Archive for the '1980s' Category

knight

June 3, 2021

騎士と家臣

17 June 1986, United Kingdom
900th Anniversary of Domesday Book / Knight and Retainers
design: Tayburn Design / illustrations: Magnus Lohkamp

Farmers were able to grow crops because the land was protected by the lord, his knights and retainers… is this a correct depiction of that time? I have to read Medieval history, otherwise my knowledge is fragmented and it gives me one impression – dark! Well, that is quite opposite to this series of stamps.

中世の農民は、領主が雇った騎士が土地を守っていたから農業に専念して食料を生産でき、人口も増えた。←これは正しい中世の描写でしょうか?映画や小説で、断片的に知っている中世の物語からは、ただ暗黒!という印象が。。。この切手シリーズと違いすぎるんじゃ?ちゃんと勉強しよう。

table of the lord

May 17, 2021

貴族の食卓

17 June 1986, United Kingdom
900th Anniversary of Domesday Book / The Lord
design: Tayburn Design / illustrations: Magnus Lohkamp

My eyes are caught by the dog under the table with large bone in its mouth. This dinner scene is showing the wealth of a Lord in 11th century. Musicians and a fool are there to entertain his guests, including a monk with sandals.

I have been reading the history of Britain recently – well, 29 years has passed since I started to live in the UK, it might be good timing to know more and understand better about this society!

テーブルの下で太い骨をくわえている犬にまず目が行きますが、イノシシの頭が供されているこのディナーは11世紀の貴族の晩餐です。ミュージシャンや道化師つきでもてなされている客の中には、特徴的な髪型でサンダルばきの修道僧もいて、当時のパワーハウスが描かれています。

イギリスに住み始めて29年がたった今、英国史の本を読み始めました(ようやく!)。この国の不可思議なあれこれを理解する助けになるのか、、、ならないか??

Ox plough

May 9, 2021

牛で引く鍬

17 June 1986, United Kingdom
900th Anniversary of Domesday Book / The Peasants
design: Tayburn Design / illustrations: Magnus Lohkamp

The Domesday Book was a medieval census ordered by the King, William the Conqueror – and completed in 1086. This stamp shows that the majority of population (82%) in Britain at that time, the peasants or slaves, worked to produce food. Forests were cleared and plowed by Ox-power.

Illustrations on this series of stamps are nicely made in the manner of Medieval style – I thought the pictures were from the original book, but they weren’t!

11世紀にイギリスを征服したウィリアム1世が作らせた『ドゥームズデイ・ブック』。現代の国税調査にあたるこの記録には、農民が人口の82%だったと記されています。牛に引かせた鍬で畑を耕すこの風景は、これ以前から産業革命が始まるまでの相当長い間、イギリス各地で見られた田園風景でした。

中世風のイラストが良くできていて、オリジナルの本にあった挿絵?と思ったのですが、違いました。縁の装飾や草木の描き方、未発達の遠近法などが900年前をよく現しています。

women and versatile milk

March 8, 2021

ミルクを運ぶ女性

1982, India
definitive

Today is International Women’s Day – good to know that spotlights are onto remarkable women in various professions.

In addition to that, I would like to think about anonymous women who take care of their families. For example, this woman on an Indian stamp, is carrying milk and produces a variety of food from it – such as yoghurt, ghee, butter and cheese – everyday, throughout her life.

「国際女性の日」で、偉業をなしたたくさんの女性に賞賛が送られている今日ですが、あまりスポットライトが当たらない、たとえばインド普通切手に描かれたこの女性のような一生にも、思いを馳せてみようと思いました。彼女は家族に栄養を届けるために毎日ミルクを運び、休むことなくヨーグルトやギーやバターやチーズを作り続けている。

つい最近まで、わたしの母の世代までは、それが普通だったのだなぁ、と。今この時に生きることに感謝する、女性の日です。

snail hunter

December 23, 2020

マイマイカブリ

30 July 1986, Japan
Insects / Damaster blaptoides
print method: photogravure with engraving
design: Motoharu Morita / engraver: Shigeru Kurishima

Despite its elegant shape and colour, this family of ground beetles is a snail hunter, thus its Japanese name is “wearing snail” as it is often found with its head in a snail shell! I want them to protect my garden vegetables!

