Archive for the 'Norway' Category

Beehive

December 3, 2020

ミツバチの巣箱

17 February 1964, Norway
Centenary of Oslo Workers’ Society
design: O. Ranheimsaeter

This beehive and Oak leaves are the emblem of Oslo Workers’ Society. The bee has been regarded as a symbol of union and humble hard workers for centuries. This type of straw beehive has been used for a long time in human history – hanging from a tree, or placed on a table as depicted here.

And in this tiny picture, bees DO have four wings.

底のない籠を伏せたような形のミツバチの巣箱は、人類の歴史の中で長く使われた形のようです。これを木から吊るしたり、この絵のように台の上に置いたりして、はちみつを採集しました。この切手はオスロの労働者団体のエンブレムを描いたもので、蜂の巣は勤勉につつましく働く多くの人の象徴とされてきた歴史があります。

そしてこの小さな切手に描かれた小さなハチには、羽がしっかり4枚あります。

offset printing / オフセット印刷

February 2, 2020

1 October 1982, Norway
Centenary of Graphical Union of Norway
design: L. F. Anisdahl

I thought this was a letter ‘g’, but it is in fact a side view of a series of rollers for offset lithography printing.  The only thing I can read in the background is the name David.

ぱっと見た印象で文字の「g」かな?グラフィック・デザインかな??と思ったのですが、切手カタログに「オフセット印刷機」とありました。円柱の形のローラーを横から見たところですね。背景の古めかしい書体にDavidという名前が見えます。

 

construction of letter A / フォントの作り方

January 21, 2020

1 October 1982, Norway
Centenary of Graphical Union of Norway
design: L. F. Anisdahl

Since the innovation of letter press by Gutenberg in 15th century, font design has developed and reflected its time.  A is a nice one to begin with and the test comes later if you can keep those construction lines coherent throughout, or not.

グーテンベルグの発明した凸版印刷機で出版物がぐんと増えた15世紀以来、さまざまなフォントが登場しました。グラフィックデザイナーなら一度は試したことがあると思いますが、こんな感じの補助線を使って、Aからはじめた文字の印象をどれくらい統一できるかが、フォントデザインでは重要だと思われます。