Archive for the '-food, drink, cooking' Category

Ox plough

May 9, 2021

牛で引く鍬

17 June 1986, United Kingdom
900th Anniversary of Domesday Book / The Peasants
design: Tayburn Design / illustrations: Magnus Lohkamp

The Domesday Book was a medieval census ordered by the King, William the Conqueror – and completed in 1086. This stamp shows that the majority of population (82%) in Britain at that time, the peasants or slaves, worked to produce food. Forests were cleared and plowed by Ox-power.

Illustrations on this series of stamps are nicely made in the manner of Medieval style – I thought the pictures were from the original book, but they weren’t!

11世紀にイギリスを征服したウィリアム1世が作らせた『ドゥームズデイ・ブック』。現代の国税調査にあたるこの記録には、農民が人口の82%だったと記されています。牛に引かせた鍬で畑を耕すこの風景は、これ以前から産業革命が始まるまでの相当長い間、イギリス各地で見られた田園風景でした。

中世風のイラストが良くできていて、オリジナルの本にあった挿絵?と思ったのですが、違いました。縁の装飾や草木の描き方、未発達の遠近法などが900年前をよく現しています。

cheese making

March 14, 2021

チーズ作り

15 June 1946, Switzerland
National Féte and Found for Citizens
design: P. Boesch, engrave: A. Yersin

Crisply printed intaglio stamp ( yes, my favourite type ) depicting cheese making in the 1940s. Nice looking milk pails in the corner of a well cleaned cheese factory ( typically Swiss! ).

Hard cheese such as Parmigiano, has larger carbon footprint than softer cheese such as cottage cheese, by the way.

ぱきっとした凹版印刷が美しい、好みのタイプのスイスの切手に1940年代のチーズ工場が描かれています。ミルク運搬用のバケツが置かれた床は、きっとスイスらしく完璧に掃除されている、と勝手に想像中。

ちなみに、パルミジャーノなどの硬いチーズは、柔らかいチーズに比べて製造時の二酸化炭素の排出量がかなり多いようです。

women and versatile milk

March 8, 2021

ミルクを運ぶ女性

1982, India
definitive

Today is International Women’s Day – good to know that spotlights are onto remarkable women in various professions.

In addition to that, I would like to think about anonymous women who take care of their families. For example, this woman on an Indian stamp, is carrying milk and produces a variety of food from it – such as yoghurt, ghee, butter and cheese – everyday, throughout her life.

「国際女性の日」で、偉業をなしたたくさんの女性に賞賛が送られている今日ですが、あまりスポットライトが当たらない、たとえばインド普通切手に描かれたこの女性のような一生にも、思いを馳せてみようと思いました。彼女は家族に栄養を届けるために毎日ミルクを運び、休むことなくヨーグルトやギーやバターやチーズを作り続けている。

つい最近まで、わたしの母の世代までは、それが普通だったのだなぁ、と。今この時に生きることに感謝する、女性の日です。

not to eat

March 7, 2021

食べない、という選択

1974, India
International Diary Congress

Historically, Oxen and cattle are holy animals for Indians who follow Hinduism, so they don’t eat beef. As a result, the cattle in this stamp are proud producers of milk if people pay respect, knowing they will not be eaten.

On the contrary, the Jewish law of diet says that they must not eat any mammals which not to ruminate. Some people think mammals are too intelligent to eat, and choose to be vegetarian or vegan. And the last and the latest group of people are now choosing to eat less beef than before, because the carbon footprint of keeping them is really high.

