Archive for the '-food, drink, cooking' Category

autumn appetite / 食欲の秋

October 23, 2014

1975 Mexico
Mexican exports
design: Rafael Davidson

After red wine, my appetite goes to beef – but I think my consumption of beef in recent years has been reduced.  This is because of my age, amount of exercises goes down and a little concern to the environmental issue, I guess.

In 1975, beef was one of the main export from Mexico and this is one of my favourite example of definitive stamps in the same format.  The following one of shoes – the byproducts of beef, I guess, is modest yet cool.

I met a numbers of young designers from Mexico through the Vitra Design Museum Workshops at Boisbuche and they are almost all female, somehow.  All of them are hard-working ladies with bright smile and they form my impression of the country.

食欲の秋です。秋になると赤ワインと一緒にビーフを食べたくなる、、、けれど、加齢と運動不足ゆえか、肉の消費量が近年ぐっと減りました。豆類を多く食べるようになったことと、牛の飼育がどれくらい環境に負荷が多いかを知った、その衝撃も理由のひとつです。

この切手が出た1975年、牛肉はメキシコの主要な輸出物のひとつだったのですね。この「輸出品」シリーズは、シンプルで力強いデザインで大好きなシリーズです。

フランスのBoisubuchetで主催されるVitra Design Museum Workshopsで、ここ数年たくさんのメキシコ人デザイナーと出会いました。なぜかほぼ全員女性で、働き者の陽気な人たち。わたしのメキシコの印象は、この女性たちのあたたかい笑顔で満たされているのでした。

season of red wine / 赤ワインの季節

September 22, 2014

2000Argentina001
2000Argentina002
2000Argentina003
2000Argentina004

26 February 2000, Argentina

In autumn, somehow I want to drink Red wine rather than summery White wine.  So, I feel that I am in autumn season, today.

I met a very nice designer/artist couple from Argentina this summer in France – OK in their country the season is now spring, but here in Europe I think about harvest of grapes.

Well designed stamps with rhythmically placed circles, to tell us their passion on wine – I wish to visit in the near future.

秋になると、赤ワインが飲みたくなります。さっぱりと冷やした白ワインばかり飲んでいた夏から、あ、今日この日にわたしの食欲が秋に突入した!とようやく実感したので、アルゼンチンからぶどうとワインの切手を。

この夏にフランスで、アルゼンチン出身の素敵なカップルに出会いました。そういえば彼らの故郷では春が始まるところなのだけど、、、ともかく収穫の秋の切手です。

丸が効いてリズム感があり、かの地でのワインへの情熱が伝わる切手たち。いつか訪れてみたい国です。

farm produce & horse / 農作物と馬

January 20, 2014

1983UK004

5 October 1983, United Kingdom
British Fairs / Early Produce Fairs
design: Andrew Restall

Another stamp from UK, depicts horses as a part of a summer farm fair.  They transported vegetables and geese to the farmer’s markets.

And a cat.

イギリスから。夏の農作物マーケットの様子を描いた切手に、野菜やがちょうを運んできた馬たちが描かれています。

あ、猫も。

grapes / ぶどう

November 1, 2013

1948Belgium001

2 February 1948, Belgium
Promotion of Belgium Export

This autumn I have been eating a lots of grapes.  It seems this is a reaction to lack of wine – as I am in the medical treatments for last two months.  Most grapes I eat are from Spain, but it looks grapes were important exporting item of Belgium in 1948.

Although mono coloured and simple design, this stamps has some strong impression for me.

この秋はぶどうを食べ続けています。療養中なのでワインを飲まずに2か月を過ごして、どうやらそのリアクションのようです。今、イギリスで買うぶどうはスペイン産がほとんどですが、1948年当時のベルギーではぶどうも主要な輸出品だったのですね。

単色でシンプルなデザイン、しかもぶどうからはほど遠い色なのに、わたしには魅力的。基本を見直す一枚。

large almond / 巨大アーモンド切手

October 28, 2013

1970Sierra Leone002
1970Sierra Leone001

1970 Sierra Leone

Another set of stamps with unusual shape – they are big, L= 4.4 cm and W= 3.2 cm.  They are embossed, as the paper is thicker for self-adhesive type and the back-up layer gives a good impression during the pressing, I guess.  They have strong visual impact.

When these unique stamps were made, Sierra Leone was in short time peace, between political disputes.

