Kawaii’ is a Japanese word – maybe one of the first 5 vocabularies an oversea visitor leans from natives in Japan.  Together with animated film culture, among with young Anime fans all over the world, this word is becoming a common keyword of Japanese culture.

I used to have ‘kawaii’ category in this blog, but it covers so many diversities and gave up to nominate.  I want to look at this word again, as it might be more universal than I thought.

So, the first examples are not even stamps, but so kawaiiiiiiii (to emphasise your feeling, you stretch the last vowel) !  It is very easy to analyse why we feel so – our hidden infancy is recalled by these illustration.

「かわいい」切手。日本人には説明する必要もなく、もちろん個人によって「かわいい〜」と感じる範囲も違い、ブスかわいい、キモかわいいなど派生も多いこの領域。かつてこのブログにkawaiiというカテゴリーを作っていたのだけど、あまりにたくさんの切手が該当するので消したのでした。

その「かわいい」が国際語になろうとしている今、切手をとおして分析してみてどんな要素に「くねくね」させられているのか、考えてみようかなと思います。「kawaii」を取り巻く細やかな感覚は、国境を越えてシェアされると楽しそうなので。

まず、第一弾は切手ではありませんが、再掲するミッフィー、、、かわいい〜〜。分析するまでもなく、わたしたちの中に残る幼児性が、ちょこちょとくすぐられているのです。

Printing revolution / 印刷革命

February 26, 2015

2000Germany001

17 February 2000, Germany
600th birthday of Johannes Gutenberg
design: Regina & P. Steiner

The hand carved woodblock print was born in China, and in the 15th century in Europe, metal letter press was invented and that made the printing culture wide spread.

This stamp is celebrating the inventor’s birthday of 600 years ago – well, he is responsible for many areas of later development, such as publication, education and yes of course, typography.

The letters from 600 years ago were quite a bit different in written manner, by the way.

印刷の歴史は中国で興った手彫りの木版印刷にさかのぼりますが、15世紀のヨーロッパで活版印刷が発明されたことが、印刷物の量をぐんと増やし、情報の伝わるスピードを一気に速めたのは間違いないようです。

この切手はその活版印刷の発明者と言われるヨハネス・グーテンベルクの600年前の誕生を記念したものです。たしかに、量産が可能な印刷物が出来たことで書物が庶民に届くようになり、さらにタイポグラフィーというものも生まれたのですね。

それにしても600年前の文字は、今とはずいぶん違った表記だったことが、拡大するとわかります。

2000Germany001-2

season of red wine / 赤ワインの季節

September 22, 2014

2000Argentina001
2000Argentina002
2000Argentina003
2000Argentina004

26 February 2000, Argentina

In autumn, somehow I want to drink Red wine rather than summery White wine.  So, I feel that I am in autumn season, today.

I met a very nice designer/artist couple from Argentina this summer in France – OK in their country the season is now spring, but here in Europe I think about harvest of grapes.

Well designed stamps with rhythmically placed circles, to tell us their passion on wine – I wish to visit in the near future.

秋になると、赤ワインが飲みたくなります。さっぱりと冷やした白ワインばかり飲んでいた夏から、あ、今日この日にわたしの食欲が秋に突入した!とようやく実感したので、アルゼンチンからぶどうとワインの切手を。

この夏にフランスで、アルゼンチン出身の素敵なカップルに出会いました。そういえば彼らの故郷では春が始まるところなのだけど、、、ともかく収穫の秋の切手です。

丸が効いてリズム感があり、かの地でのワインへの情熱が伝わる切手たち。いつか訪れてみたい国です。

design-it-yourself / オリジナルを作る切手

October 7, 2013





25 March 2003, United Kingdom
Design-It-Yourself ‘Fruit and Vegetables’
designer: Johnson Banks
photographer: Kevin Summers

2003UK059

I am not a fan of self-adhesive stamps normally, but for this set it is appropriate and a great joy to have a lots of sticker parts to choose from.

The only one restriction is not to hide the Queen’s silhouette and 1st class value.  So, the results are my designs, except Mr. Potato, which was one of the examples by the designer.

In 2010 Finland issued a bad copied version of this series – not as cool as this British original design.  What’s going on at the Finnish Post??





「Design-It-Yourself 」というテーマでシール切手に付属して顔や帽子などのパーツのシールを足してオリジナルな切手を作るシリーズです。女王の肖像とファーストクラスの額面を隠さないよう、という注意書きつき。

普段はシール式の切手が好きではないのですが、シールだから簡単に出来ることでこんな風に遊べたら楽しい。顔パーツを足した切手たちは、じゃがいも君以外はわたしのデザインです。

2010年にフィンランド郵便がこのシリーズのコピーを発行したのには驚きました。しかもイギリスのオリジナルよりダサい。デザインを売りにしている国の郵政が、何をしてるんだ〜?

finally summer / やっと来た、夏

July 16, 2013



15 May 2007, United Kingdom
Beside the Seaside
design: Phelan Barker

Finally we have summer here in the UK for the last 7 days.  Blue sky! Ice cream!!  Our hydrangea has survived a long cold spring and is just starting to bloom now.

The negative side of summer here is; melting roads, steaming Underground and buses and expanded rails – all making our travels nasty…  I thought about beaches, but have not been there yet.

なんだかずっと寒かったのに、一気に暑い夏になりました。急だなぁ、それにしても。ともかく、青い空とアイスクリームを楽しむ日々は嬉しい。庭のアジサイもやっと咲きはじめたところです。

ところで、イギリスは暑さに弱いのです。地下鉄やバスは冷房がないのでものすごく蒸し暑く、道路は舗装が溶けてぷちぷちと泡を出し、レールが伸びて列車が遅れ、、。浜辺のことを考えないでもないけれど、風の通り抜ける家でじっとしているのが、じつは一番涼しいのでした。

www. on stamps / 切手にHPアドレス

March 10, 2013


2008 & 2010, Croatia
‘Ana Rukavina Foundation’

After a stamp features @, here are a set from Croatia, which are showing URL of a National Humanitarian Campaign on leukaemia.  Ana Rukavina Foundation was made to raise awareness of bone marrow donations.  As Ana’s fight against the illness was known through the internet, it is appropriate to spread the information of this campaign via the www address.

I haven’t seen any other URL printed on stamps yet, but a few more have been issued, I imagine.

「@」の載った切手の次は、「www.」が印刷されている切手を。クロアチアで2006年に始まった、白血病患者を救う骨髄献血を呼びかけるキャンペーンの切手には、キャンペーンのロゴとHPが載っています。Ana Rukavinaのブログがきっかけで広まったこの活動をもっと多くの人に知らせるために、切手というメディアを使っていることが興味深いです。

わたしはこれしか見つけていないけれど、きっと他にもURLを載せた切手が出ていますよね?