Archive for the '-heraldry' Category

Handshake 2 / 握手 その2

November 20, 2016

1959France004-2

24 October 1959, France
300th Anniversary of the Treaty of Pyénées.
designer:  Serveau, engraver: Piel

The left is the French king – ‘fleur de Louis’ heraldry on red sleeve – and right is Spanish king with orange sleeve with ‘castle-leo’ heraldry.  And this handshake had happened in 1659.  The origin of handshake was to proof that there is no weapon in their hands – well, it was one condition before the friendship, really.

ゆりの花がモチーフと言われるフランス王家の紋章が左の赤い袖、右の城とライオンの紋章がオレンジ色に抜かれているのがスペイン王。この二人が握手したピレネー協定締結は1659年のことだそうです。握手の起源は「手の中に武器を隠し持っていません」と互いに伝えることだった、というのは説得力があります。「友情」以前の確認事項として、手を差し出す。

blood donor & hand / 献血と手

June 5, 2016

1971Monaco001

6 September 1971, Monaco
7th International Blood Donors Federation Congress
designer: B. Minneengraver: P. Gandon

A hand holds wishes of help and support – from the blood donor. An appealing design with the emblem of the congress and Monaco’s ‘Fusilly’ heraldry pattern on the sleeve.

手がどーんと中心にあるこの切手は、献血をひろめる大会のエンブレムを持っています。人の手で伝えることの重要性をうったえ、袖の模様でモナコ公国が国を挙げて支援することを宣言しているのでした。

State Crest / 州の紋章

August 27, 2014

1963Madagascar003
1963Madagascar002
1963Madagascar001

3 December 1963, Madagascar
State crest of Antsirabe, Tulear and Majunga
design of coat of arms: Robert Louis & Suzanne Gauthier

Not only the nation or the head of state have their coat of arms – almost all states, cities and towns in Europe and their colonies have their heraldry.  Here some modern design of states in Madagascar.

For example of the last one of Majunga – shows Baobab tree from the region and three boats, indicating that Majunga ( Mahajanga ) is a harbour town.  Yes, they must have crocodiles in their region, too.

This summer I met a young French designer who has her family origin from Madagascar.  It was a lovely encounter with her, to know her poetic approach in her creations.

国や国家元首だけでなく、ヨーロッパやその植民地だった都市や地方には紋章があります。これは1960年にフランスの植民地から独立したマダガスカルの州の紋章です。

たとえば最後の一枚はマハジャンガ州のもので、バオバブの木が中心にあり、三艘の帆船はハジャンガが港湾都市であることを伝えてくれます。この州にはまちがいなく、ワニも住んでいたはず。

この夏、マダガスカルにルーツを持つ若いフランス人デザイナーと出会いました。ヨーロッパに起源を持つデザインとはひと味ちがう、詩的な創造に楽しい刺激を受けたのでした。

 

350 years apart? / 350年のちがい?

July 31, 2014

1959Bermuda001

1959 Bermuda

In 1609 an English ship was drifted to an island which was already named Bermuda after a Spanish navigator Juan de Bermudez, who reported about this uninhabited island in early 16th century.

This stamp is celebrating this arrival of English people with two Royal heraldry in 1609 (King James I) and 1959 (Queen Elizabeth II).  In spite of 300 years apart between then, there are not much difference.

Well, the primitive patterns on battle shields in 1066 were quickly stylised to heraldry by 1189, when Richard I made the College of Arms, then has been staying similar until today.  The ‘walking lions’ against red background was designed more than 900 years ago.

1959Bermuda001 – Version 2

無人島だったバミューダに嵐に遭ったイギリスの船が漂流したのが1609年で、この切手はその350年前の出来事を記念して発行されました。

2つのイギリスの国章は350年の隔たりがあるのに、ほとんど変わっていない。ただ、フランスもイギリス王家の持ち物だ、と主張していたアイリスの紋章が消えただけです。

1066年のタペストリーに描かれた盾の模様は、1189年ごろまでには様式化され、リチャード一世の作った紋章院で管理されるようになり、そこからあまり変わらず今日に至る。今でも国章の半分を占める赤い背景に歩きポーズのライオンは、なんと900年以上の歴史があるのでした。

pre heraldry / 紋章のルーツ

June 28, 2014

1966UK010
1966UK009

14 October 1966, United Kingdom
900th Anniversary of Battle of Hastings
design: David Gentleman

The heraldry was born from the marks on the battle shields used by the medieval knights.  The shields in these stamps show one of the most early primitive signs of families or individuals, used to classify the foe and ally.

