Archive for the '-print: lithography' Category

tilted globe / 傾いた地球

April 13, 2020

25 August 1921, Argentina
Pan-American Postal Congress

The centre is “an allegorical figure of Pan-America, wearing a mail bag and holding letter envelopes“.  She is celebrating the first gathering of the Pan-American Postal Congress.

What most caught my eye is the tilted globe.  Well, the designer wanted to show the connection of the two continents and to place their country in view – but this tilted globe looks symbolic for the pandemic we are experiencing right now.  It’s not going to be turned upside down and the globe will recover…

切手の中心には南北アメリカを象徴する女神が両手を広げ、郵便バッグを肩からかけて手紙を手にしています。この年に初めて開催された南北アメリカをつなぐ通信会議を祝った図案です。

今、コロナ禍が地球をひっくり返しそうな時にこの切手を見て、まず目に留まったのは地軸がほぼ真横に傾いている地球儀でした、、。もちろん、図案自体には悪気はなく、デザイナーは女神の広げた手の中に繋がったアメリカ大陸を配置して、自国が良く見えるようにしただけなのですが、とても珍しい地軸の傾いた地球の絵。

ともかくも、一刻も早くこのウィルスが弱まるのを祈るばかりです。

 

Our Spaceship Earth -2 / 宇宙船地球号-その2

April 7, 2020

29 December 1956, Italy
First Anniversary of Italy joining United Nations
design: C. Donati

It is two and a half weeks since I last featured an Italian stamp.  Since then the corona virus has spread a lot more on our globe – and in Italy, it is clear that the peak has passed.  It is tough to think about the vast numbers of families who have lost their loved ones, but Italy is showing the rest of the world that people are still living with positive and supportive minds.

色違いの切手を載せたのが2週間半前ですが、あっと言うまにコロナ禍は世界を覆いつくす勢いで、イギリスも2週間前から移動制限が始まりました。天気の良い週末は人出が多すぎる公園が閉鎖されたりと、厳戒令のただ中ですが、イタリアが「峠を超えた」ニュースは希望をあたえてくれます。ポジティブに、出来ることをやりながら嵐が過ぎるのを待つしかなさそうです、、。

Our Spaceship Earth / 宇宙船地球号

March 21, 2020

29 December 1956, Italy
First Anniversary of Italy to United Nations
design: C. Donati

We are facing a global pandemic – all commercial and cultural gatherings are restricted here in the UK, too.  It is heavy and sad to see and hear news from Italy, where a lot of friends of mine and their families live.  People from Italy are telling us what to prepare, what to expect, and how people are supporting each other – this reminds me that we are living on one and only Spaceship Earth

This is one of the early examples of the globe on a stamp design – and if you compare this to other stamps from a similar era, you would notice how modern and avant-garde this design was.  If you have 3D glasses with red and cyan color filters – please try.

限られた場所で広まっていた感染症は、あっと言う間にパンデミックになって世界中で移動が制限され、ここイギリスでも商店は閉じ文化活動が休止になっています。刻一刻と変わるイタリアの状況には胸がふさがる思いですが、そんな渦中から世界に向けて、何が起こっているか、どんな心構えで臨むべきかを伝えてくれる友人たちのメッセージを読むうちに、「宇宙船地球号」という言葉を思い出しました。

このデザインは地球儀をモチーフとした切手の中でもかなり早い時期に生まれたもので、同時期の他の切手と比べるとその前衛さが分かります。しかも、アナグラフと呼ばれる手法の3D画像なのです。赤と青のフィルター付きめがねを持っている方は、ぜひ試してみてください。

g & section sign? / gと節記号?

February 12, 2020

2 June 1999, Denmark
150th Anniversary of Danish Constitution
design: Camilla Jorgensen

“g” is an initial letter of “grundlov” – the Danish word for constitution.  Then what is §?  My stamp catalogue says it is Paragraph sign, but wikipedia says it is Section sign.  What it really means is ambiguous… but nice and clean stamp!

「g」は規約という意味のデンマーク語 grundlov の頭文字。では「§」は?切手カタログには「段落記号」と出ているのですが、調べると「節記号」が正しいようです。ここまで分かっても、この記号が何を象徴しているのか未だ?ですが、すっきりしたデザインが好きです。

offset printing / オフセット印刷

February 2, 2020

1 October 1982, Norway
Centenary of Graphical Union of Norway
design: L. F. Anisdahl

I thought this was a letter ‘g’, but it is in fact a side view of a series of rollers for offset lithography printing.  The only thing I can read in the background is the name David.

ぱっと見た印象で文字の「g」かな?グラフィック・デザインかな??と思ったのですが、切手カタログに「オフセット印刷機」とありました。円柱の形のローラーを横から見たところですね。背景の古めかしい書体にDavidという名前が見えます。

 

construction of letter A / フォントの作り方

January 21, 2020

1 October 1982, Norway
Centenary of Graphical Union of Norway
design: L. F. Anisdahl

Since the innovation of letter press by Gutenberg in 15th century, font design has developed and reflected its time.  A is a nice one to begin with and the test comes later if you can keep those construction lines coherent throughout, or not.

