Archive for the 'North & South America' Category

a landscape with cattle

January 31, 2021

牛のいる風景

1 July 1942, Canada
Canadian Farm Scene
designers: Douglas and Mary Patrick

It is a familiar landscape of farming – but those cattle were not indigenous. They were brought to the continent by farmers who emigrated from Europe. Where the climate is humid enough for the field to grow wild grass to feed cattle, the carbon footprint is not too high. But when the wild grass does not catch up to recover after being eaten, you have to grow vegetables to feed cattle – that is when sustainable efficiency goes down.

“Feast to Save the Planet” is BBC Horizon program, to check and compare the carbon footprint facts and scored on the environmental impact of each dish on the menu. These researches show us not only that the distance of transport is significant, but also efficiency of food production and the nature of animals and plants we grow.

きっとカナダでは何の変哲もない、牛のいる風景。ですが、この牛たちは北米にいた動物ではなく、ヨーロッパからの移民が持ち込んだ家畜です。気候が湿潤で、牛が食べた草もすぐに元に戻る場所では問題はなかったけれど、乾燥や寒冷で草が育たない場所でまず野菜を育て牛の飼料にすることが、牛肉と環境問題の根っこです。

BBCの環境問題の番組『地球を救う晩餐』では、メニューに載った料理に使われる素材それぞれの二酸化炭素排出量を計算し、どの料理を頼むとどれくらい地球に良い/悪いかを詳細に説明します。単に食材の届く距離だけが問題ではなく、食材が生産される効率や、家畜や野菜が育つ傾向さえも考慮に入れないと、間違った選択をしてしまうのですね。

Muskox

January 23, 2021

ジャコウウシ

4 April 1955, Canada
National Wildlife: Muskox
design: Emanuel Otto Hahn

Native to the Canadian Arctic, the Muskox is a huge animal which eats grass and tree leaves. Despite its gentle eyes, the males have violent battles in the mating season and are able to run as fast as 60 km per hour! They used to live in Eurasia until 3,000 years ago, but their downy fur is too nice and soft, so humans hunted them to extinction there. They are now reintroduced from Canada to Alaska and Sweden.

この優しい目をした牛の仲間は、草や木の葉を食べて高さ2メートルまでに成長し、繁殖期にはオス同士が猛スピードで走ってぶつかって戦うことで知られています。昔はユーラシア大陸にも住んでいたのですが、お腹あたりの産毛があまりに柔らかくて手触りが良かったので、3000年前ぐらいに狩りつくされ。。北極に近いカナダで生き残っていた種が、アラスカやスェーデンに運ばれ、今は野生化した群が育っているようです。

long ears and hump back

January 10, 2021

コブ牛

1 May 1942, Brazil
Zebu: 2nd Agriculture and Cattle Show

This stamp celebrated a cattle exhibition. This virtuous looking bull (or cow?) was introduced from India, because those long eared species have more resistance to heat.

76 years on since this stamp, Brazil had the world largest population of cattle in 2018 ( almost the same as the human population ), and soy production to feed livestock there and to export has been expanding greatly in the last 2 years, causing deforestation on a massive scale.

畜産見本市を祝うブラジルの切手のちょっと高慢な顔つきの動物は、高温に強い家畜としてインドから持ち込まれたコブ牛でした。長くて大きい耳から熱を発散して、体温を調節できるらしい。

この切手から76年後の2018年の統計では、ブラジルは世界一の牛の多い国で、なんと人口とほぼ同じ。その後、女性蔑視大統領が就任してからは、家畜に食べさせ輸出する大豆の栽培のために、貴重な森林がどんどん切り倒され焼かれて畑に変わっているのは、世界の周知するところです。

livestock

January 2, 2021

畜産という産業

7 May 1951, Argentinia
“Ganaderia”

This beautiful and gentle looking bull is from South America – where livestock cattle were brought from Europe. Did they had buffalo before then? In the report of 2018, Argentina has the 7th largest population of cattle in the world.

この優しい顔つきの牛は、南米のアルゼンチンから。種牛は畜産業にとって重要な資産ですが、これもやはり、ヨーロッパから持ち込まれた産業でした。畜産牛が持ち込まれる前に北米を走り回っていたバッファローは、南米にもいたのかな?2018年の統計で、飼われている牛の数の多さでアルゼンチンは世界で7番目。

honey as an export

December 4, 2020

輸出品としての蜂蜜

1983 Mexico
Mexican exports
design: Rafael Davidson

If you have an excess of flowers and bees, you can produce honey for export. This was so in 1980s Mexico and it still is. I wasn’t aware of how far those honeys in bottles have travelled….