ビーフカレーはインドには存在しない、という事実は、わたしはロンドンのインド料理店でメニューを見るまで知りませんでした。ヒンドゥー教徒にとって牛は聖なる存在で、尊敬をもって扱われる。この切手の牛も食べられないことを知っている顔つきです。

たとえばユダヤ教のきまりでは「反芻しない動物は食べてはいけない」とあって、だから豚は食べないけれど牛はOK。反対に、ポール・マッカートニーのように、牛の家族愛を見てステーキを食べられなくなり菜食主義になった人や、知性の高い動物は食べないと決めた人もたくさんいます。そして今、ビーフを食べることで環境に与える影響が膨大なことを知って、以前よりも少ない量の肉を摂る人が、どんどん増えています。

What they eat

March 2, 2021

彼らが食べるもの

11 January 2005, United Kingdom
Farm Animals
illustration: Chris Wormell / design: Rose Design

Buttergate: Why are Canadians complaining about hard butter? – is an interesting topic about how food chain, environment and our everyday life are connected. Palm oil, one of the causes of massive deforestation, is given to cows more, to produce more milk under the pressure of recent shortage. And it is not only in Canada where cows are eating supplement with palm oil. Here in the UK, researchers are measuring cows burp to find out better formula to feed them, to reduce large source of methane. Already some researches show seaweeds might be the cure for the earth. It has started, but still long way to regulate it and spread to the rest of the world, I think.

カナダで「バターが変。室温でもやわらかくならない!」というシェフのツィートをきっかけに、コロナ禍で牛乳の需要が増え、増産するために乳牛に与えるパーム油の量を増やしたらしい、と発覚。パーム油は森林破壊の原因のひとつになっていることがずっと指摘されているだけに、カナダの環境省を巻き込んでの規制につながりそうな気配です。そして、パーム油に由来するサプリメントを与えられているのは、カナダの牛たちだけではないらしい、ということも分かってきました。ここイギリスでは、牛のげっぷがメタンを大量に出すことが分かってから、どんな飼料を与えたらそのゲップのメタンが減るのか?というテストが繰り返され、どうやら海藻が良いらしい、という報道がされています。

a landscape with cattle

January 31, 2021

牛のいる風景

1 July 1942, Canada
Canadian Farm Scene
designers: Douglas and Mary Patrick

It is a familiar landscape of farming – but those cattle were not indigenous. They were brought to the continent by farmers who emigrated from Europe. Where the climate is humid enough for the field to grow wild grass to feed cattle, the carbon footprint is not too high. But when the wild grass does not catch up to recover after being eaten, you have to grow vegetables to feed cattle – that is when sustainable efficiency goes down.

“Feast to Save the Planet” is BBC Horizon program, to check and compare the carbon footprint facts and scored on the environmental impact of each dish on the menu. These researches show us not only that the distance of transport is significant, but also efficiency of food production and the nature of animals and plants we grow.

きっとカナダでは何の変哲もない、牛のいる風景。ですが、この牛たちは北米にいた動物ではなく、ヨーロッパからの移民が持ち込んだ家畜です。気候が湿潤で、牛が食べた草もすぐに元に戻る場所では問題はなかったけれど、乾燥や寒冷で草が育たない場所でまず野菜を育て牛の飼料にすることが、牛肉と環境問題の根っこです。

BBCの環境問題の番組『地球を救う晩餐』では、メニューに載った料理に使われる素材それぞれの二酸化炭素排出量を計算し、どの料理を頼むとどれくらい地球に良い/悪いかを詳細に説明します。単に食材の届く距離だけが問題ではなく、食材が生産される効率や、家畜や野菜が育つ傾向さえも考慮に入れないと、間違った選択をしてしまうのですね。

long ears and hump back

January 10, 2021

コブ牛

1 May 1942, Brazil
Zebu: 2nd Agriculture and Cattle Show

This stamp celebrated a cattle exhibition. This virtuous looking bull (or cow?) was introduced from India, because those long eared species have more resistance to heat.

76 years on since this stamp, Brazil had the world largest population of cattle in 2018 ( almost the same as the human population ), and soy production to feed livestock there and to export has been expanding greatly in the last 2 years, causing deforestation on a massive scale.

畜産見本市を祝うブラジルの切手のちょっと高慢な顔つきの動物は、高温に強い家畜としてインドから持ち込まれたコブ牛でした。長くて大きい耳から熱を発散して、体温を調節できるらしい。

この切手から76年後の2018年の統計では、ブラジルは世界一の牛の多い国で、なんと人口とほぼ同じ。その後、女性蔑視大統領が就任してからは、家畜に食べさせ輸出する大豆の栽培のために、貴重な森林がどんどん切り倒され焼かれて畑に変わっているのは、世界の周知するところです。

livestock

January 2, 2021

畜産という産業

7 May 1951, Argentinia
“Ganaderia”

This beautiful and gentle looking bull is from South America – where livestock cattle were brought from Europe. Did they had buffalo before then? In the report of 2018, Argentina has the 7th largest population of cattle in the world.

