Archive for the 'Oceania & Antarctic' Category

small banana / 小さなバナナ切手

October 24, 2013

1978 Tonga

It is obvious that self-adhesive stamp can made in flexible shapes.  This banana stamp is from Tonga, where the world first self-adhesive stamp was issued from.  This one is clearly inspired by the commercial stickers which are used for showing the origin of fruits – this is why it is very small, end to end is about 2.5 cm.

I would be very pleased to receive a letter with this stamp from Tonga.  They are now exporting a lot of pumpkins to Japan.

シール式切手のいちばんの特徴は自由な形にできること。1963年に世界初のシール式切手を発行した国であるトンガのこの切手は、その代表格ですね。斜めの最長サイズが2.5センチと小さく、果物の産地を示すために貼る輸出用のシールを模している、粋なデザインです。

どこの植民地にもならなかったオセアニアに浮かぶ王国の歴史を、切手からたどって読みました。トンガ産のカボチャが毎年たくさん日本に届いているようです。

Telegraph key / 電鍵

March 22, 2013

1 June 1962, New Zealand
Telegraph Centenary
design: A G Mitchell

This stamp is celebrating 100 years of the telegraph in New Zealand.  The picture shows an early Telegraph key for sending Morse code, with operating hand, and telegraph poles and wire.  The hand looks somehow strained – it must be sending an urgent and important message.

It is interesting to see these modern alternatives to postal services, which are often depicted on stamps.  They did not imagine about the new world with ‘internet file transfer services’ yet, did they?

The host of Going Postal gave this stamp to me, among with many others from New Zealand.  Thank you!

なんだか力んだ手が電鍵を使ってモールス符号を打っているこの切手は、ニュージーランドの電信開始から100年を祝って発行された切手です。

郵便が担っていた役割をどんどん代替していくことになる技術を、こうやって切手の絵柄としてとどめてある、というのが興味深いです。この頃、まだネット上でのファイル送付サービスのことなど誰も想像していなくて、短い電信は送れるけれど、束になった書類は郵便しか無理だよねー、という余裕があったということか、、。

courier bird / 運ぶ鳥

March 18, 2012

1974 Australia
Centenary of Universal Postal Union
design: John Copeland

When I posted the last stamp I thought about this one, as a bird is used as a symbol of delivering messages or good will.  Bright colours and simple composition – very pleasant to receive an envelope or card with these stamps, I think.

From my previous post, this is another bird carrying a letter, from Germany.  I never knew how a carrier pigeon takes a message while flying – no doubt, not by beak, I guess…   OK, according to wikipedia it was a little tube on their feet, but some of those pigeons carried up to 75 grams of messages!

ひとつ前のポストを書いていて、同じように鳥がメッセージを運ぶ象徴として描かれているこのオーストラリアの切手を思い出しました。国際郵便連合の100年を祝うものですが、あざやかな色とシンプルな構図で、この切手の貼られた封筒や葉書を受け取ったら嬉しいだろうなぁ、、と思います。

以前に取り上げた切手の中にもドイツの1950年代に、やはり鳥が封筒をくわえている切手があります。インドでは1980年代まで伝書鳩が使われていたそうですが、その鳩たちはまさかくちばしにメッセージをくわえ、啼かず飲まず食べずで目的地に向かったのか!?と疑問に思ったのですが、やはり違っていました。ウィキペディアによると、足にくくり付けた小さな筒にメッセージを丸めて入れたのだそうです。75グラムまでは運べた、というのはちょっと驚きでした。

another archive! / アーカイブ好き

November 29, 2011

1 September 1971, New Zealand
Mount Cook National Park
design: Mark Cleverley

I found another stamp archive from New Zealand, which tells me the stories of historical stamps.  So, I will start collecting stamps from the new world, as I can find the year of issue and name of the designer who made this rather unusual colour of sky.  I couldn’t find what are the animals in this stamp, though.

The archive tells me that the first New Zealand stamp motif was Queen Victoria.