These stamps are based on Bayeux Tapestry, depicted the Battle of Hastings in 1066.  They give us some idea of how brutal those battles were.  Even a thief is taking cloth off a dead body and the silhouette of the Queen is looking at that scene rather calmly.

1966UK014

中世の騎士が持って戦った盾に描いた模様が、紋章のはじまりだったそうです。この切手に描かれている戦場の様子を描いたタペストリーが、紋章を説明する時にかならず出てきます。戦いの敵と味方を見分けるために、視界の悪い兜ごしにもはっきり見えるような単純な模様が選ばれて使われ、だんだんと親から子に継承される家紋のようになっていったのですね。

900年前にフランスのノルマンディーからイングランドに攻め入ったヘイスティングズの戦いを記念している切手ですが、死体から服をはぎ取っている場面をじっと見ているかのような、女王のシルエットがクールな構図です。

17ポストめの馬の切手でもありました。

suit of armour 3 / 甲冑 3

May 26, 2014

1974UK005

10 July 1974, United Kingdom
Great Britons, The Black Prince (1330 – 1376)

I did not post a new stamp for one and half months… and I am still on the theme of horses and knights in armour!  A little too slow to move on, but now I am thinking to step into a new area of ‘heraldry‘ stamps – a recent favourite theme of my collection.

Edward, The Black Prince was the first English Prince of Wales in the 14th century and he was very popular as a strong military leader.

My reference book “Heraldry Stamps” (published in 1987) tells me about the patterns and significance of his decoration in this picture.  The following two are the Welsh leader Owain Glyndŵr (c. 1349 – c. 1415) and the Scottish king Robert the Bruce (1274 – 1329).

1974UK003
1974UK002

またもや、一月半ほど更新しませんでしたが、、、まだ切手は馬と甲冑の騎士!『偉大なブリテン島の人』のシリーズから。さすがに、ここを起点に馬から離れて「紋章の切手」に進むことにします。紋章も、大好きなモチーフなのです。

一枚目は「エドワード黒太子」と呼ばれ、イギリス系で最初にプリンス・オブ・ウェールズの称号がついた皇太子で、百年戦争で活躍した人気の高い軍人でした。二枚目はウェールズ人「オウイン・グレンダワー」、三枚目はスコットランド国王「ロバート・ドゥ・ブルース」のそれぞれが、紋章の入った飾りと一緒に馬にまたがっています。

ここに描かれている紋章がどんな意味を持つのか、『紋章の切手(1987年発刊)』という本に詳細があり、この切手の図案がどの原典から起こされたのかの推測もあって興味が尽きないのでした。

suit of armour 2 / 甲冑 2

April 14, 2014

1953Portugal001

1953 Portugal
Seal of authority of King Dinis or ‘Cavalinho’
design: Martins Barata

Another stamp of medieval knight – showing the seal of Denis of Portugal, a king of 13 – 14th century Portugal.

I went to Milano furniture fair since I posted the last Swedish knight stamp two weeks ago, I am still in a feeling of wearing armour.  I was worn out and slept almost two days after I return to home.

中世の騎士、今度はポルトガルからの一枚です。13ー14世紀のポルトガルの王「ディニス1世」の紋章をまとっている騎士。

2週間前にスェーデンの騎士と馬をアップしてからのち、ミラノの家具見本市に行ってロンドンにもどったところですが、、、まだ心の鎧が取れていません。疲れ果て、2日間ほとんど寝ていました。

with a suit of armour / 甲冑をまとって

March 30, 2014

1970Sweden008

6 April 1970, Sweden
Seal of Duke Erik Magnusson (1282–1318)
design & engrave: Heinz Gutschmidt

I did not post any stamp for a month and a half – I had been living with a great anxiety about my first long trip to Japan since I had medical treatment last September.  I had my Meningioma, a type of tumour, removed in a long operation. It had been growing for many years just behind of my left eye.  After that I had Gamma Knife surgery, a type of radiotherapy treatment.  When the doctor said I was OK for long flights, I booked my trip to see my family and friends, who had been concerned about me.