花がたくさん咲いてミツバチがせっせと働いてくれたら、蜂蜜は輸出品にもなる産業なのでした。1980年代のメキシコではそうで、そして今も。ほぼ毎日使うボトルに入った蜂蜜は、どれくらい遠くから届いているのか、、、次から買うたびに小さな表記を探しそうです。

tilted globe / 傾いた地球

April 13, 2020

25 August 1921, Argentina
Pan-American Postal Congress

The centre is “an allegorical figure of Pan-America, wearing a mail bag and holding letter envelopes“.  She is celebrating the first gathering of the Pan-American Postal Congress.

What most caught my eye is the tilted globe.  Well, the designer wanted to show the connection of the two continents and to place their country in view – but this tilted globe looks symbolic for the pandemic we are experiencing right now.  It’s not going to be turned upside down and the globe will recover…

切手の中心には南北アメリカを象徴する女神が両手を広げ、郵便バッグを肩からかけて手紙を手にしています。この年に初めて開催された南北アメリカをつなぐ通信会議を祝った図案です。

今、コロナ禍が地球をひっくり返しそうな時にこの切手を見て、まず目に留まったのは地軸がほぼ真横に傾いている地球儀でした、、。もちろん、図案自体には悪気はなく、デザイナーは女神の広げた手の中に繋がったアメリカ大陸を配置して、自国が良く見えるようにしただけなのですが、とても珍しい地軸の傾いた地球の絵。

ともかくも、一刻も早くこのウィルスが弱まるのを祈るばかりです。

 

Love / バレンタイン

February 15, 2020

26 January 1973, USA
Love Issue
design: Robert Indiana

I saw many people had a bunch of flowers on their way home from work yesterday.  Tons of energy was used to prepare roses to be ready and transported.  Then many florists raise their price up to three times on 14 February, which I did not know.

How can you do an environmentally friendly St. Valentine’s Day?

It is easy that you can express your love everyday and not make the day so special!  Or use this stamp and send a heart warming card.

I am sure the overlap of red and green ink is designed by the artist, to express his sculptural works in a two dimensional composition, without extra cost.

According to this postage archive, this stamp was sold very well but some people thought it was too hippy, and the next stamp featuring the word ‘love’ did not appear on US stamps until 1984.

昨夜の帰宅時は、花束を持った男女がたくさん歩いていました。イギリスのバレンタインデーは双方から気持ちを伝えるのです。そして、この日に合わせてバラが開くように栽培工場や倉庫で膨大なエネルギーが使われ、たくさんのトラックが走り回り、花屋はふだんより3倍も高くした花束を売りさばく。

環境に優しいバレンタインデーを送るには、どうしたらいいのでしょう?

実はとてもカンタンで、毎日「好きよ」と言っていれば、この日を特別な日にする必要がないよね?と夫と話しながら、いつもと変わらない晩ご飯をした昨夜。こんな切手を貼った心のこもったカードがあれば、それで充分だと思うのです。

ロバート・インディアナはこの書体の文字を使った彫刻を数多く作ったアーティストですが、この切手の赤と緑のインクの重なりは間違いなく意図的で、立体的な造形を平面上に、コストをかけない上手なやり方で表現しています。

この切手は発売当時とても人気があったのに、「ちょっとヒッピーすぎ」という意見も出て、次に「Love」という単語が切手に使われたのは11年後の1984年だそうです。そういうエピソードを伝えてくれるこんな切手アーカイブが、アメリカだけでなくどの国にもあったらいいのになぁ。

font of the age / 時代とフォント

January 26, 2020

9 September 1983, USA
Century of Federal Civil Service
designer: Kathleen Wilmes

This design uses fonts to reflect the atmosphere of the time – comparing 2 fonts from a century apart.

1983 – Blade Runner was a film from 1982 and although the story was set in 2019 ( yes, we have just passed that ), their ‘future’ font was based on that time.  I revisited the film recently ( RIP for the industrial and film set designer Syd Mead ) and thought the CI on the police car was similar to this 1983 font – well, not too far apart but different.  This lego model has the original logo on its body!

100年の歳月をフォントのデザインの違いで表した、なかなか粋なデザインです。

1983年 – すでに37年前ですが – は、あの衝撃的な映画『ブレードランナー』が公開された翌年。映画の設定だった2019年11月が過去になったというニュースと、シド・ミードの訃報を知って観なおした時に、この切手の1983と、あの空飛ぶパトカーのボディーにあったPoliceロゴが似てない?と思ったのですが、かなり違っていました、、。日本製のプラモデルではいいかげんなフォントですが、レゴのモデルにはオリジナルのフォントが使われています。

construction of letters / フォントの作り方、その2

January 23, 2020

13 July 1982, USA
America’s Libraries
Font design by Geofroy Tory in 1523
stamp design: Bradbury Thompson

“A” on this stamp looks similar to the font on my previous post, but the construction lines are slightly different. I wonder what those six different circles are doing for “C”?

