Archive for the 'Iceland' Category

dark days.. / 昼も暗い、、

December 23, 2013

1953Iceland001

12 February 1953, Iceland
“Reykjabók” manuscript with candle
design: S. Jónsson

It was stormy day today and even at noon I needed a desk lamp to read.  I imagined how dark the inside of a house was before electricity was invented – and even worse in parts further north than here in London.

I found a candle light reading picture on an Icelandic stamp and the rumpled book is a manuscript from 14th century.

今日は嵐の一日で、昼間でもデスクランプを灯さないと本も読めない暗さでした。電灯が発明される以前の、ここよりも北のヨーロッパの冬がどれくらい暗かったかを想像します。

このキャンドル読書の切手は、なんだかよれよれの本が置いてあるけど、、と思ったら14世紀の手書きの本が描かれていました。ランプもその時代のものかな?

Northern Birch / 北国のシラカバ

April 25, 2012


4 September 1957, Iceland
design: Mrs. B. Arnasson
Icelandic Birch and Norwegian Spruce

Cool mono colours, crisp intaglio engraving and simple composition.  These stamps evoke an adoration for the short and precious Northern Summer and praiseworthy energy of trees.

かりっとした彫り線とシンプルな構成で、単色なのに素敵な仕上がりのアイスランドの切手です。冬を生き延びてまた葉をつけるけなげな木々を丁寧に描き、到来を待ちわびる短い北の夏を象徴しているようです。

one year on / 火山の混乱から1年

April 16, 2011

1947Iceland001
1947Iceland002

3 December 1947, Iceland
Mt Hekla in Eruption
design: S. Jónsson

Just a year ago, people in Europe started to realise that an event of nature can cause great disorder to our modern society.  I was in Milano last year today, looking for an alternative route to get out from Milano – it took 25 hours to get back to London through Euro-tunnel.

This set of stamps are showing an eruption of Helka, one of Iceland’s main volcanoes, in 1947.  The close-up below shows great needle work by the engraver, signed SJ, depicting erupting volcanic ashes both near and far.

Iceland has been supplying most of its required electricity by renewable sources – geothermal and hydro power. And also they are developing hydrocarbon exploration, as they are aiming to be energy-independent by 2050.

1947Iceland001-2

一年前、火山の噴火が飛行機を止め、いつもの便利な生活をあっと言う間にかき乱すことをヨーロッパの人たちは体験しました。わたしもミラノからパリへの夜行列車で眠り、車でリールまで迎えに来てもらって25時間かけてロンドンに戻りました。

この2枚の切手は、同じアイスランドで1947年に噴火したヘクラ火山を描いています。凹版印刷の彫り師が、吹き上がる火山灰が遠くでかすんで地上に降る様子を丁寧に描いていて、火山に対する畏敬の念を感じます。

アイスランドは国内で必要なエネルギーのほとんどを水力発電と地熱発電によって供給しているのだそうです。水素燃料電池の開発や試運転もすすみ、2050年までには化石燃料の輸入もやめエネルギー的な自立を目指している、、。日本の約3割の国土におよそ32万人が住む人口密度の低さだからできる離れ業ではあるけれど、エネルギー政策の先進国と言えるでしょう。