Psychological preparation before the departure was more difficult than the bag packing – Anyway, I did make a trip, saw loving people and got back to home.  I could not contact many people who were worrying about me – but it was all I could do to complete this first mission after half a year, without fainting or getting worn-out too badly…  I needed a full suit of armour and a crested horse ( my partner who supported me during this trip ), really.

ひと月半、更新していませんでした。

去年の9月と12月に、長い時間をかけて左目の後ろに育っていた髄膜腫という名前の腫瘍を摘出する手術と、ガンマ・ナイフと呼ばれる放射線治療を受けました。2月初旬に経過も良く長時間のフライトも大丈夫と医師に言われたので、日本で心配していた家族に会いに帰る旅程を立てたのだけど、出発前になっても気がかりな「疲れやすさ」がほとんど改善されていなくて、こんな状態で旅行して大丈夫だろうか?と不安におそわれ、かなり凹み。

ともかく、できるだけ予定に縛られないよう、休みながら移動するように調整しながら、東京ー広島を往復し、ロンドンまで戻りました。心配してくださっていた多くの方たちに、帰国中に会えなかったことが心残りなのですが、、、ともかく倒れたり寝込んだりしないで旅を終えたことをご報告します。今思うと、旅行中はこの切手のような甲冑をまとった騎士の気分だったなぁ、と振り返りながら。一緒に旅行したパートナーが、同じ紋章をまとった馬だったような、、、。

このスェーデンの切手は、13世紀後半から14世紀にかけて活躍した皇子の騎士像です。頭の飾りが、、戦争向きではないですね。

dragon and lion / 龍とライオン

January 3, 2012

1982 Hong Kong

After a pair of Dragon and Tiger, next one is the Dragon and Lion on both sides of the Queen.

It is obvious that the lion with a crown is the sovereign Britain and the dragon is the symbol of Hong Kong.  Their paws are wide open, eyes are slanted upward and tongues are stuck out – they seem not to be in a peaceful relationship at all.  15 years to go for the transfer of sovereignty over Hong Kong.  Brave postal officers.  Sharrrrrrr.

辰年の切手2枚目は香港から。イギリスからの香港返還の話し合いが1979年に始まった3年後の発行です。

女王の両側に、王冠を戴いたライオンが統治国イギリス、龍が香港を象徴しているのは明らかですが、両者のたたずまいがあまり平和的でない。手足の指はかっと開かれ、口もぐわっと開いて舌が飛び出し、なによりも目が吊り上がって怒っている。両国の緊張状態を、郵便局員がこの小さな普通切手に表現したのでしょうか。勇猛果敢。

in the middle of history / 折り返し地点

January 13, 2010

1926Netherland006
1926Netherland004
1926Netherland003
1926Netherland005

1926 Netherland
children charity stamps
design: Ant. Molkenboer
photogravure printing

The first stamp was issued in 1840 in England.  It has 170 years of history and if you look at its turning point, that would be around 1925.

These Dutch stamps were issue in 1926, for charity of child welfare.  They were designed with modern mind – or beginning of graphic design.  Although they still have coat of arms within, they picked up atmosphere of the time and cultural trends – a bit late arrival of Art Nouveau.

Around same time, they were issued in Switzerland.  A bit conservative, if you compare them to Dutch ones?

世界初の切手は1840年にイギリスで発行されました。それから170年が経った。では、折り返し地点ではどんな切手があった?とふと思い、今から85年前の切手を探してみました。

このオランダの切手は子供のための基金付き切手で1926年の発行。国の紋章がまだ見られるけれど、間違いなく時代を反映してデザインされています。たぶんこの頃はすでにアールデコが全盛で、少し時代遅れな感じすらしたと思われる、アールヌーボーの香り高い切手。

ほぼ同じ頃、スイスではこんな切手が出されていました。すごくかっこいいと思うけど、比べると少し保守的なのかな?

