Archive for the 'Liechtenstein' Category

QR code on stamps / 切手にQRコード

March 10, 2013

2011Liechtenstein002

2011 Liechtenstein
‘150 Years of Future’

QR ( Quick Response ) code was invented in Japan in 1994, originally for sorting parts on Toyota production lines.  After 19 years they are used everywhere – naturally on stamps, too.  Post offices in Spain, Taiwan, Russia, Iceland and Croatia have issued similar stamps.

I have installed an application of QR code reader on my iPhone – then what I found via this stamp is a boring cover page of a bank in Liechtenstein.  Well, this bank is 150 years old… then?  This is the latest phenomenon of hyper disappointment, isn’t it?  I don’t like this tendency that the postage stamps are used for advertisement, at all!

日本ではずいぶん前からおなじみのQRコードは、トヨタの工場でパーツを監理するために生まれたものだったのですね。ここ数年、このQRコードが図柄として使われた切手が各国から出ています。これはリヒテンシュタインのもので、他にもスペイン台湾ロシアアイスランドクロアチアなど。

さて、と思いつつiPhoneにQRコードリーダーのアプリをダウンロードして、わくわくしながらこの切手をスキャンしたら、つまらない銀行のHPが出て来た、、、。この落胆って、ネット世界のあちこちで目に入るうるさい広告が生むストレスと似ています。お金持ちの大企業が切手を広告媒体として使うようになったら、もう古い切手しか見なくなりそうです。

Easter Eggs / イースターエッグ

March 30, 2010

2001Liechtenstein001
2001Liechtenstein002

5 March 2001 Liechtenstein
design: Silvia Ruppen
engrave: Wolfgang Seidel

This Friday is beginning of Easter holidays and there are a lots of egg and rabit displays in town – it celebrates arrival of spring.

Pictured eggs are from Russia, sliver egg (top) and Cloisonné enamel (bottom) both from Imperial Workshop in St. Petersburg, around 1896 – 1908.  First Day Cover and history of Russian Easter Eggs are here. One of those workshops, Fabergé made highly decorative egg ornaments called Fabergé Eggs for emperors – the last emperors of Russia.

These two stamps are from a set of three and the third one (2 CHF) was awarded second prize at Grand Prix WIPA 2001 in Vienna – so, it was sold out at the Postal Museum at Vidaz, Liechtenstein and I don’t have it.  Not easy to take photo, but they have beautiful background print, as well as precision engrave of craft works.

この金曜日から復活祭の休日で、春の到来を祝う卵とうさぎのディスプレイがあちこちで見られます。

このリヒテンシュタインの切手になっているのはロシアのイースターエッグで、19世紀終わり頃にセント・ピーターズバーグにあった皇帝御用達の工房で作られた、銀と七宝の卵です。皇帝からの依頼で装飾たくさんのこんな卵も作られていたようですが、民衆が貧しい生活をしている時にこんな彫刻を作らせてうっとりしていたのでは、革命も起こるかも、、、と思ってしまいました。

ここに載せたのは3枚セットのうちの2枚ですが、2CHFの切手は2001年にウィーンの切手博覧会でグランプリ2位を受賞し、人気があってリヒテンシュタインの郵便博物館にも残っていなかったのでした。写真に撮るのがむつかしいのですが、精緻な金属細工が凹版印刷で描かれ、背景にも美しい模様が刷られています。

moustache racing / 立派なヒゲ競争

July 21, 2009

1988Liechtenstein001
1988Liechtenstein002
1988Liechtenstein003
1988Liechtenstein004

5 September 1988, Liechtenstein
Olympic Games, Seoul
illustration: Paul Flora / engrave: Wolfgang Seidel

A series of stamps celebrating Summer Olympic at Soul, Korea and Winter Olympic in Calgary.

1988年のソウルオリンピックと冬期のカルガリーオリンピックを記念した8枚セットのうちの4枚。