Archive for the '-print: intaglio' Category

cheese making

March 14, 2021

チーズ作り

15 June 1946, Switzerland
National Féte and Found for Citizens
design: P. Boesch, engrave: A. Yersin

Crisply printed intaglio stamp ( yes, my favourite type ) depicting cheese making in the 1940s. Nice looking milk pails in the corner of a well cleaned cheese factory ( typically Swiss! ).

Hard cheese such as Parmigiano, has larger carbon footprint than softer cheese such as cottage cheese, by the way.

ぱきっとした凹版印刷が美しい、好みのタイプのスイスの切手に1940年代のチーズ工場が描かれています。ミルク運搬用のバケツが置かれた床は、きっとスイスらしく完璧に掃除されている、と勝手に想像中。

ちなみに、パルミジャーノなどの硬いチーズは、柔らかいチーズに比べて製造時の二酸化炭素の排出量がかなり多いようです。

a landscape with cattle

January 31, 2021

牛のいる風景

1 July 1942, Canada
Canadian Farm Scene
designers: Douglas and Mary Patrick

It is a familiar landscape of farming – but those cattle were not indigenous. They were brought to the continent by farmers who emigrated from Europe. Where the climate is humid enough for the field to grow wild grass to feed cattle, the carbon footprint is not too high. But when the wild grass does not catch up to recover after being eaten, you have to grow vegetables to feed cattle – that is when sustainable efficiency goes down.

“Feast to Save the Planet” is BBC Horizon program, to check and compare the carbon footprint facts and scored on the environmental impact of each dish on the menu. These researches show us not only that the distance of transport is significant, but also efficiency of food production and the nature of animals and plants we grow.

きっとカナダでは何の変哲もない、牛のいる風景。ですが、この牛たちは北米にいた動物ではなく、ヨーロッパからの移民が持ち込んだ家畜です。気候が湿潤で、牛が食べた草もすぐに元に戻る場所では問題はなかったけれど、乾燥や寒冷で草が育たない場所でまず野菜を育て牛の飼料にすることが、牛肉と環境問題の根っこです。

BBCの環境問題の番組『地球を救う晩餐』では、メニューに載った料理に使われる素材それぞれの二酸化炭素排出量を計算し、どの料理を頼むとどれくらい地球に良い/悪いかを詳細に説明します。単に食材の届く距離だけが問題ではなく、食材が生産される効率や、家畜や野菜が育つ傾向さえも考慮に入れないと、間違った選択をしてしまうのですね。

Muskox

January 23, 2021

ジャコウウシ

4 April 1955, Canada
National Wildlife: Muskox
design: Emanuel Otto Hahn

Native to the Canadian Arctic, the Muskox is a huge animal which eats grass and tree leaves. Despite its gentle eyes, the males have violent battles in the mating season and are able to run as fast as 60 km per hour! They used to live in Eurasia until 3,000 years ago, but their downy fur is too nice and soft, so humans hunted them to extinction there. They are now reintroduced from Canada to Alaska and Sweden.

この優しい目をした牛の仲間は、草や木の葉を食べて高さ2メートルまでに成長し、繁殖期にはオス同士が猛スピードで走ってぶつかって戦うことで知られています。昔はユーラシア大陸にも住んでいたのですが、お腹あたりの産毛があまりに柔らかくて手触りが良かったので、3000年前ぐらいに狩りつくされ。。北極に近いカナダで生き残っていた種が、アラスカやスェーデンに運ばれ、今は野生化した群が育っているようです。

long ears and hump back

January 10, 2021

コブ牛

1 May 1942, Brazil
Zebu: 2nd Agriculture and Cattle Show

This stamp celebrated a cattle exhibition. This virtuous looking bull (or cow?) was introduced from India, because those long eared species have more resistance to heat.

76 years on since this stamp, Brazil had the world largest population of cattle in 2018 ( almost the same as the human population ), and soy production to feed livestock there and to export has been expanding greatly in the last 2 years, causing deforestation on a massive scale.

畜産見本市を祝うブラジルの切手のちょっと高慢な顔つきの動物は、高温に強い家畜としてインドから持ち込まれたコブ牛でした。長くて大きい耳から熱を発散して、体温を調節できるらしい。

この切手から76年後の2018年の統計では、ブラジルは世界一の牛の多い国で、なんと人口とほぼ同じ。その後、女性蔑視大統領が就任してからは、家畜に食べさせ輸出する大豆の栽培のために、貴重な森林がどんどん切り倒され焼かれて畑に変わっているのは、世界の周知するところです。

Happy New Year

January 1, 2021

新年おめでとうございます

28 August 1967, Austria
Centenary of Ried Fair, Champion Bull
design: A. Pilch / engrave: Alfred Nefe

A fresh new year has started. Here on the fringe of London, we are staying in tight lockdown and schools are closed for another 10 days. We hope that the worst is behind of us.