アフリカ西部の小さな国シエラレオネから、縦が4.4センチある大きな切手です。シール式の利点をすべて使ってみました、というサンプルのよう。形ももちろん、紙が厚くて台紙もあるからアーモンドのシワと文字のエンボス加工もしやすかったと思われます。この切手が貼られた手紙はとても目立つだろうなぁ。

政治的紛争でずいぶん大変だった国だけれど、つかの間の平和時にこんな切手が試されたのですね。

small banana / 小さなバナナ切手

October 24, 2013

1978Tonga002

1978 Tonga

It is obvious that self-adhesive stamp can made in flexible shapes.  This banana stamp is from Tonga, where the world first self-adhesive stamp was issued from.  This one is clearly inspired by the commercial stickers which are used for showing the origin of fruits – this is why it is very small, end to end is about 2.5 cm.

I would be very pleased to receive a letter with this stamp from Tonga.  They are now exporting a lot of pumpkins to Japan.

シール式切手のいちばんの特徴は自由な形にできること。1963年に世界初のシール式切手を発行した国であるトンガのこの切手は、その代表格ですね。斜めの最長サイズが2.5センチと小さく、果物の産地を示すために貼る輸出用のシールを模している、粋なデザインです。

どこの植民地にもならなかったオセアニアに浮かぶ王国の歴史を、切手からたどって読みました。トンガ産のカボチャが毎年たくさん日本に届いているようです。

autumn colours from Japan / 日本の秋の色

October 23, 2013

2013Japan001

30 August 2013, Japan
illustration: Hikaru Hatano
stamp design:  Akira Tamaki

One of the recent issues from Japan has arrived and they are carrying a nice evocative smell of Autumn.  They are beautifully illustrated and made a lot smaller ( 21.5mm × 25.5mm ) than normal commemorative stamps – I like their fineness although they are self-adhesive.

2013Japan002
2013Japan003
2013Japan004
2013Japan005

平成25年8月30日発行
野菜とくだものシリーズ 第1集
原画:波多野 光
切手デザイン:玉木 明

野菜とくだものの切手を載せている間に、今の季節にぴったりのシリーズが届きました。日本の秋の香りが漂ってくるようです。普段は好きではないシール式だけど、イラストの精緻さとこの小さなサイズ ( 21.5mm × 25.5mm ) が相まってとても魅力的。友人の梨影(りえ)さんに、この洋ナシの切手が貼られた展覧会の招待状が届いた話を聞いて、ネットでは伝わらない暖かさを運ぶ切手の存在を改めて確認しました。

harvest and appetite / 収穫と食欲

October 14, 2013

1958San Marino001
1958San Marino002

1 September 1958, San Marino
design: R. Franzoni

Here in London we have the beginning of autumn colours, but the weather is already winter…  I guess the southern Europe is still in sunshine and people are harvesting for a few more weeks.  In Japan there is a saying ‘sky is high and horse will grow fat in autumn’ and in fact I was always gaining some weight in autumn, after the air cools down and my appetite came back.

These illustrated vegetables are dynamic and thankful.

ロンドンは木々が色づき始めたばかりなのに、ここ数日はすでに冬みたいなどんよりした暗さと雨風です。まだきっと南ヨーロッパでは気持ちの良い日射しの中で収穫が続いているのだろうなぁ。ひと昔前までは、今は冬を乗り切る保存食作りに忙しかった時期だと思います。日本にいた頃は、秋には急に食欲が出て、夏に失った体重をとり戻していた記憶が、、。

サンマリノ発行のこの2枚には、そんな季節の勢いが描かれていて食欲をそそられる感じがあります。

design-it-yourself / オリジナルを作る切手

October 7, 2013

2003UK046
2003UK048
2003UK047
2003UK045
2003UK052

25 March 2003, United Kingdom
Design-It-Yourself ‘Fruit and Vegetables’
designer: Johnson Banks
photographer: Kevin Summers

2003UK059

I am not a fan of self-adhesive stamps normally, but for this set it is appropriate and a great joy to have a lots of sticker parts to choose from.

The only one restriction is not to hide the Queen’s silhouette and 1st class value.  So, the results are my designs, except Mr. Potato, which was one of the examples by the designer.

In 2010 Finland issued a bad copied version of this series – not as cool as this British original design.  What’s going on at the Finnish Post??