この優しい顔つきの牛は、南米のアルゼンチンから。種牛は畜産業にとって重要な資産ですが、これもやはり、ヨーロッパから持ち込まれた産業でした。畜産牛が持ち込まれる前に北米を走り回っていたバッファローは、南米にもいたのかな?2018年の統計で、飼われている牛の数の多さでアルゼンチンは世界で7番目。

Happy New Year

January 1, 2021

新年おめでとうございます

28 August 1967, Austria
Centenary of Ried Fair, Champion Bull
design: A. Pilch / engrave: Alfred Nefe

A fresh new year has started. Here on the fringe of London, we are staying in tight lockdown and schools are closed for another 10 days. We hope that the worst is behind of us.

The Eastern zodiac animal of the year is the Ox – “generally referring to cows, bulls, or neutered types of the bovine family, such as common cattle or water buffalo” by wikipedia. In this wide definition, I have a number of stamps on the topic, and the first one is a non-neutered breeding bull.

あっと言う間だった昨年が終わり、ぴかぴかの新年。ここロンドン近郊では、あと10日は学校も封鎖されロックダウンが続きますが、その間にちゃんと収束することを願う、いつもと違う元旦です。

丑年の始まりに、切手を探すにあたって英語「Ox」の定義を引いたら「ウシ、雄牛、乳牛、バイソン、畜牛、水牛」とありました。これだけ幅広いとかなりの数を持っているので、気に入ったデザインのものから紹介していきます。まずは、食料としての肉牛の種牛から。

autumn appetite / 食欲の秋

October 23, 2014

1975 Mexico
Mexican exports
design: Rafael Davidson

After red wine, my appetite goes to beef – but I think my consumption of beef in recent years has been reduced.  This is because of my age, amount of exercises goes down and a little concern to the environmental issue, I guess.

In 1975, beef was one of the main export from Mexico and this is one of my favourite example of definitive stamps in the same format.  The following one of shoes – the byproducts of beef, I guess, is modest yet cool.

I met a numbers of young designers from Mexico through the Vitra Design Museum Workshops at Boisbuche and they are almost all female, somehow.  All of them are hard-working ladies with bright smile and they form my impression of the country.

食欲の秋です。秋になると赤ワインと一緒にビーフを食べたくなる、、、けれど、加齢と運動不足ゆえか、肉の消費量が近年ぐっと減りました。豆類を多く食べるようになったことと、牛の飼育がどれくらい環境に負荷が多いかを知った、その衝撃も理由のひとつです。

この切手が出た1975年、牛肉はメキシコの主要な輸出物のひとつだったのですね。この「輸出品」シリーズは、シンプルで力強いデザインで大好きなシリーズです。

フランスのBoisubuchetで主催されるVitra Design Museum Workshopsで、ここ数年たくさんのメキシコ人デザイナーと出会いました。なぜかほぼ全員女性で、働き者の陽気な人たち。わたしのメキシコの印象は、この女性たちのあたたかい笑顔で満たされているのでした。

season of red wine / 赤ワインの季節

September 22, 2014

2000Argentina001
2000Argentina002
2000Argentina003
2000Argentina004

26 February 2000, Argentina

In autumn, somehow I want to drink Red wine rather than summery White wine.  So, I feel that I am in autumn season, today.

I met a very nice designer/artist couple from Argentina this summer in France – OK in their country the season is now spring, but here in Europe I think about harvest of grapes.

Well designed stamps with rhythmically placed circles, to tell us their passion on wine – I wish to visit in the near future.