Beginning with this series of insects, I have started to sell my duplicate Japanese stamps on eBay. Please visit there – more to be added from time to time.

エレガントな色と形を持つこのオサムシの仲間は、カタツムリを捕まえて食べる肉食昆虫でした。「マイマイカブリ」という名前も、カタツムリの殻に頭をつっこんで食事中に、かぶっているように見えるからだとは。この夏、カタツムリとナメクジに庭の野菜をたっぷり食べられたので、このマイマイカブリを見つけたらそっと連れて帰りたい、、。

ところで、この昆虫シリーズを皮切りに、手持ちの日本の切手をeBayで売り始めました。売れるのか?謎ですが、こんな綺麗な切手は、複数持っているより、たくさんの人に楽しんでほしくて。

stinky gem

December 19, 2020

アカスジキンカメムシ

30 July 1986, Japan
Insects / Poecilocoris lewisi
print method: photogravure with engraving
design: Motoharu Morita / engraver: Hiroshi Sasaki

This is my best favourite one in this series of insects stamps – beautiful shield shape and funny eyes. And many types of this kind are called Stink Bugs with a reason – they produce foul-smelling liquid from their glands if you touch them. There is a spray product in Japan to freeze stink bugs before it releases the liquid – I wonder if they come back from a faint after a while..?

朱色と緑!しかも光っている!目立つ姿のアカスジキンカメムシですが、うかつに手に取ったらものすごくクサいのは他のカメムシの仲間と同じようです。こんな綺麗な虫が洗濯物にとまっていたら、取り込むのを躊躇しそうですが、けっこう困っている人も多いのか「カメムシコロリ」という名前の駆除剤まであって、驚きです。これは冷却成分を使って、クサい液体を出す前に気絶させるらしい、、、。カメムシは落ちた地面で、気絶から復活するのかな?

ephemeral blue

December 17, 2020

ルリボシカミキリ

30 July 1986, Japan
Insects / Rosalia Batesi
print method: photogravure with engraving
design: Motoharu Morita / engraver: Hiroshi Ozaki

Another longhorn beetle which is native to Japan, it lives in the forest with Beech and Walnut trees. Their significant blue tone varies from light blue to lapis lazuli, and that appearance is known to fade rapidly into brown when the insect dies. It is an ephemeral blue – only captured by eyes and photos.

日本の固有種で目にも鮮やかなこのルリボシカミキリは、切手だけでなく日本で作られたビデオ・ゲームにもたびたび登場すると英語のwikipidiaにあります。濃いラピスラズリの青から水色まで、個体によってさまざまな青が見られるようですが、死んだらあっという間に赤褐色になってしまうとは、、。標本にならない「はかない青」、実物と写真でのみ鑑賞可能。

typography and Marianne / 書体とマリアンヌ

March 8, 2020

3 March 1986, France
Typography
design: Raymond Gid / engrave: Claude Andréotto

This is a stamp on typography, and depicting “Marianne,” the national personification of the French Republic.  I wonder how many countries have a woman as an icon?

Today is the International Women’s Day – so, I decided to feature this stamp although in the context of typography – the design focus is “a”.

マリアンヌはフランス共和国を象徴する女性である、というのは最近知ったことですが、他にも国を象徴する人物として女性を掲げている国はあるのでしょうか?

今日は国際女性デーでした。なので、タイポグラフィーの切手ながら女性を描いているこの切手を取り上げてみましたが、図柄の主役は「a」なのです。

offset printing / オフセット印刷

February 2, 2020

1 October 1982, Norway
Centenary of Graphical Union of Norway
design: L. F. Anisdahl

I thought this was a letter ‘g’, but it is in fact a side view of a series of rollers for offset lithography printing.  The only thing I can read in the background is the name David.

ぱっと見た印象で文字の「g」かな?グラフィック・デザインかな??と思ったのですが、切手カタログに「オフセット印刷機」とありました。円柱の形のローラーを横から見たところですね。背景の古めかしい書体にDavidという名前が見えます。

 

font of the age / 時代とフォント

January 26, 2020

9 September 1983, USA
Century of Federal Civil Service
designer: Kathleen Wilmes

This design uses fonts to reflect the atmosphere of the time – comparing 2 fonts from a century apart.

