Archive for the '-print: letterpress' Category

barbed wire and hands / 手と有刺鉄線

January 21, 2017

16 September 1962, Belgium
Concentration camp victims
designer: Idel Iancheleveci / engraver: Jean de Bast

A minimalist stamp, depicting humble hands desiring freedom.  In fact, this simple design was very advanced if you compare it to other stamps from the early 1960s.  Using two print techniques, screen print for the background pale blue and intaglio for the delicate black lines.

I have found an archive of Belgian stamps – added the designer and engraver’s name.

A philatelist had kindly forwarded me information of the engraver of this stamp, Jean de Bast.  Click comment for further info sent by Jürgen.

1962年という発行年からするとものすごくシンプルな切手。まだこの頃は、こういうデザインは多くありませんでした。ナチスの強制収容所で命を落とした人たちを追悼するこの切手。シルクスクリーンで刷られた水色の空に向かう凹版印刷の細い指が自由を求めるはかない希望を表現しています。

ベルギー切手のアーカイブを発見。デザイナーや凹版彫刻師の名前を足しました。そしてベルギーの切手収集家より凹版彫刻師と原画を描いた彫刻家の情報が寄せられました。下記コメント欄をご参照ください。

 

grapes / ぶどう

November 1, 2013

1948Belgium001

2 February 1948, Belgium
Promotion of Belgium Export

This autumn I have been eating a lots of grapes.  It seems this is a reaction to lack of wine – as I am in the medical treatments for last two months.  Most grapes I eat are from Spain, but it looks grapes were important exporting item of Belgium in 1948.

Although mono coloured and simple design, this stamps has some strong impression for me.

この秋はぶどうを食べ続けています。療養中なのでワインを飲まずに2か月を過ごして、どうやらそのリアクションのようです。今、イギリスで買うぶどうはスペイン産がほとんどですが、1948年当時のベルギーではぶどうも主要な輸出品だったのですね。

単色でシンプルなデザイン、しかもぶどうからはほど遠い色なのに、わたしには魅力的。基本を見直す一枚。

letterpressed Machin / 凸版印刷の女王

December 18, 2011

16 February 1999, UK
‘Profile on Print’ booklet
letterpress
scraperboard: Bill Sanderson
based on original design by Arnold Machin

This stamp is one of the celebrations of Machin’s stamp, representing the design in the letterpress method.  The artwork was made using the scraperboard technique, which was widely used for newspaper, book and magazine illustrations until the 1960s – lines are carved through the black ink coating of the board revealing the white clay surface beneath. Sanderson is one of the few remaining artists using this technique.

His reduced and controlled way of using the knife is recreating the Queens face in the Machin’s relief – not at all easy, I would imagine…  I first found his works in Gavin Pretor Pinney’s book ‘The Cloudspotter’s Guide‘ – incredible depictions of clouds in black and white.

前出のスラニア切手と同時に制作されたもので、凸版印刷にて再現された女王の横顔レリーフです。白黒の原画は「スクレィパー・ボード」と呼ばれる、表面を黒く着色した紙を削って白い線を描く手法で、1960年代ごろまで新聞や雑誌のイラスト、本の挿絵として幅広く使われました。

サンダーソンの手によるこの原画は、デリケートな線の太さの調整と整理された白黒の割合で、見事にオリジナルのレリーフの立体感を再現し、しかもちゃんと女王に似ている。彼の作品は最初にギャヴィン・プレイター=ピニー著『「雲」の楽しみ方』の中で見つけたのですが、白黒で、こんなに表現豊かに雲を描くなんて!としばし感嘆したのでした。

avant-garde in 1923 / 1923年の前衛

May 7, 2011

1923Netherland002

1923 Netherlands
design: N. J. van de Vecht
letterpress

I am a great fan of letterpress stamps as they often have a beautiful naïveness and simple composition.  This one from the Netherlands must be very advanced in design at that time, compared to other conventional portraits of sovereigns.   I featured another set from 1926, the Dutch post office in the 1920’s was quite experimental in their artistic attitude.