2003UK046-2
2003UK048-2
2003UK047-2
2003UK045-2
2003UK052-2

「Design-It-Yourself 」というテーマでシール切手に付属して顔や帽子などのパーツのシールを足してオリジナルな切手を作るシリーズです。女王の肖像とファーストクラスの額面を隠さないよう、という注意書きつき。

普段はシール式の切手が好きではないのですが、シールだから簡単に出来ることでこんな風に遊べたら楽しい。顔パーツを足した切手たちは、じゃがいも君以外はわたしのデザインです。

2010年にフィンランド郵便がこのシリーズのコピーを発行したのには驚きました。しかもイギリスのオリジナルよりダサい。デザインを売りにしている国の郵政が、何をしてるんだ〜?

home grown vegetables / 家庭菜園から

October 5, 2013

2011Thailand004
2011Thailand001
2011Thailand003
2011Thailand002

15 January 2011, Thailand
Home-grown Vegetables

Odd shaped vegetables are more attractive than uniform and shiny ones from the supermarket – I have a feeling that many people think in this way, nowadays.  Heart warming vegetable stamps from Thailand.

ライムやかぼちゃの断面が愛らしいタイの切手たち。スーパーで買う均一な大きさでつるつるの野菜よりも、ちょっと変わった形やサイズがまちまちの家庭菜園の収穫のほうを魅力的に感じる近ごろ。そんな人が増えている気がします。

grapefruit / グレープフルーツ

September 29, 2013

1967Cameroon001

1967 Cameroon

Another African stamp showing Grapefruits – a friend of mine told me that Japan is importing them this season.

Cameroon was a German colony between 1884 – 1922, after then it became a French and British colony.  This stamp was issued several years after the country became independent.  This design is trying to depart from French and British stamp design heritage – and it is strong as a result.

日本でこの時期アフリカ産のグレープフルーツを食べているという友人のコメントを受け、もう一枚。

19世紀の終盤から約40年ドイツの植民地だったカメルーンはその後フランスとイギリスの植民地に分かれ、1960年と61年に両国から独立した経緯があります。この一枚は、どちらの元宗主国の切手デザインの傾向からも離れ、アフリカ的でオリジナルな強さが出ている切手です。

African intaglio prints / アフリカ凹版切手

September 24, 2013

1962Gabon001
1962Gabon002

1962 Gabon
grapefruit & coconut

Many African stamps have influences from their old suzerain country and many intaglio stamps are made with the influence of French postal history.  In my ‘print: intaglio‘ topic, I featured five African stamps in the last three months.

These stamps are made with a creative sketch style engraving and a radical shape.  They look exotic and seasonal.

アフリカの切手からは、植民地時代の宗主国の影響が強く読み取れます。このガボンからの切手はフランスの凹版切手の影響が強く、「print: intaglio」のここ3か月に掲載した5種類のアフリカの切手もすべて元フランスの植民地の発行でした。

この2枚はスケッチ調の力強い彫刻と三角形のモダンな形のバランスが良く、アフリカらしい風物の切手です。

big appetite in autumn / 食欲の秋

October 6, 2011

2005Sweden003
2005Sweden002
2005Sweden001

10 March 2005, Sweden
Europa / Gastronomy
design: Jenny Halling Sjostedt

There is a saying in Japan that your appetite grows in autumn.  Yes, I have eaten a lot in Istanbul last week and now here in Tokyo.  My appetite will be more developed in Hiroshima in the next week, then I will start to miss my everyday meal in London.

This is the third radish stamp in my collection.  In Europe, now is the time to make preserved food, the grace of forest.

食欲の秋、というのは本当だなぁと思います。どうしてこんなにお腹が空く?と不思議になるほどです。仕事をしていたらお腹が空いて当然だけど、なんにもしていない移動待ちの半日とか、そんな生産的でない夕方にもぺこぺこにお腹が空くのはちょっと理不尽な気がする。

赤カブを描いた切手がもう一枚ありました。スウェーデンの秋の味覚と保存食作りの切手。ヨーロッパでは秋の味覚は大事に保存され冬を越す食料になります。

spring fish / 春告魚

March 1, 2011

1964Germany004

10 April 1964, Germany
‘Herring’

They are in widely sail around North Pacific and North Atlantic.  In Europe, Herring has been called the “silver of the sea”, and its trade has been so significant.

Recently, as a result of their predators such as sharks, dog fish, tuna and cod have been gradually declined, the number of them are retained fine.  So, let’s enjoy this oily fish, deep fried or marinated.

This is my favorite offset/lithography stamp from Germany – delicate Black line on its mouth is so effective from distance view.