グーテンベルグの発明した凸版印刷機で出版物がぐんと増えた15世紀以来、さまざまなフォントが登場しました。グラフィックデザイナーなら一度は試したことがあると思いますが、こんな感じの補助線を使って、Aからはじめた文字の印象をどれくらい統一できるかが、フォントエザインでは重要だと思われます。

rotating Cube / 60度傾く立方体(正六面体)

July 15, 2018

10 November 1970, Netherlands
“Children’s Stamp”
design: William Graatsma & Jan Slothouber

A different colour variation of Cube stamp – well, just being rotated 60 degrees.  I wonder why, but somehow it does not look like a three dimensional Cube, seems more like a 2 dimensional graphic for me.

ひとつ前の切手の色違いで、60度回転した図柄です。ただ左に(黄色を光の当たっている面とした場合)1/6回転しただけなのに、なぜか立方体としての立体感がなく、平面的な図形に見えます。なぜでしょうね?

floating Cube / 宙に浮く立方体(正六面体)

July 5, 2018

10 November 1970, Netherlands
“Children’s Stamp”
design: William Graatsma & Jan Slothouber

Slothouber and Graatsma were a design/architectural unit which formed the Centre for Cubic Constructions (CCC) in Heerlen and made a Dutch presentation at the Venice Biennial in 1970.  Their creations were always related to cubes – thus their retrospective exhibition was named Cubics.  More images from the show and the set of stamps are shown in this link.

One of my best favourite stamps of all time and I wonder why I have not featured it in this blog until now!

切手のデザイナーは建築とデザインのユニットで、ヴェネツィア・ビエンナーレのオランダ館をこの切手の発行年に担当しています。彼らの創作にはいつも立方体が関係していて、回顧展のタイトルも『立方体』でした。この展示の画像アーカイブにはこの切手を含むセットも掲載されています。

かなり以前から持っていて大好きな切手なのに、どうして今までここで紹介していなかったのかは、、、謎です。

two-way arrows 2 / 双方向矢印 2

October 1, 2017

21 October 1966, USA
Great River Road
design: Herbert Bayer of Aspen

The river looks modest in this stamp, but in fact it is 2,069.0 miles ( 3,327.9 kilometers ) long – and it is a road for cars, sign posted through ten states of the US.  This simple design is printed with intaglio and lithography methods, in 3 colours.

3色刷りのぱっきりしたデザインですが、切手の小ささのゆえ描かれた「川沿いの自動車道」が3,300キロ以上ある(だいたい那覇から旭川ぐらいの距離のようです)ことをうまく想像できません。印刷には凹版とリトグラフが使われているようですが、他にもこの組み合わせ、ありますか?

merry christmas / メリークリスマス

December 25, 2013


22 December 1979, Bulgaria
design: St. Kunchev

Merry Christmas!

I imagine that in the ancient world people had celebrated ‘longing daytime’ when they realise that – three or four days after the Winter Solstice.  Then the Christmas had taken over this festive season – this is my inference.

This Bulgarian stamps are in fact for the new year celebration – yet they look very Christmas for me.

あっと言う間にクリスマス。紀元前に暮らした人たちも、きっとこの頃「やっぱり、ちゃんと日が長くなっているね!」と、この頃にお祝いをしていたのではないかな、と想像します。そんなお祭の時期に、キリストが生まれてお祝いが重なったのでは?

このブリガリアの切手は、とってもクリスマスな雰囲気ですが実は新年のお祝い用みたいです。

わたしはこれからクリスマスディナーを作る我が家の料理人の手伝いです。よいクリスマスを!

moo moo & oink oink / モーモー、ブーブー

March 20, 2010



20 November 1962, Romania
Prime Farm Stock
design: I. Untch

One more 1960’s set of stamps in evocative colours from Romania.  Even printed with four colours on coarse paper and picturing life stocks of farmers, if designer has ability to make nice composition and colours, the stamps look good.  I would smile whole day if I receive a letter with these stamps on.

By the way, it is quite interesting to know sound of animals in different country.  Pigs talk ‘bu-bu-‘ in Japan and ‘oink oink’ sounds very odd for me.  How do bulls and pigs make noise in your language?

懐かしい色合いの1960年代の切手をもう1セット、ルーマニアから。描かれているのがどこにでもいる家畜で、質の良くないザラ紙に4色で印刷されていても、デザイナーの力量によっては美しい切手になるのですね。この切手が貼られた封筒が届いたら、にっこり微笑むと思いませんか?

ところで、動物の鳴き声はそれぞれの言語でかなり違いがあって面白いです。豚は当然「ブーブー」鳴くと思っていたのだけど。え、オインクぅ?