秋になると、赤ワインが飲みたくなります。さっぱりと冷やした白ワインばかり飲んでいた夏から、あ、今日この日にわたしの食欲が秋に突入した!とようやく実感したので、アルゼンチンからぶどうとワインの切手を。

この夏にフランスで、アルゼンチン出身の素敵なカップルに出会いました。そういえば彼らの故郷では春が始まるところなのだけど、、、ともかく収穫の秋の切手です。

丸が効いてリズム感があり、かの地でのワインへの情熱が伝わる切手たち。いつか訪れてみたい国です。

farm produce & horse / 農作物と馬

January 20, 2014

5 October 1983, United Kingdom
British Fairs / Early Produce Fairs
design: Andrew Restall

Another stamp from UK, depicts horses as a part of a summer farm fair.  They transported vegetables and geese to the farmer’s markets.

And a cat.

イギリスから。夏の農作物マーケットの様子を描いた切手に、野菜やがちょうを運んできた馬たちが描かれています。

あ、猫も。

grapes / ぶどう

November 1, 2013

2 February 1948, Belgium
Promotion of Belgium Export

This autumn I have been eating a lots of grapes.  It seems this is a reaction to lack of wine – as I am in the medical treatments for last two months.  Most grapes I eat are from Spain, but it looks grapes were important exporting item of Belgium in 1948.

Although mono coloured and simple design, this stamps has some strong impression for me.

この秋はぶどうを食べ続けています。療養中なのでワインを飲まずに2か月を過ごして、どうやらそのリアクションのようです。今、イギリスで買うぶどうはスペイン産がほとんどですが、1948年当時のベルギーではぶどうも主要な輸出品だったのですね。

単色でシンプルなデザイン、しかもぶどうからはほど遠い色なのに、わたしには魅力的。基本を見直す一枚。

large almond / 巨大アーモンド切手

October 28, 2013


1970 Sierra Leone

Another set of stamps with unusual shape – they are big, L= 4.4 cm and W= 3.2 cm.  They are embossed, as the paper is thicker for self-adhesive type and the back-up layer gives a good impression during the pressing, I guess.  They have strong visual impact.

When these unique stamps were made, Sierra Leone was in short time peace, between political disputes.

アフリカ西部の小さな国シエラレオネから、縦が4.4センチある大きな切手です。シール式の利点をすべて使ってみました、というサンプルのよう。形ももちろん、紙が厚くて台紙もあるからアーモンドのシワと文字のエンボス加工もしやすかったと思われます。この切手が貼られた手紙はとても目立つだろうなぁ。

政治的紛争でずいぶん大変だった国だけれど、つかの間の平和時にこんな切手が試されたのですね。

small banana / 小さなバナナ切手

October 24, 2013

1978 Tonga

It is obvious that self-adhesive stamp can made in flexible shapes.  This banana stamp is from Tonga, where the world first self-adhesive stamp was issued from.  This one is clearly inspired by the commercial stickers which are used for showing the origin of fruits – this is why it is very small, end to end is about 2.5 cm.

I would be very pleased to receive a letter with this stamp from Tonga.  They are now exporting a lot of pumpkins to Japan.

シール式切手のいちばんの特徴は自由な形にできること。1963年に世界初のシール式切手を発行した国であるトンガのこの切手は、その代表格ですね。斜めの最長サイズが2.5センチと小さく、果物の産地を示すために貼る輸出用のシールを模している、粋なデザインです。

どこの植民地にもならなかったオセアニアに浮かぶ王国の歴史を、切手からたどって読みました。トンガ産のカボチャが毎年たくさん日本に届いているようです。

autumn colours from Japan / 日本の秋の色

October 23, 2013

30 August 2013, Japan
illustration: Hikaru Hatano
stamp design:  Akira Tamaki

One of the recent issues from Japan has arrived and they are carrying a nice evocative smell of Autumn.  They are beautifully illustrated and made a lot smaller ( 21.5mm × 25.5mm ) than normal commemorative stamps – I like their fineness although they are self-adhesive.




