Archive for the '-interior' Category

operating key / 送信中

March 23, 2013

1985Vietnam004

15 August 1985, Vietnam
40th Anniversary of Postal and Telecommunications Service

Another stamp which is showing the Telegraph key in operation.  Behind the operator, you can also see the modern interior of a domestic house.  And the stamp below, with Dish aerial was issued at the same time.

Somehow I have this impression – Socialist countries tend to feature working women in their stamps.  Or maybe only my eyes tend to stop on those women at work?

電鍵が出てくる切手をもう一枚。オペレーターと送電線と、電話をかける人の描かれたベトナムの切手です。とてもモダンな室内装飾も気になるところ。パラボラアンテナが描かれた下の一枚も同時に発行されました。

社会主義国の切手には、働く女性が多く登場します。はつらつと自転車をこぐ、この中国の郵便配達婦しかり。プロパガンダはともかく、本当のところどれくらいの割合で女性が社会に進出しているのか、知りたいところです。

1985Vietnam002

spaceship interior / 宇宙船内部

November 1, 2011

2004Belgium004

4 November 2004, Belgium
Explorers on the Moon‘ by Hergé, 1954

I like this interior colour – Hergé must have been influenced by his contemporary designers, such as Jean Prouvé.  Design details for light weight structures and round corners of drawers, dots on the floor… they all are reflecting the atmosphere of that time.

Why do I categorise this in ‘kawaii/cute’? – the back view of Snowy… his skinny neck is so cute!

月世界探検』に出てくる宇宙船のインテリアの色合いが好きです。作者のエルジェは、間違いなくジャン・プルーヴェなどの同世代を生きたデザイナー達の仕事に影響を受けていたと思います。軽量化のための穴、角の丸い引き出し、床の丸い模様など、どれも時代の空気を感じさせてくれます。

そして、スノーウィーのほっそりした首の後ろ姿がかわいいので「kawaii」カテゴリーに。

reading a letter / 文読み

November 28, 2010

1969Japan007

1 October 1969 Japan
‘Reading a letter’ by Harunobu Suzuki, 1750

This stamp was issued for Universal Postal Union Congress, showing a woman reading a long letter, in her house with great detail of Tatami mat, sliding wooden panels with paper, and a Bonsai pot on wooden floored terrace.

Harunobu Suzuki ( 1724? – 1770 ) was a woodblock print artist and invented slim long legged girls as his style.  A reprint of the original art is in the collection of Postal Museum Japan.

1969Japan007-3

昭和44年10月1日発行
原画:鈴木春信 ( 享保10年 – 明和7年 )『文読み』
切手デザイン:菊地吉晃

この切手は万国郵便大会議を記念して発行されました。原画は東京国立博物館に収蔵されている「中納言朝忠(文読み)」( 1750 ) で、復刻が郵政博物館の収蔵品として紹介されています。畳や障子、縁側に置かれた盆栽など、室内のディテールが楽しめる切手です。

足の指や着物の模様などの原画の繊細なディテールを再現しているのに、なぜか版画の線も文字の線もぎざぎざなのは、印刷技術の発展途上だったのでしょうか?

wallpaper and chair / 壁紙とイスと

November 20, 2010

2007Finland001
2007Finland002

24 August 2007 Finland
top
‘2+3’ wallpaper by Ilmari and Annikki Tapiovaara in 1958
‘Paimio’ chair by Alvar Aalto in 1931-32
bottom
‘Pavroo Garland’ wallpaper in Biedermeier style
Empire style chair

I am amazed at how just a few elements can express a sense of  interior.  Wallpaper, the corner of a picture frame, a chair and its shadow – they are enough to convey the atmosphere of the room and taste of the owner.

壁紙、額縁、イスとその影。ほんの少しのアイテムとしつらえを描き出すだけで空間が出現して、部屋の雰囲気とか住んでいる人の好みがすっかり分かる。そういえば、インテリアってそういうものかも、、と思ったりします。

それにしても、ビーダーマイヤー様式が「簡素」の表現だったとは。たしかに、さらに以前は室内空間はもっと装飾的だったのですね。

Lwówek Śląski town hall / 市庁舎のアーチ

November 19, 2010

1966Germany001

15 June 1966 Germany
Town Hall of Löwenberg Schlesien ( Lwówek Śląski )

The second ‘interior’ feature is another vaulted interior, in a town hall in Poland, which used to be a part of Germany.  This was one of the definitive stamps featuring monumental buildings.  I searched for how old the building could be but failed to find it, apart from this image.

With very fine engraved lines in different thickness and pitches, the depth of the space is depicted in a small definitive stamp.

1966Germany001-3

「インテリア」テーマの2枚目の切手は1966年に発行されたドイツの普通切手。ドイツとの国境近くにあるポーランドのLwówek Śląski市庁舎内のヴォールトがピッチや太さの違う精緻な線の重なりで描かれています。

いつごろに建てられた建築なのかをサーチしたのですが分からず、つい最近この空間が展示会に使われた写真のみ見つけました。

vaulting and arches / 穹窿(きゅうりゅう)

November 15, 2010

28 February 1966 UK
900th Anniversary of Westminster Abbey
design & engraving: Bradbury, Wilkinson & Co.

I am amazed sometimes by a stamp design which is depicting the depth of a room and sense of space within a little piece of paper.  So, I added a category today to collect these stamps showing ‘interior space’.

This stamp is showing Fan Vaulting of the Henry Ⅶ Chapel, which was built in 16th century.  This was the last stamp with the portrait of the Queen before an introduction of her silhouette, and the portrait is beautifully engraved to match the impressive interior.

室内の描かれている切手を見て、その小さな紙面につまった空間表現に感動を憶えることがあります。そんな切手が集まってきたので「インテリア」と題するカテゴリーを新たに作りました。

この切手はロンドンにあるウエストミンスター寺院の900年を祝い、16世紀に建てられたヘンリー7世礼拝堂のインテリアを描いています。

この切手は女王の肖像がシルエットに変わる前の、最後の切手でもあります。ファン・ヴォールトと呼ばれる構造様式に支えられた荘厳な内装と合わせるように、女王の最後の肖像も精緻な凹版印刷で描かれていて見応えがあります。