88年経っているとは思えない斬新な余白を持つこの切手。君主の肖像や国の紋章が一般的なモチーフだった当時、このデザインにOKを出した役所は前衛的だったのですね。1926年のアーティスティックな切手も。

1923年は日本の大正12年。J. H. モーガンが設計し建設に約3年かかったモダンな丸ノ内ビルヂングが春に完成、同年9月に関東大震災が起こりました。震災を生き残ったこのビルは残念ながら1999年に解体されました。もしも残っていたら、今回の地震で壊れていたかもしれないし、、複雑です。

sturdy nurse / 頼れる看護婦さん

May 3, 2011



1925 Belgium
Charity for Tuberculosis
letterpress

I fell off my bicycle yesterday and had four stitches in my knee.  The nurse at the accident and emergency unit of the local hospital was very reassuring and highly professional.  She was very comforting and made a shocking ‘stitching session’ endurable.

This set of stamps from 1925 Belgium is depicting a sturdy nurse with supportive energy, appealing for a charity for people suffering from Tuberculosis.  This campaign was continued until the 1950’s, when the disease was almost exterminated in the Western World.

昨日、田園サイクリング中に転び、膝を4針縫う怪我をしました。最寄りの救急病院で、とても頼れる感じの看護婦さんがリラックスした雰囲気で手当をしてくれ、「縫い合わせ」は、想像したほど怖くなく終了。出会う看護婦さんの人柄は、患者の心理には大きく左右することを実感しました。

この切手セットは結核患者のための義援金をつのる1925年のものですが、たくましく美しい看護婦さんが描かれ、協力を呼びかけています。このような寄附金付き切手シリーズは1950年代まで、結核が治療可能な病いになるまで発行されました。

fishing islands / 漁業の島

February 28, 2011

1931Saint Pierre and Miquel001

5 December 1932, St. Pierre et Miquelon
letterpress
design: Gimel
engrave: C. Hourriez

If you examine the enlarged map of previous post closely, you may find a little island near the south end of Newfoundland, carefully NOT hatched – this is the indication of these French islands at that time and still now, Saint Pierre and Miquelon. This is an important fishing area throughout history.

I enjoy this type of map more than the previous one, as it is a little closer to human scale, together with pictured fishermen.

This is a beautiful example of typography – somewhat naive carved lines if you compare them to sharp intaglio prints.

1931Saint Pierre and Miquel001 -3copy

前回のポストの拡大図をよく観察すると、ニューファンドランド島の南に浮かぶ島があって、そこは英国領の印の横線が入っていないようです。それが、いくつかの小島で成り立つこのサンピエール島・ミクロン島というフランス領です。小さいけれど、今でも良質な漁場として重要な位置を占めているらしい。

この島の地図は、一つ前の大陸全体が描かれているタイプの地図よりも親しみが持てて好きです。枠に描かれた漁師の絵からも、その場所での人の生活が垣間みれる気がします。

この切手はタイポグラフィーとも呼ばれる凸版印刷の美しい例です。キレキレの凹版印刷とはまた違った、少しのんびりした素朴な味わいがあります。

fluffy animals / ふわふわした動物たち

January 10, 2011

4 April 1967, Germany-Berlin
Youth semi-postals ‘fur animals’
design: Froitzheim

I have posted several rabbit stamps already, recent ones, plus Miffy, Fibonacci number, Rabbit or Hare, White new year and Animal Welfare – rabbits are everywhere and popular animals to be featured on a stamp.

Yes, I found another one.  Simple and lovely series of animals, together with fox, hamster and weasel.  My favorite one is the fox.