The Eastern zodiac animal of the year is the Ox – “generally referring to cows, bulls, or neutered types of the bovine family, such as common cattle or water buffalo” by wikipedia. In this wide definition, I have a number of stamps on the topic, and the first one is a non-neutered breeding bull.

あっと言う間だった昨年が終わり、ぴかぴかの新年。ここロンドン近郊では、あと10日は学校も封鎖されロックダウンが続きますが、その間にちゃんと収束することを願う、いつもと違う元旦です。

丑年の始まりに、切手を探すにあたって英語「Ox」の定義を引いたら「ウシ、雄牛、乳牛、バイソン、畜牛、水牛」とありました。これだけ幅広いとかなりの数を持っているので、気に入ったデザインのものから紹介していきます。まずは、食料としての肉牛の種牛から。

Let’s hope.

December 31, 2020

来年への希望

15 August 1963, Czechoslovakia
Second International Pharmacological Congress
design: M. Hegar / engrave: B. Housa

This year has been passed so fast – the year of mouse turned into a very different and unpredictable one, and we are all hoping that Pharmacology will bring us some kind of normality soon. Let’s hope for bright days to come – have a happy new year!

予期せぬことが次々と起こり、世界がひっくり返った2020年。とんでもない一年でしたが、どうやらねずみ年の終わる前にワクチンが実用化され、光明が見えてきたような。来年が今年より良くなるのは間違いないですが、薬学の成果で、安全に旅行できるまで世界が復活するのか、、?良い新年をお迎えください。

snail hunter

December 23, 2020

マイマイカブリ

30 July 1986, Japan
Insects / Damaster blaptoides
print method: photogravure with engraving
design: Motoharu Morita / engraver: Shigeru Kurishima

Despite its elegant shape and colour, this family of ground beetles is a snail hunter, thus its Japanese name is “wearing snail” as it is often found with its head in a snail shell! I want them to protect my garden vegetables!

Beginning with this series of insects, I have started to sell my duplicate Japanese stamps on eBay. Please visit there – more to be added from time to time.

エレガントな色と形を持つこのオサムシの仲間は、カタツムリを捕まえて食べる肉食昆虫でした。「マイマイカブリ」という名前も、カタツムリの殻に頭をつっこんで食事中に、かぶっているように見えるからだとは。この夏、カタツムリとナメクジに庭の野菜をたっぷり食べられたので、このマイマイカブリを見つけたらそっと連れて帰りたい、、。

ところで、この昆虫シリーズを皮切りに、手持ちの日本の切手をeBayで売り始めました。売れるのか?謎ですが、こんな綺麗な切手は、複数持っているより、たくさんの人に楽しんでほしくて。

stinky gem

December 19, 2020

アカスジキンカメムシ

30 July 1986, Japan
Insects / Poecilocoris lewisi
print method: photogravure with engraving
design: Motoharu Morita / engraver: Hiroshi Sasaki

This is my best favourite one in this series of insects stamps – beautiful shield shape and funny eyes. And many types of this kind are called Stink Bugs with a reason – they produce foul-smelling liquid from their glands if you touch them. There is a spray product in Japan to freeze stink bugs before it releases the liquid – I wonder if they come back from a faint after a while..?

朱色と緑!しかも光っている!目立つ姿のアカスジキンカメムシですが、うかつに手に取ったらものすごくクサいのは他のカメムシの仲間と同じようです。こんな綺麗な虫が洗濯物にとまっていたら、取り込むのを躊躇しそうですが、けっこう困っている人も多いのか「カメムシコロリ」という名前の駆除剤まであって、驚きです。これは冷却成分を使って、クサい液体を出す前に気絶させるらしい、、、。カメムシは落ちた地面で、気絶から復活するのかな?

ephemeral blue

December 17, 2020

ルリボシカミキリ

30 July 1986, Japan
Insects / Rosalia Batesi
print method: photogravure with engraving
design: Motoharu Morita / engraver: Hiroshi Ozaki

Another longhorn beetle which is native to Japan, it lives in the forest with Beech and Walnut trees. Their significant blue tone varies from light blue to lapis lazuli, and that appearance is known to fade rapidly into brown when the insect dies. It is an ephemeral blue – only captured by eyes and photos.

日本の固有種で目にも鮮やかなこのルリボシカミキリは、切手だけでなく日本で作られたビデオ・ゲームにもたびたび登場すると英語のwikipidiaにあります。濃いラピスラズリの青から水色まで、個体によってさまざまな青が見られるようですが、死んだらあっという間に赤褐色になってしまうとは、、。標本にならない「はかない青」、実物と写真でのみ鑑賞可能。

typography and Marianne / 書体とマリアンヌ

March 8, 2020

3 March 1986, France
Typography
design: Raymond Gid / engrave: Claude Andréotto

This is a stamp on typography, and depicting “Marianne,” the national personification of the French Republic.  I wonder how many countries have a woman as an icon?

