Archive for the '-map & compass rose' Category

World Meteorology / 世界気象機関

February 8, 2013

1962Taiwan001

23 March 1962, Taiwan
‘2nd World Meteorological Day’
designer: Tsai Cheng-lun, Wen Hsueh-ju & Yen Ki-shih
engraver: Pao Liang-yu, Chen Lien-huei & Li Pin-chien

The World Meteorological Organization was established in 1950, as a specialist agency of the United Nations for meteorology, succeeding from the International Meteorological Organization from 1873.  It is no surprise that people tried to share meteorological information from that early time – yet cross-governmental actions towards climate change started a lot later.

Last year I visited Taiwan for the first time, and would love to go back again.  I met a lots of intellectual, diligent and polite people there, and the country has a rich vein of stamps of my favourite type!

1962Taiwan003
1962Taiwan002

気象に関する情報の交換を目的として設立された世界気象機関は1950年にはじまり、その原型は1873年に創立された政府間組織である国際気象機関にさかのぼります。そんな以前から、人々はある場所の気候が地球の別の地域の気象に関係していることに気付いていたのですね。けれど、各国政府が集まって環境に対する取り決めをはじめるのは、もっと後になってからだったのでした、、、。

この切手は台湾からの発行です。台湾には昨年秋に初めて行きました。勤勉で知的なたくさんの人(特に若い女性たち!)と出会い、素晴らしい料理に舌鼓をうち、、、そして、好みの切手もいろいろ見つかってほくほく。また行きたい場所です。

snow has melted / 雪がとけて

February 3, 2013

1989UN005-2
1989UN004-2
1989UN002-2

1989 United Nations
‘Mediterranean determines the weather in the Alps’
‘Europe under the influence of the polar air’
‘Typhoon Abby in the North-West Pacific’

The temperature has risen and the snow has melted – so we went to the countryside for a bike ride, then found that a lot of the farmers fields were covered with water, and water is streaming down the roads.  The earth was already saturated with water after a very wet winter, then the melted snow has added to this, causing flooding.  We have been riding in the area for years, but have never seen those roads flooded so badly before.  The amount of water which melting snow produces must be huge, as this picture shows.

A series of stamps from the United Nations – views from satellite cameras, tell us how our climate is affected by other areas of the world.

雪が溶けて太陽がのぞいた先週末。やっと自転車に乗れる!といつもの田園地帯に行ったら、あちこちで畑が水に浸かり、道路に流れ出てたいへんなことになっていました。秋から続いた長雨で地面が水を含んだ飽和状態になっていたところに、溶けた雪が大量の水を足して行き場がなくなったようです。衛星から撮影されたこの写真でも見えるように、雪はイギリス全土を覆い、今は地表を流れています。

国連の発行したこの気象衛星の切手は、ある場所の気候が地球の他の場所で起こることと繋がっていることをはっきり示しています。

shape in my memory / 記憶の中の形

May 4, 2012


1966 Cayman Islands
International Telephone Links

When I was child, the telephone at home was a round, banal design – similar to ones on these stamps.  There was a cavity from behind just below the handset, where you can carry the phone whilst you are talking.  The scene flashed from far away memory – I wanted to bring the phone to my room while I was talking, but the cord was not long enough to shut the door…

子供の頃家にあった電話は、この切手に描かれているような丸くてごろんとしたデザインでした。ダイヤルの裏上方にくぼみがあって、右手で受話器を持ちながら左方の手で本体を持ち、少しずつ引っ張って自分の部屋に入ろうとしたけれど、ドアを閉めるにはコードの長さが足りなかった、、、という遠い記憶が蘇ります。

ケイマン諸島は西インド諸島のひとつで、今もイギリスの海外領土です。

handset in the 1970s / 40年前の受話器

April 7, 2012

1972Austria001

1972 Austria
completion of full automation
design: A Pilch

This black handset of a telephone is evocative – I remember that I thought the handset was bloody heavy when I first made a telephone call.  I think I was six or seven years old and had to support the handset with both hands whilst talking.  Young children today don’t know about those heavy things, as at the beginning of their memory there are mobile phones!

Although using only two colours, this stamp is attractive for me.  I particularly like the coiled telephone cord which is connected to the map of the country…

子供の頃、こんな黒い受話器が重くて両手で支えていたことを懐かしく思い出すのは、きっとわたしと同じか少し上の世代ですね。今の子供達は記憶の最初から携帯電話があるのだ、と思うとちょっと不思議な感じがします。

たったの2色しか印刷に使われていないのに、なぜかチャーミングなこの切手。黒い受話器の存在感と、くるくると螺旋を描いている受話器のコードがオーストリア地図にこっそり繋がっている様子に惹かれているみたいです。

fishing islands / 漁業の島

February 28, 2011

1931Saint Pierre and Miquel001

5 December 1932, St. Pierre et Miquelon
letterpress
design: Gimel
engrave: C. Hourriez

If you examine the enlarged map of previous post closely, you may find a little island near the south end of Newfoundland, carefully NOT hatched – this is the indication of these French islands at that time and still now, Saint Pierre and Miquelon. This is an important fishing area throughout history.

I enjoy this type of map more than the previous one, as it is a little closer to human scale, together with pictured fishermen.

This is a beautiful example of typography – somewhat naive carved lines if you compare them to sharp intaglio prints.