There is an archive of the Bulletin about this stamp, tells us the French typographer and his student who cut the letter for printing.  I thank them for building and keeping this archive – at the Smithsonian National Postal Museum!

この切手の「A」は一つ前の切手のフォントと似ていますが、補助線の入り方が少し違って、それが微妙な差を生み出しています。見た目にはとてもシンプルな「C」が、中心の違う6つの円で構成されているのか、、とじっくり眺めました。

切手発行当時のプレスリリースがアーカイブ化されたものがあって、フォントは1523年のフランス人の手になるもの、切手のデザイナーは書体の歴史の本の著者とわかりました。このアーカイブをこつこつと作って維持している、スミソニアン郵便局博物館の方たちに心より感謝します。

 

two-way arrows 2 / 双方向矢印 2

October 1, 2017

21 October 1966, USA
Great River Road
design: Herbert Bayer of Aspen

The river looks modest in this stamp, but in fact it is 2,069.0 miles ( 3,327.9 kilometers ) long – and it is a road for cars, sign posted through ten states of the US.  This simple design is printed with intaglio and lithography methods, in 3 colours.

3色刷りのぱっきりしたデザインですが、切手の小ささのゆえ描かれた「川沿いの自動車道」が3,300キロ以上ある(だいたい那覇から旭川ぐらいの距離のようです)ことをうまく想像できません。印刷には凹版とリトグラフが使われているようですが、他にもこの組み合わせ、ありますか?

two-way arrows / 双方向矢印

September 20, 2017

1969 + 1971, USA
Special Delivery Arrows
design: Norman Ives

Swift and reliable – a very clean and strong design for a special delivery stamp.  The normal postal stamp was 6 cents in 1969 and this is more than 7 times expensive.

1969年当時普通の郵便は6セントだったのに、この速達用切手は45セント。確実で速い!!というのを図柄にしたらこうなった、という強さがあります。

TV and arrows / テレビと矢印

July 30, 2017

1974 Brazil
tribute to Assis Chateaubriand
design: Aluisio Carvao

A stamp dedicated to the founder of the first television network in Brazil, called Rede Tupi.  Dual directional arrows emerge in characteristic TV lines – well, we don’t have these lines on the digital TV anymore…

ブラジルに最初のTVネットワークを作ったアーシス・シャトブリオンを記念する切手。ブラジルのメディア王で、美術のパトロンであり、政治家にもなった人物です。双方向に走る矢印が、ひと昔前までのテレビ独特の平行線(懐かしいのは、なぜ?)に浮き出ている、クールなデザイン。

concentric and arrows / 同心円と矢印

July 8, 2017

1974 Brazil
tribute to Edgar Roquette-Pinto
design: Aluisio Carvao

A stamp dedicated to the founder of the first radio station in Brazil, called Radio Society of Rio de Janeiro.  Cool design of radio waves from a tower – a bit psychedelic yet well controlled.

ブラジルに最初のラジオ放送局を作ったロケッテ-ピントを記念する切手。ラジオ局長は、もともと医者で、のちに民俗学者になった人のようです。70年代のちょっとサイケな色使いが、電波の飛ぶ様子をクールに抽象化しています。

concentric circles 3 / 電波・同心円その3

July 1, 2017

1 August 1967, USA
Voice of America – 25 years of VOA

Hand drawn circles on natural colour of paper – light weight impression, but strong stamp.  Maybe because the centre of the circles is the centre of the stamp?

It was 50 years ago when this stamp was issued.  In that year, the anti-Vietnam War movement was started and spread throughout the US, and biologists started to warn about damage to the environment.  The current president is now in action to waste those 50 years of great effort and wisdom…

紙の色のバックグラウンドに手描きの同心円。シンプルで軽い印象を与えるけれど、なぜか強い。同心円の中心が、切手の中心にあるからでしょうか?

この切手から、ちょうど50年。その頃まだアメリカでも細菌兵器を作っていて、ヴェトナム戦争に反対する社会ムーブメントが始まった年。生物学者や海洋学者が環境問題への警告を発し始めた時期でもあります。そして今、50年分の努力と英知を無きものにしようとする、がっくりな45代大統領。。

hand of God / 神の手

February 6, 2017

1958USA002

31 May 1958, USA
International Geophysical Year

The hand of God is giving Adam a human intelligence – a part of Michelangelo‘s huge fresco ceiling in the Sistine Chapel of the Vatican.  The background for this stamp is the burning surface of the sun, which could be the mother of the earth.

When I read about Michelangelo’s life, I discovered that he was always angry because his life was affected by the change of rulers, and also what those rulers forced him to create.  Well, 500 years later in our global era, we still have to be aware about what a ruler wants and how our life is influenced by that.  I am imagining Michelangelo’s feeling when he painted this hand of God.