切手アーカイブを持つ国をもう一つ見つけました。ニュージーランドです。今まで集めていなかったけれど、このここで検索したらいろいろ欲しい切手が見つかりました。新しい探検フィールドを見つけるのは嬉しいものです。

不思議な空の色と山々の構成が美しいこの切手。でも、アーカイブでは描かれた動物が何かは教えてくれず。ちなみに、ニュージーランドの最初の切手のモチーフはヴィクトリア女王でした。

Aboriginal art / アボリジニのアート

May 23, 2011

1947 Australia

The British Museum has an Australian season over this summer, featuring art, crafts and history.  One of the curators of the British Museum was talking about Aboriginal art on the radio tonight and that reminded me of this stamp.

Featuring indigenous people’s art in 1947 was in fact very early compared to other countries which were settled by immigrants.  15 years later than this stamp, in 1962, all the Aboriginal tribes in Australia finally had the right to vote.

大英博物館ではこの夏「オーストラリア・シーズン」と称して前庭にオーストラリアの木が植えられ、工芸やアートが展示されるそうです。ラジオで大英博物館のキュレーターがこの催しを案内していたので、この切手を思い出しました。

入植者が国土を乗っ取ってしまった国々では先住民がひどい扱いを受け、1947年の時点で先住民のアートを切手の図柄に取り上げたのは実はとても早かったのです。なのでわりと早くに先住民の文化に理解を示した国だったのかと思ったら、そうでもなく、この切手から15年後の1962年にようやくアボリジニも選挙権を獲得しました。

tree house / 樹上の家

February 4, 2011

1966 Papua New Guinea

Jungles – people of the trees‘, a part of Human Planet series on BBC is fantastic.  The art of the tree house, up in the sky 35 meters high in Papua New Guinea, as well as the honey collector’s amazing tree climbing… it seems BBC iPlayer is not available outside the UK, but I am sure it will be on DVD in the near future, so I will announce.

These stamps were made when Papua New Guinea was a part of Australia.  You can see some similarity of their style to their masks and facial paintings in the program above.  It is our task to retain these variety of art of living to the future.

BBCの番組『Human Planet』シリーズはHNKの『人間は何を食べてきたか』に匹敵する素晴らしさです。iPlayerは英国内だけでしか観れませんが、すぐにDVD化されると思います。昨夜はその中の『Jungle – people of the trees 』が放映され、一本の縄だけで軽々と木に登る人、吹き矢で狩りをする人たち、地上35メートルの樹上に組まれた家など、パプアニューギニアの紹介が圧巻でした。

この切手はパプアニューギニアがまだオーストラリアの一部だった頃に発行されたものですが、このイラストに見られるような顔への装飾やお面なども、未だに健在なのを番組の中で見る事ができます。こんな多様な生活文化を絶やさず残して行くのは、わたしたちの責任なのだと思いました。

save energy / 省エネ

August 30, 2009


2009 Australia
8.30 PM 28. 03.09 Earth Hour
design: Hoyne Design

Owl is turning Switch Off and Atelidae is hanging on cord to pull the Light Out.  Straight forward and appearing design to announce this campagne for environmental action.

2009年3月28日に開催された「アース・アワー」を宣伝する切手。上はフクロウで、下はたぶんクモザルだと思うのだけど、、違うかな?すっきりしつつチャーミングな絵柄でメッセージがまっすぐ伝わります。

Coat of Arms on tea pot / 紋章入り茶器

August 18, 2009

1995 Australia
Fifty years of National Trust

Rather old fashioned, nicely Intaglio printed ceramic tea pot and statue.  I like this kind of simplicity a lot.

凹版印刷できりりと作られた古風なたたずまいの切手。紋章のついたティーポットと陶器の置き物で歴史的名所を護るナショナル・トラストの設立50年を祝っているようです。オーストラリアのナショナル・トラストは意外と遅くに出来たんですね。

when she was 80 years old / 80歳のお祝い

August 17, 2009

1991 Australia
150 Years of Photography
photo: ‘Tea Cup Ballet’ 1935 by Olive Cotton (1911-2003)

This Australian modernist woman photographer was 80 years old when this stamp was issued.  Very nice way to celebrate history of photography and also achievement of a pioneer female photographer.

この切手が発行された時、写真家オリーブ・コットンは存命で80才でした。女流写真家の開拓期を築きつつも商業的には成功といえなかった彼女が、晩年に代表作が切手になってさぞかし嬉しかっただろうな、と想像します。