1964Germany004-3

「春告魚」というすてきな別名で呼ばれるニシンは、その数で北大西洋の生態系にいちばん影響を与えている魚です。

日本近海での漁獲は1897年のピークを境にどんどん減り、1955年頃にはすでにカナダやロシアからの輸入が大半を占めていたそうです。お正月に食べた数の子も、輸入ものだった記憶が。江戸時代にはニシンの加工のために木が切り倒され北海道で森林破壊がすすむ原因になったり、漁業と環境問題とはいつも隣り合わせなのですね。

この切手はオフセット印刷の美しい例。しゅっと1本入った黒い線が、にしんの口元をきりりと引き締めています。

fishing islands / 漁業の島

February 28, 2011

1931Saint Pierre and Miquel001

5 December 1932, St. Pierre et Miquelon
letterpress
design: Gimel
engrave: C. Hourriez

If you examine the enlarged map of previous post closely, you may find a little island near the south end of Newfoundland, carefully NOT hatched – this is the indication of these French islands at that time and still now, Saint Pierre and Miquelon. This is an important fishing area throughout history.

I enjoy this type of map more than the previous one, as it is a little closer to human scale, together with pictured fishermen.

This is a beautiful example of typography – somewhat naive carved lines if you compare them to sharp intaglio prints.

1931Saint Pierre and Miquel001 -3copy

前回のポストの拡大図をよく観察すると、ニューファンドランド島の南に浮かぶ島があって、そこは英国領の印の横線が入っていないようです。それが、いくつかの小島で成り立つこのサンピエール島・ミクロン島というフランス領です。小さいけれど、今でも良質な漁場として重要な位置を占めているらしい。

この島の地図は、一つ前の大陸全体が描かれているタイプの地図よりも親しみが持てて好きです。枠に描かれた漁師の絵からも、その場所での人の生活が垣間みれる気がします。

この切手はタイポグラフィーとも呼ばれる凸版印刷の美しい例です。キレキレの凹版印刷とはまた違った、少しのんびりした素朴な味わいがあります。

shrimp, prawn or lobster? / エビ問題

December 14, 2010

1966Japan001
*exch. 047

31 January 1966, Japan
Japanese spiny lobster
original paint: Eizo Kato ( 1906 – 1972 )

When this stamp was issued, we were not aware of the impact of the commercial fishing on the ocean environment.  Recent researches are revealing the scale of destruction and I was shocked to watch ‘The Death of the Oceans?’ presented by David Attenborough.

This is the Japanese spiny lobster and they seem ethically OK.  But smaller ones, prawns or shrimps are more problematic.  Shrimp trawling causes a lot of bycatch.  According to Greenpeace Seafood Red List, there are 10 kgs of bycatch for 1 kg of shrimp, and endangered species, such as sea turtles, are often caught.  Prawns and shrimps are largely exported to Japan, USA and Western Europe.

Do we keep enojoying Dim Sum at a reasonable price in traditional Chinese restaurant or look for a MSC certified restaurant and pay a bit more? – Although I am used to choose vegetables and meat ethically, this is not an easy question to ask myself.

昭和41年1月31日発行
魚介シリーズ
原画:加藤栄三 ( 明治39 – 昭和47 )

この切手が発行された時にはまだ、漁業が環境に与えている影響についてほとんど議論されていなかったと思います。最近、デーヴィッド・アッテンボローのBBCのドキュメンタリー『The Death of the Oceans?』を観てショックを受けました。人口の増加と漁業技術の進歩、寿司が世界中で好まれるようになったこと、、、原因はたくさんあるけれど、ともかくこのまま続けると海の生態系はずたずたになってしまう。

この切手に描かれているイセエビは、たまにしか口にしないけれど、さほど問題ではないようです。もう少し小さめのエビ、アジアの海で底網で収穫されるタイプが環境に深刻な影響を与えています。1キロのエビを穫るために他の生き物が10キロもトロール網にかかってしまうのだそうです。その網には、絶滅の危機にある海ガメもかかってしまう。そして、エビは遠く日本やアメリカ、ヨーロッパなどの消費地に輸出されます。

今までのように中華街で安く美味しい飲茶を食べ続けるか、それともMSCに認定された別のレストランで(ある?)少し高い料金を払うか?卵や肉、野菜などをサステナブルな売り手から買うことには慣れてきたけれど、エビ問題にはちょっと困っているのでした。

season of fish / 冬は魚

December 5, 2010

1967Japan004
1967Japan005
1967Japan001
*exch. 046 ( bottom one only / limited number )

1967 Japan ( from top: 10 March, 30 June, 10 February )
Fugu / painted by Shingo Yamada ( 1908 – 1977 )
Flying Squid / painted by Takayama Tatsuo ( 1912 – 2007 )
Amberjack / painted by Okumura Dogyu ( 1889 – 1990 )

I was grown up in Yamaguchi prefecture, which is known for Fugu fishing.  I remember once my grandfather caught this funny looking but poisonous fish and my mother took it to a fishmonger who had a license to prepare it for sashimi.

