Archive for the '-hand' Category

ant on hand / 手のひらの蟻

June 7, 2016

1961Monaco001

3 June 1961, Monaco
Nature Preservation
designer:  J. E. Lorenzi
engraver: Pierre Gandon

Hands are often depicted as icons.  Here is another stamp from Monaco, which does not really express the stated concept of nature preservation, but is nicely drawn with beautiful colours.

手の切手。そう、手はかなりの頻度で切手に登場し、気持ちや行動を象徴するモチーフです。この場合は、小さな命を守ろう、と伝えたいのはわかるけれど、意図する大きなコンセプトの「環境保護」はあまりうまく表せていないような、、、それでも、綺麗な色の美しい切手です。

 

Heart and hand / ハートと腕

March 26, 2016

1973Uruguay001-2

Uruguay 1973
Pan-American Federation of blood donation

Another example for encouraging blood donation – this time, a hand is used as symbol to give a gift, which is the heart as extended life, and the arm shows the position for blood donation.  It has strong composition and looks good, despite using only two colours.

この一枚はウルグアイから、献血を呼びかける切手です。ハートは贈り物となる生命を象徴し、手はをれを必要な人に渡す意思、腕と血管で輸血をする様子をそれぞれ描いているわけですが、2色しか使っていないのにクールな構成です。

representational / 具象表現

March 8, 2016

1972Pakistan001

1972 Pakistan

I featured a stamp on the heart in the previous post and now this one is encouraging blood donation, from the same year.

This stamp is not particularly cool or well designed, but strong.  This aspect of appealing is one of the desired characters of stamp design, I assume.

一つ前のポストでは心臓の切手を紹介し、これは同じ年の献血を呼びかける切手です。

ずばり具象で、デザイン構成として特にかっこ良いわけではないけれど、強い。こういう存在の強さも切手に求められていることだろうと思います。単純明快な表現と、色のチョイスでしょうか?

sincere kawaii / 誠実かわいい

July 16, 2015

1968Argentina001

1968, Argentina

Some stamps are made for public campaign with serious theme – and they need to reach their correct audience.  As a result, some of the road safety stamps are often cute.  This one from Argentina has children in rigid manner, but helped by bright colours and hand sticks out from the background frame, it is lifted to kawaii field.

国によるキャンペーン切手は想定するオーディエンスにきっちり届く必要があり、結果として子供たちにアピールしたい交通安全の切手はかわいくなる傾向があります。アルゼンチンのこの切手も、背筋を延ばしてロボットみたいに歩いてる子供たちの絵柄なのに、明るい色づかいと背景の水色からちょっと飛び出た右手あたりに、しみじみとかわいさが漂う。わたしには、貼られて届いたら嬉しい切手ですが、みなさんには?

Telegraph key / 電鍵

March 22, 2013

1 June 1962, New Zealand
Telegraph Centenary
design: A G Mitchell

This stamp is celebrating 100 years of the telegraph in New Zealand.  The picture shows an early Telegraph key for sending Morse code, with operating hand, and telegraph poles and wire.  The hand looks somehow strained – it must be sending an urgent and important message.

It is interesting to see these modern alternatives to postal services, which are often depicted on stamps.  They did not imagine about the new world with ‘internet file transfer services’ yet, did they?

The host of Going Postal gave this stamp to me, among with many others from New Zealand.  Thank you!

なんだか力んだ手が電鍵を使ってモールス符号を打っているこの切手は、ニュージーランドの電信開始から100年を祝って発行された切手です。

郵便が担っていた役割をどんどん代替していくことになる技術を、こうやって切手の絵柄としてとどめてある、というのが興味深いです。この頃、まだネット上でのファイル送付サービスのことなど誰も想像していなくて、短い電信は送れるけれど、束になった書類は郵便しか無理だよねー、という余裕があったということか、、。

Rabbit out of Hat / 手品うさぎ

December 27, 2011

15 March 2005, UK
‘Centenary of the Magic Circle’
design: G. Hardie and Tatham Design

I met a Japanese magician this summer, who told me about the Magic Circle, where he performed sometime ago.  I remembered the story now, because I found this set of stamps, which are celebrating the Magic Circle’s 100 years.

Following their tradition with a top hat and a tailcoat, these pop designs recreate nice visual illusions within small stamps – pity you cannot rub digital images, but I feature one which I scratched with a coin.




I have ‘head’ of the coin, not ‘tail’.

The year of the rabbit is ceasing in four days.  I have this feeling that a year gets shorter and shorter – is it proving the fact that I am getting older faster!?

この夏東京で出会ったあるマジシャンが、ロンドンにあるマジック・サークルで公演した時のことを話してくれたのを、この切手のタイトルを探していて思い出しました。そのマジック・サークルの100年の歴史を2005年に祝っていたのでした。

燕尾服やシルクハットという伝統も描きながら、デザイナーはこの小さな切手で出来る紙面トリックをいろいろな手法で試していて面白いです。画像をこすってもらうわけにいかないので、わたしがコインで引っ掻いたのちの画像も載せます。

うさぎ年もあと4日で終わります。一年がどんどん短くなっていくと感じるのは、自分の加齢が加速している!?と焦る年末なのでした。