Archive for the '-kawaii/cute' Category

single-minded kawaii / ひたむきかわいい

August 20, 2015

1940Estonia001

30 July 1940, Estonia
Century of First Postage Stamps
design: K. Doll

The pigeon post was important method for distant communication before the airplanes were introduced.  And this stamp from Estonia is celebrating the history of postal stamps, with a pigeon with a letter in its bill, as if competing to an airplane.

I think the figure of ‘pigeon with letter’ is always kawaii, as its earnest and single-minded attitude to complete their mission.  One question I still have – how did they deliver letters to the correct address?

Ah, I have just read the wiki and learned – they were flying back home!

航空便が広く使われる前は、伝書鳩が遠隔地を結ぶ通信に使われた – 切手の100年を祝うエストニアからの1枚は、そんなミッションを帯びて飛ぶハトが飛行機と競争しているかのような図案で、、とてもかわいいと思うのです。

くちばしに手紙をはさんだハト(本当は、脚に巻いた筒や胸にくくり付けた小さな箱だったようです)は、それだけでひたむきなものを感じさせる。けれど、当時の伝書鳩はどうやって到着地の住所を見分けたのか、、、?

あ、ウィキペディア読んで分かりました – 家まで戻る能力を使ったのですね〜。

 

pink kawaii? / ピンクかわいい?

August 13, 2015

2006Finland001
*exch. 067  ( limited number )

11 January 2006, Finland
St. Valentine’s Day

I am still thinking about kawaii/cute in stamps – how about colours?  OK, this is not only colour, but with a motif, of course.  Yet, is it still cute if not in pink?

I did not like the colour of pink for long time, since my low-teen until recently, because I though pink is representing girly flatter to gain anything better, which I was not equipped with.  I was reconciled with pink when I recognised that I am not called ‘girl’ any more.

Anyway, this stamp is simple and cute, and it delivers very strong message, anytime.

ずっと長い間、わたしはピンクが嫌いでした。中学の時に母が買ってくれたブラが体操服から透けてバスケット部の後輩から「ピンク先輩」と呼ばれたのがたぶんトラウマの始まりで、その後はピンクが似合うかわいい女性にはなれないとあきらめ、自分らしさを表現できる別の色を模索したのでした。

友人のFBで知ったジェーン・スーの『ピンクと和解せよ』という記事を読んだとき、あぁ、自分だけではなかったのだ!と知り、その分析の明快さに「そう!そうなのよ!!」と何度つぶやいたか。「媚びて発情している色」と思っていたから避けたのです。そして、わたしも40歳あたりで和解した。

この切手はもちろんハートの形もあるけれど、色がピンクでなかったら可愛さよりもシンプルさをまず感じるのではないかな、と思います。何より、強く正しくメッセージを運ぶデザイン。明日は「裏バレンタインデー」ですが、好きな人にはいつでもピンクの♡を届けたいものです。

sincere kawaii / 誠実かわいい

July 16, 2015

1968Argentina001

1968, Argentina

Some stamps are made for public campaign with serious theme – and they need to reach their correct audience.  As a result, some of the road safety stamps are often cute.  This one from Argentina has children in rigid manner, but helped by bright colours and hand sticks out from the background frame, it is lifted to kawaii field.

国によるキャンペーン切手は想定するオーディエンスにきっちり届く必要があり、結果として子供たちにアピールしたい交通安全の切手はかわいくなる傾向があります。アルゼンチンのこの切手も、背筋を延ばしてロボットみたいに歩いてる子供たちの絵柄なのに、明るい色づかいと背景の水色からちょっと飛び出た右手あたりに、しみじみとかわいさが漂う。わたしには、貼られて届いたら嬉しい切手ですが、みなさんには?

retro kawaii / レトロかわいい

June 25, 2015

2001UK021
2001UK022
2001UK023
2001UK024

15 May 2001, United Kingdom
150th Anniversary of First Double-Decker Bus
design: Consignia plc

Somehow British stamps like to show objects or faces from the straight front.  I think this is brave to illustrate buses from the front – they are normally depicted their character of the long side views.  As a result of these stamps, you notice that some buses have kawaii faces…

But not all of them are kawaii, in fact – it is very personal opinion, maybe, but the ones in a stamp below are not cute.  To compare to those industrialised faces, very recent bus designed by Thomas Heatherwick is, in a way, kawaii.  What is the decisive point?  Round, low and distanced eyes??

Oh, and as you might notice, that this series are printed in one long band of 16 front faces.  Click the bottom image to enlarge.

真っ正面からの写真やイラストは、なぜかイギリス切手によく登場するのですが、バスという前後に長い存在を正面から眺めるその度胸というか、いさぎよさが好きです。そこで、ロンドン名物ダブルデッカーの顔って実はこんなにかわいかったんだ〜、と初めて気付くわけです。

けれど、正面から見たからかわいい訳ではなく、つい最近までバスはかわいい顔をしていたのだ、と5枚の切手をながめると気付く。下の1枚に描かれた近年のバスは、なぜかかわいくないのです。このあたりと比べると、2011年に走り始めた、トーマス・ヘザウィックのデザインしたバスはまだかわいいかも。何?丸くて離れた眼??

そして、お気づきの方もあると思いますが、このシリーズは切り取る前は、ずらっと並んだ16台のバスの正面です。クリック拡大してお楽しみください。

2001UK025

2001UK021_025

kawaii〜 / かわいい〜

May 30, 2015

2005Netherland012
2005Netherland011

2005 Netherland
illustration: Dick Bruna

‘Kawaii’ is a Japanese word – maybe one of the first 5 vocabularies an oversea visitor leans from natives in Japan.  Together with animated film culture, among with young Anime fans all over the world, this word is becoming a common keyword of Japanese culture.

I used to have ‘kawaii’ category in this blog, but it covers so many diversities and gave up to nominate.  I want to look at this word again, as it might be more universal than I thought.

So, the first examples are not even stamps, but so kawaiiiiiiii (to emphasise your feeling, you stretch the last vowel) !  It is very easy to analyse why we feel so – our hidden infancy is recalled by these illustration.

「かわいい」切手。日本人には説明する必要もなく、もちろん個人によって「かわいい〜」と感じる範囲も違い、ブスかわいい、キモかわいいなど派生も多いこの領域。かつてこのブログにkawaiiというカテゴリーを作っていたのだけど、あまりにたくさんの切手が該当するので消したのでした。

その「かわいい」が国際語になろうとしている今、切手をとおして分析してみてどんな要素に「くねくね」させられているのか、考えてみようかなと思います。「kawaii」を取り巻く細やかな感覚は、国境を越えてシェアされると楽しそうなので。

まず、第一弾は切手ではありませんが、再掲するミッフィー、、、かわいい〜〜。分析するまでもなく、わたしたちの中に残る幼児性が、ちょこちょとくすぐられているのです。

tidy up, please / 道をきれいに

November 16, 2009


19 Sepptember 1991 Denmark
‘Keep Denmark Clean’
design by J. Hage
engraver A. Kühlmann

To bring a moral standard high – what a task of one small stamp to carry… When you see it well, then you realise the play set by the illustrator.  The drawing is made of continuous one line.  Really nice and lifted.

モラルを高め、街からゴミをなくそうー小さな切手が担うプロパガンダとしては重いメッセージではあります。けれど、お姉さんは跳ねてるし、犬のフンだし。しかも、よく見るとイラスト部分は一筆書きで描かれている。軽妙なタッチで軽やかになっているところに惹かれます。