Today is the International Women’s Day – so, I decided to feature this stamp although in the context of typography – the design focus is “a”.

マリアンヌはフランス共和国を象徴する女性である、というのは最近知ったことですが、他にも国を象徴する人物として女性を掲げている国はあるのでしょうか?

今日は国際女性デーでした。なので、タイポグラフィーの切手ながら女性を描いているこの切手を取り上げてみましたが、図柄の主役は「a」なのです。

font of the age / 時代とフォント

January 26, 2020

9 September 1983, USA
Century of Federal Civil Service
designer: Kathleen Wilmes

This design uses fonts to reflect the atmosphere of the time – comparing 2 fonts from a century apart.

1983 – Blade Runner was a film from 1982 and although the story was set in 2019 ( yes, we have just passed that ), their ‘future’ font was based on that time.  I revisited the film recently ( RIP for the industrial and film set designer Syd Mead ) and thought the CI on the police car was similar to this 1983 font – well, not too far apart but different.  This lego model has the original logo on its body!

100年の歳月をフォントのデザインの違いで表した、なかなか粋なデザインです。

1983年 – すでに37年前ですが – は、あの衝撃的な映画『ブレードランナー』が公開された翌年。映画の設定だった2019年11月が過去になったというニュースと、シド・ミードの訃報を知って観なおした時に、この切手の1983と、あの空飛ぶパトカーのボディーにあったPoliceロゴが似てない?と思ったのですが、かなり違っていました、、。日本製のプラモデルではいいかげんなフォントですが、レゴのモデルにはオリジナルのフォントが使われています。

construction of letters / フォントの作り方、その2

January 23, 2020

13 July 1982, USA
America’s Libraries
Font design by Geofroy Tory in 1523
stamp design: Bradbury Thompson

“A” on this stamp looks similar to the font on my previous post, but the construction lines are slightly different. I wonder what those six different circles are doing for “C”?

There is an archive of the Bulletin about this stamp, tells us the French typographer and his student who cut the letter for printing.  I thank them for building and keeping this archive – at the Smithsonian National Postal Museum!

この切手の「A」は一つ前の切手のフォントと似ていますが、補助線の入り方が少し違って、それが微妙な差を生み出しています。見た目にはとてもシンプルな「C」が、中心の違う6つの円で構成されているのか、、とじっくり眺めました。

切手発行当時のプレスリリースがアーカイブ化されたものがあって、フォントは1523年のフランス人の手になるもの、切手のデザイナーは書体の歴史の本の著者とわかりました。このアーカイブをこつこつと作って維持している、スミソニアン郵便局博物館の方たちに心より感謝します。

 

turbine / タービン

January 23, 2019

15 September 1961, Austria
15th Anniversary of Nationalized Industries: Turbine
design: A. Pilch / engraver: Georg Wimmer

Another stamp depicting a factory interior with a large rotor of a generator.  Looks like a massive and heavy machine, diagonally hung from a gantry – and somehow it evokes lightness.  Beautiful intaglio work.

オーストリアからもう一枚、工場の室内を描いた切手です。巨大なタービンらしい機械が天井の格子から斜めにぶら下がって、、、なぜか軽やかに見える風景。凹版の美しい表現です。

Steelworks / 製鉄所

January 9, 2019

15 September 1961, Austria
15th Anniversary of Nationalized Industries: Steelworks, Linz
design: A. Pilch / engraver: Georg Wimmer

A modest mono colour, but with elaborate engraving makes this stamp very powerful.

単色の印刷ながら、精緻な凹版彫刻がこの切手を迫力ある一枚にしています。

A very happy New Year / 新年おめでとうございます

January 2, 2019

20 May 1959, Austria
design: A. Pilch / engraver: Georg Wimmer

A very happy New Year to you!  It’s the year of wild boar in Eastern zodiac.  They were the gods of the forest in ancient animism in Japan and this is my favourite stamp which shows the animal’s sacredness.

I wish 2019 will be a joyful and healthy year for you all.  Well, here in the UK, we don’t know what is going to happen towards the end of March…  But life is going on, we have to be creative to find the best happiness out of it!

p.s.
After I featured this stamp, I bought a stamp catalogue of Austria and discovered that this stamp is not admiring the wild animal but is titled ‘International Hunting Congress, Vienna’…

新年あけましておめでとうございます。猪年が始まりました。このオーストリアの凹版切手には、かつて森の神様だったイノシシの神聖さが漂います。

みなさんにとって、健康で楽しいことのたくさんある2019年になりますよう。ここイギリスは、3月末のユーロ離脱をするのかしないのか、すると後はどうなるのか、誰にも分からないカオス状態です。そんな年でも生活は続いていく。クリエイティブに幸せを探求するしかなさそうです!

