Archive for the 'Africa' Category

Rumination

March 6, 2021

反芻する、ということ

1977, Bophuthatswana ( South Africa )

Rumination is the great skill to eat tough grass and leaves, which many animals gained through loooong time of evolution. This clip shows how an Impala does it. A chunk of food moves up and down its neck, being chewed. Food is fermented in their stomach by bacteria, then their guts get the nutrients. Methane is produced in these processes.

This Ox on a Bophuthatswana stamp has serious face, but has to move its jaw almost all the time – up to 12 hours a day! That fact gives me a different impression of this stern face.

Through this stamp, I learnt about the history of Apartheid – The “Homeland” policy ended in 1994 finally.

反芻というバクテリアと酵素に助けられた消化のシステムは、硬い草や木の葉から必要なエネルギーを作り出すために、長い進化の月日を重ねて動物たちが体内に獲得したものです。この短いムービーで、のどもとを下ったり上ったりする食べものの塊と、それをずーっと咀嚼している忙しいガゼルの口元が見えます。メタンは、この消化システムの中で発生します。

このボプタツワナ(南アフリカの一部)の水牛も、同じようにいつも(1日に12時間も!)下顎を動かしていることを想像すると、コワモテな印象がずいぶん和らぐのでした。

この切手を通して、ごく最近まであの手この手で既得権益を守ろうとした白人と、南アフリカの人種隔離政策のダークな歴史も学びました。

bird is hand / 小鳥がつまむ小枝

January 10, 2017

24 October 1959, Tunisia
Red Cross Day

Tunisia was a part of France until 1956 and their stamps often show influences of French design.  But this bright one, only three years after the independence, shows they are clearly developing in their own aesthetics.  The blue bird looks fingers pinching a twig – thus categolised in ‘hand’.

It is unfortunate but the country is recently opposite to this optimistic atmosphere.

チュジジアは1956年までフランスの植民地だったので、古い切手にはフランスの影響が見えます。けれど独立3年後にしてこんなカラフルな切手を発行し、この切手では独自の道を歩んでいることを訴えているようです。水色の鳥は小枝をつまんでいる指にも見えるので、手の切手のカテゴリーに。

極右のイスラム教の影響が広がり、チュニジアはこんな楽観的な雰囲気ではなくなっているようで、気がかりです。

 

State Crest / 州の紋章

August 27, 2014

1963Madagascar001

3 December 1963, Madagascar
State crest of Antsirabe, Tulear and Majunga
design of coat of arms: Robert Louis & Suzanne Gauthier

Not only the nation or the head of state have their coat of arms – almost all states, cities and towns in Europe and their colonies have their heraldry.  Here some modern design of states od Majunga in Madagascar, – shows Baobab tree from the region and three boats, indicating that Majunga ( Mahajanga ) is a harbour town.  Yes, they must have crocodiles in their region, too.

This summer I met a young French designer who has her family origin from Madagascar.  It was a lovely encounter with her, to know her poetic approach in her creations.

国や国家元首だけでなく、ヨーロッパやその植民地だった都市や地方には紋章があります。これは1960年にフランスの植民地から独立したマダガスカルの州の紋章です。マハジャンガ州のもので、バオバブの木が中心にあり、三艘の帆船はハジャンガが港湾都市であることを伝えてくれます。この州にはまちがいなく、ワニも住んでいる。

この夏、マダガスカルにルーツを持つ若いフランス人デザイナーと出会いました。ヨーロッパに起源を持つデザインとはひと味ちがう、詩的な創造に楽しい刺激を受けたのでした。

large almond / 巨大アーモンド切手

October 28, 2013


1970 Sierra Leone

Another set of stamps with unusual shape – they are big, L= 4.4 cm and W= 3.2 cm.  They are embossed, as the paper is thicker for self-adhesive type and the back-up layer gives a good impression during the pressing, I guess.  They have strong visual impact.

When these unique stamps were made, Sierra Leone was in short time peace, between political disputes.

アフリカ西部の小さな国シエラレオネから、縦が4.4センチある大きな切手です。シール式の利点をすべて使ってみました、というサンプルのよう。形ももちろん、紙が厚くて台紙もあるからアーモンドのシワと文字のエンボス加工もしやすかったと思われます。この切手が貼られた手紙はとても目立つだろうなぁ。

政治的紛争でずいぶん大変だった国だけれど、つかの間の平和時にこんな切手が試されたのですね。

grapefruit / グレープフルーツ

September 29, 2013

1967 Cameroon

Another African stamp showing Grapefruits – a friend of mine told me that Japan is importing them this season.

Cameroon was a German colony between 1884 – 1922, after then it became a French and British colony.  This stamp was issued several years after the country became independent.  This design is trying to depart from French and British stamp design heritage – and it is strong as a result.

日本でこの時期アフリカ産のグレープフルーツを食べているという友人のコメントを受け、もう一枚。

19世紀の終盤から約40年ドイツの植民地だったカメルーンはその後フランスとイギリスの植民地に分かれ、1960年と61年に両国から独立した経緯があります。この一枚は、どちらの元宗主国の切手デザインの傾向からも離れ、アフリカ的でオリジナルな強さが出ている切手です。

African intaglio prints / アフリカ凹版切手

September 24, 2013


1962 Gabon
grapefruit & coconut
engraver: Georges Bétemps

Many African stamps have influences from their old suzerain country and many intaglio stamps are made with the influence of French postal history.  In my ‘print: intaglio‘ topic, I featured five African stamps in the last three months.