神の手。1958年、国際地球観測年の記念切手として、ミケランジェロがバチカン市国のシスティーナ礼拝堂の天井画に描いた、『アダムの創造』のアダムと神の指先が選ばれています。背景には地球の存在の根源として、燃えさかっている太陽の表面が描かれています。

ミケランジェロの生涯を読むと、彼のキャリアがその時の教皇の意思や交代によって左右され、やりたかった仕事になかなか取りかかれないことを生涯怒っていたらしいことが伺えます。そして、今。500年後のグローバル社会で、権力を手にしたある人物の言動がまわりまわって日々の暮らしに影響を与えることを、思い知らされるわたしたち。ミケランジェロがどんな気持ちでこの神の手を描いたのかに思いを馳せます。

 

hands and wall / 手と壁

January 22, 2017

1966USA003

1 July 1966, USA
175th Anniversary of the Bill of Rights

A hand to stop tyranny – and the statement of “The rights of the people shall not be violated”.  This stamp is celebrating the Bill of Rights, started in 1791.

I feel a bit better seeing the sparse crowd for 45th President’s inauguration day, in comparison to Barack Obama’s in 2009, and 500,000 people packed into the same place for the Women’s March on the following day.  Madonna’s words of ‘the new age of tyranny’ are a warning pointing to exactly what is happening.

「専制政治を阻止する権利」が1791年にアメリカの権利章典に記載されたことを記念した切手です。軍隊ぽい手袋の手とそれを阻止している手の間には「暴力に晒されない権利」という言葉が。

45代大統領の就任式ががらがらだった件翌日の「Women’s March」が同じ場所を人で埋め尽くしたのを見て、少し元気になりました。それでも、マドンナの「新しい暴政の時代」という言葉は、今この時を言い当てていると思います。

 

presenting hands / 贈る手

December 24, 2016

13 Octoebr 1965

13 October 1965, Canada
‘Gifts of the Magi’
designer: Helen Roberta Fitzgerald
engraver / picture: Yves Baril
engraver / letters: Donald J. Mitchell

Canadian archive shows names and pictures of designer and engravers of this stamp from 1965.  Wonderful!

Have a merry Christmas.

カナダの公式切手サイトでは、51年前に発行されたこの切手のデザイナーと凹版元図の彫刻師を写真付きで紹介しているのです。素晴らしい!

みなさん、すてきなクリスマスを。

hand in hand / 手と手をつなぐ

August 19, 2016

1980Canada001

29 May 1980, Canada
Rehabilitation
design: Rolf P. Harder

It took me two and a half months to get round to writing a new post – but I am still interested in stamps with hands.  I am impressed by this endurance of attraction.

This strong design is about hand in hand – simple, and delivers a message for help and coexistence.  This stamp is featured on the cover of a wonderful book called Graphic Stamps, published this June in London.  Hands are in two different metallic colours.

一つ前のポストから一月半が経っているのですが、未だに「手」の切手への興味が続いています。なんという持久力、と自分で感心しているところ。

この切手は、リハビリテーションというテーマを手のモチーフで力強く表現している秀作です。この6月にロンドンの出版社から発表された『Graphic Stamps』という素敵な本の表紙に使われています。手は2色のメタリック。

Heart and hand / ハートと腕

March 26, 2016

1973Uruguay001-2

Uruguay 1973
Pan-American Federation of blood donation

Another example for encouraging blood donation – this time, a hand is used as symbol to give a gift, which is the heart as extended life, and the arm shows the position for blood donation.  It has strong composition and looks good, despite using only two colours.

この一枚はウルグアイから、献血を呼びかける切手です。ハートは贈り物となる生命を象徴し、手はをれを必要な人に渡す意思、腕と血管で輸血をする様子をそれぞれ描いているわけですが、2色しか使っていないのにクールな構成です。

sincere kawaii / 誠実かわいい

July 16, 2015

1968Argentina001

1968, Argentina

Some stamps are made for public campaign with serious theme – and they need to reach their correct audience.  As a result, some of the road safety stamps are often cute.  This one from Argentina has children in rigid manner, but helped by bright colours and hand sticks out from the background frame, it is lifted to kawaii field.

国によるキャンペーン切手は想定するオーディエンスにきっちり届く必要があり、結果として子供たちにアピールしたい交通安全の切手はかわいくなる傾向があります。アルゼンチンのこの切手も、背筋を延ばしてロボットみたいに歩いてる子供たちの絵柄なのに、明るい色づかいと背景の水色からちょっと飛び出た右手あたりに、しみじみとかわいさが漂う。わたしには、貼られて届いたら嬉しい切手ですが、みなさんには?