平成25年8月30日発行
野菜とくだものシリーズ 第1集
原画:波多野 光
切手デザイン:玉木 明

野菜とくだものの切手を載せている間に、今の季節にぴったりのシリーズが届きました。日本の秋の香りが漂ってくるようです。普段は好きではないシール式だけど、イラストの精緻さとこの小さなサイズ ( 21.5mm × 25.5mm ) が相まってとても魅力的。友人の梨影(りえ)さんに、この洋ナシの切手が貼られた展覧会の招待状が届いた話を聞いて、ネットでは伝わらない暖かさを運ぶ切手の存在を改めて確認しました。

harvest and appetite / 収穫と食欲

October 14, 2013


1 September 1958, San Marino
design: R. Franzoni

Here in London we have the beginning of autumn colours, but the weather is already winter…  I guess the southern Europe is still in sunshine and people are harvesting for a few more weeks.  In Japan there is a saying ‘sky is high and horse will grow fat in autumn’ and in fact I was always gaining some weight in autumn, after the air cools down and my appetite came back.

These illustrated vegetables are dynamic and thankful.

ロンドンは木々が色づき始めたばかりなのに、ここ数日はすでに冬みたいなどんよりした暗さと雨風です。まだきっと南ヨーロッパでは気持ちの良い日射しの中で収穫が続いているのだろうなぁ。ひと昔前までは、今は冬を乗り切る保存食作りに忙しかった時期だと思います。日本にいた頃は、秋には急に食欲が出て、夏に失った体重をとり戻していた記憶が、、。

サンマリノ発行のこの2枚には、そんな季節の勢いが描かれていて食欲をそそられる感じがあります。

design-it-yourself / オリジナルを作る切手

October 7, 2013





25 March 2003, United Kingdom
Design-It-Yourself ‘Fruit and Vegetables’
designer: Johnson Banks
photographer: Kevin Summers

2003UK059

I am not a fan of self-adhesive stamps normally, but for this set it is appropriate and a great joy to have a lots of sticker parts to choose from.

The only one restriction is not to hide the Queen’s silhouette and 1st class value.  So, the results are my designs, except Mr. Potato, which was one of the examples by the designer.

In 2010 Finland issued a bad copied version of this series – not as cool as this British original design.  What’s going on at the Finnish Post??





「Design-It-Yourself 」というテーマでシール切手に付属して顔や帽子などのパーツのシールを足してオリジナルな切手を作るシリーズです。女王の肖像とファーストクラスの額面を隠さないよう、という注意書きつき。

普段はシール式の切手が好きではないのですが、シールだから簡単に出来ることでこんな風に遊べたら楽しい。顔パーツを足した切手たちは、じゃがいも君以外はわたしのデザインです。

2010年にフィンランド郵便がこのシリーズのコピーを発行したのには驚きました。しかもイギリスのオリジナルよりダサい。デザインを売りにしている国の郵政が、何をしてるんだ〜?

home grown vegetables / 家庭菜園から

October 5, 2013

15 January 2011, Thailand
Home-grown Vegetables

Odd shaped vegetables are more attractive than uniform and shiny ones from the supermarket – I have a feeling that many people think in this way, nowadays.  Heart warming vegetable stamps from Thailand.

ライムやかぼちゃの断面が愛らしいタイの切手たち。スーパーで買う均一な大きさでつるつるの野菜よりも、ちょっと変わった形やサイズがまちまちの家庭菜園の収穫のほうを魅力的に感じる近ごろ。そんな人が増えている気がします。

grapefruit / グレープフルーツ

September 29, 2013

1967 Cameroon

Another African stamp showing Grapefruits – a friend of mine told me that Japan is importing them this season.

Cameroon was a German colony between 1884 – 1922, after then it became a French and British colony.  This stamp was issued several years after the country became independent.  This design is trying to depart from French and British stamp design heritage – and it is strong as a result.

日本でこの時期アフリカ産のグレープフルーツを食べているという友人のコメントを受け、もう一枚。

19世紀の終盤から約40年ドイツの植民地だったカメルーンはその後フランスとイギリスの植民地に分かれ、1960年と61年に両国から独立した経緯があります。この一枚は、どちらの元宗主国の切手デザインの傾向からも離れ、アフリカ的でオリジナルな強さが出ている切手です。