1931Saint Pierre and Miquel001 -3copy

前回のポストの拡大図をよく観察すると、ニューファンドランド島の南に浮かぶ島があって、そこは英国領の印の横線が入っていないようです。それが、いくつかの小島で成り立つこのサンピエール島・ミクロン島というフランス領です。小さいけれど、今でも良質な漁場として重要な位置を占めているらしい。

この島の地図は、一つ前の大陸全体が描かれているタイプの地図よりも親しみが持てて好きです。枠に描かれた漁師の絵からも、その場所での人の生活が垣間みれる気がします。

この切手はタイポグラフィーとも呼ばれる凸版印刷の美しい例です。キレキレの凹版印刷とはまた違った、少しのんびりした素朴な味わいがあります。

less land? / あれ?

February 22, 2011

1927Canada001

29 June 1927, Canada
map of Canada
design: Herman Herbert Schwartz
engrave: Edwin H. Gunn

This beautiful stamp celebrates 60 years of the first Canadian Confederation, and the map shows its expansion.  Ah – wait a moment, the previous map of 1898 shows a little more land in red – the East end of the continent and the island in front.  The area called Labrador and Newfoundland were not the parts of Canada until 1949.  But it was British territory anyway, so the map of 1898 was correct.

Enjoy the magnified part below, showing those two lightly hatched areas.

1927年発行のこの切手はカナダ連邦の60周年を記念し、その後さらに拡大した国土が精緻な地図で描かれています。けれど、これと1898年の地図を比べると、、あれ?領土が減っているような。大陸の東端にあるラブラドールと呼ばれる地域と海峡をはさんだニューファンドランドは、1949年にやっとカナダに統合されたようです。それまでは英国領だったので、1898年の地図は正しかったのでした。

薄い横線でカナダ本土と区別された部分を拡大してみました。

1927Canada001-3

vast lands on the earth / 広大な領土

February 21, 2011

1898Canada001

7 December 1898, Canada
XMAS 1898
design: Warren L. Green
based on a map by George Robert Parkin
engraver: Charles Skinner

It says on the bottom ”We hold a vaster empire than has been”.  This stamp celebrates Canada’s participation in the British postage system.  In this Mercator’s Projection, the Suzerain Country is a little island not even in the centre of the map… but it ruled a ‘vast empire’ from there.

The red colour is letter press printed over the intaglio, which is slightly off centre and some of the territory is floating in the sea – it was not a great matter, but the number of dots were important at that time, I imagine.

イギリスで確立していた郵便システムにカナダが参加した事を記念して発行されたクリスマス切手です。ヴィクトリア女王をたたえる詩(切手の下枠の中に)とメルカトル図法での世界地図にイギリスの領土が赤で色づけされています。

凹版印刷に重ねてプリントされた凸版の赤が少しずれていて赤い斑点が海に浮かんでいるのは愛嬌ですが、きっと当時は正確な位置よりも、どれくらいたくさんの場所に領土があるかが重要だったのだろうな、と想像するのでした。

who’s land is it? / 誰の土地?

February 19, 2011

1957 Egypt
‘Gaza, part of Arab nation’

It is a fact that stamps which feature maps have been used for political messages.  And this one reminds us that it was not long ago when Egypt was claiming this land as theirs.  Still now, they have the control over the South end of the Gaza strip around the Rafah area.

好みのものが多いので地図の切手はよく手にしますが、詳細を見るとその国のその時の国策が色濃く反映されていて、知らなかった歴史を学ぶ事になります。この切手も、最近失脚したムバラク大統領があまり前面に出さなかったガザ地区を巡るイスラエルとの確執が、1950年代には国内外に知らされていたことがうかがえます。

map and compass point / 地図と方位記号

January 17, 2010

1944Sweden001

15 April 1944, Sweden
Tercentenary of first Swedish Navigators’ Chart
designer: H. Sallberg
engraver: S. Ewert

I like maps.  People say women cannot read maps – that is not true.  I am a good navigator and sometime better than TomTom.

Maps are used a lot for subject of stamps, as it shows a territory of a country and also movement of people.  I like this stamp, particularly the compass point is nicely featured.  The map featured is the first Swedish Nautical Chart, made in 1644.

地図が好きです。よく女性は地図が読めないとか言いますが、真実ではありません。地図を読むのも大好きで、カーナビよりもよい判断をすることだってあります。

切手のモチーフとしてよく地図が使われるのは、国の形が絵になりやすかったり、人や物の動きや歴史的な時間が描けるからでしょうか。1644年に作成されたスェーデンで最初の海図を図案化したこの切手は、古風な方位記号がデザインに組み込まれていて小さいながらも美しい仕上がりです。

地図の切手が好きな方には『切手が伝える地図の世界史』の著者が運営していると思われる「切手で読む地図の楽しみ」というブログが圧巻です。素晴らしい。

map making in snow / 極寒の地で地図を作った人

January 15, 2010

1957Canada001

5 June 1957, Canada
David Thompson (1770-1857)
design: George Arthur Gundersen
engrave: Yves Baril

There is no sign of spring here in London yet.  The car is covered with frost and it takes extra time to get to work in the morning.

I watched a TV program on David Thompson recently, an English man who lived in Canada and dedicated his life to map making of North Canada.  He learnt a lot from his wife, a native American, and members of her family – how to survive in severe climate.  I like this stamp, as it pictures the atmosphere of cold Canada and this committed man.

ここ数週間ロンドンでは寒い日が続き、出勤前に凍った車のフロントガラスを溶かすのが日課になっています。

少し前にテレビで観た『カナダ地図を作った人』が描かれた切手を見つけました。エスキモーの女性と結婚し、彼女やその家族から極寒のカナダを旅する知恵を学び、地理観測に生涯を費やしたイギリス人。彼の没後100年を記念したこの切手からは寒いカナダの雰囲気と彼の苦労が伝わってきます。