今年もどうぞよろしくお願いします。意外と忙しく、切手に没頭する時間が減っている今日このごろなのですが、忙しい時ほど切手が欲しくなり買ってしまう。まとめて紹介したい切手がたくさん控えています。

追記
この切手をアップした後でオーストリアの切手カタログを入手しました。そして発見したのは、この切手は野生の生き物を讃えているのではなく、ウィーン国際狩猟会議を記念していたという事実、、、。

Impossible object 3 / 不可能図形 3

August 22, 2018

16 February 1982, Sweden
“Impossible Object”
designer: Oscar Reutersvärd
engraver: Czesław Słania

The third stamp designed by Oscar Reutersvärd.  This one is also, is not possible to exist in the three-dimensional world.  A visual trick of perspective in a subtle and somehow gentle way – I like it!

オスカー・ロイテスバルトのデザインした切手の3枚めも、遠近感が入れ違っているヴィジュアルのトリックで、、、静かにそっとだましている感じがとても好きです。

Impossible object 2 / 不可能図形 2

August 8, 2018

16 February 1982, Sweden
“Impossible Object”
designer: Oscar Reutersvärd
engraver: Czesław Słania

The second stamp designed by Oscar Reutersvärd.  Again, not possible to exist in the three-dimensional world, thus called Impossible Object.

オスカー・ロイテスバルトのデザインした切手の2枚めも、奥行きの見え方を逆手に取ったヴィジュアルのトリックで、実際の三次元世界には存在が不可能な立体です。

Impossible object / 不可能図形

July 19, 2018

16 February 1982, Sweden
“Impossible Triangle”
designer: Oscar Reutersvärd
engraver: Czesław Słania

Nine cubes are floating in the air – and if you look closely, you notice that this is an “impossible object“.  Oscar Reutersvärd is an artist who started to draw these figures earlier than Escher, in the 1930s when he was still 18 years old – and he made a lot.  It seems this stamp was designed by him, and engraved by Slania.  What a gorgeous collaboration yet humble looking – a stamp treasure!

立方体が9個宙に浮いているこの図。よく見るとあぁぁ、と立ちくらみのような不思議な感覚を呼び起こすこの「不可能図形」は、エッシャーよりも早い1930年代に、まだ十代のころからたくさんの不可能図形を描いたアーティスト、オスカー・ロイテスバルトの作品です。どうやら切手のデザインも本人ですね?しかもスラニアが凹版を彫っている、地味に見えて実は豪華な一色刷りの切手。お宝です。

Cube (hexahedron) on a mountain / 山の上の正六面体

July 1, 2018

1978, Luxembourg
175th Anniversary of Grand Lodge
designer: Raymon Mehlen / engraver: Wolfgang Seidel

A huuuuge Cube/regular hexahedron is sitting on top of a mountain… It seems that this stamp is celebrating the anniversary of Freemasonry and I only guess that the Cube has some iconic meaning to them.  Ornamental typography is in similar style to this book cover, says ‘Pioneer of graphic art’.

巨大な正六面体が山の上に鎮座している図、、、フリーメイソンのルクセンブルク支部の記念祭を祝っているらしいこの切手から、正六面体が何かの象徴であることが想像できます。装飾的なタイポグラフィは、写真家でもあったこの切手のデザイナーの本に使われたものと似ています。

octahedron / 正八面体

June 22, 2018

12 January 2012, Sweden
designer: Fideli Sundqvist
engraver: Piotr Naszarkowski

This is an outline of an Octahedron, which is one of the five Platonic Solids.  Only five polyhedra have equal shapes of faces and vertex with the same numbers of edges meeting at equal angles! ( well, for a lot of people it is a matter of fact…  I am amazed, though )

I like to see polyhedra with hidden lines behind the front faces.  So, this is my favourite model, as well as being a crisp intaglio print.  I would be so pleased if I received a letter with this stamp on it!

描かれているのは正八面体で、5つしか存在しない「プラトンの立体」のひとつです。たったの5つだけ、すべての面が同じ形で、頂点に集まる稜線の数と角度が等しい立体がある、、、すご〜い(とコーフンしたけど、そんなのは数学好きには周知の事実でした、、)。

のっぺらぼうの多面体よりも、こうやって奥の「隠れ線」が見えるほうが面白いと思うのです。そして凹版印刷のカリッカリの仕上がり♡こんな切手が貼られた手紙がとどいたら、すごく嬉しいだろうなぁ。