1983 – Blade Runner was a film from 1982 and although the story was set in 2019 ( yes, we have just passed that ), their ‘future’ font was based on that time.  I revisited the film recently ( RIP for the industrial and film set designer Syd Mead ) and thought the CI on the police car was similar to this 1983 font – well, not too far apart but different.  This lego model has the original logo on its body!

100年の歳月をフォントのデザインの違いで表した、なかなか粋なデザインです。

1983年 – すでに37年前ですが – は、あの衝撃的な映画『ブレードランナー』が公開された翌年。映画の設定だった2019年11月が過去になったというニュースと、シド・ミードの訃報を知って観なおした時に、この切手の1983と、あの空飛ぶパトカーのボディーにあったPoliceロゴが似てない?と思ったのですが、かなり違っていました、、。日本製のプラモデルではいいかげんなフォントですが、レゴのモデルにはオリジナルのフォントが使われています。

construction of letters / フォントの作り方、その2

January 23, 2020

13 July 1982, USA
America’s Libraries
Font design by Geofroy Tory in 1523
stamp design: Bradbury Thompson

“A” on this stamp looks similar to the font on my previous post, but the construction lines are slightly different. I wonder what those six different circles are doing for “C”?

There is an archive of the Bulletin about this stamp, tells us the French typographer and his student who cut the letter for printing.  I thank them for building and keeping this archive – at the Smithsonian National Postal Museum!

この切手の「A」は一つ前の切手のフォントと似ていますが、補助線の入り方が少し違って、それが微妙な差を生み出しています。見た目にはとてもシンプルな「C」が、中心の違う6つの円で構成されているのか、、とじっくり眺めました。

切手発行当時のプレスリリースがアーカイブ化されたものがあって、フォントは1523年のフランス人の手になるもの、切手のデザイナーは書体の歴史の本の著者とわかりました。このアーカイブをこつこつと作って維持している、スミソニアン郵便局博物館の方たちに心より感謝します。

 

construction of letter A / フォントの作り方

January 21, 2020

1 October 1982, Norway
Centenary of Graphical Union of Norway
design: L. F. Anisdahl

Since the innovation of letter press by Gutenberg in 15th century, font design has developed and reflected its time.  A is a nice one to begin with and the test comes later if you can keep those construction lines coherent throughout, or not.

グーテンベルグの発明した凸版印刷機で出版物がぐんと増えた15世紀以来、さまざまなフォントが登場しました。グラフィックデザイナーなら一度は試したことがあると思いますが、こんな感じの補助線を使って、Aからはじめた文字の印象をどれくらい統一できるかが、フォントデザインでは重要だと思われます。

Merry Christmas / メリークリスマス

December 25, 2018





1 December 1987, Netherlands
designer: Henk Corneliseesn

It is a delight to know that the day time is getting longer finally.  In northern Europe people seek light and make decorations to bring psychological brightness…

I love these stamps, only dots in different sizes in a few colours.  I put them in the order which I find most ‘Christmassy’.  How are they for you?

冬至が過ぎ、ようやく日が長くなると思うと嬉しくなります。冬は暗い北ヨーロッパでは、クリスマスの飾りは暗い季節を乗り切る目の保養ですね。

このオランダの切手たちは、サイズ違いのドットが3色で塗り分けられているだけなのに、お祝いする気持ちがとても現れているので大好きです。クリスマスらしく感じる色合いの順に、並べてみました。

メリークリスマス!

icosahedron and Euler’s formula / 正二十面体とオイラーの多面体公式

September 19, 2018

6 September 1983, German Democratic Republic
Death Bicentenary of Leonhard Euler
design: A. Bengs

The out-line geometry is Icosahedron and the formula is thought by Euler on the right.  The formula is “v (vertices) – e (edges) + f (faces) = 2” in English.  Some people think this is very beautiful formula – well, for me as non-mathematician, polyhedra as three-dimensional objects are more attractive.

左に描かれている立体は正二十面体で、真ん中に「オイラーの多面体公式」があり、右がそのオイラー本人です。この公式は、( 頂点の数 )- (辺の数 )+ (面の数) = 2 というもので「世界で二番目に美しい数式」という本が上梓されていますが、、、数学者ではないわたしにとっては、立体の多面体のほうがよほど魅力的に映ります。

Impossible object 3 / 不可能図形 3

August 22, 2018

16 February 1982, Sweden
“Impossible Object”
designer: Oscar Reutersvärd
engraver: Czesław Słania

The third stamp designed by Oscar Reutersvärd.  This one is also, is not possible to exist in the three-dimensional world.  A visual trick of perspective in a subtle and somehow gentle way – I like it!