ウサギは世界中どこにもいるし、ふわふわして可愛らしいから切手にもよく選ばれるのですね、きっと。昨年までにこのブログでも5度とりあげていました。ミッフィーフィボナッチ数うさぎと野うさぎ純白のお正月、そして1959年の動物愛護切手

もう一枚発見。はっきりとした図柄で色合いが懐かしい、ウサギ、キツネ、ハムスター、イタチのセットです。この中ではキツネが一番のお気に入りです。



135 years old / 135年前の切手

January 11, 2010

1875Denmark001
1875Denmark002

1875 Denmark
design and engrave: P.C. Batz
Typography
printed maybe 1886 (8 öre) and 1895 (4 öre)

After featuring the latest set of stamps issued in 2010, I viewed my albums to find oldest stamps I like – and here they are.  Issued as definitive stamps in era of King Christian Ⅸ of Denmark, they were finely curved for typography ( relief ) printing.  Originally designed and issued in 1870, then when they changed ‘sk’ ( I don’t know how you called them ) to new currency ‘öre’ in 1875, they were gradually renewed and same design were issued until 1902.  Unlike other unimaginative monachy portrait in mono colour of that time, they have beautiful colour combination – Rose + pale grey and dark turquoise + slate green.

最新の切手を紹介したあとで、それではわたしの持っている切手で一番古くて素敵なのは?と思って探したのがこれです。1870年にオリジナルのデザインが出て、1875年に新しい通貨で再度発行された凸版印刷の精緻な彫り。単色の皇族の横顔か紋章のものが一般的な時代に、ローズと薄いグレー、深いターコイスと緑がかったグレーの組み合せが美しく、印刷と目打ラインのセンターが激しくずれているのも趣よね、と思わず微笑んでしまう切手。

Emperor’s hat / 天皇の烏帽子

September 2, 2009

1915Japan001

10 November 1915,  Japan
Enthronement of Emperor Yoshihito
letterpress
designer: Chuichi Isobe
engraver: Shigeo Morimoto / centre, Kingoro Mizutani / frame

I could not imagine quality of typography print until I saw this stamp in fresh.  Although it is off centred when it was printed, the plate had been very neat and carefully curved.  Expression of shadow behind the hat is excellent.

1915Japan001-3

大正4年11月10日発行
大正大礼記念
デザイン:磯辺忠一
凸版彫刻:森本茂雄(中央部)/ 水谷金五郎(輪郭)

カタログ図版で見ていた時にはこの切手の美しさはよく分かりませんでしたが、実物を手にして見て、凸版の線の細かさを考えると、当時の技術と忍耐強い仕事に感動すらおぼえます。線の強弱のみで描かれた烏帽子と後ろの影も素晴らしい。

look left / 左向けひだり

July 28, 2009

Berlin1968001
Berlin1968002
Berlin1968003
Berlin1968004

2 February 1968 Germany Berlin
‘Wildlife’ Wildcat, Otter, Badger and Beaber

I am not a keen collector of animal stamps, but I cannot resist good designed cat stamps.  There are many cat stamps, but hard to find one I like.  All four in this series are picturesque and graphically good, too.

なぜか猫の切手はデザインが好きになれないものが多い。けれど、これははっきりした色あいと真剣な眼差し、そおっと歩いている感じが大好きです。あとの3枚もそれぞれのコンポジションが美しい。

Coat of arms from 1920’s / 紋章

July 24, 2009

1920 Switzerland
1923 Switzerland
1925 Switzerland

1920, 1923 and 1925 Switzerland
design: R. Munger
letterpress

Beautifully designed stamps of coat of arms and pride of the country – watch cog.  Coat of arms are,  from the top, Canton of Zürich, Basel-Stadt and Appenzell Ausserrhoden. Switzerland has unique history and politics, outstanding to other European countries.

紋章とレース模様、時計の歯車などが美しくデザインされた切手。いつまでも見飽きません。紋章は上からチューリッヒ州バーゼル=シュタット準州、そしてアッペンツェル・アウサーローデン準州のもの。君主がいたヨーロッパの国々と対照的な、スイスはとても独特な成立と施政を持つ国です。