These stamps are made with a creative sketch style engraving and a radical shape.  They look exotic and seasonal.

アフリカの切手からは、植民地時代の宗主国の影響が強く読み取れます。このガボンからの切手はフランスの凹版切手の影響が強く、「print: intaglio」のここ3か月に掲載した5種類のアフリカの切手もすべて元フランスの植民地の発行でした。

この2枚はスケッチ調の力強い彫刻と三角形のモダンな形のバランスが良く、アフリカの大地を感じさせる色調の切手です。

backstroke / 背泳

August 20, 2013

1965 Mali
African Games at Brazzaville

One more swimming stamp from Republic of Mali, issued for a celebration of African Games in the capital of Congo.  Another simple intaglio stamp with vivid colours and dynamic movement.

泳いでいる女性の切手をもう一枚、アフリカ北西部のマリ共和国から。コンゴの首都ブラザヴィルで開催された、アフリカ競技会を記念した切手です。これも凹版印刷の色合いがきれいな、さわやかな切手。

diversity in Tour? / ツールにも多様性?

July 23, 2013

27 Feburary 1960, Togo
Olympic Games, California & Rome
designer: M. Shamir / engraver: Claude Durrens

The Tour de France 2013 winner Chris Froome is Kenyan-born British and he says that he wishes to inspire young cyclists from Africa.  To celebrate the future diversity in this sport, I feature this mellow coloured yet crisp stamp from Togo.

By the way – it is a terrible choice of picture in the BBC article – is it only me that thinks so?

今年のツールドフランス勝者のクリス・フルームはケニア生まれで、ツールのために特訓したというフランス語のほかに、スワヒリ語も話すそうです。優勝後のインタビューで、自分の姿が若いアフリカ出身のサイクリスト達を元気づけたら嬉しい、と語っています。ツールの未来の多様性を予想して、トーゴから、かりっとした凹版印刷の色がきれいなこの切手を。

それにしても、このBBCの記事に使われているクリス・フルームの写真を選んだ記者のセンスを疑うのはわたしだけ?

in the water / 水の中

July 19, 2013

29 Jan 1962, Niger
‘Protection of Wildlife’
design & engraving:  Jacques Combet

It has been 10 days since ‘the real summer’ arrived.  The indoor temperature is gradually rising – but last night we had a nice cool breeze and I felt refreshed as if I am dipping myself in the cool water.

This stamp from Niger is showing the water surface as the central horizon and depictes above and below the water with two different green colours.  An African Manatee looks cool and content.

暑い日が10日つづき、冷房のない室内の気温は日増しに上がっています。大きなバケツを買って冷水に足でも浸さないと仕事の能率下がる〜、と思った昨日ですが、夜には涼しい風が吹いて気温が少し下がったようです。

このニジェールからのさわやかな切手は、真ん中が喫水線で区切られ、水中と水上の世界が2色の緑で描き分けられている面白い構成です。水の中で涼しそうなマナティーが、ちょっとうらやましい。

mountain stage / 上り坂

July 22, 2011

1960 Morocco
designer:  Albert Decaris
engraver:  Claude Durrens

It was a tough mountain stage at the Tour de France today – the racers made a great effort to pedal up Alpine mountains.  The last one was 15 km long up-hill – Alpe d’Huez – after they have already ridden 85 km on very hilly roads…

This stamp from Morocco for the Olympics in Rome shows the climbing moment – the strange shape of his mouth is maybe expressing the clenching of teeth!  Arabic letters are dancing around this racer, supporting his effort – maybe?

今日のツールドフランスはタフなアルプス越えでした。歯を食いしばって渾身の力でペダルをこぐ若者たちは感動を呼びます。レースのハイライトを見ていると、だんだんと自分も一緒に坂道をこいでいるような気になって、終わるとぐったり疲れるのでした。

このモロッコの1960年の切手はそんな山道をこぐレーサーを描いているようです。口が変な形になっているのが「うへー」と言っているようにも見える。上下のアラビア文字が飛び跳ねながらフレーフレーと応援している風情なのですが、、、読めなくて残念。

who’s land is it? / 誰の土地?

February 19, 2011

1957 Egypt
‘Gaza, part of Arab nation’

It is a fact that stamps which feature maps have been used for political messages.  And this one reminds us that it was not long ago when Egypt was claiming this land as theirs.  Still now, they have the control over the South end of the Gaza strip around the Rafah area.

好みのものが多いので地図の切手はよく手にしますが、詳細を見るとその国のその時の国策が色濃く反映されていて、知らなかった歴史を学ぶ事になります。この切手も、最近失脚したムバラク大統領があまり前面に出さなかったガザ地区を巡るイスラエルとの確執が、1950年代には国内外に知らされていたことがうかがえます。

cool cats from South Africa / 南アフリカの猫

June 15, 2010

1972 South Africa
100 years of SPCA, Animal Welfare of South Africa

The World Cup has started – I am not really a football fan, but being interested in the hosting country South Africa and its complicated history.  I have very limited numbers of stamps from South Africa yet – and this one is my favorite, cool colour and composition.  It is a bit off-centred, though.

ワールドカップが始まりました。熱心なサッカーファンではないので、どちらかというと試合よりもホスト国の南アフリカとその複雑な歴史に興味を持っています。切手は少ししか持っていませんが、お気に入りはこれ。ちょっとセンターが外れているけれど、クールな構成と配色の切手です。