Amberjack is a special delicacy for me as it fished far away from where I used to live.  And I was wrong to remember about squid as a winter taste – this Flying Squid, the most common squid is summer/autumn food.

Recently I am more concerend about what I eat – not just the safety of it, but also the impact of commercial fishing on the environment.  Then I started to look up names and the recent statistics.  This list is helpful for getting some idea, from their names.

昭和42年2月~6月発行
魚介シリーズ
原画:
トラフグ / 山田申吾 ( 明治41 – 昭和52 )
スルメイカ / 高山辰雄 ( 明治45 – 平成19 )
ブリ / 奥村土牛 ( 明治22 – 平成2 )

山口県で育ったのでフグは身近な魚でした。祖父が近くで釣って帰って、母が免許を持った魚屋に持ち込んでさばいてもらったのを憶えています。ブリは遠く日本海側で釣れる魚だから、家族にとってはお正月用の特別な魚でした。イカも冬の味だと思い込んでいたのですが、スルメイカは夏が旬なのですね。

近頃、日常的に食べるものがどんな風に育ったり捕獲されたりしているのか、魚好きのわたしたちによる消費が環境にどんな影響を与えているのか気になります。けれど、魚についてあまりに何も知らないので、この一覧表の助けをかりて魚の名前と姿を見比べることから始めようと思います。

cooking beauty / 台所美人

November 29, 2010

1983Japan001
*exch. 044 & 045 ( two together )

20 April 1983, Japan
Philatelic Week
‘Kitchen Beauties’ by Utamaro ( 1753? – 1806 )
stamp design: Yoshiaki Kikuchi

This kitchen might be located in a house or outside – so, I sort it in ‘food and cooking’ category.  The original woodblock print is in the collection of Tokyo National Museum, as well as Museum of Fine Arts Boston.

This stamp is well representing details – coiled handles on boiling pot, delicate patterns on Kimono, smoke comes out from the cooker and a lot more.  It is great pleasure to inspect it with a magnifier.

1983Japan001-2

昭和58年4月20日発行
原画:喜多川歌麿 ( 宝暦3年? – 文化3年 )『台所美人』
切手デザイン:菊地吉晃

虫メガネでじっくり観察すると本当に楽しい一枚です。着物の柄、しなやかな手に握られた包丁と丸ナス、釜の持ち手についたコイル状の針金、炉から吹き出る煙。小さな切手にこのディテールを再現したデザイナーと印刷職人の心意気に拍手をおくります。

元になった木版画は東京国立博物館ボストン美術館に収蔵されています。

forest heritage of the future / 資産としての森

August 15, 2010

1991France002

22 September 1991, France
10th World Conference of Forestry
design and engrave: P. Lubin

This stamp is celebrating the 10th anniversary of international conference of forest.  I had impression that forest occupies a great part of counrty life of France and people think it has to be managed for future generations, as the words on this stamp suggest.  Not just timbers for industry, but variety of lives and rich produce of food is still very much appreciated, picked and sold in open air markets, which are opened in every towns and cities.

森林資源の世界会議10周年を記念する切手。フランスではあちこちに森があって、それは大切な資源として手入れされています。ハイキングやピクニック、森の中のサイクリングなどのレジャーの場としても、きのこやベリー類の採れる場所、さらには川魚を元気に保つための水の供給源としての森を維持する努力。そして、各都市や街の週末のマルシェ(市場)ではその豊かな実りが、近くの農家で作られる新鮮な野菜と一緒に売り買いされているのです。食のサステナブルのお手本があります。

second day of eating / 飽食の2日め

December 26, 2009

2008Italy001

29 August 2008 Italy
Sagra degli spaghetti all’ Amatriciana
design: Anna Maria Maresca

Boxing Day.  Many of you might keep eating today.  Another stamp on food – Amatriciana is one of the most well known pasta sauce in Italian cuisine.  The picture shows snowy mountain behind, but Province of Rieti, where this sauce is coming from is Mid-South of Italy, not far away from Rome.

クリスマスの翌日は、英国ではボクシング・デーと呼ばれ、休日です。25日に家族が集まり、そのまま2日間食べ続けている人も多いようなので、もう一枚、食に関するイタリアの切手を。アマトリチアーナと呼ばれるパスタソースの食材を描いています。背後に雪をいただいたような山が見えているけれど、ローマからほど近いリエーティ県で作られていたパスタのようです。