Island in wave / 海に浮かぶ島々

November 19, 2009


1933 Denmark
issued 1990 ( 25 øre ) and 1983 ( 100 øre )
design by J. Therchilsen in 1906
engraver J. Britze ( original 1933 ) and Czeslaw Slania ( 25 øre )

Both based on a definitive stamp design from 1906, and modified a little bit in 1933.  It is graphically stabled and very clear to carry charactor of the country, as well as liberal enough to limit expression of the royal Coat of arms – many reasons could be think of why the design of this stamp had survived this long.

発行は1990年(25オーレ)と1983年(100オーレ)ですが、デザインは1906年のものが使われ、中心の輪が2重になったのが1933年のようです。このデザインはそのまま2004年まで発行が続きました。国のキャラクターが良く表現され、王室の紋章の使い方が控えめで民主的であり、デザイン的にも古びるところがない、、、こんなに長く使い続けられるデザインは、やはり優れたたくさんのポイントがあるようです。

Emperor’s hat / 天皇の烏帽子

September 2, 2009

1915Japan001

10 November 1915,  Japan
Enthronement of Emperor Yoshihito
letterpress
designer: Chuichi Isobe
engraver: Shigeo Morimoto / centre, Kingoro Mizutani / frame

I could not imagine quality of typography print until I saw this stamp in fresh.  Although it is off centred when it was printed, the plate had been very neat and carefully curved.  Expression of shadow behind the hat is excellent.

1915Japan001-3

大正4年11月10日発行
大正大礼記念
デザイン:磯辺忠一
凸版彫刻:森本茂雄(中央部)/ 水谷金五郎(輪郭)

カタログ図版で見ていた時にはこの切手の美しさはよく分かりませんでしたが、実物を手にして見て、凸版の線の細かさを考えると、当時の技術と忍耐強い仕事に感動すらおぼえます。線の強弱のみで描かれた烏帽子と後ろの影も素晴らしい。

Red Cross from Japan / 日本赤十字

September 1, 2009

1934Japan001

1 October 1934 Japan
15th Rod Cross International Conference

Off centred, but beautifully curved Intaglio stamp.  The red cross is in different process of typography, a bit mottled ink shows primitive but tasteful contrast to the rest.  I was amazed by magnified view – very fine engraving.  It seems they took long time to complete one plate, but not very careful when print stamps.

昭和9年10月1日発行
第15回赤十字国際会議記念
デザイン:吉田豊
原版彫刻:野間謙一

ぱっきり美しく彫られた凹版印刷ですが、紙面で左上にずれているのが愛嬌。赤十字は凸版刷りですが、かすれていたりエッジが甘いのが味わいを出しています。虫メガネで拡大すると驚きの声をあげてしまったほどの精緻な彫りです。白抜きで残してある文字の周りもすごい。丁寧な仕事がされていますが、刷る人たちには中央会わせの情熱はなかったようです。

1934Japan001-2

windmill of New City? / 木造の風車

August 15, 2009

1967Finland003

19 April 1967, Finlan
350th Anniversary of Uusikaupunki in Nystad
designer: O. Vepsäläinen
Recess and Litho

My translator says New City, but yet to search.  It seems celebrating 50 years of a place, where an old wooden windmill is and has Two Fish coat of arms.

翻訳ソフトでは「New City」と訳したのだけど、詳細は不明。風車があって2匹の魚が紋章になっている場所の350周年を記念しているのではないかと思われます。

Coat of arms from 1920’s / 紋章

July 24, 2009

1920 Switzerland
1923 Switzerland
1925 Switzerland

1920, 1923 and 1925 Switzerland
design: R. Munger
letterpress

Beautifully designed stamps of coat of arms and pride of the country – watch cog.  Coat of arms are,  from the top, Canton of Zürich, Basel-Stadt and Appenzell Ausserrhoden. Switzerland has unique history and politics, outstanding to other European countries.

紋章とレース模様、時計の歯車などが美しくデザインされた切手。いつまでも見飽きません。紋章は上からチューリッヒ州バーゼル=シュタット準州、そしてアッペンツェル・アウサーローデン準州のもの。君主がいたヨーロッパの国々と対照的な、スイスはとても独特な成立と施政を持つ国です。