オスカー・ロイテスバルトのデザインした切手の3枚めも、遠近感が入れ違っているヴィジュアルのトリックで、、、静かにそっとだましている感じがとても好きです。

Impossible object 2 / 不可能図形 2

August 8, 2018

16 February 1982, Sweden
“Impossible Object”
designer: Oscar Reutersvärd
engraver: Czesław Słania

The second stamp designed by Oscar Reutersvärd.  Again, not possible to exist in the three-dimensional world, thus called Impossible Object.

オスカー・ロイテスバルトのデザインした切手の2枚めも、奥行きの見え方を逆手に取ったヴィジュアルのトリックで、実際の三次元世界には存在が不可能な立体です。

Impossible object / 不可能図形

July 19, 2018

16 February 1982, Sweden
“Impossible Triangle”
designer: Oscar Reutersvärd
engraver: Czesław Słania

Nine cubes are floating in the air – and if you look closely, you notice that this is an “impossible object“.  Oscar Reutersvärd is an artist who started to draw these figures earlier than Escher, in the 1930s when he was still 18 years old – and he made a lot.  It seems this stamp was designed by him, and engraved by Slania.  What a gorgeous collaboration yet humble looking – a stamp treasure!

立方体が9個宙に浮いているこの図。よく見るとあぁぁ、と立ちくらみのような不思議な感覚を呼び起こすこの「不可能図形」は、エッシャーよりも早い1930年代に、まだ十代のころからたくさんの不可能図形を描いたアーティスト、オスカー・ロイテスバルトの作品です。どうやら切手のデザインも本人ですね?しかもスラニアが凹版を彫っている、地味に見えて実は豪華な一色刷りの切手。お宝です。

saving hand / 貯める手

February 18, 2017

1981Israel002

1981 Israel
Energy Conservation

The light bulb is a symbol of energy and pink hand stocks saving.  Strong colours and bold lines to express – but without words, not telling me the intention of design straight away.  Does it tell to you?

電球はエネルギー資源の象徴で、ピンクの手がそこにエネルギーを貯めている、、、インパクトのある色と図柄で、ぱっと目に留まるデザインではありますが、「エネルギーの保護」と書き足されているコンセプトに沿ったデザインか?と問うと、、謎です。

hand squeezes sun / 太陽をしぼる手

February 8, 2017

1981Israel001

1981 Israel
Solar Energy

A hand is squeezing solar energy from the sun.  With my Eastern origin, this concept is rather difficult to understand.  But this stamp shows me an active attitude towards the energy problem – we need a big hand to squeeze the sun to use its benefits to the last drop.  But how big should this hand be?  Well, the size of the hand of God!

太陽からエネルギーを搾り取る手。自然に対する、発想というか考え方の違いをまざまざと見るこの切手。たしかに、昨今の資源問題を考えると、受け身になっている場合ではない切迫感はありますが。でも、熱くない?その前に、この手どのくらい大きいの?これも、神の手ですね。

handover / 世代を引き継ぐ手

December 4, 2016

1980Sweden005
1980Sweden004

22 April 1980, Sweden
Care
designer: G. Oddner (1.60K) & S.-E. Delér (1.40K)
engraver: Zlatko Jakus

Two stamps to show caring minds and also handover of generations.  I have been thinking about change of generations – very personal matter, as well as a part of long human history.  Hands represent one’s wish, to be treated with dignity and supportive mind for growing ones.

Wrinkled hand is depicted warmly by fine intaglio engraving.  Humble, yet strong stamps.

切手タイトルの「Care」はおそらく、介護と保育の両方を指すのだと思います。ここ数日、齢を重ねて生きることや長い人類の歴史の中での世代交替についてあれこれ考えることが多かったのです。ここでは「手」は、尊厳を持って老いることや次の世代を育てることを象徴しているようです。

凹版の彫刻で、精緻にしかも暖かく描かれたしわだらけの手。謙虚で強い切手です。